本日、八月八日を当道場「日本空手道 至武道 心風館」の道場開設記念日とさせていただいております。本日、丸6年を迎え、7年目が始まりました。m(__)m

色々な方々のお蔭を持ちまして、今まで、続けてこれた事に感謝申し上げます。若輩では、ありますが、先生・先輩諸氏のご指導の元さらなる精進をしてまいります。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げますm(__)m

当初・・10年程前に、当ビルの空きを利用して電気も看板用の配電盤(ビル内)から借用するような形で、2~3人で稽古を始めておりました。


仕事を終え9時より稽古開始し・・週2回の稽古からはじまっており、看板は掲げず武道好き・空手に興味がある人が、集い稽古を始めたものです。

そんな中・・たまたま、中学時代の同窓会も開催される事になり、事前の集まりで、再会したのが清水君でした。

彼は、名港管理組合の一番忙しい部署に15年在籍しており・・年間の半分は稽古にこれません。しかし、丁度その年は・・一年間だけ部署を離れる事ができ、

子供の頃から、経験してみたかった空手を・・私との再会により・・その切っ掛けを見つけ・・
早速、見学→入会・・ですが・・1年半程で・・元の部署の忙しさにもどり・・それから・・今日まで・・

その間には・・稽古でアバラを折る事数度(
1回や2回ではありません)、足指の骨折・・負傷と稽古に来れる時期であるのに、稽古に参加できない状況。

共働きの為、病気がちのお子さんの看病。稽古後には自分で道着を洗濯したり・・
脳血栓が見つかり、内臓疾患が危ぶまれたり・・

先日は、小さなポリープが見つかったという事も聞いて居ます。

病気の発覚や、怪我の度に何度も挫折しかけた事でしょう。このまま、空手を続けて行ってよいのだろうか・・と、稽古に来れない日々は、思い悩んだ事だとおもいます。

しかし、私が言える事は限られています。自分のペースで良いし、出来る事だけでも良いので、
できる限り続けてください。・・・諦めないでください・・。

2月程前に、足指を骨折した時は、さすがにもうだめかも・・と、先年の秋にも防具の上からの突きで骨折があり、私の方が諦めてしまいそうでした。

しかし、彼は子供の頃からの夢を追い続ける事を諦めたりできないのです、周りの友達が、日本拳法を習って居たのをすごく、うらやましく思って居た事・・

などを、聞いた事があります。

私の指導を受け初めて7年~・・今いる道場生の中では最古参です。しかし、緑帯・・・。
来期からは、部署移動も決まっているそうで・・

空手を楽しめる環境が、整いそうな・・そんな感じも受けて居ます。

今日は、私もあまり気にせずやり過ごそうとしていた、開設記念日を忘れずに、御神酒を持参してくださいました。

お心遣いに感謝申し上げますm(__)m

今後とも、心風館を何卒よろしくお願い申し上げますm(__)m

山村幸太朗拝

AD