金満血統王国信者

馬券購入のヒントになるデータと日々の出来事などを好き勝手に書いてみたいと思っています


テーマ:

大混戦『天皇賞・秋

こういうレースは予想をする側としては非常に興味をひかれます。

残念ながら仕事の為買えないのですが自信をもって依頼した「宝塚記念」と「秋華賞」が相次いで不発に終わったので、しばらく頼み馬券は休業としましょう。

 

とはいえ、予想は一応毎週しています。

というわけで『天皇賞・秋

 

まずは『100%馬』探し。

今回のメンバーで「東京芝連対率100%」なのは2頭

ゼンノロブロイ

ストーミーカフェ

この馬券作戦は基本的に人気のない方を拾う作戦なのですが、今回はさすがに「ゼンノロブロイ」をチョイス。理由は簡単。鞍上が「横山典」だから。

ノリスペシャル炸裂!2着決定です

2着が決まったので次は1着探し。馬柱を眺めたイメージで

スズカマンボかタップダンスだろうな・・・

スズカマンボは東京GⅠで強いイメージのあるキングマンボが入っているサンデー。何より春の天皇賞馬です。タップダンスは休み明けの鬼。年齢が不安視されている今こそ買いのチャンスです。

頭はこの2頭で。

最後のヒモ探し。

・100%馬のもう1頭ストーミーカフェ

東京の四位はけっこう逃げ先行で粘るイメージがあるので3着にはうってつけです

・サンデー産駒から東京2000mが一番合っていそうなサンライズペガサス

鞍上も含めいかにもGⅠ3着が似合いそうです

・安田記念馬アサクサデンエン

エアジハード、ツルマルボーイなど近年でも好走する安田記念馬の割りには人気がありません。チャンスです

・条件つきでスイープトウショウ

この馬はマークされる立場だと来ないので人気がない時が狙い時です。6人気以下なら。

 

◎結論◎

2着が固定できるので3連単フォーメーションで

○1着○

・タップダンスシチー

・スズカマンボ

○2着○

・ゼンノロブロイ

○3着○

・サンライズペガサス

・アサクサデンエン

・ストーミーカフェ

・スイープトウショウ

~~~合計8点買い~~~

 

万全を期すなら・・・・・

3連複ホネロック式

軸1頭BOX

○軸○

・ゼンノロブロイ

○相手○

・タップダンスシチー

・スズカマンボ

・サンライズペガサス

・アサクサデンエン

・ストーミーカフェ

・スイープトウショウ

~~~合計15点買い~~~

 

菊花賞では思わぬ失態をさらしましたが今回は当たるんじゃないかな??と思っております。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

まずは祝福から。三冠馬主?!さんがついに“三冠馬主!!”に相成りまして心からおめでとございますを申し上げます。最後の直線、一頭抜けだして駆け上がってくるシーンはそれはもう“美しい”の一言。観る者に恍悦な喜びを与えるほどに際立った存在、我々はこれからもこのHeroと共にさらなる素敵な夢物語を観させてもらいましょう。もう日本にとどまらず世界へ、夢は膨らむばかりです。
そんなフィーバーの中、先週から裏福島開催がひっそりと始まっています(笑)このブログを読んでいる方々がどれだけ福島裏開催馬券を買うかは全くの未知数ですが(苦笑)何かの機会に役に立てればというわけで軽く触れたいと思います。
裏福島開催といえばまず印象深いのは芝のレースにおいて開催が進めば進むほどに3角からの大外ひとまくりの決まり手が増える事にあります。

しかしどの条件でもあてはまるのか!?となると実はそうでもありません。この差がハッキリ出るのが芝1800mと2000mの場合。200mの違いだけで展開の傾向が、特に後方待機の馬には大きく影響するようで2000mではゆったり構えてから、「さあ、ひとまくり!」と行き足のつくタイミングが先行馬のスパートよりもワンテンポ早く決まるのですが1800mではちょうど同じようなタイミングになる事が多く、結局コーナーで差が縮まらず4コーナーで大外に振られてそのまま、なんて結果に陥る事になるのです。

 

