金満血統王国信者

馬券購入のヒントになるデータと日々の出来事などを好き勝手に書いてみたいと思っています


テーマ:

日本のGⅠで一番賞金の高いレースだというのにたったの11頭しか頭数が揃わずかなり寂しいレースとなったジャパンカップ

 

2強のディープインパクトハーツクライ

開催最終週だし外を通って伸びた方が有利と踏んで

(2頭のうち)外枠を引いた方が勝つ

という予想をしていたのですが、抽選の結果は

見事ディープインパクトのほうが外。

 

と、この時点で私は

頭数も少ないしディープがアタマではとても高配当は望めない

として、買う気はまったくナシ。週末は

ノリスペシャルに関するデータ集めに時間を費やす

ありさま。

一応前売りでオッズは確認しましたが

スウィフトカレント(ノリスペシャル期待)

メイショウサムソン

コスモバルク

ハーツクライ

 

といった面々への馬連をみると、やっぱり儲かる要素がありません。

どれか1点に絞るといってもガッポリ儲かるようなところはどこにもないし・・・

 

(どうせ買う気はなかったのですが)

あぁ~。買うレースじゃないよなぁ~

 

というわけで就寝。で、翌朝。仕事だったのですが、

1着固定の3連単なら儲かるのかなぁ。どうすればこういうレースで利益がとれるのか?

というテーマを、通勤電車の中で考えます。

と、ここで、

あっ!単勝だ!!

思い出したかのように閃きました!悔しいですが、落馬でもしない限りディープアタマはかなり濃厚ということはさすがの私にもわかっておりました。しかし、今回はどうでしょうか。

普段1.1~1.2倍。時として1.0倍なんて時もあった単勝オッズが、凱旋門の例の一件が尾を引いているのでしょうか。わずか11頭立てにもかかわらず土曜前売りの段階で

1.5倍も。

正解はこれだったかぁ~~~。

電車の中で1人悶えました。パンドラ基金がまだ残っている今なら○万円(六桁突入)くらい出せるじゃないか。

10万が15万に、20万が30万だよ~。と。

【今冷静に考えれば20万はさすがに出せません (^-^;)】

 

午前中は真剣に悩みました。勝負はココだったよ・・・と。

 

そしてレースは私が仕事をしている間に終了。ご存知のとおり

ディープインパクト快勝

ちょうど休憩中だった他の社員の方から

(私が競馬が好きだというのを知っているので)

いや~、やっぱりディープインパクトって強いんだねぇ

と報告が。

オッズは?いくらでしたか??

買ってもいないのに尋ねるわたくし。

社員の方「買ってるの?

私「いえ、ただ気になったので・・・

心の中で

(あぁ、やっぱり買い時だったんだよここが。これで有馬じゃオッズは下がるだろうし・・・)

とつぶやきました。

 

しか~し。

確定後に改めて配当を確認してみると・・・

単勝 ¥130

やっぱり最後は下がってました。正直この配当を見てニヤけてしまいました。

( ̄ー ̄) ( ̄ー ̄)

 

よかった。¥150じゃなくて

と。10万が13万、20万が26万じゃリスクの方が大きいから買えなくてもいいや。

と。【冷静に考えれば20万は買えません(2回目)】

 

結果的に¥130という配当だったので

こういうレースはやっぱり買うレースじゃない。一時的な感情に流されたけど、1倍台後半のオッズでオイシイと思えることがそもそも大きな勘違い。今回はディープが相手だっただけに逆らう気にはなれなかったけど、こういう人気馬に(買うか切るかは別問題として)「怪しいぞ?」と疑ってかかるのが本来の馬券スタイルじゃないか。

と。今回のジャパンカップは自分を再認識できるいい機会となりました

 

本日の

一喜一憂

ならぬ

一憂一喜

でした。

 

有馬記念の単勝はいくらになるでしょうか??

引退レースですし、¥100~110でしょうかねぇ。タイキシャトルは引退レースで¥110という圧倒的な支持を集めましたが

本命殺しの青嶋」の前に敗れ去りました(笑)。当日の実況も要注意です。

まぁディープ級なら殺し実況を跳ね返すだけの実力も兼ね備えているとは思いますが。

 

それにしても本日のディープインパクトの馬体重が気になります。

これは・・・どうなんでしょうか??


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

メインまでに2勝

 

がキーワードと位置付けた今週のノリスペシャルですが

 

本日の成績は

3Rダノンマッハ・・・2人気5着

5Rトーセンアイリス・・・2人気2着

6Rフォーディグリース・・・9人気14着

7Rトーセンブレイク・・・1人気2着

8Rシャーベットトーン・・・2人気2着

9Rニシノプライド・・・6人気4着

10Rクラクエンチーフ・・・8人気3着

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上メインまで

7戦0勝(0-3-1-3)

 

更に

11Rハードクリスタル・・・5人気8着

12Rミネルバサウンド・・・15人気12着

 

を合わせて

9戦0勝(0-3-1-5)

 

 

仮想理論でいうならば

メインまでに2勝できていない時点で本日のノリスペシャルはお休みが確定

 

しかもその後も勝てず通算0勝(馬券圏内に4回入っているのは立派なことなのですが)。

 

これで

4Rアリマサクセス

5Rジャドール

6Rランナーズハイ

7Rリキサンポイント

9Rアスクジュビリー

 

この5鞍から2勝できないと日曜のスペシャルも見られず終わってしまう可能性が。

 

 

代わりといってはなんですが・・・・・

 

今日のレースでシーキングザダイヤ通算9回目GⅠ2着!!

