金満血統王国信者

馬券購入のヒントになるデータと日々の出来事などを好き勝手に書いてみたいと思っています


テーマ:

春のセンバツ高校野球

 

昨年のセンバツ覇者

常葉菊川

敗れました。完敗だったみたいで。

 

これで今の学年のチームになってから

初の公式戦敗退

 

まぁ高校サッカーの世界でも

静岡ブランドは一切通用せず

かつての最強チーム国見高校も今では簡単に負ける

(10年くらい前までは選手権でベスト8を逃したことがなかった)

ような時代。

 

野球にしても

室内練習場など練習環境が整ったこともあり

北海道や青森など昔は甲子園でまったく歯が立たなかったところでも優勝候補にあがる

くらい。

どの都道府県にもチャンスがあると言っていい実力拮抗の世界


 

常葉菊川を破った

千葉経大付

決してマグレ勝ちではないでしょう。

 

スポーツニュース(ネット版)にくっついているコラムなどを見ますと

今大会は昨年に比べプロが注目するような超高校級がいない

といった文面を目にします。それが一層混戦模様を起こしているのかなぁとも考えられますが、

引き分け再試合

もあったようですし、常葉菊川が負けたのは残念ですが、これから決勝までいい試合を期待したいです。

 

 

2007センバツ

2007夏

2008センバツ

と、3期にわたって

久しぶりに私を野球にハマらせてくれた常葉菊川の選手のみなさま

おつかれさまでした

この夏も出場できるでしょうか?いずれにしても静岡代表をしっかりと応援させてもらいます。

負けるまでは。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2006年12月

阪神競馬場に外回りコースが新設

 

ジョッキーのコメントによれば

コーナーが緩くなり枠の有利不利があまりなくなった

という意見が聞かれるなか

 

傾向がつかめるまではうかつに馬券は買えないな

 

と、阪神コースでのレースは頑として手を出さなかった私

 

 

 

時は流れ2008年3月

 

最初は各ジョッキー探り探りではあったものの

坂があっても前残りが多く

新潟外回りのような感覚かな?

と思っていたのですが、

 

サンデー並みの瞬発力がないと後ろからでは届かない

 

というジョッキー心理が働き出したそうで仕掛けが早め早めになり

 

阪神外回りコースは一瞬のキレ味よりも長くいい脚を使えるタイプに向く

 

コースになりつつあるようです。

 

 

というわけで

馬場改修後内回りコースは買ったことがありますが

外回りコース。私の中でついに解禁!

 

毎日杯(GⅢ)芝1800m

芝1800m外回りは長くいい脚が使える馬でスタミナの血が入っていればなお歓迎

だそうで

芝2200mが得意な血統がイメージ的には近い

マヤノトップガン産駒

チーフベアハート産駒

 

などがいればよかったのですが残念ながらおらず。

 

で、このレース

新馬戦圧勝アドマイヤコマンドという馬が1番人気

今年に入り絶好調のアドマイヤ軍団

母父カーネギーですしハッキリ言って消す必要はないのですが

サンデー産駒以外の1戦1勝馬なんて信用しちゃダメ

という金満のお言葉を信じ、ここは敢えてぶった切ることに。

 

お得意の

「単複以外オッズ見ない作戦」

で、スタミナのありそうな馬を5頭拾ってBOX

とはいえ、初の外回りチャレンジなので自信もないですから¥100

(^-^;

 

明日の高松宮記念の資金くらい調達できればという気持ちで買ってみました。

 

馬連
毎日杯Q
 

ワイド
毎日杯W
 

3連複
毎日杯T

 

しめて¥3,000ナリ。

 

結果は

1着2番ディープスカイ

2着4番アドマイヤコマンド

3着6番ミダースタッチ

最終オッズ(単勝)で確認したら

1~5番人気を1頭も買っていなかった

ことに気付き、

こりゃダメだ~。でも当たるかも。

淡い期待を寄せていたのですが結果としては

ハズレ~~

 

1戦1勝1番人気のアドマイヤもキッチリ2着を確保。

結局のところはなんてことはない

メンバー中2頭しかいなかったアグネスタキオン産駒のワンツー

 

3着の父は

シーキングザゴールド

スタミナ志向のハズだったのにシーキングザゴールドかい・・・

とガックリしましたが、

すべてデータ通りにレースが決まれば買う人全員馬券が当たっちゃいますからね

データ主義としては

こんなこともあるさ

(こんなことばっかり?)