このひとまくり、2・3年まえまでは“福島の武豊”と私の中では神格化すらしていた大西の伝家の宝刀としてズバズバ決まっていたのですが最近では大西に限らず若手の中でもこなしている面々が増えていて一番印象深いのは田辺裕信ではないかと。あまりメジャーな名前ではありませんがこの騎手は右回りのローカル福島や小倉において後方からまくり一閃を決める事が多く特別レースでもたまにやってのけるほどにあるのでこの名前、覚えていて損はないと思います。

 

もっともこうやって紹介してからまた管理人さんにチェックされて結果が出ないなんて事にならなきゃいいんですけど(^^;)がんばれ、田辺!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ディープインパクト無敗の3冠達成が話題になった先週の競馬界。

陸上界でも毎年熾烈を極める箱根駅伝予選会が行われました。

結果は以下の通り

 

1位 東洋大学   
2位
 早稲田大学  
3位 國學院大學  
4位 山梨学院大学 
5位 大東文化大学 
6位 城西大学   
(以下、インカレポイントを加算しての順位)
7位 国士舘大学  
8位 明治大学   

9位 専修大学   

~~~~~~~~~~~~~~

10位 拓殖大学   
11位 平成国際大学
12位 帝京大学   

これで今年の箱根駅伝でシードを取った10校プラス学連選抜と合わせ本大会出場の20チームが出揃いました。しかしこうしてみると近年の強豪「早稲田」「山梨学院」「大東文化」や箱根の常連「東洋」「専修」などが予選会にまわる時代。まさに戦国駅伝。かつて『赤い旋風』を巻き起こした「帝京」はついに本選出場を逃しました。


日テレの「ズームイン」で特集されて以来、初出場から応援している城西大も無事に通過しました。過去2回の出場ではシード権をとれませんでしたが今回は期待したいところ。

初めて箱根を見た頃4連覇を達成した影響で、それ以降毎年応援している「順天堂」はシード権をもっているので本選に出場します。今年の大会では1,2年生中心のメンバー構成で5位入賞。今年は更なる飛躍が期待されますが、沢木監督が退いてから苦戦続きなので心配です。

まぁ詳しい話は試合が近くなったらまた少しずつ書いていこうと思います。

 

シード10校

駒大」「日体大」「日大」「中大」「順大」「東海大」「亜細亜大」「法大」「中学大」「神大

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜のレース。久しぶりに4頭もの出走が。

しかもメンツ的にコロガシが決まりそうな予感。

 

まずは東京1R

・パッサリン複勝

→間髪いれずに京都1R

・マイネルサイファー複勝(コロガシ)

→少し間があいて京都3R

・キャプテンベガ単勝(コロガシ)

→トドメの大将京都5R

・ウインレジェンド単勝(コロガシ)

 

勝ちまでは?と思われる馬には複勝で、確勝っぽいところは単勝で。

最後は『新馬の野人』に期待です。

冗談抜きでいけそうな気がします。

日曜のGⅠに向け資金作りにいかがですか??

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ついに無敗の三冠馬誕生か??

菊花賞の枠順も確定いたしました。

 

主役のディープインパクトは「4枠7番

今回も断然人気になるでしょう。絶対的な対抗馬がいないだけに相手探しが実に悩ましい。

春のクラシック組は完全に勝負付けが済んでいますが、「2着」なら十分可能性があります。

別路線も「セントライト記念」組は僅差で勝ちきれない馬が権利を取ってきました。こういうタイプが粘って「2着や3着」・・・考えられます。ここで負けているアドマイヤフジも血統的には3000mなどうってつけでしょうが、中間熱発、京都の下り坂が合わないらしい、そして何より鞍上が長距離戦で信頼できない。いかにも3~4着っぽい気がします。穴人気しそうなコンラッドは京都外回り得意なダンス産駒ですが、喉鳴り持ちらしいので今ひとつ強気になれません。その他魅惑のジョッキー松岡を背にするマルブツライト。常識的には実力が足りないであろう賞金800万組から大物食いの吉田を乗せたエイシンサリヴァン。『豊は豊でもこっちの豊だ~~!』な~んて実況無きにしも非ず・・・。さらにインティライミを失った佐藤哲を獲得し捨て身の大逃げを決めてくれるかもと期待させるシャドウゲイト。さらに父がコマンダーだけにGⅠでは?の疑問もエリモシックの弟(しかもかなり血が近い)ディーエスハリアー