 

土曜はダイヤスペシャル(仮)が炸裂(お馬版ノリスペシャル?)しました。

日曜こそ本家のスペシャルが見たい!!

 

よろしくお願いします (^人^)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ついに今週で東京開催も終了。

 

データ的には

東京開催中がノリスペシャルのチャンス

とお伝えしましたが、果たして出るでしょうか??

 

登録馬も確定。

幸いにも土曜日曜ともGⅠに乗っております横山典騎手。

 

それにしても

JCダートに外国馬の参戦がゼロ

JCに至っては登録がたったの11頭

なんのための国際レースなのやら・・・・・

 

2006年GⅠでの横山典騎手の成績

 

フェブラリーS・・・騎乗ナシ

高松宮記念・・・騎乗ナシ

桜花賞・・・コイウタ3着

皐月賞・・・ジャリスコライト7着

天皇賞(春)・・・リンカーン2着(1着ディープインパクト)

NHKマイルC・・・ファイングレイン2着(1着ロジック)

ヴィクトリアマイル・・・チアフルスマイル8着

オークス・・・コイウタ競争中止

日本ダービー・・・ジャリスコライト14着

安田記念・・・インセンティブガイ6着

宝塚記念・・・リンカーン9着

スプリンターズS・・・騎乗ナシ

秋華賞・・・シークレットコード13着

菊花賞・・・ドリームパスポート2着(1着ソングオブウインド)

天皇賞(秋)・・・スウィフトカレント2着(1着ダイワメジャー)

エリザベス女王杯・・・騎乗ナシ

マイルCS・・・騎乗ナシ

JCダート・・・(ハードクリスタル騎乗予定)

ジャパンカップ・・・(スウィフトカレント騎乗予定)

阪神JF

朝日杯FS

有馬記念

(J・GⅠは除く)

 

 

前回は何かのサインがあればと思いノリスペシャルが炸裂した週の成績を挙げてみました

今回はもう少し調べてみました。

GⅠで騎乗した週の成績全部を。

 

()内はその日の成績。左から1着-2着-3着-4着以下

○桜花賞4月9日

4月8日(土)→中山で9鞍(1-3-1-4)

4月9日(日)→阪神で3鞍(0-1-0-2)※メイン前までの成績

○皐月賞4月16日

4月15日(土)→中山で10鞍(2-3-0-5)

4月16日(日)→中山で6鞍(0-0-2-4)※メイン前までの成績

○天皇賞(春)4月30日

4月29日(土)→東京で8鞍(2-0-0-6)

4月30日(日)→京都で1鞍(0-0-0-1)※メイン前までの成績

!!ノリスペシャル炸裂!!

○NHKマイルC5月7日

5月6日(土)→東京で7鞍(0-2-0-5)

5月7日(日)→東京で6鞍(2-1-0-3)※メイン前までの成績

!!ノリスペシャル炸裂!!

○ヴィクトリアマイル5月14日

5月13日(土)→東京で10鞍(2-1-0-7)

5月14日(日)→東京で7鞍(0-1-0-6)※メイン前までの成績

○オークス5月21日

5月20日(土)→東京で7鞍(0-1-1-5)

5月21日(日)→東京で6鞍(1-1-0-4)※メイン前までの成績

○日本ダービー5月28日

5月27日(土)→東京で7鞍(1-2-0-4)

5月28日(日)→東京で6鞍(2-0-0-4)※メイン前までの成績

○安田記念6月4日

6月3日(土)→東京で8鞍(4-0-1-3)

6月4日(日)→東京で5鞍(0-1-1-3)※メイン前までの成績

○宝塚記念6月25日

6月24日(土)→函館で9鞍(2-2-0-5)

6月25日(日)→京都で4鞍(1-0-1-2)※メイン前までの成績

○秋華賞10月15日

10月14日(土)→東京で8鞍(1-2-0-5)

10月15日(日)→京都で2鞍(0-0-0-2)※メイン前までの成績

○菊花賞10月22日

10月21日(土)→東京で8鞍(2-2-0-4)

10月22日(日)→京都で4鞍(0-2-1-1)※メイン前までの成績

!!ノリスペシャル炸裂!!

○天皇賞(秋)10月29日

10月28日(土)→東京で11鞍(1-0-0-10)

10月29日(日)→東京で5鞍(1-0-0-4)※メイン前までの成績

!!ノリスペシャル炸裂!!

 

数字が並んで非常に見づらく申し訳ありません。

で、前回結論づけた仮定の理論が

・関東が東京開催中(GⅠ当日もしくは前日に東京で騎乗している?)

・土曜よりも日曜の方が騎乗数が少ない

それと、前回は気付きませんでしたが

(スペシャルの週は)土日合わせて2勝してからGⅠに挑んでいる

というのも共通項として発見しました。

 


以上3点の条件を満たしたレースは


天皇賞(春)

NHKマイルC

ヴィクトリアマイル

菊花賞

天皇賞(秋)

 

の5つ。そのうちヴィクトリアマイルを除く4つのレースでノリスペシャルが成立していますので

確率80%

なかなかの高確率です。

(後付けの理論なので当たり前なのですが・・・)

 

で、今週となるわけですが、

土曜のGⅠというのは2006年のデータ的にはない初の試み

 

比較できるものがないのは非常に困ったものですが、

 

(東京開催も最後だし)土日のどちらかで炸裂するという前提で考えていきたいと思います。


データ①

・関東が東京開催中(GⅠ当日もしくは前日に東京で騎乗している?)