と割り切って次のレースに向かうしかありませんね。

 

阪神外回りに手を出すのはまだ早かったかなぁ・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3月30日(日)

高松宮記念(GⅠ)

 

枠順確定

 1スズカフェニックス(福永)

 2プレミアムボックス(吉田隼)

 3ブラックバースピン(中舘)

 4ファイングレイン(幸)

 5マルカフェニックス(武幸)

 6キョウワロアリング(飯田)

 7スーパーホーネット(藤岡佑)

 8リミットレスビッド(内田博)

 9フサイチリシャール(川田)

10キンシャサノキセキ(岩田)

11ペールギュント(上村)

12プリサイスマシーン(松岡)

13マイネルシーガル(柴山)

14ナカヤマパラダイス(木幡)

15トーセンザオー(赤木)

16ローレルゲレイロ(四位)

17エムオーウイナー(熊沢)

18タマモホットプレイ(渡辺)

 

高松宮記念

・当日が前残り馬場だろうが差し馬有利だろうが「外枠の差し馬」が台頭してくる

・「マイル向きでこの距離だと忙しいのでは?」と思わせる馬こそ『買い』

 

3月の開催に移行してからはこの傾向が顕著に見られるレースだったので、私としても買いやすいGⅠだったのですが、

聖書「金満血統王国

によれば

このカラクリも調教師の先生方にバレてきて、マイル~中距離向きの馬がこのレースに出てくるようになってきたのでそろそろスピード優位のスプリンター決着になりそう

という予想がされてました。

 

ところがスプリント路線は有力候補が次々離脱。

サンアディユの不幸な急死

アストンマーチャンは本調子にならず回避表明

アイルラヴァゲインは賞金順で除外対象

出てくれば面白いと聖書に書いてあった

ローブデコルテ

タイセイアトム

は登録されておらず。

 

枠順確定前のイメージは

(あくまで勝手な想像)

①たぶん1番人気スズカフェニックス

②位置取りはどこにしろ前走ローレルゲレイロに逃げ切られたのでたぶん早めに捕まえに行く

③キッチリ捕えて「連覇か?」と思わせて外から何かに交わされてしまいスプリント戦ではお馴染み「福永の2着づけ

かな~?

 

と考えて狙いをつけていたのですが、枠順確定を見てガッカリ。

軸にしたかったスズカが1枠1番に

アンカツ先生がいないので徹底ブロックはないと思いますが

マークされる立場だけに進路がちゃんと取れるかどうか不安いっぱい

な状況になりました。

 

(チョクチョク穴を出す)

7枠・8枠を見ましても

初の1200m挑戦

マイネルシーガル

 

差し馬じゃないけど

ナカヤマパラダイス

(暮れの中京最終でモロ出遅れた馬)

 

穴候補といえば穴候補

タマモホットプレイ

 

などがいますが

柴山?木幡?渡辺?

中京1200m(しかもGⅠ)で来るイメージが沸かないなぁ~

というのが本音。

(ジョッキーの皆様スミマセン・・・)

 

 

おかげさまで昨年は当たったこのレースですが・・・・・

今年は見送りが妥当

かなぁ~という気も。

メンバーも聖書にあるとおり

マイル戦を中心に使われてきたような馬が目立ちますし。

芝1200m重賞の常連

っぽいのがパッと見ても

ブラックバースピン

キョウワロアリング

ナカヤマパラダイス

エムオーウイナー

タマモホットプレイ

くらい?

