今週末はいろいろ盛りだくさんで死ぬほど疲れたさ~。

レポすることはたくさんあるものの、とりあえず一番新しいところから。



ようやく始まった今年のさ学。

でも年度的にはカウントダウン。

卒業式まではあっと言う間なんでしょうな~。

前日16日の下北沢でのライブは諸事情により不参加なのでした。



【第1部 15:00】


●ライブチケット盤の購入に軽く失敗したので整理番号は260番台。

●先週青SHUN学園でこの箱には来ていたが、やっぱり見づらい。自分が入った時には5列目ぐらいまでは埋まっていて無理ぽな感じ。

●でも道があったので←、とりあえず上手最前最端まで行ってみた。スピーカーよりさらに端。スピーカーしか見えない…。さすがに行きつくところまで来た感が。

●影ナレはゆいちゃん。1部2部共に。

●以下セトリ

M1:夢に向かって

M2:Hello! IVY

M3:My Graduation Toss

M4:FLY AWAY

M5:チャイム

M6:目指せ!スーパーレディー

M7:Song for smiling

M8:School Days

M9:FRIENDS

EC:マシュマロ色の君と

●ひなたちゃんがかわいくなっていた。

●新曲『My Graduation Toss』は卒業ソングにしては異色なロックなテイスト。先行で聞いてたよりは生で見た方が断然良かった。

●同じく新曲『目指せ!スーパーレディー』は森先生作詞。自己紹介ソング。昨年の公開授業でのエピソードが詞に取り入れられているので、参加していた父兄には感慨深いものが。

●新曲はどちらもMC時に振付け講座あり。ねねどんがアカペラでワンコーラス歌うと、意外に(失礼)上手くて場内からは歓声が。

●相変わらずMCでテンパる咲希ちゃん。


結局自分はライブ中どうしてたかというと、スピーカー(の裏側…)とステージのカーテンの間から見ておりました。

で、これが正解。

思いのほか視界は良くて、且つ近い。

そして、自分に気づいたメンバー(結局全員)からは確実にレスが回収出来るという。

その位置から見てるのは自分だけなので、間違いなく自分へのレス。

ねねどんとは『FRIENDS』であっちむいてホイをずっとやってたし、ライブ終わってハケる時はみんな手を振ってくれるし。

これはもう楽し過ぎる!

中途半端に長い自分のオタ人生の中でもレスの量ならこの回が一番だったのではないかと。

CLUB SEATA最高!



【第2部 18:30】


●以下セトリ

M1:My Graduation Toss

M2:Hello! IVY

M3:WONDERFUL JOURNEY

M4:School Days

M5:ピクトグラム

M6:ベリシュビッッ

M7:目指せ!スーパーレディー

M8:Song for smiling

M9:FRIENDS

EC:夢に向かって

●整理番号270番台。第1部の夢よもう一度、ということで再び上手最端に向か…おうとするもキツキツで進めず。

●なので下手最前最端に。

●下手の方が微妙にカーテンがステージ側に張り出していて、角度がキツい。上手側の方が同じことやるならコンディションは良かった…。

●それでもレスは来る~。特にりのんちゃんは異常なほどこっちをケアしてくれるのでマジ天使かと錯覚しそうになる。

●締めのMCにてすーさんが卒業に向けた少し真面目な話。ゆなのちゃんとか、聞いているメンの中にははやくも目が潤んでそうな娘も。泣くのはまだちと早いかも。



細かい話ですが、今回のレポからメンバーの表記を下の名前にしてみました。

それだけさ学メンとの心理的な距離が縮まったということで。



なんかレスのことしか書いてない気がしますが(アサマシイ)、自分のあの位置にいて目線が合ったら、そらお義理にでも微笑んでくれますわな。

慈悲レスなのは十分承知しております。


今日のようなレス何十回分も、自分を見つけて指差してくれるれにちゃんのレス1回にはかなわねぇのです(イイこと言った)。


でもま、さすがにさ学メンでも、まりなちゃん・ねねどん・りのんちゃん・はなちゃん(not戸島)あたりは顔は覚えてくれてる気はしますが。


あと注意しておくと、今回のポジはCLUB SEATAの造りだから成立したもので、他の箱への応用は利かないかと思われます(誰もマネしないと思うけど)。



2部終了後、会場から出る際に隣りの父兄さんに「ももクロ行ったんですか?」と話しかけられる。

自分の顔が日焼けしているのでそう思ったらしい。

「羽田からさ学に直行しました」といった話を少々。


というわけで、次回レポはももクロin沖縄になります~。

AD