土日とも東京で騎乗しているのでこれはクリア

データ②

・土曜よりも日曜の方が騎乗数が少ない

比較という意味ではGⅠ(メイン)までの騎乗数

土曜7鞍

日曜5鞍

体力温存?という点では日曜日やや優勢

データ③

・(スペシャルの週は)土日合わせて2勝してからGⅠに挑んでいる

これは当日になってみないとわかりません。もし土曜の時点で2勝したら

JCダートで狙い撃ち

日曜で2勝に達したら

JCで狙い撃ち

3勝以上もしくは1勝以下だった場合

見送り

データ④

・武一族(武豊・武幸四郎・武英智・武邦彦厩舎etc.)に関係した馬がいたら特注

○土曜○

シーキングザダイヤ(武豊)

○日曜○

ディープインパクト(武豊)

データ⑤

・馬単2着付けで相手は「サンデーサイレンス」の血が入っている馬

○土曜○

ヴァーミリアン

フサイチリシャール

アルファフォーレス

マイソールサウンド

ドンクール

○日曜○

ハーツクライ

ユキノサンロイヤル

トーセンシャナオー

ディープインパクト

ドリームパスポート

フサイチパンドラ

 

データの上では日曜日やや優勢と出ましたが配当の妙味を考えたら

土曜に来てくれたほうがオイシイ

 

注目の?土曜日、横山典騎手は

3R・5R・6R・7R・8R・9R・10R

に騎乗予定

ここまでに何とか2勝あげてもらい、本番の11Rでは

気持ちよくクビ差2着くらいに決めてもらいたいものです

応援しましょう。

 

 

最終結論は東京開催終了後にデータの裏づけが取れたらまとめてみたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

既に何人かの方にはお伝えしておりますように

 

久々に馬券が大当たり!

 

財布が潤いました(^-^; 名付けて

フサイチパンドラ基金

 

わたくし、馬券でそれなりに還元があった時は

何か形に残るものを記念に買っておこう。

と決めておりまして。そしてそれを見た時

あの馬券で買ったっけ

と、馬券の余韻を忘れないようにしてておこうと。

 

目安は¥50,000以上の利益を得たとき。口で言うのは簡単ですが月に1~2回しか競馬に行けず、自分で言うのもなんですが買うレースを絞って狙うスタイルのため、なかなかそれだけの利益を得られる機会はありません。このご褒美(自己満足?)制度を始めようと考えてから初の的中となったのは

有馬記念での

シルクフェイマス基金

あの時は生意気にもオークリーのサングラスを購入。けっこうなフンパツ。残りは数ヶ月後に控える引越し資金に消えました。

 

2回目は

バクシンオー基金

しかし、この日は運命のPOGドラフトデー慰労会+アフターのドラフト+宿泊宴会費etc利益の約半分があっという間に消滅。さらにその2週間後に控えた「社内コンペ」とその1週間後にあった「プライベートコンペ」と立て続けに予定が入ったゴルフ代金で利益をすべて還元。(あえてご褒美とするなら)コンペ代といいたいところですが

形に残るものを何も残せないままバクシンオー基金が終了

無念の記憶だけが残りました・・・。

 

そして今回の

パンドラ基金

前回の分もあわせて今回は的中前から

次に当たった時はこれを買おう

と、ずっととらぬ狸の皮算用をすすめていたプランの実現にこぎつけました。

さらにそれを後押しするのは

もともと的中になっていなかったハズの配当が降着によって転がり込んできた

ということ。思わぬ臨時収入(アブク銭)は積極的に使うに限る!と。

まずはコチラ

近鉄本

大阪近鉄バファローズ~伝説の野武士軍団~

(DVD・サイン入り球団旗付き)

この本は当ブログで細々と連載している

助っ人外人列伝

で助っ人の成績などを調査をするためネット検索をしていた時に偶然発見!

2005年に既に発売されていたようですが記念という形で残すにはまさにうってつけ。

今回の馬券的中となった時に数ある候補から

まずコレを買おう

と迷わず決めました(笑)

正直言って本の中身はそれほど濃くなく、文面の内容自体はそれほど価値があるとはいえませんが、一番の魅力は

球団旗

サイン入り球団旗

ネットでの説明を見た時に、惹かれた一品。

ハッキリ言ってこれが欲しくて買った

といっても過言ではないお宝といえるでしょう。残念なのはレプリカとはいえ大量生産しているモノと思われるので作りが雑なところ。よく見ると旗が色ムラというか軽いシミというかあまりキレイじゃないんです・・・・・。

そうは言っても別に転売目的で買ったわけではないですし、まぁキレイに越したことはないんですが、それで私の中で価値が急落するモノでもありません

 

 


次に何を買おうかは悩みました。皮算用で幾つも欲しいものをピックアップしていたのですが今回は、shu-zu
 

コチラのシューズを買いました(画像は外箱のみです)。

前々から普段履きの靴でアディダスのモノが欲しかったので・・・。

値段は明記しませんが通常売価でも¥10,000未満の一品。

本当は靴ではなくもう少し高価な額○万円程度)で他に買いたいものがあったのですが

 

