金満血統王国信者

馬券購入のヒントになるデータと日々の出来事などを好き勝手に書いてみたいと思っています


テーマ:

久方ぶりのご挨拶です。

 

大分間が開いてしまいましたが前回までの騎手のお話からは離れまして馬の話をしたいと思います。今回のお題は「フサイチホウオー・マイラー説」です。

 
POGで指名していた縁もありますが元はと言えばスポーツ新聞に1歳時の写真が載った物を見た瞬間にパッと閃いたものがあって翌年のドラフト時に、とにもかくにも1位指名しようと決めた経緯があるのです。当然、デビュー戦から追い掛けて見つめて来たのですが春先まではよかったものの皐月賞以降の結果は・・・ご存知の通りです。

 
おかげで追い掛けた者の宿命として馬券でも散々な目にも遭わされてしまった訳ですが神戸新聞杯惨敗の結果あたりから一つの仮説がフツフツと湧いて来たのです。

それがフサイチホウオー・マイラー説です。デビューから付き纏っていた1番の課題が「かかり癖」。当初は意外なスタートの良さから好位に取り付いた所からさらに前に出ようとしてしまうのでアンカツが必死に折り合いを付けようと抑えるシーンが目立っていました。

クラシックを見据えて距離を延ばし折り合いを付けて、といったレースを心がけるようになって新たな課題に挙げられたのが

「ギアが入らない」

アンカツからのコメント。

ギアが入り切らずに勝ち続けてきたのに初めてギアが入りかけたレース、皐月賞で負けを喫するのですがそれから菊花賞までは入らずじまいで今に至る訳です。それは何故か?
調教師サイドでは

距離が長いのか?

咋夏に痛めた脊骨が治ってないのか??

と悩んでいるようですが結論としては圧倒的に前者を推す訳です。そもそも母がマイル重賞を制したアドマイヤサンデー。その子もどちらかといえば短い距離で活躍したアドマイヤメガミ、尚且つこの馬気性が課題で素質は評価されながら大成出来なかった馬でもありました。そして馬体の造りにも言及するとひいき目もあるかもしれませんが馬体が雄大過ぎると思うのです。肉付きのいい見た目とやや詰まり気味に見える立ち姿は長い距離をこなすしなやかさをあまり感じないのです。ですから

距離適性としてはズバリ1600~1800mもって2000m。

タイプとしてはアグネスデジタルエイシンプレストンのようなイメージ

 

皐月賞で見せた脚は長距離への適性を示すものでなく昔キングヘイローが有馬記念で物凄い脚で4着に来た(笑)時と一緒

 

ではないでしょうか。だから今後のローテーションはマイルCS→香港マイル又は香港Cが理想です。

マイルCSですぐ結果が出るかは微妙ですが同じローテーションを踏んで4歳になって大成したサイレンススズカのパターンもありますので是非この道を選んで欲しいんですね。後はオーナーが余計な欲をかかない事が一番なんですが。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

掲載されるのはオークスの結果が出る前か後かわからないタイミングでの投稿で大変申し訳ないのですが第1回で取り上げた秋山真一郎がおそらく1番人気でのG1騎乗を迎えるとは感慨深いものがあります

 

しかし結果はどうなる事やら。ただでさえ騎乗機会の少ない東京コース、前走を見ても分かる通り馬の力を誇示する結果となった騎乗ぷりは長い直線に救われた形で決して褒められたものではなかったはず。有力馬回避で混戦低レベルが叫ばれているものの騎手同士のせめぎ合いは熾烈を極めるのでは?

そもそも後ろから行く馬の騎乗はさほど上手くない為に・・・(よく詰まっている光景を目にするので)。馬の力は1番であってもスムーズに直線にエスコート出来るかどうかが最大の鍵でしょう。

ただし私の目論みでは届かず2着3着になる気が~。
 

 

さていかなる事になるやら期待をさておき、ほぼ1年前位にルーキー騎手について多少取り上げた回があったと思うのですがさて1年後と確認してみると船曳は成績上がらずも、さして取り上げていなかった田中博ローカル競馬に於いてプチブレイク中なのです。とにかく芝・ダート問わず人気薄をよく持って来ている様子。関係者の評価も高いのか、先日のプリンシパルSというダービー権利取りの鞍上を任されてあわやの3着に持ってくるような充実ぶり。是非お気づきでない方はチェックあれ。

