7月中旬に風邪を引いてから、その後喉周りに口内炎ができまくっています。

これが痛いのなんの・・・

物が食べられません。

エレンタールのゼリーも痛いぐらいです。

 

口の中も口内炎だらけ。

喉も・・・・。

 

つばを飲むのも痛いです。

 

こんな口内炎地獄は初めて。

体調不良が続いているからですかね?

栄養状態が良くないのだと思います。

アルブミン、鉄、カルシウムなどなど基準値から外れていますから。

下痢をなんとか止めねば。

AD

梅雨時期になり、毎日どんよりとした天気。

湿度も上がり、肌もじとっとするようになりました。

 

外が湿度100%ということは、体の中も湿度が上がっているということです。

何より、汗が出にくいことで、体に余分な水分が溜まりに溜まっているのです。

 

毎年、私はこの時期になると下痢が止まらなくなります。

お腹の中も余分な水分が溢れるようになるからです。

水分を小便や汗で排出しにくくなり、ほとんどを便で排出するようになると下痢をしまくるのです。

 

そんな時はこの漢方薬を飲んでいます。

勝湿顆粒

http://www.iskra.co.jp/product/tabid/79/pdid/49/Default.aspx

 

お腹の中をカラッとさせてくれて、下痢を止めてくれます。

 

ロペミンなどいくら飲んでも下痢が止まらない。

お腹が冷えて下痢している。

冷たいものを食べて下痢し始めた。

梅雨時期のじめじめでおなかの調子が悪い。下痢が止まらない。

そんな時にぴったりです。

 

東洋医学、漢方ではこんなに優れた薬があるのに、一般的には知っている人がほとんどいないというのが現状。

 

もっと、こういう副作用のない良い薬が世に広まってくれたらな。と漢方薬を飲むようになって感じるようになりました。

 

クローン病だって、漢方薬で粘り強く治療すれば治るんだから!!

 

もっと、東洋医学の力が世に広まってほしいですね。

AD

参った・・・風がぶり返した

テーマ:

一旦は良くなったと思っていた風邪ですが、どうやらまたぶり返した模様。

 

昨日も朝から下痢が止まらん・・・

 

調子が良いときは朝一回トイレに行けばその後はちょびちょび行くぐらいで済んでいました。

ところが、昨日はトイレに行っても行っても便意が次々襲ってくるではありませんか?

 

原因わからず、なんで?

と思っていましたが、晩になって何やら体が熱い様子。

 

念のために熱を測ってみると・・・

微熱。

 

おおぉおぉぉ

 

また、風邪がぶり返したか・・・。

 

強烈なウィルスをもらったものだ。

今朝ものどの調子と体がだるい。

本調子には遠い感じ。

 

今日もゆっくりするしかない。

こうなってはまともに体が動かない。

頭もボーっとする。

 

風邪がしっかり治るまでは無理は禁物。

 

早く頑丈な体になりたい・・・

風邪ひいた…

テーマ:
週末は一歳になる甥っ子が泊まりに来てました。
それはそれは楽しい時間だったのですが、その甥っ子は風邪を引いているようで鼻水が止まりません。

甥っ子の風邪、そんなものは気にせず可愛さが上回り、抱っこしたり、ご飯を食べさせてあげたり、遊んだり。

さて、そんな甥っ子が日曜日に帰り、次の日の月曜日。
起きてすでに喉が痛い。
しかも半端じゃなく⤵
風邪ひいた?花粉症か?
と風邪をあまり疑わず、その日も畑仕事。

畑仕事から帰ってから本格的に体調不良を感じ始める。

体がだるい。下痢がいつもよりひどくなる。

そして、火曜日の今日。
関節が痛い。体が熱い。
熱を測ると37.8℃。

OH~😵

風邪を引いても熱が出ることはほとんどないのですが、今回は出ましたね~😵

食欲もないし、固形物を食べるとシャーシャーの便が止まらなくなるので、こういうときはエレンタールが助かります。

明日熱を測ってまだ高いようなら病院行こうか~。

やっぱり免疫が普通の人より弱いんでしょうね。
最近は疲れにくくなってきたし、風邪も引きにくくなってきていたので油断していました。

でも、やっぱり甥、姪の可愛さには勝てませんね!
子供好きな私には、遊びに来てくれるのが何よりの楽しみです。
風邪はしんどいですが、しっかり休んで復活したいと思います!
クローン病患者の多くが感じている、冷えによる不調。
この冷えと言う考えは西洋医学にはない。
だが、実際、私の体はこの冷えにより不調になるし、下痢が止まらなくなる。

また、冷えだけでなく、疲れや血流、血液の汚れなどということが原因で不調になることは西洋医学ではあまり重要視されない。
逆に東洋医学はそういったものや日々の生活、体質等を重要視する。

クローン病や慢性病は日々の悪い習慣の積み重ねや体質によるものが多い。
そういったものには漢方や東洋医学で調整しながら治していく方が最短ルートを行けると思う。

こういった例を日々感じていると、結局のところ漢方や東洋医学しかないのではないか?と感じる。

病院での治療は薬に依存し、それが効かなくなると万事休す。
私はそんな薬に支配されている生活が嫌でした。

漢方治療に切り替えて良かったと思います!