パンドラ基金の使い道としてこれ以外にも

さいたまシティ慰労会費

と、来月12月に予定されております

鰤杯

(ゴルフコンペ)

形には残りませんがここで基金を少し使おうと決めていたので

¥10,000くらいに収まる範囲で形に残るものを

と思い、今回はシューズにしました。 

 

 

これで今回のパンドラ基金はほぼ終了。

次回の基金はいつになるのか??ちなみに皮算用でメモにされている欲しいもの候補は現段階で既に8個。今後時間が経てばドンドン増えていくでしょうし、これらを○○基金だけで賄うにはあと何年かかるのでしょうか・・・・・。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

(文中敬称略)

参加者

○ハーフの部

・野人

・小僧(ペースメーカー)

○3kmの部

・二冠馬主

・K-1選手

 

11月19日

さいたまシティ
 

今年もさいたまシティマラソンに挑戦!

そして今年は3km部にも参加者が集いました。スカウト(野人)の力添えの賜物です。

3kmに参加のお二人に関しては来年3月に行われます

多摩川リバーサイド駅伝

の選手としてすでに参加を要請済み。というわけでまだまだ先がありますが、こういった目標を設けることで早め早めの練習に動いてもらおうという試みです。

 

そしてハーフの部。昨年満を持してハーフデビューとなった野人ですが、距離の壁に跳ね返されました。1年の時を経てどれだけ成長しているでしょうか。今年もペースメーカーとして小僧はお手伝いです。

 

今年の設定タイム

3km→15’00”以内 ハーフ→92’00”以内

私の見解としては

3kmに参加する人はここで仕上がる必要はない。あくまで目標は3月のリバーサイド。そしておそらく3kmだとあっという間に終わるだろうし、スタートの人ゴミ(元気な小学生もいっぱい参加しているので)を考えたらそれを捌くだけで終わってしまうかも。

そう考えれば15’00”を切れればまずはOKかと。

ハーフは野人と相談の上、無理をせず昨年の目標90’00”から下方修正。ペースも一定のペースではなく自重気味のスタートから徐々にペースを上げるビルドアップ形式で行く事に。これでも昨年のタイムに比べれば1000mのラップで10秒、つまり100mにつき1秒ずつ速く走らなくてはいけないわけですから昨年との比較でも決して楽なタイムではありません

 

3kmの部に関しては申し訳ありませんがハーフを走っている間にスタートからゴールまで終了。レース状況も私自身まったく把握できてません。

(正式タイムを書くと人物が特定されてしまうので書けませんが)

二冠馬主・・・14分台

K-1選手・・・16分台

でゴールしました。2人に話を聞くと「それほど人ゴミで詰まるということはなかった」そうですが「日頃3kmなんて走る機会がないしやはり落ちた体力を取り戻すのは簡単ではない」というのが総意のようです。

とにもかくにもお疲れ様でした。3月の駅伝に向け更なるレベルアップを期待したいと思います

 

ハーフの部

スタート~

野人は「最初の1000mは5’00”で」と言ってましたが、「さすがにそこまで落とすとタイムを取り戻すのは難しいぞ」ということで説得。ゆっくり入るというプランは変わりませんが、とりあえず「スタートしてからの流れ次第」というかなりアバウトな設定タイム。2kmの通過ラップで確認すると9’27”。私の感覚からするともう少し速い(9’00”くらい?)と思ってましたが、結果的にはちょうどいいくらいの入りになりました。

昨年はここで遅いペースに耐えかねペースアップを計った野人ですが、今年は私の後ろでジっと我慢していました

このペースで3kmまで通過。

ここから少し(ペースを)上げるよ

と調子よく野人に言ったものの、上り坂などもあり3~4kmのラップは手元の時計で4’49”。

あら?

と、拍子抜け。ペースメーカーとして今年はあまり役に立っていないかも?

ここでいきなり後ろから

救護車と白バイ登場

それにあわせて野人がいきなりスルスルと前へ

ペースが遅い?

と聞くと

いや・・・白バイの後ろを走ってみたかったので

との回答。先導車の後ろを走りたかったようですが、追いつけずに断念。まぁこの程度のことなら無駄な体力消費にはなっていないし大丈夫だろうと思いながら、少しずつペースアップ。

最初の給水。このあたりはだいたい1000mあたり4’30”前後で安定。まだ目標(4’20”平均)よりも遅いラップですが慌てず慌てず。そして給水タイム。昨年野人は紙コップの罠にハマり給水に失敗しました。

「今年は小僧さんのようにしっかりと取りますよ。バッチリです」

と対策は練られている模様。しかし・・・その作戦は、

完全に立ち止まってコップをキャッチするというもの

確かに昨年野人のために給水所まで先に行きコップを取って待っていたりしましたが、さすがの私も普段は絶対そんな取り方はしません

給水はもちろん大切だけど「止まる」というのはこれ以上の成績を追求するのであれば致命的なロス。次回までの課題です。これはやめたほうがいいでしょう

 

第1給水~第2給水(8km~15km地点くらいまで)

