金満血統王国信者

馬券購入のヒントになるデータと日々の出来事などを好き勝手に書いてみたいと思っています


テーマ:

善戦マンの象徴ステイゴールド自身とはまったく異なるタイプの産駒を輩出するサンデー系種牡馬

 

なんだかんだで毎年活躍馬を送り出し、繁殖牝馬の質を考えれば大健闘中のサンデー後継馬。

超一流馬の輩出には至ってないが条件戦から重賞まで馬券的な狙いどころは?

 

 

 

逃<先<差<追<マクリ

マクリの利きづらいコースは苦手

 

脚質は今のところ後ろから行って派手に差し切る馬が活躍中

速い上がりも出せるし速い時計にも対応できるが、

スパートのタイミングが一緒になってしまうと末脚不発

に終わるケースが多い。そのため

函館・福島・京都

といったマクリ戦法が通用しやすいコースでの相性はいい

札幌・東京

など、マクリがあまりできないコースでは分が悪い傾向にある。

判別は難しいが

今まで先行(もしくは中団待機くらい)の競馬をしていた馬が後方待機策に脚質転換したら要注意

 

 

買うなら単勝

 

ステイゴールド自身「善戦マン」として人気

だったが、上に書いたように

仕掛けどころが他の馬と一緒になってしまうと末脚が不発に終わる

反面

ハマれば一気に突き抜ける

ので、重賞などで馬券になる時は

1着が多く2着が少ない

差し損ねたら圏外に飛ぶことが多い

狙うなら単勝・馬単(3連単)のアタマで。切るならバッサリと。

 

 

2歳戦から活躍馬を出すが高齢まで息の長い活躍をみせる

 

2歳チャンプドリームジャーニー

を筆頭に2歳重賞でも勝ち負けできる馬を何頭か出しているが決して早熟血統ではない。

ステイゴールド自身に似て)小柄な馬が多いので仕上がりが早く、すぐ出走できることが要因と思われる。

ドリームジャーニーも古馬になって再び重賞を獲っているように産駒個々の成長型を問わず高齢まで息の長い活躍をみせてくれる。

ウイニングポストの表現を拝借すれば「競走寿命」の長い種牡馬

(特に条件戦では)年齢に騙されて安易に切ってしまわないように。

 

 

活躍距離は中距離型?

 

どちらかというとスタミナ自慢のイメージがあったステイゴールド自身とは異なり

1800m~2400mくらい

が持ち場。が、

得意な脚質がある程度限定されている現状

を考えると、マクリやすいローカルコースでは長距離レース自体少ないので

ローカルに多い芝1800mや芝2000mで挙げた成績が得意距離判別に直結

している可能性のほうが高い。

距離<展開

で考えたほうがいいと思われる。

 

 

重馬場は可もなく不可もなく

 

重・不良馬場での成績は

特に「鬼」と呼ぶほどではないが苦手ではない

まぁ

雨が降ったらチョイ歓迎

くらい。当日の馬場コンディションで特別評価を変化させる必要はない。

なお、今後の繁殖牝馬の質にもよるが

今のところは芝専門とみてほぼ間違いない

 

 

 

 

 

他のサンデー系種牡馬やライバルとなる「母父サンデー」の一流馬を相手にボチボチの活躍を見せてくれているステイゴールド産駒たち

コース形態はもちろん

残り何メートルからレースが動くか

を読み切れればある程度馬券の取捨ができそう

(サンデー系として「地味」なイメージに定着すれば馬券的にもおいしくなりそうだが、今後『正統後継種牡馬』に位置付けられてしまうと成績にムラが出やすいだけに悩ましい存在となりそう)


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

自身の競走成績の特徴をあまり受け継がないサンデー系種牡馬

 

スペシャルウィーク自身は斬れ味鋭い末脚を武器としたが

(上がり3Fタイムなら)速いタイムを出せる馬はいるもののエンジンのかかりが遅く瞬発力が足りない馬が多い

 

そのため

団子状態から器用に抜けられず差し損ねることもしばしば

少頭数

新潟・京都・阪神コースの外回り

ゴチャつかない展開になるかどうか

が信用して買えるかどうかの分岐点。 

 

 

サンデー系種牡馬の中ではダンスと並ぶステイヤー血統

長距離専門ではないが

サンデー系種牡馬の中では長距離でも勝負できる血統

 

長距離血統らしく

根幹距離より非根幹距離向き

中距離レースなら

2000mではなく1800m

に出走した時に要注意。

 