で、今回紹介したいのは田中博だけでなく同じく関東の若手2年目の的場をオススメしたいのです。田中博がローカルをメインに大暴れの活躍をしているのを他所に若手ながら中央場所開催で騎乗しているのはずいぶん肝が座ったものだなぁと感心(さすがに今週は新潟にいましたが)していたのですが実は着実に勝星を増やしている事に気付かされました。

例えばオークスの馬柱を見ると的場騎乗で勝ち上がって来ている馬がいるはず。騎乗スタイルはどちらかと言うと田中博は後ろからでもオーケーですが的場前々をそつなく乗ってる感じです。

どちらかといえば芝での活躍が多いようで(これは田中博にも言える)人気薄の先行馬に乗っている場合は一考の余地に加えてみては。ただしこれからローカル開催メインになると確か去年は北海道に参戦していたので今年もそちらに行くようなら苦戦の日々になるかもしれません。

ともあれ父と同様に着々着実に力を付けている印象の的場勇人にご注目あれ!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

このところ毎度が久方ぶりになってしまっていますがこの度もデータ統計を他所にした馬券購入時の印象を元にコメントしていきたいと思います。

 
今回取り上げるのはナリタトップロードとのコンビで名を馳せた渡辺薫彦トップロードの数少ない産駒の中から大物と噂されるベッラレイアは当コラムでも推奨した秋山に委ねられてしまうなど騎乗していた頃からもそうですが

どうも関係者内外から頼りない印象を受ける

 のか最近ではあまり表舞台とは疎遠の感を受けます。ところがどうして私から言わせてみればここ1、2年に於いて午前午後の条件戦の中では地味に人気薄を馬券圏内へ持ってくる印象があり事実、最近ちょっとお世話になった部分もあり(笑)紹介する流れになりました。

 

特に顕著なのがダート中距離戦1400~1700、1800mの人気薄を前走前々走全く見所が無かったような馬でも持ってくるのです。ただし2着が多い!

 

ので勝ち星に反映しない為にあまり表立った印象を与えないのかもしれませんが基本的に主戦場にあまり裏開催を選ばないせいか彼が乗るのは人気薄がほとんどの為

 

“穴馬券に渡辺あり”

 

の言葉で覚えておいてヒモの押さえにいれておくとオイシイ思いにありつけるかもしれませんここ最近は芝でもアリなのでご注意を。

 

ただしあくまで条件戦(1000万下以下~)でのお付き合いを肝に命じて下さいね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新年度になり多忙にかまけて筆立たずの状態でしたがいい加減年内1度はと思い立って書いてみました。

 

今回のテーマは

脚を使わせる騎手と脚を伸ばす騎手

しかもアンカツ岩田武豊を取り上げて語っていこうかと思います。
さて、この秋1番光っている騎手はと言われたら果たして誰と答えますか?個人的な私見を披露すればアンカツが1番だと思います。ダイワメジャーの騎乗は見事と言う外ありませんし勝星のランキングを見ると武豊藤田岩田と先を越されている印象を受けますがこれは本人が年齢に伴う体調管理を考慮し騎乗数を限定している為だそうで要は騎乗の内容によりシビアに向き合って取り組んでいる証明です。

対照的に中央移籍に伴い騎乗数を大幅に躍進する同じ地方出身の岩田が決して悪いと言っている訳ではなく、先に岩田について語るならば持ち前の剛腕を用いて追える騎手として勝星を量産しているわけで特にダート戦での勝負強さは天下一品です。残り1ハロン当たりからの二の脚の使わせ方はまさに剛腕が成せる技でしょう。特に「最終の岩田と名付けたいくらい最終のダート戦では人気を問わず先行馬での活躍が印象に強く残ります。ところが芝中長距離のレースになると展開・ペースが適応しきれないのか今一歩目立った活躍はありません。東京コースでの極端な成績の悪さはまさにそれでハットトリックディアデラノビアのような強靭な末脚を持った馬に乗っても全く連にも絡む事が出来ないのは“脚を伸ばす”事が出来ない騎手だからです。