2着3着候補はいっぱいいます。

ディープ絡みでこんなに買ったらまず儲かりません。

 

○結論○

菊花賞は買うレースではなく見るレース。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ついにヴァーミリアンダート転戦!

しかも鞍上武さん。

 

欲を言えば武さんにはカネヒキリというお手馬がいるので

今後のことを考えれば他のジョッキーがいいとは思いますが

今回は確勝を期してということでしょうか?

しかしオープン特別とはいえダートには骨っぽいメンバーが相変わらず揃います。ハンデ戦なので斤量的にもかなり恵まれていますが、果たして??

 

仕事の為レースを買うことはできませんが、

一か八か勝負してみても面白そうなレースです。

こういう時は勝つか惨敗かという極端な結果になるでしょうから是非とも馬単1着づけで。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週の3連休、とある事情により九州福岡へ。

行ったついでにと、小倉競馬場へ遊びに行ってきました。

 

福岡の中心?博多駅から電車で1時間ちょっと。小倉駅に到着。

さらにモノレールに乗り換え10分ほど。午後2時前、競馬場到着です。

駅の目と鼻の先にありました。小倉競馬場~。

イメージ的には「府中競馬正門前」駅から東京競馬場に行くようなものです。

小倉入り口

 

この日の天気は快晴。半袖でなくては過ごせないほどの暑さでした。

小倉コース01

 

言うまでもなくコースは平坦。

小倉コース02

 

今夏訪問した新潟と同じく芝コースまでの距離が近く、かなり馬を身近に見れそうです。

小倉ゴール板  

 

が、今は開催していないので実際に見ることはできません。残念。

小倉パドック

 

開催していないだけあって、パドックは開放され子供達の遊び場に。

のどかです。

小倉スタンド

 

スタンドもとても綺麗でした。それにしても競馬場のスタンドはどこへいってもソックリです。

 

実況モニターではいつも自分がいるはずの東京競馬場が映し出されています。しかも雨が降っていてとても寒そうです。新聞も「東スポ」ならぬ「九スポ」を買ったのですが東京レースの馬柱は小さく、京都レース中心の予想誌になっています。なんだか不思議な気分です。しかもこの「九スポ」、値段が¥130と「東スポ」よりも10円高い!。油断しました。

 

さて、この日のメインはGⅡ「毎日王冠」と「京都大賞典」
当初、勝負レースとして「京都大賞典」だけを買う予定でしたが

◎リンカーンが予想以上に人気になっており、現場でオッズを見た時にガックリしました。

(見た時点で単勝1.9倍)

結局『こんな単勝オッズほど信用できる馬ではない』との結論に達し、

勝負レースを急遽「毎日王冠」に切り替え。「京都大賞典」は購入見送りです。

レースまで1時間以上時間があったので、他のレースには目もくれず、黙々と予想開始。

軸はすぐに決まりました。

◎バランスオブゲーム

○テレグノシス

▲カンパニー

◎は単純に鉄砲実績・トライアル実績・斤量慣れから

○と▲は単純に東京のトニービンです。実績の差で印に差がつきました。

この3頭を厚く、後は◎と○からチョロチョロと流すだけ。いつもの馬連2頭軸作戦。

そして単勝オッズを見たら「カナハラドラゴン」人気がガタ落ち!。

買うしかありません。ワイドで手広く。札幌記念以来の2匹目のドジョウ狙いです。

合計約¥5.000-のお買い上げ。

レーススタート。(実況モニターでの見物のため画像は撮ってません)

いつも通り◎は先団、○は後方から。

直線を向いて最後の攻防。この時点で好位に◎がいたので正直『もらった!』と思いました。が、ここから◎が伸びそうで突き抜けません。先頭はほぼサンライズペガサスで決まり。残る2着争いで◎がもがいています。そしてゴール直前、外から1頭。完全に2着も抜けられました。

カツハルのバカ~

◎しか見ていなかった私は1人寂しくつぶやきます。

と、2着を見ると、○テレグノシス。

あ、当たってる・・・

前に集中しすぎて、ほかの馬を全然見てませんでした。

特注のカナハラなんてすっかり忘れている始末。

かろうじて馬連ひっかけました・・・。

ここで、「九スポ」のオッズをみると馬連で「108倍」。

(馬連のオッズは全然見てなかったので)イメージでは40~50倍くらいか?と思ってましたが、意外とオッズがついています。