 

芝の道悪、荒れ馬場の時には要注意

 

文字通りの傾向。

雨が降った時や開催後半で芝状態が明らかに良くない時などに狙いたい。

限定なのでお間違いなく。

距離の出し入れと馬場状況での狙い

は重賞に限らず条件戦でも実践可能なので手軽に使えそう。

 


(もちろんこれだけが激走の要因のすべてではありませんが)

有名な道悪激走歴

インティライミ

宝塚記念11人気3着『重』

(ちなみに新馬戦も不良馬場で1人気楽勝)

サンバレンティン

福島記念3人気1着『重』

(全弟インティライミ同様初勝利は不良馬場)

トーホウシャイン

マーメイドS12人気1着『重』

(全成績23戦3勝だが重に限定すれば3戦2勝3着1回)

スムースバリトン

東スポ杯2歳S5人気1着『稍』

 

その他特徴

完全な早熟血統ではないが長い時間をかけてコツコツ勝ち上がって上級クラスに登りつめる馬は少ない

活躍馬は速い時期から活躍する馬が多くインティライミのように息の長い活躍を見せる馬もいるが活躍期間はあまり長くない馬が多い

 

 

ステイヤー血統らしく叩き良化型

特に現在良績が集中しているキーワードは

叩き5戦目

中1週

 

ここ数年は

芝>ダート

 

 

 

上級下級を問わず産駒数の多い種牡馬なので買い時を見極めて条件戦でもオイシイ馬券をキッチリと獲っていきたい

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

基本的には斬れないタイプが多いサンデー系種牡馬

 

マンハッタンカフェ自身の特徴を受け継ぎ中~長距離で活躍する馬が多い

 

得意なコース

(あくまで今のところの傾向)

中京芝2000m

札幌芝1800m

中京芝2000mスウェインダンスインザダークなど特定の産駒が活躍する特殊なコース形態

マンハッタンカフェもそんな1頭。

(一瞬のキレ味を生かす展開、コースには向かない) 

 

 

好調期にしっかり走る順張り血統

オープン以上の競走で馬券になる(3着以内)時はほとんどが

前走1着or2着

好調な時は素直に買い

(苦手なコースや不向きな展開になりそうなレースに出走する時は当然割引)

逆に、条件戦を除き

前走惨敗からの巻き返しはあまり見られない

「好調期にポンポン稼ぐ」

「惨敗からのガラリ一変はあまりない」

という点は、同系種牡馬

アグネスタキオン

に近いが、鋭い決め手を武器に派手な勝ち方が少ないせいか

実績ほど人気にならないケースが非常に多い

ある意味オイシイ種牡馬

(気楽に乗れる点がもしかしたら好走要因なのかも)

 

 

隠れた重馬場巧者

数あるサンデー系種牡馬の中でもトップレベルの重馬場実績を持つ

渋った馬場での長距離レースは

マンハッタンカフェの前残りに要注意

 

 

馬体重で脚質が変わる?

おおよそ500kgを目安に

500kg以上の馬は先行粘りこみ

500kg未満の馬は差追が決まる?

基本的には斬れないサンデー系なので

大型の差し馬で人気になっている場合は過信禁物

小柄な馬なら脚質に幅を持てる

というくらいイメージでとらえたほうがよさそう

 

 

特徴をしっかりと掴んでおけば馬券的にオイシイ種牡馬になる可能性は高い

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

斬れないサンデー

 

スローの上がり勝負は超不利

なので、

一貫したペースになりやすい

非根幹距離

(芝2200mなど)や、

前がかりのレースを前々で粘りこむ

展開が得意。

 

クラスや距離・コースを問わず

レースの上がりタイムが速ければ速いほど勝てなくなる

どちらかというとわかりやすい種牡馬

 

基本的には芝

ダートで勝つ馬もいるがそういう馬はほとんどが芝でも通用している

(アルナスラインやブルーメンブラット、インテレットなどなど)

 

 

斬れない分相手なりに走るので

昇級初戦や格上挑戦は積極的に買い

(ただし2着3着が多い)

そして自己条件で格下相手に取りこぼすこともチラホラと。

追い続けると歯痒い競馬が続く種牡馬でもある。

 

例外も、もちろんあるが

消し時・狙い時のタイミング

が、非常にわかりやすい種牡馬

だっただけに、個人的には

2005年生まれの産駒が最後になってしまうのがとても惜しまれます

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ロングスパートレース御用達種牡馬

一瞬の斬れ味だと劣るが長くいい脚を使えるタイプなので

距離を問わずロングスパートレースになりそうなレース向き

京都芝外回り

を最も得意とする。

馬場改修後は

阪神芝外回り

でも要注意。

※直線が長ければいいというわけではない

 