このもっとも対照的な位置にいるのが武豊ディープインパクトからスペシャルウィークに代表されるサンデー産駒などいい脚を長く出来るだけ長く伸ばして勝ち切るのが今や1番の得意ワザ。しかし先日の阪神JFのように抜け出してから後続に迫られた場合に案外差し切られる事が多いのが気になります。早い話がそれほど“追える”騎手ではないという事です。ただし後ろから来ると計ったように差し切る“ユタカマジック”はどれだけ脚を伸ばす力を持っているか把握した上でまさに計ったように差し切るのがうまい騎手なのです。
さて話は戻ってアンカツですが簡単に言えば前記二人の特徴を足して2で割ったような、というより“追えて”尚且つ“脚を伸ばす”事が出来るバランス型の騎手だという事です。ただ若干“追える”部分に偏るとも思えますが中央参戦し始めた頃から“伸ばす”技術に必要な戦略眼に関しては格段の進歩が見られるかと思います。ところでこのバランス型の騎手で1番秀でているのは独断で言えばオリビエ・ペリエデットーリは?なんて声もあるでしょうが彼に関してはあまり乗り鞍を見ていないというのもありますがどちらかといえば戦略眼が物凄く秀でてる事もありここはペリエを推します。特に印象に残っているのがジャングルポケットで制したジャパンC。前走菊花賞を折り合いつかず惜敗した馬を懐柔して直線豪脚を繰り出させた追いっぷりと馬の走りっぷりは未だ記憶から離れる事はありません。アンカツにも「日本のペリエ」になれ!とは言いませんがそれに最も近い存在ではないでしょうか。

もっとも年齢的にあと数年で引退の可能性もあるのですが(苦笑)。ともかくに今一度、安藤勝己の手綱さばきに今更ながらに注目です

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんG1の成果はいかがでしょうか?

手短に私の結果報告から。

 

NHKマイルC:◎ファイングレイン単勝勝負撃沈!(馬連流しもヌケ)。

ヴィクトリアマイル:◎スナークスズラン単複勝負で見る影もなく消沈・・・(一応Yシュクルから馬単流しも結果は同様)。

もうGⅠでは当たる気がしなくなってきました(泣)特にマイルCは自信があったんですが横山典はまだやるか!と怒鳴りつけてやりたい気になりましたが、まぁ仕方ないですね。
さてメインレースで勝てないとなれば条件戦で頑張りましょ。という訳で予告通り「地味目な騎手でひと儲け!」(タイトル変わってますか?)を。今回のターゲットは武士沢友治西田雄一郎。どうですか、地味でしょ?(笑)本人達には悪いけど。さて本題。

まずは武士沢友治ですが最近の活躍といえば昨年のトウショウナイトとのコンビが目立つ程度ですが武士沢といえばやはりダート中距離での活躍。特にここ数年は夏の北海道で腕を磨いて徐々にではありますが存在感を示しつつあります。その結果がTナイトとのコンビに繋がっていった訳ですがまず狙い所は先述通りダート中距離の先行馬。まぁダートで先行馬とは当たり前な狙い目なんですが例えば先行馬が少ない組み合わせであれば人気薄の武士沢を見掛ければ是非マークして頂きたい。騎乗は追えるというよりそつなく乗りこなすタイプなので前走で大敗していても気にせずに。反面芝ではそつのないせいかどっちつかずの為に狙い薄です。これはある意味Tナイトで立証している形になっています。
さてもう一人西田雄一郎。取り上げる上で念のために今週のギャロップにて連対率を確認してみたら.039と驚愕の低数字!ただし気付いた点が幾つか。今年3勝のうち2勝が特別勝ち。更に3着が8回で近い順位にいる騎手達よりも比較すると多い事に気づかされます。それともう一つ。掲示板には載らない着順でも人気よりは上に持って来ている事が多い。しかるに導かれる結論は・ここ1番に勝負強い。人気薄でもワイド圏内に持ち込んでくる気配を持っている。先週の新潟の直線競馬の特別レースでは正にこの二つの要素が炸裂!お陰で初めて直線競馬でまともに馬連を取りました。ついでに単勝も。この騎手(西田)の狙い目は主に芝で。それからテン乗りよりは前に乗っていて着実に着差を詰めているような時が要警戒です。基本はローカルが主戦ですが中央場所でも一発の勝負強さがありますのでご注意を。
 

さてさて今週のオークス。今のところキストゥヘヴン以外の馬からの勝負、やはり穴狙いの先行馬で。シェルズレイキープユアスマイル辺りが面白いかなぁ、と思うんですが・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

天皇賞・春。ディープインパクトは凄かったですね!としか言いようのない結果。リンカーン陣営の「時代が悪かった」というコメントが全てを物語るようにまさにディープインパクト時代