う~ん。久々万馬券的中ですな。ギリギリですが。

 

無事にレース確定。が、しかし、

最終的に馬連は「97.7倍」になってました・・・・・。

区切りの倍率にあとわずかで届かないのは「めがね∞メガネ式」。

まぁ、それくらいのほうが俺らしくていいや

と、当たっただけ満足することに。でも、ここまできたら100倍欲しかったなぁ~。 

 

小倉競馬場。開催してなかったということもあり、とってものどかでした。

しかし、中心(と思われる)博多から鈍行で乗り継いで往復で約¥3,500-

結局最終レースをハズしたので、馬券収支はプラスも交通費を取り返すことができませんでした。地元小倉周辺に住んでいる方じゃないと黒字決済は難しいかもしれません。

でも、いつものホームグラウンド「東京競馬場」のような忙しなさがない分、精神的なリフレッシュはできそうです。九州まで行く機会があったらぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

目指せ中央競馬10場制覇

行った事がある競馬場

猛牛戦士さん・・・東京・中山・阪神・新潟・小倉(残り5)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日野人さんからいただきましたコメントに

 

『(阪神が)前回優勝した2年前、スティルインラブの三冠達成があったので、今年のディープインパクトの三冠も間違いなさそうですね。』

 

なるほど。データ至上主義の私としては大変興味深いコメントです。

また、意地悪に考えれば

『ネオユニヴァースが三冠を逃した年』

とも言えます。というわけで、2リーグ制になってから阪神タイガースがリーグ優勝した年のクラシックロードを調べてみました。

 

1962年・1964年・1985年・2003年の4回

 

各年のダービー馬は

62年・・・フェアーウイン

64年・・・シンザン

85年・・・シリウスシンボリ

03年・・・ネオユニヴァース

このうち見事三冠達成をしたのはご存知シンザンのみ。

カスった話題ですと、コメントの通り03年はスティルインラブ牝馬三冠が、

85年の近くでは83年にミスターシービーが、84年にシンボリルドルフ三冠を達成

翌86年にはメジロラモーヌ牝馬三冠を達成しています。

(62年はさすがに古く、データがよく集められませんでした。どなたか情報あればよろしくおねがいします。)

 

そしてこの中でタイガースが日本一になったのは85年のみ

というわけで結論。

○タイガースがリーグ優勝した年は牡牝どちらかで三冠馬が誕生する

(もしくは牡馬2冠以上)

○タイガースが日本一になるとその前後で三冠馬が誕生

(三冠達成の場合タイガースが日本シリーズで負ける)

 

今年の今後を予想すれば

①福永が秋華賞を勝って『変則騎手三冠』達成

②ディープインパクトクラシック三冠達成

の場合、阪神タイガース日本シリーズで負け

③三冠に関する記録が出なかった

場合、阪神タイガース日本一。来年牡牝どちらかで三冠馬誕生

 

プロ野球日本シリーズトトカルチョなどやっている方、参考にしてみてください。

タイガースと競馬が果たしてリンクしているのかどうか?この日記を書き始めた時と主旨が変わっている気もしますが、注目しましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日紹介されました『後楽園日記 』で注目の「秋山真一郎」騎手。

残念ながら今週は土日とも札幌では騎乗せず。

栄えある第1回『後楽園日記 』でとりあげられて以来、しつこく追い続けましたが本日は集計結果を。

(期間は日記化されてからの記録のみです)

 

騎乗回数・・・65回

勝利数5勝(勝率.077)

2着数5回(連対率.154)

3着数4回(3着以内率.215)

 

ちなみに2005年の成績は

勝率.080

連対率.174

3着以内率.271

集計をとりはじめてからは、爆発とはいきませんでした。

 

が、私のなかで「秋山」といえば

「ヒダカサイレンス」で失速して以来、パっとしない騎手というイメージがあったのですが、もう一度見直すきっかけをいただきました。

 

次回ピックアップされるジョッキーは誰になるのでしょうか。

マイナー騎手を期待しましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。