脚質は

ザッツザプレンティ

ファストタテヤマ

など

バラバラ。「スローのヨーイドン」になると分が悪い。

 

距離チョビ短に注意

表現としては上記のようになるが

距離はほとんど変わってなくても根幹距離から非根幹距離になるだけでダンスの場合は変化がある

というところか。

2400m→2200m

1600m→1400m

など、ペースに緩急のつきやすい距離から一貫したペースになりやすい距離になりそうな時に注意が必要。

 

ダンスに関しては

上がり3F

ではなく

上がり5F

くらいのタイムで読む種牡馬。

ただ、新聞などでは5Fタイムなんて調べられないので傾向としてダンス向きになりやすい

非根幹距離

ロングスパート

といったキーワードで考えた方が覚えやすいというだけの話。

 

「スローペース」「ハイペース」「上がりのかかる競馬」「上がりの速い競馬」などすべてに対応できるが、

残り何メートルからレースが動くか

というのが問題。

ヒシミラクルが2着によくダンス産駒を連れてきた

というのが一番わかりやすい例えか?

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

サンデーサイレンスを除いて現時点で末脚が一番斬れるタイプ

基本的にはサンデーに近いスタンスで考えてもらって問題ないが

(繁殖牝馬の質もあるが)

現時点では芝1600m~2000mの間に良績が集中している

※初期のサンデーも同様の傾向が見られたが世代が増えてから様々なタイプが登場したのでタキオン産駒も同じような道をたどる可能性は高い

 

根幹距離を圧倒的に得意とする種牡馬

なので

1800mがダメというわけではないが狙い目は

1600mと2000m

坂の有無はあまり関係なく直線の長さと成績がほぼ比例する

東京コースと京都の外回り・阪神の外回りが得意

(一部例外:新潟外回りは「苦手」なわけではないが「得意」ではない)

全体的に福島と小倉だけは割引

 

 

~好調期に乗れ~

休養明けからポンポンと連勝

勝てなくても昇級初戦で即通用

というパターンが非常に多い。

逆に

人気で凡走した馬が次も凡走する確率も高い

「人気で凡走した次のレースで買えるかどうか」

線引き

勝ち馬から0.5秒以上離されて負けていた場合

ほとんどが次も来ない。

※ただし休養を挟んで戻ってきた場合は除く

 

得意な距離・コース

好調期か不調期か

だけで、ある程度取捨ができる種牡馬。

 

 


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

時代と共に特徴が変化してきたフジキセキ産駒

サンデーサイレンスの名を高めた現役生活

サンデー系を広げた種牡馬生活

多くのライバルサンデー後継馬が出る中常に上位にランクしている種牡馬実績

 

現在の血統勢力図の形成に大きく影響した馬だと思います。

見逃せないのは冒頭に書いたように

年々産駒の特徴が変化し続けている

こと。これこそがフジキセキの種牡馬としての大きな力。

大雑把ではありますがその変化を追い、馬券の狙い目を考察してみたいと思います。

(個人的な分類も含まれるのでご了承ください)

 

 

◎初期

ダイタクリーヴァキタサンヒボタングランパドドゥの登場で俄然注目を浴びる。

サンデー系後継種牡馬として上々の滑り出しを見せるも本家サンデーサイレンス産駒に比べ底力に劣り

GⅠになるとワンパンチ足りず

当時の御三家

サンデーサイレンス

ブライアンズタイム

トニービン

にGⅠになると後れをとる。金満血統王国でつけられたネーミングは

GⅠ2着血統

また、仕上がり早の早熟馬というイメージがあったが条件馬に限っては

休み明けで凡走→叩き2戦目でガラリ一変

する馬が多く、金満血統王国では

叩き2戦目のフジキセキ

という格言も登場。現在でもこの格言は生きているが昔ほど劇的な変化は見られない。

キタサンヒボタンは故障がなければどうなっていたかわからないがダイタクリーヴァの日本ダービーに見られるように

距離に限界がありそう

という印象を強く与えた。

 

 

◎21世紀初頭

世代が増え、古馬の頭数も多くなったフジキセキ産駒。同時に他のサンデー系ライバル種牡馬も多くなり、繁殖牝馬の質が初期よりも一枚落ちになった頃。サンプル数が増え得意な条件が見え始めた。

