金満血統王国信者

馬券購入のヒントになるデータと日々の出来事などを好き勝手に書いてみたいと思っています


テーマ:

名種牡馬トニービンの最良後継種牡馬ながらトニービンっぽくない

 

トニービンと聞いておそらく一番最初に思いつくのは

東京のトニービン

 

東京コースに代表される広いコースを得意とし、特に左回りの東京コースで強さを見せたトニービン産駒

 

ジャングルポケット自身もトニービン産駒らしさを象徴する競走成績だったが種牡馬となってからはあまりトニービンらしさを見せていない。

 

・広いコースよりも小回りコース向き

広いコースが苦手

という意味ではないので勘違いしないでいただきたいが

小回りコースで好走していた馬が

東京・京都・阪神

(新潟も場合によっては含む)

広いコースにコース替わりで出走したら人気ほど信用しないように注意

 

 

・洋芝大好き!夏の北海道シリーズで軽視してはいけない

小回りコースということも手伝って

函館・札幌

北海道シリーズでは無視できない存在。

 

 

・芝もダートも走るが重賞クラスはやっぱり芝のステイヤー血統

条件戦を見ると芝、ダート共に似た勝率を残すが重賞クラスをみるとやっぱり芝で良績を残す。

母系の影響はもちろんあるが2000m以上の距離での活躍が目立つ。

距離延長はもちろん歓迎のクチ。

オウケンブルースリジャガーメイルが代表産駒になりつつある現状を見るとステイヤー色が強いと見るのが妥当。

 

 

・1800mよりも2000m。根幹距離で強さを発揮

ステイヤー血統とはいえ2歳、3歳戦から活躍馬を多く出し長距離専門種牡馬ではない。

若駒から古馬まで、条件戦~オープンを問わず

芝レースでは1600mや2000mといった根幹距離で強さを見せる

(この辺がサンデー系ステイヤー血統と違うところ)

ダートの場合は根幹距離自体少ないのであまり気にしないほうがいい。

 

 

繁殖牝馬の質の問題かもしれないが活躍馬は生産が

ノーザンファーム

の馬がほとんど。

 

個々の馬毎の距離適正さえ見抜ければ

タスカータソルテ

のようにピンポイントで狙い撃ちできそうだが

 

ジャンバルジャン

のような非常に難儀な馬もおり取捨が難しい種牡馬でもある。

 

 

いずれにしても

軸として狙いづらく

ヒモや単複

として狙う作戦が吉と出そう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ロベルト系種牡馬

 

シンボリクリスエス

 

種牡馬としても上々の滑り出しを見せ抜群の勝ち上がり率を誇るわけですが、それ以降の狙い目は??

 

 

芝・ダート問わず1800mが得意

サクセスブロッケンのインパクトでダート血統と見られがちだが芝での成績も上々。

距離別で見ると芝・ダートともに1800mでの成績がバツグン!

他には東京1600m(芝・ダ共に)の成績も良い。

とはいえ、重賞で勝ち負けしている馬は1800m以外でもちゃんと走っているので

あくまで条件戦、特別レースレベルでの考え方としたほうが妥当か

 

 

どちらかというとパワー優位。洋芝コースがオイシイ

数あるコースの中でも洋芝コースでの相性がよい傾向に。

札幌・函館

を筆頭に、冬場で洋芝がオーバーシードされている状況では積極的に狙うべし。

パワー一辺倒ではない

ようで

開幕週などの高速馬場が苦手ではなく速い上がりのレースにもちゃんと対応できる

 

 

ロベルト系らしい叩き良化型

(新馬戦を除く)

休み明け<叩き2戦目

叩き2戦目<3戦目

3戦目<4戦目

かつて

叩いて叩いてのブライアンズタイム

なんて言葉もありましたがコチラも負けず劣らずの叩き良化血統

使い詰め

連闘

が決してマイナス材料にはならない。

(むしろ歓迎のクチ)

 

 

人気馬に従え!穴狙いは痛い目に

芝・ダート戦を問わず

シンボリクリスエス産駒全勝利数のうち

75%以上が1~3人気でのもの

逆に言えば・・・

勝ち負け(馬券として買う)なら人気になっている時だけ買っていればいい

人気薄での一発は狙いづらい血統

(↑来ても3着まで)

 

 

 

今後世代が増えてきてからどう変わるかが気になるところですが

今のところ

レース間隔

走る距離

当日の人気

を見定めればある程度買い時、切り時をつけやすくできる種牡馬。

産駒数も多いだけにうまく付き合っていきたい。

 


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

(ほぼ)

ダート限定種牡馬

アサティス

 