新興勢力で

プレミアムボックス

マルカフェニックス

といったあたりを入れても

半分にも満たず

 

ここ数年の傾向どおり

本質はマイラーっぽい馬の出番か

そろそろ

純粋スプリンターの出番か

 

馬券を買うかどうかはもう少し考えたいと思いますが

例年とは違った適性が求められる可能性もありますので馬券を買う方、気をつけてください。

 

スズカフェニックスが5枠より外に入ってくれればなぁ~

残念。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

センバツ高校野球

 

昨年は

まったくの無印

(と言っていいでしょう)

我が静岡県の高校

常葉菊川

が、

現・東京ヤクルト

佐藤由規がいた仙台育英

現・北海道日本ハム

中田翔がいた大阪桐蔭

 

これらの優勝候補を負かしての優勝

 

夏の甲子園もベスト4

新チームになってから公式戦負けナシ

昨年の優勝メンバーが多数残っている

 

これらの結果を受け今回は

堂々優勝候補の一角

として登場。

 

大会3日目

見事に初戦を突破

 

どこまで勝ち進むことができるでしょうか

 

ところでまたまた静岡話を。

センバツ高校野球はご存知のとおり

都道府県代表ではなく各地区毎で決められた枠にあわせ選出

される大会。静岡県が入っている東海地区の選出枠

そして、神宮大会常葉菊川優勝したため優勝枠により1個増加

今年の東海枠は3

で、

東海大会優勝の常葉菊川

同じく準優勝中京大中京

は問題なく選出。残る1枠。

実は準決勝

常葉菊川-常葉橘

という静岡勢&常葉学園グループ同士での対決が実現 

しており、

東海大会ベスト4まで残っていた実績があったので

常葉グループが揃って甲子園の快挙なるか

県内では期待されていたようなのですが、

橘は菊川にコールド負け

していた印象がマイナスとなってしまい、惜しくも落選

の分も菊川には頑張ってほしいと願う次第であります

(東海枠最後の1席は準々決勝中京大中京と大接戦を演じた宇治山田商になり、準決勝で敗れた2校は共に落選となりました)

~静岡話終了~

※前にも書きましたが常葉橘は長澤まさみさんの父親がサッカー部の監督をしている学校として有名。

 

 

それにしても今大会はロースコアな試合が多いみたいですね~。

全試合を見ているわけではないので詳しいことはわかりませんが

常葉菊川が6点(相手の明豊も4点)取るまで

すべて3点以内の決着

まぁ7試合しか消化してなかったとはいえ高校野球で4点以上点が入らない試合がここまで続く

というのも珍しいおはなしです。

 

昨年高校野球にも低反発球が採用

されたわけですが今年は使われているのでしょうか?

それがロースコアに直結しているとは言いませんが、いずれにしてもワンサイドゲームにならず引き締まった試合が多いことは見る側としては面白いですね。

 

見ていて面白いのはやっぱりスピーディーな試合展開

本日の

常葉菊川-明豊

の1戦。試合時間

約2時間

速いですよねぇ~。高校野球は。ハツラツとしていていいですね。

 

プロ野球を2時間で終わらせるのは不可能でしょうけど

やっぱりもうちょっとスピードアップできたらいいなぁ~

と思うのが本音でございます。

(プロ野球自体もうほとんど見てませんけど・・・)

(^-^;

 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中学生の頃より応援し続けた球団『近鉄バファローズ』

(最終的には『大阪近鉄バファローズ』)

残念ながら2005年オリックスとの合併により球団は消滅。それに伴い私の野球熱も急速に冷めていったわけですが、野球経験のない私をここまでプロ野球に熱中させてくれた球団に敬意を表し、記憶にある選手を少しずつではありますが紹介、この球団の面白さを伝えられたらと思います。

 

最終回。最後はやっぱりこの人。

タフィ・ローズ(外野手)

 

1996年入団。96年といえば以前「C.D 」の回で紹介しましたとおり

95年まで第2期いてまえ打線を支えたラルフ・ブライアントリー・スチーブンスが揃って退団

当然ながらクリーンアップの一角を任せたいとの期待で入団してきた選手ではあったと思うのですが、

入団当初のローズの売りは

(もちろん長打力もありますが)