その他の馬たちを一切認めない独裁があのレースで作られてしまったようでした。当然、武豊の意気込み通り海外での活躍へ夢膨らむばかりですがディープ不在のこれからの古馬主要G1レースの虚無感が心配です。
さてそんな天皇賞をあっさり外してG1連敗の中、今週はNHKマイルC。しかしディープ旋風が吹き荒れた後のせいか過去最低とも言えるかもしれないほどに盛り上がりに欠ける今年に関して私もあまりコメントをする気勢が上がりません。もっとも連敗中というのもありますが(苦笑)。敢えて今日の段階で言える事はFリシャールは軸に据えない、せめて押えまで。この馬恐らくこれ以上の飛躍的な成長は無いと睨んでいます。特に勝ちパターンだったはずの皐月賞でああも簡単に負けていたのが象徴的でした。敗因は決して距離のせいでは無いと考えます。だって東スポ杯芝1800mであれだけ強い競馬をした馬が200mの延長でいきなり勝ち負けに関わるマイナス要素になるとはチト考え辛い。ですから今度はいかにFリシャールの成長に追い付いているかどうかのレースだと思います。

 
ならばその前にあるいは取るかやられたかの後の条件戦でひと儲けを!てな訳で低額条件戦におけるコメントをしていこうかと。今回は「見習騎手を見落とすな!」。このコラムでも幾人もの若手騎手を取り上げて来ましたが気が付けば松岡石橋脩見習を卒業して関西の有力厩舎からも依頼される時代。新たな若手もこの3月からデビューし早くも頭角の兆しを見せています。その兆しが一番顕著に現れてくるのがダート短距離低額条件戦です。まずはがむしゃらに先手を取りアレヨアレヨと軽量を生かして粘り込む。こうやって成功していった先輩達もきっかけを掴んでいったんですが今年の新人は例年以上に早くそのキッカケを捕まえているように感じます。特に関東では的場田中博関西では田中克船曳などでしょうか。先日東京最終Rで人気薄の騎乗の先行馬をヒモの一頭に狙ったら1/2差の3着で悔し涙を飲んだバカリです・・・。なぜかこんな時に限っていつも買っているワイドを買わず(涙)。ですから3連単・3連複・ワイドを購入する方には新人騎手の先行馬には是非注意を払って頂きたいそれから2年目鮫島大野塚田あたりに引き続きご注意を。

 

それでは来週は「地味~な騎手を狙い撃ち!」を!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ごめんなさ~い m(__)m

先日の皐月賞は軽視していたきさらぎ賞組のワンツー。私の馬券もカスリもしませんでした。なにせ結局本命は馬場が悪くなるのを嫌ってサクラMワンダーは馬単頭流しで少々押さえつつ人のPOG指名馬を臆面もなくナイアガラ勝負で行って撃沈(苦笑)。すみれSの勝ちっぷりを評価してみたんですが小牧ではなぁ~という所なんでしょうか。

それにしてもMサムソンはメイショウのオーナーに初クラシックをプレゼントした事が立派ですね、あと石橋守にも。確かサラブレの四位のコーナーで昨年のいつ頃か忘れてしまいましたが石橋守がゲストに呼ばれて「もっと頑張って下さい!」的な事を言われてような記憶があるのですが人の心配してる場合じゃなくなりましたね(笑)もっとも石橋の今年の勝ち鞍は4勝でそのうちMサムソンで2勝しかも共に重賞ですから頑張ってるんだかどうだか(苦笑)。
Dパスポートは単純に2000mがどうかと疑問があったので2着でも高田はやっぱり評価されるべきではないかと個人的には思います。でもやっぱり高田騎乗では買い辛い・・・。しかし3着以下の馬をそれぞれ見渡してもダービーで!力を込めて狙えるような馬は見当たりません。ではMサムソンニ冠!?も如何なものか。まぁこれからまたトライアルも始まりますしひそやかにアドマイヤ・・・の名前も聞こえてきそうな~。

 

ちなみに先週は土曜中山最終のダ1800mの2000円オーバーの複勝をガッチリとりました!単に行った行ったの前残りを期待しただけでしたが(笑)ただし佐藤哲が乗ったお陰で思い切りのイイ競馬だったのが功を奏したようでした。何せ1コーナーまでさんざん出ムチ食らわせて「やりすぎだよ~」と思うくらいでしたから。改めてメキメキ勝負師ぶりが顕著に見て受けとれる騎手だなぁと確認した次第です。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

