歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常

本能のままに、更なる己の夢を探しながら出会いを何よりも大切に生きる新米日本語教師のアホな日常


テーマ:

セビージャ2日目。メインの日です。


この日はやる気出して、朝7時起床。ええ、旅先だとサクッと早起きできるんです、私。いつもは起こされなければ延々と寝てるんですけどね。


前日にどう行動するかを地球の歩き方様を頼りに(またそれ)綿密に計画を立て、いざ実行。


リアルちぃをご存知の方には目の飛び出るような驚きかもしれませんが、ワタクシ、旅行の計画となるとそれはそれは細かく下調べをして動くタイプです。開館時間とか、入場料とか、お得情報とか。普段は日本ガサツ協会の理事をやれるレベルなんですが、旅行は別。


あ、一応言っときますが、基本はその予定通りに動くのが好きなんですが、かといってそのペースを乱されることに苛立ちはあまりないです。あくまで予定は未定だから。ただ調べてお得に周るという過程が好き。


そんな7時という普段の私なら奇跡に近い時間に起床し、朝ごはんを食べて片付けてチェックアウトした後、まず一番に目指したのが


スペイン広場



Renfeの駅、チェックアウトはしたけど荷物を預かってもらってるホステルから見て直線距離にして一番遠い観光名所(と言っても歩いて30分くらい)かつ、入場料も入場時間も関係ない(だって広場だから)。他のところが開くのを待つ間にいってみようと。


しかも、

セビージャのスペイン広場はスペイン中にあるスペイン広場の中でも特に綺麗だというのは常日頃聞いていて、それは行かねば!と。


ホステルから徒歩一分の市庁舎の前からスペイン広場までのTranvia(なんていうんでしょう。市内電車?道路の上を走る電車です。)が出ているので、それに乗ってゆったりのんびり移動。


該当駅に到着。すぐ近くにあたかもそれっぽい広大な庭園があるんですが、それを無視して地図どおりに進むと、見えたー!スペイン広場!


クエンカのスペイン広場とは雲泥の差で、入るのにドキドキ。笑

歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常

屋根のある建物部分を抜けて、広場に出てみると・・・

歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常




白っ!あたり一面白っ!



ええ、張り切って早起きしたのはよかったんですが、その分凄い霧。5メートル先も見えない。笑


霧なんて、その存在をすっかり忘れておりました。笑

同じことを考えてきたと思われる日本人のおじちゃんおばちゃんグループも『あー霧が凄いわ・・・』と。



でも、現代の技術様様。建物部分のある(はずの)場所に狙いを定めて写真を撮り、後日パソコンで編集すると・・・






歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常


このくらいにはなるんです。





明るさもシャドーもハイライトも、色々いじくればこのくらいには。まあ、バックがものすごくあやしい雰囲気ですが。


それはそうと、このお城の庭園のようなつくり!ホアアアアアア!!!!!超豪華、超可愛い、超綺麗。

それもそのはず、このセビージャのスペイン広場(プラサ・デ・エスパーニャ)は1929年の万国博覧会の開催地として作られたんだそうな。そりゃ豪華絢爛のはずだ。


この正面の階段の両脇にはスペイン各県の歴史的象徴の場面をタイル画でそれぞれ描いてあり、スペインの職人の技が光ってます。全県(47くらい?)を写真に撮るのは大変なので、自分が行ったことあるところだけ撮りました。それでも10数枚にはなって、あ、意外と行ったんだなと。笑


他にも、広場には川が作られていてそこにかかる橋もカワユイ。
歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常




これなんて陶器の食器みたい。



建物部分も中々面白い。



歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常





こういう柱の回廊がずーーーーっとあるのです。クエンカのスペイン広場は日本の子ども達が遊ぶ公園みたいで大して綺麗じゃないんですが(クエンカは旧市街のマヨール広場が綺麗です)、ここのは桁が違う!1人で『すっごいなー・・・』とつぶやきながら30分ぐらいのんびり見てました。









*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ まだまだ続くのでしばし休憩*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ はい、終了(短っ!)゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



朝っぱらからいいもの見たなーとちょっと興奮状態だった私ですが、次の目的地へ。


これはガイドに大きく載っているものではなく、隅っこのはみ出し情報にあるものなんですが、皆様、オペラ『カルメン』をご存知でしょうか?原作は人作家メリメの小説作品です。


内容は

ドン・ホセという若い貴族青年が、カルメンという美人娼婦(ジプシー)の魅力に溺れ、振り回され、嫉妬や憎しみでついには悪事に身を染めてお尋ね者となり死刑になるという、人生転落ストーリー。


その舞台はここ、セビージャ。しかもカルメンが働いていたと設定されたタバコ工場がこの近くにあって見学できると。


行かねば!