長いリーチを生かした広角打法と低めの変化球に対応できる(バットが届く)逆らわないバッティング

それと

メジャーで1番を打っていた経験もあるほど助っ人としては「走れる」タイプ。守備範囲の広さと強肩を併せ持つ

スラッガーというよりは攻走守3拍子揃った選手

でした。

 

ローズというと

シーズン55本の本塁打

ヒートアップして退場

と、どちらかというとパワフルなイメージを持たれがちですが、

 

非常に研究熱心

 

な選手で、

チームメイトと打ち解けるために日本語を積極的に使うようにする

(プライベートでは日本語、ビジネスでは英語と使い分けていたそうですが当時はそこまでは知りませんでした)

オープン戦の頃から対戦した投手のクセや球種、配球パターンなど事細かにノートにつけ続けていた

というのは、ファンの間では有名なお話。

そして年々打撃フォームも変化していくのですがまぁこれはまた改めて。

 

こうして、オープン戦からキッチリと結果を残したローズ

開幕戦でもタイムリーを放ち

96年近鉄の初打点

を挙げました。

開幕戦こそ4番は石井浩郎がおりましたので打順は5番でしたが

石井が故障で離脱してからは4番に居座りチームを牽引

野球に取り組む姿勢だけでなくしっかりと結果も残すことで首脳陣から高い評価を得るローズ

 

そして、伝説(?)の藤井寺デーゲーム

同点の9回ウラ

2アウト満塁で打席にはローズ

相手は西武のストッパー潮崎

フルカウントからの1球を見事に弾き返し満塁ホームランでサヨナラ勝ち

(打った瞬間打席内でローズがヘルメットを両手で高々と上げた不思議なパフォーマンスを見せたアレ)

ヒーローインタビューで

「ファンのみなさまにひと言」

の問いに笑顔で放ったこの言葉

ヨッシャ~

これでファンの心をガッチリと掴みました

 

(判定をめぐって怒りをあらわにするシーンもありましたが)

日本の野球を研究し、チームメイトとも打ち解け、ファンにも愛されたローズ

 

残念ながらチームはBクラス(4位)に終わりましたが

1年間主軸としてチームを牽引

打率.293

本塁打27

打点97

盗塁11

でチーム内四冠の成績。

(盗塁11がチーム1位というのもどうかとは思いますが)

それでも当のローズ

チームの勝利が一番

フォアザチームの精神を徹底していました。

 

翌年から本拠地が大阪ドームに移ることが決定していましたが

強肩として知られるイチローよりも捕殺数が多い

隠れ強肩選手だったローズ

守備力の面でもまったく問題なく当然ながら契約続行。

 

96年に在籍した助っ人外人で97年も契約続行となったのはローズだけ。

というわけで、

ホームが藤井寺だった頃のユニフォーム

(個人的にはコッチのデザインのほうが好き)

大阪ドームに移ってからのユニフォーム

(社会人野球みたいであまり好きではなかったやつ)

2種類のユニフォームを着た助っ人外人

ローズただ1人。ぜひ覚えておいてください。

 

そしてついに完成した大阪ドーム

こけら落としの一戦となった巨人とのオープン戦で

挨拶代わりの大阪ドーム第1号ホームラン

打ったのはローズ

でした。

(ちなみに公式戦第1号は鈴木貴久です)

当時の佐々木監督

桑田君が気をつかってくれたんでしょう」

(相手投手が巨人の桑田だった)

リップサービスしてましたが

記念の一発を打つべき人が打ったってところでしょうか。

  

こうしてオープン戦でも順調な仕上がりを見せ2年目のシーズンを迎えたローズ

前回紹介いたしましたクラークと最強コンビを結成!

中村紀が覚醒するのはもう少し先です)

助っ人コンビがいなかったらこのチームはどうなるんだ?