枠順が発表されて新聞を見れば見るほど難しいですね。

個人的には難解と言われた桜花賞よりはるかに悩みますね。まずAムーンものすごく届かず3着のイメージ、スペシャルWの時の映像が浮かぶんですが最近の中山のGⅠではたいていが3角大外しか手を打たないですから・・・ただAムーンは差し馬ではありますが明らかにそんな豪快な競馬が出来るタイプではないので新たなユタカマジックが見られるかも、しれません。
続いて要請のあったきさらぎ賞組の取捨ですが私はあのレース自体、内容云々ではなくハイレベルのメンツではないと考えていたのでその後の走った馬たちの結果がこのレースの価値を上げているようですがそれはあくまで条件~OPレースでの参考要素であって重賞ではさほど重く見る必要はないと思います。現に完勝したはずのDパスポートが次走で2着馬に先着されている曖昧な力関係ですから。
それよりも今回重視すべきは馬場と展開だと思います。先週同様先行馬がある程度揃って尚且つ週末雨予報の為に馬場が悪くなるという事です。正直、前回推奨したあの馬は新聞紙上では問題ないと言われているようですが個人的にはそうは思わないんですね。なにせ一番の買いの理由が前々走の切れ味が中山に合うはずと思っているので馬場に適応出来ても少なからず切れ味は殺されるでしょうから果たしてねぇ~。いやぁ今回はほんと難しい(笑)。別路線組も軽視はしてはいけないと思いますよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ほら~来たでしょう、差し馬が!!(笑)

あんな曖昧な予想ながら先週の土日は阪神の芝は前残りが多かったので不安になっていたのですが桜花賞はスピードの勝った先行馬が集まったのとジョッキーの早め早めの意識が集約された為の結果だったかもしれません。

さて自分の馬券はと言うと・・・獲りましたよ!単勝のみ(苦笑)というかキストゥヘヴンの馬券自体単勝のみと微妙な買い口。実は前日の馬券がイマイチだったのとプライベートで鬱ぎみだったのが重なってえらく弱気な馬券と性懲りもなく秋山騎乗のWシンシア流しの馬連で勝負してました。あぁ、そんな無駄さえなければ・・・。ちなみに勝馬への食指は安勝騎乗がポイントで数年前の阪神ジュベナイルフィリーズのピースオブワールドの2着だったヤマカツリリーで美味しい思いをした印象が残っていてそのイメージで買ってみたら予想を越える追い込み一気(笑)。でもオークスではせいぜい押さえ迄ですね。血統からして母父ノーザンテーストというのが今や短距離指向になっているがゆえに(アドマイヤマックスが好例)マイルで狙い目と判断する理由になった訳で2400では少なくても単勝勝負はないと思います。

 
さて今週は皐月賞AムーンFジャンクリシャール人気の中心でしょうが今回の狙い目もやはり“差し馬”です(笑)ただ今回は先週と違い、心中では決している馬がいるんですがここは黙秘で!という訳にもいかないでしょうから、ずばり大井の名手に命運を賭けるつもりです。前走コケて格好の狙い目かと思ったんですが意外と人気になるような気もしますね。ただし馬主サイドはサクラスターオー以来の奪冠とサクラプレジデントの2着の鬱憤を晴らす格好の機会と力が入っているのではないかと睨んでいるのですが…。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

お久しぶりのお目見えです。いよいよクラシックも近付き胸躍る季節ですね。

今週は桜花賞。今年も波乱匂わせるメンバー構成。おそらく1番人気はAキッスTプリキュアDパッションコイウタアルーリングボイス等重賞ウィナーからFパンドラAライジングシェルズレイ等もまた侮れない存在な上名前の上がって来なかった馬の中からも伏兵が現れるかもしれません。

じゃあ、どの馬が!?となると私も断言出来るような馬は見当たりません(苦笑)。

ただ今年の桜花賞は秋山だの柴原だの長谷川だのと密かに注目している騎手が幾人か乗ってきそうな事が我が事のように嬉しい限りです。ましてや柴原長谷川あたりはここがもう1ステップ上がる為のいいチャンスなはずです。この二人の馬は少なからず押さえるつもりです。ちなみに注目の馬は・・・差し馬です。
終わりに久々に馬券自慢を。ここの所重賞はさっぱりなんですが先週の中山ダート1800m最終Rで小野次郎騎乗の馬の単勝を取りました!正確な配当は忘れたんですが9千円はついた馬券で馬連を取れなかったのが痛恨だったのですが“ダートの小野”のイメージが着々と根付いて来ています。そしてこのあいだの土曜最終も中山ダート1200mで今や内田博に隠れてしまった形ですが関東に於ける地方騎手の中央進出の第一人者とも言える石崎隆之&アフリートを狙い打ちで見事松岡騎乗の1年ぶりの休み明け馬を引っ掛けて万馬券を取りました。どうやら松岡もだんだん活きのよさが安定して出せるようになってきたように思います。やはりサラブレでMキネーンと対談したのが効いてきたんでしょうか。減量も取れた事ですしね。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。