この『カルメン』は映画で見ただけなのですが、まぁ、男って・・・というのが私の感想。笑

惑わすカルメンも凄いけど。


タバコ工場は現在はセビーリャ大学として形を変えて存在しています。



通りの正面入り口にはこの看板が出てます↓


歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常

歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常

(Fabrica Real de Tabacos 英語でRoyal Tabacco Fabric/日本語で王立タバコ工場)


大学なので、おそらく一般市民に開放してる部分もあるだろうから中を見学してもいいか聞いてみようと思い、中に入って受付(?)の人に


『ここって、旧王立タバコ工場で間違いないですか?少し見学して写真を撮らせていただいてもいいですか?』


と確認すると


『ええ、もちろんよ!今日は土曜日で人も少ないからごゆっくり~』


と。ゆる~(笑)きっと世界中から見学者が来るんでしょうね。笑




中庭。中世のままです。
歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常



中はかなり改築されてます。当時の面影はあまりないですね・・・
歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常


小説の舞台となったところを実際に訪れてみるとやっぱりウワーと思いますね。面白い。
歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常


外はこんな感じです。


歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常


見学料は無料なので、セビージャに行かれる際はちょっと立ち寄ってみると面白いと思います。






*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆まだまだ序盤、これからが本番なのでその前にまたもや休憩*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆はい、終了゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



ここがあの『カルメン』の~という思いを胸に、午前9時半(ええ、コレだけ見て周ってまだ9時半)、次の目的地。


ここからホステル近くの中心部を目指して歩きます。一本道かつ徒歩15分くらいなので全然苦じゃない。


はい、着きました。

セビージャ大聖堂近く、インディアス古文書館!




歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常

(多分この写真。記憶が曖昧)

インディアス古文書館というのは、インディアスという名の通りアメリカ大陸のスペインの旧植民地に関する文書をまとめ、研究しているいわば研究センター。

建物は本来、1572年に商品取引所として作られたものだそう。


入場無料だし、コロンブス、マゼラン、エルナン・コルテスの自筆文が見れるとあったら見てみたい!昔のスペイン語(ラテン語?)って、わからなくても良いからどんなものか見てみたい。と思っていざ入場。


2階から見学するように支持されるんですが、2階に着くとすぐ左手に音声(というか映像)ガイド室があります。音だけ、文字だけより映像で見たほうが分かるかなと思ったので、すぐにそこを見学。一度や二度だと分からない単語があったので、4回見ました。


時間にすると20分くらい?お陰で歴史からこの古文書館がどういった働きをしてるのか、どういう過程を経て昔の古ぼけた文章を読める形にまで持っていくのかなどをよく理解することが出来ました。


映像はスペイン語で話してますが、画面上に英語字幕が出てるのでご安心を。


展示室は、確かにお見事。写真撮影不可なので写真はありませんが、当時の資料がそのまま、綺麗な形で残されています。


説明文にはどういった経緯でこのやり取りが行われたかなど説明があり興味深い。


朝は早いし、もともとそんなに観光客が押し寄せる場所でもないので、このときの見物客は私一人。お陰で監視のおっちゃんが私の後についてずーーーーーっと周って監視という異様な状況で見てました。笑


まあ、お客一人なら私でもそうする。(ホントはすぐ後に韓国人のグループが来たんですが、さーーーーっと眺めてすぐに出て行っちゃったんです)


私は全ては理解できないんですが(現代スペイン語もあやしいのに中世スペイン語なんて尚更分からん)、人によって違う筆跡を見たり、横に添えられている当時の筆記具を見ていると結構な時間を要してしまいました。笑


歴史・言語学のお好きな方、このインディアス古文書館、なかなか興味深いですよ。





はい、ここまで結構な分量で書き連ねてまいりました。ここまで読んでいただいてありがとうございます。

このあと、セビージャ大聖堂、アルカサル、セビージャ美術館に行ったんですが、なんせ長いので(笑)、ここで一度切って、残り3箇所を次回記事にしたいと思います。



では、お次はセビージャの旅・最終回です(多分)






歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常

AD
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

テーマ:

コルドバを半日かけて周った後は、バスに乗って2時間ほど移動し、アンダルシア州の州都でスペインでもマドリード・バルセロナ・バレンシアに続くスペイン第4の都市!