と思わせる活躍で打線を引っ張りました。

 

特にクラークが最初イマイチでしたが

打ち出の小槌

が出始めてからチームの成績もグングン上昇

ローズは1年通して安定した活躍

 

シーズン前半は借金生活に苦しんだチームですが

(調べましたら最大14)

最終的には貯金6まで巻き返し

リーグ3位

久しぶりにAクラス返り咲きを果たしたわけですが

ローズ(とクラークの活躍

抜きにしてこの年の近鉄は成り立っていなかったことは間違いありません。

たしかにこの年は

小池秀郎投手最多勝

岡本晃投手防御率リーグ2位

大塚赤堀必勝リレーの確立

投手陣にいい話題が多かったことも事実ですが・・・。

 

ローズ2年目打撃成績

打率.307

本塁打22

打点102

盗塁22

 

打率本塁打クラークに及びませんでしたがチーム打点王

盗塁昨年比2倍の活躍(外人でこれだけ走るのは近鉄としては異例中の異例)!

ただしこの年は

パ・リーグの規定打席に到達した選手で唯一年間併殺打ゼロ

という快挙を達成した俊足武藤がいたためチーム盗塁王獲得には至らず

 

 

ヒーローインタビューでも常に

「チームの勝利が第一」

フォアザチームをアピールし、チームメイトともすっかり溶け込み、ファンサービスも忘れずにしてくれるローズは既に近鉄にはなくてはならない存在にこの時点でなっていました。そして3年目へ。

 

しかし、落とし穴が。

 

シーズン当初はいつも通りの活躍を見せていたのですが

夏場を前にヒザを痛め思うような活躍ができず

たしかにこの年は前の2年に比べると開幕時から

ちょっと太ったかな?

と感じる体をしておりましたがそれが原因なのか全力プレーの連続が起こした悲劇か

ヒザの負傷で下半身のトレーニングがじゅうぶんにできなかったのでしょう

夏場を過ぎると明らかなブヨブヨ下半身に

(笑)

 

それでもローズの代役が務まる外野手なんているわけもなく、

休んで治療に専念する

なんて言って帰国する助っ人がいても不思議はないのですが

チームが休ませてくれなかったのか

本人が志願して出場し続けたのか

(真相は知りません)

ヒザの痛みと戦い、不本意ながらもチームに貢献。

これまでは3番か4番を打つケースがほとんどだったのですが

さすがにこの年は事実上の5番降格

本来のローズとは言えない苦しいシーズンを終了

 

打率.257

本塁打22

打点70

 

打率と打点は急降下。こうなると翌年の契約が問題に。

近鉄と契約更改

は、過去に多くの前科があるだけに

野茂石井etc.ケガを公傷と認めないケース)

(金銭面だけならトレーバーなど)

 

『できればローズに残って欲しいけど外人だと金銭でモメたり、ヘタすれば球団が解雇するかもしれないし・・・』

 

と、かなり厳しい見方をしていた私。

しかし、詳しい交渉の状況は知りません(難航したのかスンナリ決着したのか)が

推定で1億円以上あった年棒はダウンながら契約更改完了

(推定年棒で1億円を下回りました)

そして、ローズのコメント

あの成績で解雇せずに契約更改してくれた球団に感謝している

というもの。

なんとスバラシイ助っ人外人なのでしょうか!

球団側も研究熱心だったり親しみやすいキャラクターだったり

プレー以外での評価

が加味されてのものだったのでしょうが

まだまだ近鉄にはローズが必要

(年棒はダウンしてますが・・・)

と判断したのでしょう。

 

こうして、その感謝をプレーで恩返しすべく4年目のシーズンに向かうローズでした

 

~前編終了~

(中編へつづく)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

時間に余裕のある方見てください。

甲斐麻美さん

がんばっておるようです。

 

「バーチャルウォーカー」より

お魚料理に初チャレンジ!

だそうです。
 

LOVE!YouTube

 

クッキング ドタバタ三枚おろし編

 

クッキング パプリカ死闘編

 

クッキング いよいよ試食編

 

クッキング 〆の感想編

 

春号プレゼントを20名様に!

 

 

 
もっと早くブレイクすると思ったんですが、まだまだ大ブレイクには至っておりません・・・。

 

ドラマやら映画やらチラホラと出てはいるのですが・・・。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

3月16日(日)

 

2008多摩川リバーサイド駅伝開催

 

ここ2~3年でにわかに市民マラソンブームが沸き起こる中

(東京マラソンがメイン?)