このあたりは4’20”~4’25”くらいで推移。おおよそ目標をしているタイムの平均ラップに乗ってきました。昨年は10km過ぎの腹痛からはじまり燃料切れも手伝い徐々にペースダウンしたポイント前半私のペースメイクの若干の失敗もあり少し遅れていたわけですが、昨年の失速を考えると

あまり無理はさせたくない

という思いからこのペースから無理して上げることはやめようと努めることに。実際に野人の表情を見てもまだまだ余裕が見てとれます昨年から明らかに成長しています。それでも野人本人も慎重な姿勢は崩さずここで前に出たい気持ちもおそらくあったと思いますが、後ろをしっかりとくっつき決して私の前に出ません

そして、ペースを上げるのをやめた決定的な出来事。これは正直かなりショックでした・・・

①信号で危うく足止めをくらう所だった

②迂回路が昨年より増えていたがトドメの一撃!ジャリ道がコースになっていた

こんなところでペースを変えたのでは、足への負荷は必要以上に要求されます。

①に関しては係の人が信号で「そろそろランナー止めま~す」とランナーに向かって通告しています。

止められたんじゃかなわん

というわけで一時的にペースアップを余儀なくされました。

②がヒドイ。ある程度整地されたジャリ道とはいえとてもロードレースで走る道とはいえません。

そんなこんなで時計で出たタイム以上に順調に走ったわけではないこの区間。2度目の給水も無難にこなし残りの6kmほどの距離に挑みます。

 

第2給水~第3給水

ここまでくれば残りは6km程。昨年の15km過ぎからは非常にキツい戦い。ペースは落ちる一方野人本人も

本当に苦しかった

と振り返る地獄の区間。しかし今年はしっかりと私の後ろをついてきています。

(給水が終わり)一息いれたら(ペース)上げるぞ

と、言うと

ハイ

としっかりとした返事が。呼吸の音は大きくなってますが乱れてはいません。昨年とはまるで別人のようです。

ここでのペースは手元の時計で4’15”くらい。このペースでもまったく動じずついてきています。

 

第3給水~

第3給水は17km過ぎくらいに用意されてました。給水でスピードロスはありましたがしっかりと水分補給も完了。

残り3kmなったらまた(ペースを)上げるぞ

という問いかけにもしっかりと返事が返ってきました。

そして『残り3km』の表示を過ぎるとここまで足を溜めていたという野人。ここぞとばかりにスパート開始!!

白バイの件以外は一切前に出ず後ろでジっとしていた野人がついに前に出ました。

しかし、これも何かのイタズラかこのコースは残り3kmほとんどが上り坂なんです。

坂が多いから一気に無理するな

と忠告したのですが、ここでムキにならず冷静になれるのが野人の成長したところ。正直野人いきなりのペースアップに面喰らった私。再び前に出て引っ張りましたがここでのラップは4’00”を切りいよいよ3分台に突入

坂とここまで走った距離を考えれば、そして今にも歩き出しそうだった昨年のラスト3kmに比べれば見事なラストの仕上げ

さすがに最後はアゴも上がってきましたが

「俺の腰を見ろ(アゴを下げる目的で)

「最後はとにかく腕を振れ」

などなど叫びながら、(意図的に)挑発。とにかく事ある毎に後ろを向き叫ぶ私

[うるせ~な。静かにしてくれ]

野人も思ったことでしょう(笑)

 

最後のトラック勝負

3分台のラップをキープしたままトラックへ。昨年ヘロヘロになりながらも最後の直線だけ意地をみせた野人。スパート勝負に敗れた小僧

 

一足先に(といっても数mの差ですが)トラックに入った私。(わざとインコースを空け)挑発しながら野人を待ち構えトラック勝負に持ち込みます。

 

ラスト勝負

<撮影 K-1選手

(手前・私、奥・野人)
 

しかし・・・

 

 

悪夢再び

 

 

今年もスパート勝負に敗れました。スピードはやはり野人のほうが1枚上手。

 

結局昨年同様同タイムながら野人が先着

(タイムを書くと人物が特定されてしまうので書けませんが)1時間33分台でゴール。

昨年から比較すれば3分のタイム短縮を達成したものの設定していた1時間32分(92分)には及びませんでした。当初のプラン通りビルドアップでのラップ形成でしっかりとラストも出たものの、序盤をゆっくり入りすぎたことが災い、野人を92分で連れて帰ることができませんでした

 

自重しすぎたペースメイクに

ゴメン

と終わったあと一声かけたのですが、野人

ラストも出たしよかったです

と言ってくれました。しかし、心の中では

もう少し行けたかも?

と思っていたことでしょう。

 

言い訳になりますが昨年の失速があっただけに、あまり無理をさせて潰れないようにしなければとの考えが先行。悪い言い方をすれば野人の実力を信用しきれなかった私の判断ミス。せっかく野人は私のペースメイクを信じてくっついて来てくれたのに・・・・・。

・あまりにもゆっくり入りすぎた

・ラストスパートの際距離を離して引っ張りすぎた

ペースメーカーとして今年はあまりお役に立てなかったかなぁとちょっぴり反省しております。

 

なにより残り3kmからのスピードアップには前にも書きましたが面喰らいました。昨年は余裕の伴走でしたがラスト3kmにはさすがの私も呼吸を少し乱されました。自分で言うのもなんですが