あのフラメンコといえばこのセビージャが本場。さすがに本物のフラメンコショーを見る余裕はないので無理ですが、他にも見所 いーーーーーーーーーーーーーっぱい!あるということで、一度は行ってみたかった街なのです。(今回スペインへ来る時の飛行機でとなりの席だった方が今現在セビージャにいらっしゃるので、お声を掛けようと思ったんですが何卒急も急に決めたもので、今回は断念しました。残念)


セビージャのバスターミナルは二つあるようで、私は町の北西に位置するプラサ・デ・アルマス・バスターミナルに到着。まずは荷物を置きにホテルへ・・・と思ったんですが、駅のバスの路線図を見てもよくわからないし、インフォメーションで『この街の地図かバスの路線図ないですか?』って聞いたら『置いてないわ!』っとザックリおばちゃんに切り捨てられたので、仕方なく(この旅何度もお世話になってる)地球の歩き方と、ホテルの予約票に乗ってる地図を参考に歩いて移動。


スペインの街は日本の東京や大阪に比べると小規模なので、地図でどえらい遠くに見えても結構歩ける距離のことが多いです。まーマドリードやバルセロナの街を縦断などはちょっと無理がありますけど。


このときも地図に従っててくてくと20分くらい?歩きました。セビリア美術館の前の道をまっすぐ行けば大体どこにでも行けるようで分かりやすい。


ホテル(というかホステル)は街のド・真ん中、セビージャの繁華街、旧市街の中、市庁舎から徒歩一分、街のシンボル・カテドラルから徒歩5分という最高の立地条件の所、しかもメイン通りに近いのでZaraなりMangoなりもすぐそこ!それなのに格安で14ユーロ!さらには女性専用ドミトリー。さらには朝食付き(しかしそこにある材料を使っていいだけで、自炊)キター!! おめでとうございます。ありがとうございます。


中もホステルらしくなく、綺麗!女性スタッフが多く質問がしやすい。帰りは電車と決めていたのが、まだ切符を買っておらず(帰りに駅で買ってもいいんですが、Renfeって早ければ早いほどお得なことが多いんです)、あしたは買いに行く暇もナイだろうなと思っていたのでこの時間を使って駅へ行こうと思い『電車の駅はここから遠いですか?歩ける?バスのほうがいい?』と聞いたら、まぁものすごーーーーーーーーーーく分かりやすくお姉さんが説明してくれました。


お姉さんの説明によると

ここ(セビージャ中心部)から駅は歩けなくもないけど、一時間はかかる。それより、ここから歩いて15分くらいのCorte Ingles(スペインの阪急百貨店と私は呼んでます)の前から出てる32番のバスに乗ったらすぐよ。値段は一律1.4ユーロ。帰りも同じところからバスが出て、降りるところも同じだから迷うことはないと思うわ。


スペインの観光に携わる人って一つ聞くと2,3の情報を付け加えて教えてくれることが多いのでとても好きです。(バスターミナルのおばちゃんは冷たかったけど) クエンカの観光事業の仕事をしてる学生達も、聞いてもないのにイベントの情報をメールくれるし。笑

さらには『他に知っておきたいことは?』って聞いてくれるし。さすが世界第2位の観光立国だなぁと思います。



その親切にあやかり、落ち着かないので電車のチケットを買いに駅へ。今気づいたんですが、この日はこの後写真を撮るのを忘れてました。テヘペロ

ですので、長ったらしく文章のみで綴ってゆきます。


セビージャの駅はクエンカとは比べ物にならないくらい立派で綺麗。さすが大都市は違うわーと田舎モノ丸出しの感想を持ちつつ購入へ。本当はインターネットで予約できるんです。が、なぜか何度やってもわたしの場合はエラーが出るのでもう現地で直接購入が一番ということで毎回直接購入します。この日も事前に調べるだけ調べておいた時間を窓口のおっちゃんに伝えて購入。ヨーロッパの電車って、時間帯によって値段が全然違うので注意が必要です。私もあらかじめ調べておいてその値段を知っていたのでよかったですが、危うく一つ後のべらぼうに高い料金の電車の切符を買わされるところでした。椅子が高級なだけで時間が変わらないなら私は安くていいです。(貧)


無事購入した後は、言われたとおりの道順で中心部まで戻り、CorteInglesを一周した後は、街散策!

クエンカは夜の7時くらいにはもう暗くて寒いので出歩く気が起きないんですが(犯罪とは無関係の街なので危険はナイですが、ただただ寒い。笑)、セビージャは今からが本番といわんばかりの熱気!この街もこの日は少し寒かったんですが、それでも熱い!人の熱気が熱い!笑


観光地は明日周るとして、この日は繁華街をブラブラ。いやー楽しい。Zaraがあり、Mangoがあり、Bershkaがあり、H&Mがあり、Springfieldがあり・・・しかも一月は絶賛大バーゲン期間でどこも安い!!!!