産駒傾向として

休み明けを苦にしない

休養前の成績が一息でも

リフレッシュしてきっちり巻き返す

 

特にダートの条件戦で穴をあけてくれるので

休み明けのアサティスを見かけたらお見逃しなく

 

ちなみに・・・

休み明けでも走る血統ですが

使い詰めてダメになる血統でもないので一応ご注意

(使い詰めがプラスに作用するわけではない)

 


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

夏は格より調子

 

昔からよく言われている格言ですが、いわゆる

夏馬

多い血統がマヤノトップガン

 

マヤノトップガン産駒は6~8月の成績が他の月より良い

 

・この時期の開催であれば競馬場はどこでも構わない

(できれば夏の新潟、札幌、函館が歓迎)

・芝でもダートでも関係ナシ

 

 

 

マヤノトップガン

 

といえば

新馬の勝率が高い

 

ということで割と有名ではありますが

夏場が稼ぎ時

でもある。

 

 

マヤノトップガン自身ダービー終了から菊花賞まで徐々に本格化していった馬

そのイメージと重ねておけば自然と覚えられる格言なので頭の片隅にでも入れておいて夏場に見かけたら狙い打ってください

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

コースの特性上

他の競馬場の2000mとは適性の異なる中京芝2000m

 

このコースを得意としている種牡馬が

スウェイン(Swain)

 

マル外で登録されることがほとんどで、産駒の数が非常に少ないのだが

2006年~2007年の2年間で

中京芝2000mに出走した3頭のうち2頭が勝利

トータルでも

6戦2勝2着1回

連対率50%

6戦(2-1-0-3)

 

スウェイン産駒全体でオープン入りしたのが

シェルゲーム

トリリオンカット

の2頭しかいないことを考えれば

突出したコース成績といえるでしょう。

 

・開催期間もそれほど無い

(3月・6月・12月)

・それ以上に産駒自体が少ない

買えるチャンスもごく僅か

   

もし中京芝2000mにスウェインの仔が出ていたら無条件で押さえておけ

(せめて単複だけでも)

 

 

若駒で注目のスウェイン産駒

マルターズオリジン(牝・2005年生)

ダノンイサオ(牡・2005年生)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ジョリーズヘイロー

(父ヘイロー)

 

父ヘイロー

といえば、

サンデーサイレンス

サザンヘイロー

など、日本の馬場にも適性を示し活躍する種牡馬を輩出しているわけですが

サンデーサザンヘイローに比べ、ド派手な勝ちっぷりがないのが災いしてか

マイナー種牡馬の域を脱することができず

 

そのため

 

好走したあともあまり人気にならないケースが非常に多い

 

穴党としてはオイシイ種牡馬

 

年度別に見てもここ数年の産駒数は

毎年50頭前後

 

先述した通り

好走した次にあまり人気にならない

ので

前走いい競馬をしたジョリーズヘイロー

がいたら狙い撃ってください。

 

2007年は何といっても

ハートオブクィーン

が代表例。

 

もちろんこんな上級戦でなくても下級条件戦にもオイシイ馬券は転がっていると思います。

 

ただし、

ショックが有効

とか

得意な距離

などが掴みきれない種牡馬なので

ピンポイントで狙い撃つのが難しい

というのが非常に残念。

現状では

好走した次(もしくはその次くらいまで)

という条件くらいしか推奨できないのが惜しまれます。

 

スーパーナカヤマ

(芝・ダ問わず短距離で活躍。ややダート寄り?ジョリーズヘイロー産駒賞金稼ぎ頭)

ホーマンキュート

(ダート中長距離で息の長い活躍)

アマノブレイブリー

(芝3000mを勝ったジョリーズヘイローの変り種?)

 

おなじジョリーズヘイロー産駒なんですけどねぇ~。

産駒傾向を探るにはちょっと難儀な種牡馬でもあります。

(^-^;

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

エイシンバーリン

 

が現役馬として活躍していた頃名付けられた格言。

 

グレイソヴリン系の中でもコジーンの産駒は開催替わりの開幕週でパンパンの高速馬場が得意

 

という単純なおはなし。

特に急坂のない京都などスピードでガ~っと押していけるコースは、なお得意

 

この格言はコジーンだけでなくコジーン系であれば

スターオブコジーン

アドマイヤコジーン

ティッカネン

など大抵当てはまる。

 

開催替わりの高速馬場ではコジーン系をお見逃しなく


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

夏の小倉はヘイロー系の天下

 

そのまんまです。

夏開催の小倉芝レース

サンデーサイレンス

を筆頭にヘイロー系がとにかくよく走る。

 

サンデーサイレンス産駒は距離不問。

1200mだろうと1800mだろうと2000mだろうとその馬にとっての適距離であればOK

 