走遊会活動以前から市民ランナーとして知り合いの中に私を脅かす存在が一切いなかったわけですが、

ついに脅かす存在の影が見えてきたか

とかんじさせる今回の結果でした。そろそろペースメーカーなしでも大丈夫かなぁとも。

 

しかしながら今回のレースを終えて、野人と2人で

「このコースでタイムを狙うには正直ムリがある」

との意見で一致。来年への参戦は微妙なところですがまた出場の機会があれば今度こそ90分の壁を破れるようペースメーカーとして頑張りたいと思います

 

※今回のコースは

・坂が多い。しかも一番キツイ残り3kmで登り坂の比率が高すぎる

・コーナーが急。90°カーブや150°くらいのコーナー(というかほぼ転回)があり、減速を余儀なくされる。

・コース全体の道路舗装状況があまりよくない

と、記録を狙うには少々タフなコースでした。他の大会のほうが90分を狙いやすい気はします。

 

去年このような感想を書きましたが、今年は更に加えて

・大通りを走る機会が減り、迂回路を回らされる回数が増えたため道が細い上、コーナー数も多く無駄な体力を使わされる

・信号の都合でランナーをストップさせるポイントが登場。今回はなんとか回避できたがアレにつかまってしまったらひとたまりもありません。

・ジャリ道も登場。ハッキリ言って記録を狙っている選手をあざ笑っているとしか思えません。

 

私のように次のレースに向けてのステップと割り切っている人ならともかく、このレースに賭けている人がいるならば失礼極まりない。野人の90分切りはこの以外のコースで挑戦したほうがいいでしょう。

 

今年度の走遊会活動第1弾はこれにて終了。ロードシーズンはまだまだ始まったばかり。頑張っていきましょう。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

すでに多くのニュースで取り上げられておりますとおり

 

禁止薬物使用により凱旋門賞3着入線のディープインパクト失格が決定いたしました

 

もし、優勝していたら本当にどうなっていたのでしょうか

 

以前書いたようにこのような結果になっただけに勝てなくて本当によかった

 

と、JRAならびに池江先生も心の中では思っているのではないでしょうか

 

そして、いつも見ているTV朝日系の「報道ステーション」によれば

 

ディープインパクトが現地でセキをしていたので治療のために吸引機を使って薬物を使用した。その際ディープが暴れたため吸引機から薬物が漏れ敷き藁に散布された。それを誤って服用した可能性が高い』

 

と、納得するにはちょっとモノ足りない言い分。

通常この薬は24時間程度で体内から抜けるそうで、スタッフが意図的に吸引させたのはそれ以前で、レース後の検査で検知されるくらいの時間に摂取したのは偶然だというのです。

 

う~~ん。

個人的には

政治家の答弁や自殺問題で揺れる教育委員会や校長の会見

を聞いているような歯痒さ。

 

たしか、日本では敷き藁は毎日取り替えるハズだしもしそれが事実だとしたら

何千、何万分の1くらいの確率なのではないでしょうか?

 

まぁこれでディープインパクトの価値が急落することはないでしょうが、少なくとも

私のようにこの馬に心底惚れこんでいない

少し心の曲がった人間から、皮肉をこめて揶揄される機会は増えるでしょうね・・・。

(私はあまり言わないように努めますけど・・・)

 

 

 

それにしても

ザサンデーフサイチ全治9ヶ月の骨折

カワカミプリンセス1位入線降着

ディープインパクト失格処分

立て続けにあまりいい話題が聞けなくなってしまいました。

 

今週のGⅠも何かが起こるのか?!

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

○一応念のため○

~ノリスペシャルとは?~

聖書サラブレのコーナー「金満血統王国」で名付けられた格言。

横山典騎手がGⅠで僅差2着になることが多いことに着目。

 

GⅠで2着付けで狙うとオイシイ

という単純明快な馬券術に対するネーミング

 

そんなこんなで2006年GⅠでの横山典騎手の成績

 

フェブラリーS・・・騎乗ナシ

高松宮記念・・・騎乗ナシ

桜花賞・・・コイウタ3着

皐月賞・・・ジャリスコライト7着

天皇賞(春)・・・リンカーン2着(1着ディープインパクト)

NHKマイルC・・・ファイングレイン2着(1着ロジック)

ヴィクトリアマイル・・・チアフルスマイル8着

オークス・・・コイウタ競争中止

日本ダービー・・・ジャリスコライト14着

安田記念・・・インセンティブガイ6着

宝塚記念・・・リンカーン9着

スプリンターズS・・・騎乗ナシ

秋華賞・・・シークレットコード13着

菊花賞・・・ドリームパスポート2着(1着ソングオブウインド)

天皇賞(秋)・・・スウィフトカレント2着(1着ダイワメジャー)

エリザベス女王杯・・・騎乗ナシ

マイルCS

JCダート

ジャパンカップ

阪神JF

朝日杯FS

有馬記念

(J・GⅠは除く)

 

現在12戦0勝2着4回

前回お伝えした時には確率にするとだいたい4回に1回くらいの割合でしたが、その後天皇賞でも炸裂したため、確率的には少しアップしてしまいました。(苦笑)

 

しかしながら前回お伝えした数字を基準としているので一応2006年はあと1回と仮定しておきます

 

今回はノリスペシャルが出た時の横山典騎手自身の成績を調べてみました。

ここから傾向が導き出せればいいのですが。

 