2歳~クラシックシーズンまでは2000mくらいまではこなすものの最終的に行き着く先は

1200mか1800mのどちらか

なぜかこの頃は牝馬に活躍馬が多かった。短距離路線ではテンシノキセキなどが活躍したものの

やはりGⅠになるとワンパンチ足りない

産駒ばかり。そしてこの頃になると

マル父重賞にサンデーの孫たちが多く出走

するようになり、王道路線から外れたローカル重賞もサンデー系種牡馬の産駒が転戦

1800mが得意なフジキセキ

小回りの1800mと2000mはスパートのタイミングが違う

という特徴をより顕著に表現した金満血統王国の格言

中京記念はダンスの出世レース・中日新聞杯はフジキセキの終着駅

も登場。

瞬発力がないが長くいい脚を使うダンスインザダーク産駒ツルマルボーイのように(中京記念に限らず)ロングスパートレースになりやすい中京の2000mを勝ちきるのが本格化のサインとなる。

対して詰め甘な馬が多いフジキセキダラっと流れ込むような中京の1800m戦がよく似合う

この点を非常にわかりやすく表現した格言として有名。

 

◎東京コースリニューアル

東京競馬場が一部コース改装され直線が少し伸びた時期。金満血統王国でも

(厳密には王国の住人が他のコラムで書いた記事を王国内で再掲示した)

今や東京コースはフジキセキでも通用するほど底力が要求されないコースに成り下がった

(一部要約して転載)

と紹介されたようにこの時期になると様相が一変。

さすがにGⅠ勝ち馬を出すまでには至らなかったが

コスモマーベラスヴィクトリアマイル

ファイングレインNHKマイルC

などがあわやのシーンを演出。東京コースGⅠ戦線では軽視できない存在に。

そして、初期の時代から

エアピエール

クロッサンドラ

といったダート馬を輩出していたが

カネヒキリ

が登場。

ダート戦ながらついにフジキセキ産駒として中央競馬GⅠの勲章を手にする

までに至る。

更に初年度から一貫して

距離に限界のある産駒

が多数を占め、

レースの格が上がるほど距離への適性というか対応ができなかった

のだが

ドリームパスポート

皐月賞2着

日本ダービー3着

菊花賞2着

と距離に融通の利く(一流馬として)馬として登場。

キンシャサノキセキ

ビーナスライン

など、重賞で活躍する馬は短距離路線が主戦なのは相変わらずだが

だんだん従来のフジキセキの姿から変化を見せはじめつつある

 

 

◎現在

コイウタ

ヴィクトリアマイルを勝利。とうとう芝のGⅠフジキセキが勝つ時代に。

 

年度によって繁殖牝馬の質が著しく落ちた年もある中で

2000年以降常にリーディングトップ10以内を維持し続けているのは種牡馬としての確かな実力の証明

 

 

カネヒキリ

ドリームパスポート

コイウタ

と型破りな産駒も登場し、今までのイメージだけでは通用しない状況に。

今後の産駒の活躍次第でどうなっていくのか注目の種牡馬です。

 

 

~一流馬を除いた産駒傾向総括~

・距離に限界がある

・東京・小倉のコースを得意とする

・かつては1200mか1800mのどちらかだったがタマモホットプレイビーナスラインに代表されるように1200m型にシフトしつつある。さらにキンシャサノキセキなども含めどちらかというと1200m~1400m型といった方が適切かもしれない

・良績は牝馬に集中していたが最近は牡牝問わず活躍馬を出す

 

今後は・・・

フジキセキだから・・・・・という枠にとらわれず1頭1頭別々に考え個体個体で得意な条件を早く探し当て、その条件に合った時を狙い打ったほうがいいのかもしれない

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今となっては遅すぎる(笑)かもしれませんが大種牡馬サンデーサイレンス産駒の特徴を母父から見ていきます。

 

◎母父ノーザンテースト◎

・安定して80点以上を取れるが100点満点が取れない優等生

安定した成績を残すもののGⅠになるとワンパンチ足りない印象。特にクラシックシーズンではトライアルでバツグンの信頼をおけるが本番で勝ちきれない。中距離でソコソコ活躍していた馬が古馬になって短距離路線に変更して成功を収めやすいのも見逃せない。

○代表産駒

ローゼンカバリー・アグネスゴールド・モノポライザー・シャイニンルビー・ディヴァインライト・アドマイヤマックス・デュランダルなど

~例外~

ダイワメジャーを筆頭としたスカーレット一族

 