冷えると不調

テーマ:
連日最高気温が25℃前後の日が続いたゴールデンウィーク。
それが一転、昨日今日は少し季節が逆戻り。
肌寒く感じる。

するとどうだ。
あれだけ疲れても、寝不足でも崩れきることのなかった体調がみるみる悪くなるではないか。

下痢に始まり、治まっていた歯茎痛の再来。

やっぱり冷えは相当こたえる。
各所に不調をきたす。
(まぁ、私の場合下痢が完全に治まれば全て解決しそうだが。)

クローン病患者にとっては少し暑いくらいがベストシーズンと言えるのではないか?

暑すぎても疲れや熱中症、脱水などで体調を崩す。
今のシーズン、今の気温(最高気温が25℃)が最高なのではないだろうか?
そして湿度も乾き目がちょうどいい。

梅雨の時期は体の外も中も水分に溢れ、胃腸を崩しやすい。
下痢がひどくなるシーズンなのだ。
乾いていれば、体の中も乾き気味になり、下痢しにくくなる。

というわけで、5月は最高のシーズン。
花粉症さえなければ…。
歯茎が痛くなって2ヶ月。
歯医者や自分で思い付くことはやってみたが、一向に良くならず。
それどころかだんだん酷くなってきているではないか。

ふと思い起こし、そういえば血液検査でカルシウムとリンが基準値を外れていたな。と思い出した。
もしかしてこれか?
それまでこの2項目は基準値は外れたことがなかった。
漢方の先生に相談して、自分に合うミネラルを探してもらったところ、2日飲んだらそれまで酷かった痛みが消失。
これだった~!

歯の痛みに加えて、最近はかかとの痛みまで出てきた。
これもおそらくミネラル、カルシウム不足によるもの。

エレンタールを飲んでればミネラルもビタミンも入ってるから問題ないだろうと思っていましたが、よくよく成分表を見ると、1日に必要な量には圧倒的に届かない。
もし必要な量をとろうとすると10パックくらい飲まないとダメみたい。

只でさえ吸収率が低い私たちのような炎症性腸疾患患者はもっとガンガンとらないと必要量をカバーできないみたいですね。

下痢してたら吸収してないですし。

どうしても食べて吸収しないと思ったら、点滴してもらうのも必要かも?

ミネラルの点滴ってあるのか?

歯周病でCRPが上がる?

テーマ:

2月頃より歯が痛いと感じ始めた。

よくよく見てみたら歯茎に口内炎のような白い点々や、歯茎の表面がぼろぼろになっていることがわかった。

原因はなんとなく疲労の蓄積だと感じていたが、思い込みで違う病気だったり酷くなるのは嫌だったので、数年ぶりに歯科医を訪ねた。

 

結果は予想通り、疲れによる体調不良が続いたことによって、口内細菌に体のバリアが負けたことによる症状。

治療としては口の中の消毒&飲み薬。

結局は疲れをとって、自分の免疫力をUPさせれば症状は良くなるんだと思い、それ以降歯科医は行っていない。

 

でも、それ以降も農業をしたり、遊びに出たり、下痢が続いたりとなかなか疲労が完全にとれることはない。

よって、口の中もずっと痛い。

 

先日の通院日、久しぶりに血液検査をした。

CRPが基準値より高かった。

その時お腹の調子はそれほど悪いと感じていなかったんだが・・・

原因は口の中の痛み?

 

歯周病や口内炎でCRPって上がるんだろうか?

いつもの血液検査結果よりかなりCRPの値が高かったんだが・・・

 

ご存じの方いらっしゃいますか?

 

ダメな食品 緑茶

テーマ:
食べ物や飲み物で体に合わない食品は多々あるのですが、その中でグレーな領域に位置する食品もかなりあります。

その中の1つが緑茶でした。

それが今日はっきりダメとわかりました。

今日は車で少し出掛けたのですが、車中は暑いほどの陽気。
暑かったのでコンビニに立ち寄り緑茶のホットを買いました。

それを飲みながら運転し、帰宅したのですが、帰ってしばらくするとトイレラッシュ💧

どうも緑茶はダメなようです。

原因は2つあるかな?
①緑茶は東洋医学的には体を冷やす食品。
温めても緑茶本来の冷やす力の方が勝ってしまうようです。
②緑茶のタンニンで胃が荒れてしまう。
これにより、消化不良が起きて下痢する。

たぶんこういった理由で私の体には合わないみたい。
もう緑茶は飲まないようにしようと思います。

飲むとしたらほうじ茶、麦茶。
ほうじ茶の原料は緑茶ですが、緑茶を煎ることで体を温める性質に変わるようです。

家でほうじ茶をよく飲んでいますが、こちらは大丈夫な様子。

同じ原料でも違うもんですね。

ただし、水分のとりすぎは体を冷やしてしまうので、温かいものであっても飲みすぎはNGです。

何かの資料で読んだことがあるのですが、人間の体は1度に200mlしか水分を吸収できないらしいです。
だから、1度にそれ以上の水分を飲んでも尿で出てしまうようです。

健康な人でもこのような感じなので、吸収率が悪い私のようなクローン病患者はもっと吸収できる水分量は少ないかもしれませんね。

やはり、水分もエレンタールもチビチビが基本のようですね。
緑茶のチビチビはダメでしょうけど…😅