~ノリスペシャル炸裂週の成績のみ抜粋~

()内はその日の成績。左から1着-2着-3着-4着以下

○天皇賞(春)4月30日

4月29日(土)→東京で8鞍(2-0-0-6)

4月30日(日)→京都で1鞍(0-0-0-1)※メイン前までの成績

○NHKマイルC5月7日

5月6日(土)→東京で7鞍(0-2-0-5)

5月7日(日)→東京で6鞍(2-1-0-3)※メイン前までの成績

○菊花賞10月22日

10月21日(土)→東京で8鞍(2-2-0-4)

10月22日(日)→京都で4鞍(0-2-1-1)※メイン前までの成績

○天皇賞(秋)10月29日

10月28日(土)→東京で11鞍(1-0-0-10)

10月29日(日)→東京で5鞍(1-0-0-4)※メイン前までの成績

 

何か日曜へのサインがあればいいと思ったのですが・・・

成績を見る限りその兆候をみることはできません。

無理矢理こじつけるとしたら

土曜は東京で乗っている

日曜の騎乗依頼数が土曜日より多いことはない

(勝負とふんでメインまで少しでも体力温存しているのでしょうか?)

あまりアテにはできないデータでしょうか・・・。

 

と、思いきや

2005年のデータに当てはめると

宝塚記念 スイープトウショウ(福島開催中)

菊花賞 ディープインパクト(東京開催中)

天皇賞(秋) ヘヴンリーロマンス東京開催中

JCダート カネヒキリ東京開催中

前回「サンデーの血があるかないか」の時と同様私がシーイズトウショウとよく間違えるスイープトウショウを除けばこのデータに該当。

 

もしかしたら、東京開催がターニングポイントかも?

 

◎結論

・関東が東京開催中(GⅠ当日もしくは前日に東京で騎乗している?)

・土曜よりも日曜の方が騎乗数が少ない

 

これに前回の結論

・馬単2着付けで相手は「サンデーサイレンス」の血が入っている馬を。

・武一族(武豊・武幸四郎・武英智・武邦彦厩舎etc.)に関係した馬がいたら特注

 

を加えると、

データ的にはかなり絞られてきました

今年の東京開催はあと2週間

 

この2週間であと1回のスペシャルが見られるかも?

 

以上中間報告でした。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

GⅠ名物「ノリスペシャル」が今週はお休み。

よりによってお楽しみが少ない週に私の最初で最後の11月土曜休み

 

それでもせっかくの休みなので開催中の東京競馬場へGO!

おそらく競走馬を目の前で眺められるのは今年最後となるでしょう。

 

巻き添えめがね∞メガネ

 

天気もあまりよくないし、さすがに午前中から行く気はありません。

めがね∞メガネさんからも

「勝負レースの10Rが始まるころには到着します」

と連絡をもらっていたし、

 

tvk」で、京都3Rと5Rの結果を確認。

クルサード勝利

ブラックオリーブ-ドーントレダーのワンツー

を確認してから東京競馬場へ出発。

(ついでにザサンデーフサイチ故障のニュースもここで認識しました)

 

いずれにしても今日のメインめがね∞メガネさんも私も

東京10R ユートピアS

注目は言うまでもなく

ブルーメンブラット

ピサノグラフも出走してます)

 

これでデビューから11戦連続牝馬限定戦に出走となったブルーメンブラット。徹底されてます。

 

私も実際に目の前で姿を拝見するのは初です。

当然他のレースには目もくれずパドックで待機

そしてついにご対面。

 

ブルーメンブラット2
 

ずっと

こっちを向け

と狙ってましたが結局一度もみてもらえませんでした・・・・・

秋華賞では距離云々が敗因に挙げられてましたが今日見た感じでは他の出走馬を比べて脚も長いしスラっとした体型で

1800~2000mくらいのほうがいいんじゃないか?

ともかんじさせます。

 

そんなこんなでグルグルと周回が続き、一度もこっちを向いてくれないまま

とま~れ~

の合図が。すると・・・

 

ブルーメンブラット1
 

ちょうど私の目の前でブルーメンブラットが停止!

これも何かの巡りあわせでしょうか。

 

これだけで今日の仕事は終わったようなものですが、せっかくなので

ブルーメンブラットから3連複馬連を買って遊ぼうかと。

ところがまたまた

 

プルルルルルル~

 

締め切りのベルが。

急いで投票所へ。

しか~し、

馬連をマークした投票カードだけ金額部分の記入漏れが。

 

結果

3連複は買えたが馬連はタイムアップ

 

レースはご存知の通りスタートから先団に取り付かなかったブルーメンブラット。直線追い込むも差し切れず・・・。

1着コスモマーベラス

2着ピサノグラフ

3着ブルーメンブラット

4着プリティプリンセス

5着ディアチャンス

 

歯痒いレースが続きます。馬券も

プリティプリンセス勝負だっためがね∞メガネさん。

ハズレ

ブルーメンブラットから勝負の私

馬連は機械にハジかれたので+-ゼロ

3連複1着、4着、5着すべてもっていたのに2着が抜け

ハズレ~

パドックでも引いている人にスリスリして甘えていたし1600mならナシとピサノグラフは切ったのですがやっぱり横山典を侮ってはいけません!