この大会は

アマチュアでも気軽にタスキを繋ぐ気分が味わえる

大会として、

エンジョイ派の大人

が。

記録を真剣に狙いに来るスピードランナーが集う

地元の中学・高校生

らがしのぎを削ります。

 

ショートの部

ロングの部

 

大きく分けるとこの2種目ですが、特にショートの部

3km-2km-1km-3km

4区間

普段ほとんど運動をしていない人

でも割と簡単に手が出る距離なので近年人気の大会のようで

 

定員(チーム)300。申し込み先着順で定員オーバーになり次第締め切り

 

というエントリー条件の中、

野人監督のスカウト活動の賜物

で走遊会から複数のチームエントリーを果たすことができました。

ありがとうございました。

 

で、パンフレットを見ましたら

ショートの部のエントリーは計309チーム。

多少のオーバーは目をつぶってくれる主催者の優しさ

こちらもありがとうございます。この駅伝は

第2回大会から参加している

(今年は第8回大会)

ので、

回を重ねる毎に賑やかな大会に成長していることは目に見えてわかります

主催者の努力なくしてこれだけの盛況はなかったでしょうからね。

これからも楽しい大会として継続されていくことを期待したいと思います。

 

で、肝心の記録ですが、

正式な結果は後日郵送される記録集を見ないとわからない

(チーム記録と順位は速報が出るが個人記録は不明)

のでわかりません。

 

そして訳あって

記録が確定してもこの日記に掲載するのが困難

な状況になってしまいました。

(^-^;あせる

 

理由は監督に聞いてください

 

ともあれ走遊会の団体種目はこれで一区切り。

私は4月のかすみがうらが控えてますがそれ以外の人は終了です。

野人監督を中心に今シーズンもお疲れ様でした

そして駅伝をはじめ力を貸してくださった方々。ありがとうございました。

来シーズンもまたお願いいたします。

 

※走遊会ルール※

1回でもレースに参加=走遊会メンバー入り

監督からシーズンが近くなったらオファーのメールが必ず届くものと思われます。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

3月12日(水)

本日のTV番組欄に目をやりますと

 

18:55~TBSにて

プロ野球選手の妻たち

 

『おっ♪なかなか面白そうだな』

久しぶりにタイトルで番組を見てみようかなぁ~と興味惹かれました。

いざ視聴。

 

この番組ご覧になった方おりますか?

『ほ~。この人が。』

と唸らされるシーンばかり。

といいますのも番組内で取り上げられた選手(夫婦)が

 

今岡誠

今江敏晃

入来智

酒井弘樹

岡島秀樹

福盛和男

宮本大輔

岩隈久志

一場靖弘

(敬称略)

以上9選手。

まぁ説明不要かとは思いますが一応。

赤字で書いた選手が

元近鉄」もしくは「近鉄在籍歴

のある選手。

 

以前放送されていた同局の

ZONE

という番組もそうでしたが

世界陸上と違ってプロ野球選手に関しては人選が渋い

ですよね(苦笑)。TBSは。

 

当然ながら番組内では

選手時代の映像

(現役選手は入団当初の映像など)

が出てきますので、まぁ懐かしかったですねぇ。

 

最近のプロ野球事情を全然知らなかったので

宮本が難病に冒されていたこと

宮本岩隈が入団した年のドラフト1位選手)

も知りませんでしたし。

 

そして、なんといっても懐かしいのは酒井

高校の教師になっていたとは!!

この投手、私大好きでして、

野茂が退団した後のエース

高村酒井しかいない

と言われてきた逸材でしたからねぇ~。

ちょっぴり二段モーション気味だったので今ならアウトでしょうけど

140km後半のストレートが魅力

だったんですけど何しろ

暴投が多くて(笑)

たしか

当時のワイルドピッチ年間記録を更新

した実績があったハズ(苦笑)

おそらく95~97年くらいのデータの野球ゲーム持っている人だったら

先発投手で上から3番目くらいには間違いなく入っていると思いますので、遊ぶ機会があれば使ってみてください。ゲームなら暴投もあまりないし、いいピッチャーですよ。

 