◎母父ニジンスキー

・大一番に強い血統。反面食わせ者も多く当たり外れが大きい

代表的なのは母父マルゼンスキー。大物感が漂う馬体をみせながら食わせ者のケースもあるが底力を問われるようなレースで強さを見せる。血が重いのか母父ニジンスキーは消してオイシイ馬がなぜか多い。金満血統王国でいう「後ろからケツをおしてやりたくなる」タイプが多い血統。

○代表産駒

(母父マルゼンスキー)スペシャルウィーク・ロイヤルタッチなど

(母父ニジンスキー)ダンスパートナー・ダンスインザダーク・ダンスインザムードなど

※母父ニジンスキーの食わせ者

ヴェルデマーレ・モビーディック・タイムトゥチェンジなど

 

◎母父ダンチヒ

・気性的にウルサイ馬もいるが連軸としての信頼は高い。ただしサンデー産駒の中では距離適正が若干短め。

どちらかというとスピードが先行したタイプが多い。マチカネアカツキのようにクラスを問わず安定した成績を残し、勝てないまでも2着、3着は確保し高い連対率、複勝率を誇る馬が多い。年齢を問わず気性が落ち着いた馬から成績が安定し出す印象。

○代表産駒

ビリーヴ・マチカネアカツキ・ミレニアムバイオ・ヤマニンセラフィム・タガノテイオー・シックスセンスなど

 

◎母父ヌレイエフ

・ダートの鬼血統

ゴールドアリュール・トゥザヴィクトリーに代表されるようにダート戦でサンデー系としてはバツグンの強さを見せる血統。芝でも通用しないわけではないが他のサンデー産駒に比べ斬れ味負けするタイプが多い。芝→ダートに転戦してきた時は要注意(人気になるケースがほとんどでしょうけど)。

○代表産駒

トゥザヴィクトリー・ゴールドアリュール・サイレントディール・フサイチパンドラ・ニルヴァーナなど

 

◎母父リファール◎

・斬れ味鋭い中距離馬が多く適距離でキッチリ結果を出す

どちらかというと距離に限界がある血統だが自分の持ち場ではキッチリ仕事ができる血統。鋭い末脚を武器としGⅠに手が届く馬も輩出する。

○代表産駒

バブルガムフェロー・ロサード・メイショウオウドウ・ペールギュントなど

 

◎母父ボールドルーラー

・一部の血統を除き大物を輩出するGⅠ血統

GⅠで勝負できる大物に多い組み合わせ。距離も産駒によって様々で母の特長をうまく引き出している印象。母父でなくても母系のどこかに「ボールドルーラー」が入っている馬からも活躍馬が出ておりサンデーサイレンスとの相性はかなり良さそう。ただしシアトルスルーだけは相性が悪いようで「人気先行→追ってサッパリ」というケースが多い。

○代表産駒

アグネスタキオン・アグネスフライト・エアシャカール・ジェニュインなど

~母父シアトルスルーの食わせ者~

ヒダカサイレンス・アルメナーラ・ブリガドーンなど

 

◎母父トニービン◎

・基本的にはトニービンそのままのイメージ

サンデーサイレンスというよりはトニービン。スローの上がり勝負に向かずロングスパートレースに強い。中距離での活躍が多い。京都の2200mなどロングスパートレースになりやすいコース向き。

○代表産駒

アドマイヤベガ・アドマイヤボス・ミスキャスト・ハーツクライ・アドマイヤグルーヴなど

 

◎母父ストームバード

・最強の食わせ者配合かも?

鮮やかな勝ち方やスバラシイ馬体から凡走しても人気がなかなか落ちないがいつまでたっても凡走続きな馬が多い。かと思うと人気が落ちて忘れた頃にまたやってくる難儀な血統。

○代表産駒

ブラックタキシード・ブラックジーンズなど

 

◎母父ミスプロ

・スピードをよく伝えるため距離がもたない産駒が多い

早い時期から古馬になっても息の長い活躍を続ける。しかし一回不調期に入ると立ち直るのに時間がかかる(場合によってはそのまま引退なんて馬も)。スピード色が強いためか牝馬のほうが活躍馬が多い。叩きあいに弱いわけではないが溜めに溜めて末脚爆発のほうがいい結果を生む。

○代表産駒

フサイチエアデール・マルカシェンク・アドマイヤキッス・スウィフトカレントなど

~例外~

サイレンススズカ・スズカマンボのスズカ勢

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。