なんてことはない。かつてのPOG指名馬

ピサノグラフ

ブルーメンブラット

を軸にして買っていればよかっただけのお話。遅刻野郎さんゴメンナサイ。

 

そんなこんなで2人とも今日の収支はマイナス

 

トドメは最終12R

これまたかつての指名馬ダンシングオンが激走。馬連万馬券を演出しましたが、もちろん買っていませんでした。代用迷人さん、ごめんなさい。

 

今日の東京は結局のところ

かつての指名馬が出ていたらその馬から買っていればよかっただけ

という単純明快な結果に。

そして、収支はマイナスに終わりましたが

東京10Rだけでなく福島11R福島記念(GⅢ)も買おうとしたらベルが鳴って締め切り。そのおかげで余計な負債を抱えずに済んだ私。

(早い話が予想が当たってないだけ)

運がいいのか悪いのか・・・・・

 

最後に。

 

ワイドモニターレース中
 

雨が降っていて画像が暗いですが、

新名物ワイドモニター(画面は東京11R)

レース映像は以前に比べかなり見やすくなってました。

ぜひ一度体感してください。

 

まぁそれでも目の前を馬が通過していくのを見たほうが数倍楽しいですけどね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

二冠馬主さんは覚えておりますでしょうか?

 

いつぞやの会話(一字一句あっているわけではありませんがだいたいこんな会話でした)を。

二冠馬主・・・以下「馬」

モレエ小僧・・・以下「モ」

 

<グレインアート、ヴィヴァルディと立て続けに戦線離脱したときのお話>

モ:また「ホネロック」の馬が故障しちゃいましたねぇ。かわいそうに。

馬:ホントだよなぁ。毎年1頭は必ず骨折しちゃうよな~。

モ:(前年「オンファイア」が故障した時に笑ったら「ニルヴァーナ」がリタイアしたので)あまり他人の馬の不幸を言うと自分にはね返ってくるので笑うことはできませんが・・・。

・ ・ ・

モ:故障しないに越したことはないですけど「サムライハート」みたいに勝ってくれた後ならまだ救いがありますが。

馬:今回は2頭共勝ってないからなぁ。

モ:まぁ私の「アルテサーノ」のようにデビュー前に故障しちゃうよりはまだ『全馬デビュー』の可能性は残してくれたので。

馬:たしかに。デビュー前にリタイアすると楽しみは半減だけど。お前がブログで「ホネロック」なんて名前にするから骨折しちゃうんじゃないか?

モ:たしかにその可能性は否定できませんね。

・ ・ ・

モ:もし今年の大会でもう一頭故障しちゃったら「ホネロック」は改名しましょうか。あまりに悲惨なので

 

そして今回さまざまなニュースに取り上げられておりますように

 

ザサンデーフサイチ骨折

 

これを受けて私は決めました。

本日付けでホネロックさんの名前を改名することに。

 

新しい名前は、昨年度大会で「ホネロック」さんに

 

慰労会に遅刻したことは1年間ネタとして引っ張るからな

 

と通告したとおり

 

遅刻野郎

 

に決定

 

ホネロック」さん改め「遅刻野郎」さんとして今後ともよろしくおねがいします。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

若鷹正日記 に触発されたわけではありませんが

たまには真面目な話でも・・・

 

突然ですが、

 

テレビ朝日の「NANDA」観ていますか?

 

今週は室伏広治選手が出演していました。今週のタイトルもズバリ

 

室伏広治ってナンダ

 

で、いろいろなエピソードが語られていたわけですが、室伏広治選手といえば

ハンマー投げ

ハンマー投げといえば

投げる瞬間に叫ぶ

 

ではなぜ叫ぶのか?を科学的に分析しておりまして、早い話が

筋肉の活動比率を高くする

いつも以上の力を発揮できる

 

ということでした。

 

別番組ですが数年前、「東大研究チーム」の報告として

同じ人物に

①普通に50mダッシュ

②大声で叫びながら50mダッシュ

で、タイムを比較した結果

ほぼ全員②の方がタイムがよかった

という内容の放送がありました。

 

人間の脳というのはよくできておりまして、

日常どんなに力をいれても全筋肉の75%しか活動しないように抑制をかける

そうなのですが、叫ぶことによって

活動比率を85%まで引き上げることができる

らしいです。このシャウト効果薬なんぞ使わなくても潜在能力を引き出すことができる

 

そして

本当に生命の危機に直面した時、その人の100%の力が出てくる

これがいわゆる

火事場の馬鹿力(地域によっては「火事場のクソ力」なんて言い方も)

ってやつです。

 

今後の研究で何かしらの効果で

シャウト以上の方法をみつけ『100%』の力が出るようになれば

100mでも世界新大幅短縮

投擲種目も世界新記録更新

となることでしょう。ただしヤリ投げだけは飛びすぎる危険が高くなるとヤリの規格を変えて飛びすぎを抑えるようにしてしまうので飛躍的な更新は無理でしょうね・・・

 

ともあれ、来年の大阪世界陸上。室伏広治選手の活躍に期待すると同時に何て叫んでいるかにも注目してみましょう。

ちなみに今回放送された中で出ていた「珍シャウト」は

 

パパ~

 

と投げているときに叫んでいるシーンでした。

(室伏本人は本能みたいなもので何を言っているのかはまったく考えていないしその時叫んだ言葉は全然覚えていないそうです)

 

来週は『後編』が放送されますので是非みてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。