これだけ懐かしい映像目白押しだっただけに勿体なかったのは

録画していない

ことだけですね・・・。あ~、録画しておけばよかった~。

 

それにしても悲喜こもごもな夫婦事情

一流選手とセレブ妻

今岡夫妻(阪神)

のような豪華な代表ならまだしも

転落人生

(プロ選手として栄光からの転落であって転身した第2の人生は立派に過ごされてます)

でチョイスされてしまった

入来夫妻

酒井夫妻

共に近鉄組というのが実に悲しい・・・。

個人的にはこういう選手をとりあげてくれるのは嬉しいんですけど

 

いつまで経っても

負のオーラ

というか

マイナスイメージがつきまとう近鉄ブランド

これもこのチームの宿命なんでしょうか。

 

でも今日コレを見たおかげで

現・オリックスバファローズ

宮本大輔選手

は応援したくなりました。

 

難病からのカムバック

 

いい結果を期待します。ガンバレ!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

名古屋国際女子マラソン

北京五輪代表発表

 

などのニュースをネットで調べていたら気になるニュースが。

 

マラソン・駅伝に代表されるロードレースで沿道の観戦者に応援用の小旗などの配布を禁止

 

することになるとかならないとか。

・ゴミが増える

・競技者に当たる危険

というのが主な理由のようですが

主催者(新聞社)などからは反発が予想される

とも。

金をかけて無料で配布

するリスク(?)を考えても結果として

宣伝効果が出ていたから長年続いている

のでしょうから反対意見が出るのは当然でしょう。

 

コレに関しましては協会側と主催者側で物議をかもしそうですが

個人的には配布禁止に賛成

です。

かなり古~い話ですが、実家のある町(現在は合併して市になりましたが)に

おはようサンデーマラソン

という番組が来たことがありまして、たしか

コント赤信号さん

日高のり子さん

あたりがゲストランナーで走っていた記憶がありますが、あの頃の応援小旗は

紙ではなく布製

そして

配布するのですがレース終了後回収

でした。なぜ覚えているかといえば

小旗を返さずに記念に持ち帰ったから

(早い話ドロボウですが時効という事で勘弁してください。関係者の方スミマセン)

まだ実家に2本残ってますので布製であったことは間違いありません!

(その他の情報はなにぶん私が小学校1年生の頃の話ですので間違っていたらスミマセン)

 

現在の小旗はほとんどが紙でできており悪く書けば

使い捨て。配りっぱなし

というケースがほとんどでしょう。そして

記念に持ち帰る人なんてほとんどいない

でしょうから失礼ですが

ゴミになるのは当然

自宅で処分すればまだいいが

コースの近くや最寄の駅・コンビニのゴミ箱に捨てられたら近隣住民や開催した自治体

などの立場からすれば

いい迷惑

って話でしょうし。

ましてやそのへんの道端にポイ捨てされたらたまったものではありません。

 

あとは、TVなどで見ていても

出すぎ!

と言いたくなるくらい

応援に熱が入りすぎた沿道の方

も稀に見かけますし。

ランナーに当たりそうで見ていてハラハラします

まぁコチラに関しては

旗がどうこう言う以前に応援する人のモラル

が問われる問題ですので。私としては応援している人の意志とは無関係

振った旗(紙)だけが飛んでしまいランナーの近くをヒラヒラ舞っている

現象に改善策を求めたいところです。

 

いずれにしても

円滑な競技運営

ゴミの問題

影響が出るようでしたらやめたほうがいいというのが私の意見。

 

市民マラソンに参加していると

街をあげて競技を盛り上げようとしている大会やボランティアの方

が多い一方で

自分の家の近くで大会が開催されたり道路が通行止めになることを不快に感じる方

が少なからずいることを実際に目の当たりにしておりますから

なるべく迷惑をかけてはいけない

(道を貸さないと言われたらレース自体がなくなってしまうので)

と自然に考えてしまいます。キレイ事ではなく本当にそう思ってます。

 

 

で、問題になっている件ですが

この禁止事項を競技ルールの一部として追加することも含めて検討されている

そうで、まぁそこまでやる必要があるかどうかは判断が難しいですが、この問題がどういう結末になるのか。ちょっと興味があるのでもう少し様子をみたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

2008年3月9日(日)

 

第24回熱海湯らっくすマラソン開催

 

12kmの部に挑戦!