もともとそんなに服やくつを買いあさるような性質じゃないので、特に買うことはなかったんですが、見てるだけで楽しい!(セーターとか可愛いんですけどねぇ・・・これから春に向かうのにいるのか?と考えたら手が出なかった。笑)


8時ごろ、ちょうど小腹も空いたし、もう少し遅いと人が押し寄せて来てめっちゃ混むんやろな~ということで、ちょうどホステルのある通りがレストランの多いところだったのでそのうちの一軒のテラスに座ってピザを注文。タパス(小皿料理)から選んだのに、余裕でお腹いっぱいになりました。そりゃまあ、小さくてもピザ一枚を食べきればお腹はいっぱいになるわな。でもこのピザとコーラで6ユーロはありがたすぎ。バルに入ると飲み物には必ずこのタパスがつくのでもっと安くすむけどね。



お腹もいっぱいになったし、この日はかなり歩いて疲れたのでこの後はホステルに戻って大人しく就寝しました。


観光の様子はまた次の記事で。









AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

コルドバの旅後編です。


最初にメインディッシュのメスキータを見たあとは、もう一つ行っておきたかったコルドバの名所、アルカサルの見学。アルカサルとはイスラムのお城のことです。これもスペインに時々あります。



コルドバの場合、メスキータとアルカサルは目と鼻の先どころか瞼とまつ毛くらいの距離で近いので迷うことなく到着。


スペインってこういうところは親切だなーと思うんですが、観光地の入場料が結構安い。そりゃアルハンブラやメスキータはガッツリとられますけど、このアルカサルは一般4.5ユーロ、学割ならその半分です。


お城と言ってもテラスのようなものがずっと続くこのアルカサル。しかもお庭が綺麗なので内部の写真がほとんどなくお庭の写真ばかりなことに今気づきました。




歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常


これはアラブ人のお風呂だったかトイレだったか。向かって右はしっかり中庭。お風呂でもトイレでもこれは落ち着かない気がするが・・・
歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常



一切画像修正していないことから分かっていただけるかと思いますが、この日は見事な晴天!お陰でお庭の景色がよく見える!あ、念のために言っておきますが、後ろに見える建物こそがアルカサルです。


歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常

歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常



そしてこれが歴史の象徴↓


歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常

 

ここ最近の私の記事を読んでいただいた方はお気づきでしょうね。



歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常




歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常



コロンブスがカトリック両王に謁見しているところ


何を隠そう、コロンブスはこのコルドバの地でカトリック両王に謁見し、俗に言う西回り航路の話を両王にして協力を求めた結果、この話に興味を持ったイサベル女王が『いってらっしゃい!』といって送り出したことをきっかけに(まあこんなに軽く送り出してはないでしょうけど)、コロンブスは新世界(最近はこういうんだそうです。新世界なら大阪にもあるぞえ)に到達したというなんともダイナミックかつ世界的にも大きな意味を持つ事件が起きたのがこのコルドバ。


このときコロンブスが相談した神父様だか司教様が気を利かせて両王に話を持ちかけなかったら、イサベル女王がこの話に興味を持たなかったら、はたまたもっとさかのぼってコロンブスが最初に相談を持ちかけたポルトガル王がこの話に乗っていたら、、、どれか一つでも歯車がずれたら世界は大きく変わっていたんだろうなと思うとドキドキしました。

イサベル女王の旦那様フェルナンド2世はあまり興味なかったみたいですが、この話にのったイサベル女王GJ。



この像が見れただけでも大満足(たぶんこの手の像はスペイン中にある)なので、ここは後にし、


川沿いをゆっくり歩きつつ、


歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常



有名なローマ橋を渡ってカラオーラの塔のふもとまで行って折り返した後は
歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常




ユダヤ人街をフラフラ散策
歩くニッポン宣伝部長の平凡な日常



長閑で、穏やかで、なんだかほっとするようなこのコルドバ。ふと入ったお店にはスペインらしくタイルや焼き物が置いてあって見ているだけで楽しい。


ここでちょうどお昼の時間になったので(ええ、コレだけ動き回ってまだお昼なんです。といって2時ですが)、どこかバルで軽食でタパスでもつまもうと思ったんですが、あまりお腹がすいていないし、バルもレストランもどこも満員御礼状態で落ち着ける雰囲気ではなかったので、持ってきていたオレオ(あのチョコクッキーのお菓子ね・・・)をベンチでほおばってひとまず終了。


観光案内所のおばちゃんにバスの乗り方を聞いていたので市内バスで電車の駅(というか元来た場所)に戻り、駅の構内にあったカフェでゆっくりお昼。


そして夕方4時半のバスで今度はアンダルシアの州都・セビージャを目指したのでした・・。


つづく



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。