サンデーサイレンス系の産駒は

その種牡馬の特徴を反映した距離でキッチリと結果を出す印象。

(馬産地などの都合もありますが)

メイショウオウドウ

ブラックタキシード

といったサンデー系の中ではマイナー種牡馬に属するような馬でも突如走り出すケースもしばしば。

馬柱にサンデー系の馬がいたら一応チェックだけは忘れずに。


 

サンデー系以外のヘイロー系はなんといっても

タイキシャトル

に要注意。こちらは芝1200mが持ち場なので出走してきたら

とりあえず前走の着順は無視(ただし前走小倉の場合は別)

前走から距離短縮だったらなお特注

叩き3戦目以内のタイキシャトルがいたらチャンス倍増

ただし、タイキシャトルに関しては

開催後半になって時計がかかる馬場になると成績が落ちる

ので

開催前半は積極的に狙いうち

開催後半は馬場状態と相談の上取捨を決める

闇雲に手を出さないように気をつけましょう。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

フェアリーキング系種牡馬

エリシオ・オース

は昇級しても格負けしない

 

特に3歳時で効果が大きい。

 

どちらかというとマイナー種牡馬の部類に入る血統だが

ヨーロピアン特有の一瞬のキレ味に劣るタイプが多いので

勝ち味に遅いがクラスが上がってもそこそこ通用する。

ひと昔前で言えばトニービンのイメージ。

 

そうはいっても

昇級して即通用し続けたら産駒全部がGⅠまで届いてしまう

ので、

未勝利→500万

500万→1000万

くらいまでが昇級して一発カマす狙い目。Bの季節 ならなおチャンス。

 

その他には

条件戦でなかなか僅差で勝ちきれない産駒がハンデ重賞などに格上挑戦してきた時

などもチャンス。

 

一言で要約するなら 

相手なりに走る

といったところでしょうか。

 

 

この格言の特徴がよく出ていると思われる産駒

エリシオ産駒代表・・・グリーンアラモード

オース産駒代表・・・ラブカーナ

(2007年7月現在)

エリシオ産駒出世頭ポップロックは別格

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

タイキシャトル産駒の取捨を

・前走からの距離変化

・前走からのレース間隔

で決定する方法。

 

距離変化は前走との比較で

「短縮」「延長」「同距離」

の3タイプで

レース間隔は前走から

「一ヶ月以内」「一ヶ月以上」

の2種類。

 

「距離短縮・一ヶ月以内」

「距離短縮・一ヶ月以上」

「距離延長・一ヶ月以内」

「距離延長・一ヶ月以上」

「同距離・一ヶ月以内」

「同距離・一ヶ月以上」

 

上記6タイプに分類し『買いか消しか』を大雑把にまず分類。更に

前走着順が何着だったか

でもう少し細かく分類。

 

~オートマチック馬券術早見表~

(芝・ダート問わず前走との比較)

「距離短縮・一ヶ月以内・前走1~3着・・・×

「距離短縮・一ヶ月以内・前走4着以下・・・○

「距離短縮・一ヶ月以上・前走1~3着・・・○

「距離短縮・一ヶ月以上・前走4着以下・・・◎

「距離延長・一ヶ月以内・前走1着・・・○

「距離延長・一ヶ月以内・前走2着以下・・・×

「距離延長・一ヶ月以上・前走1着・・・○

「距離延長・一ヶ月以上・前走2着以下・・・○

「同距離・一ヶ月以内・前走1~3着・・・○

「同距離・一ヶ月以内・前走4着以下・・・×

「同距離・一ヶ月以上・前走1~3着・・・×

「同距離・一ヶ月以上・前走4着以下・・・○

(距離延長より距離短縮のほうが好結果なので着順の許容範囲が違う点に注意)

◎が狙いどころ

○は買ってもいいが積極的に狙えるほどではない

×は消し

 

産駒自体の特徴は別コーナーで展開するかもしれませんが簡単に書いておきますと

・ズバッと斬れる脚があるわけではないので先行して踏ん張るような展開が得意

・フレッシュな状態(休養明け、間隔を開けて使うetc.)のほうが走る

・使い詰めで来た時は危険

・「函館芝1200m」「夏の小倉芝1200m(開催前半限定)」を得意とする

これにオートマチック理論をプラスすれば(コチラはあくまでも傾向)

・距離短縮>距離延長

・なるべくレース間隔が開いていたほうがいい

・大敗後の巻き返しには何らかのショックが有効な種牡馬

(距離変化・連闘など)

 

夏競馬ではけっこう重宝する血統。夏競馬のローカル短距離戦で取捨に困ったらぜひ参考にしてみてください。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。