参加者:小僧

 

この大会は「5km」と「12km」しかなく

(一般の部はこの2種目のみ)

初参加から

「12km」→「5km」→「12km」→「5km」・・・・・・・

と参加し続け、今年は「12km」の番です。

 

2年前12kmを走った時は

信じられないくらいの強風に見舞われ

タイムが低調でした。

 

今年は好天に恵まれちょっと暑いくらい。

海岸線なので風も吹いていましたがまぁここ数年では一番穏やかな風

といっていい状況。タイムを狙うにはなかなかいい条件がそろいました。

 

しつこいようですが、

順位ではなくタイム

重視するわたくし。

特に何度も参加している大会なら

(当日の気候条件は違いますが)

まったく同じコースを走るので速くなったか力が落ちているかが結果としてわかりやすい

というメリットがあります。

 

フルやハーフと違い12kmという距離ですので

設定タイムは作らず目標タイムだけを設けて走ります。

今回の目標タイムは

44’00”以内

(1000m3’40”ペース以内)

 

15kmくらいまでのレースだとどうしても前半オーバーペース気味に突っ込んでしまう悪い癖があるので今回はなるべく慎重に入ろうと心がけてのスタートです。

さすがに12kmのレースになりますと前列に並ぶ選手に

「あなた絶対ここじゃないでしょ?」

と言いたくなるような人はいません。今年は前から5列目くらいをキープしたのですが

周りを見た限りではそういうかんじの人はいなかった

ように思います。

というわけでいざスタート。

 

記録を書くと個人がバレますので書けませんが

目標の44’00”を無事クリア!

今シーズンは11月のさいたまシティに続き

2レース連続で目標タイムをクリア

しかも湯らっくすの12kmに関しましては

高校2年(現役陸上競技部員)の時に出した自分のコースベストまで

あと1分20秒くらいまで迫る自己2番目の記録!

やはり長距離走は年齢を重ねてもこれくらいの距離ならいい勝負ができますね~。

気候条件に恵まれたというのはモチロンですが

おかげさまで今年はかなり納得のレースができました。

 

↓↓↓速報はコチラ↓↓↓

第24回熱海湯らっくすマラソン結果

より

「12km男子の部」

を見ていただければどこかに私の名前が載っています。

(タイムだけで見てもかなり限定されてしまいますがあせる

 

 

 

ただし、野人監督には報告したのですが課題も。

速報を見ていただくとわかるのですが

私の1つ前にゴールした選手

を、実は

残り3.5km地点くらいで捕まえて追い抜いた

のですが、

くっついてきたり私が再び突き放したり

を繰り返した後、

ラスト500mくらいで盛り返され逆にスパートで競り負け突き放されてしまい完敗

いたしました・・・。

最後の500m。たったこれだけの距離でこんなにタイム差つけられたか!

というのが率直な感想。

スピードが足りない!!

毎年の課題ですが今年は更に痛感しました。ハーフやフルだと相手も余力がないのでたいてい負けることはないのですがこのくらいの距離だとやはり分が悪い。

特に私の場合順位を競って駆け引きとかしないので相手にいいようにペースメーカーとして利用されて終わっちゃうんですよね・・・。早い話駆け引き下手と。

 

10km以下の距離では不安がつきまといます。

 

3月16日(日)

走遊会としては節目になります

多摩川リバーサイド駅伝

に参加予定ですが

「3km」

という私にとってはかなり短い距離を担当することになっておりまして

果たしてどこまで通用するのか

が懸念されます。というかこの距離だと

トラックで練習している中学生にも軽くヒネられる可能性大

まぁ泣き言ばっかり言っても仕方ないのでベストを尽くして頑張りたいと思います。

 

 

 


熱海ビーチライン風景


2008熱海

 


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。