ウェディングプランナー20年勤務した私がファイナンシャルプランナー2級に合格しこれから目指すのは

ウェディングプランナーを20年勤めその後ファイナンシャルプランナー2級に合格 お客様へのまごころとサービスを考え皆さまに愛さされるFPプランナーを目指しています                




NEW !
テーマ:

相続が発生すると 税金がどれだけかかるか?

 

私のような一般人で資産もない 生命保険の死亡受取金額も

 

そんなに高くない そうであれば税金なんてかかりませんけど

 

資産家や企業(事業主)なんかはそう簡単にはいきません

 

では相続税の課税価格はどの位になるのでしょうか?

 

 

 

まず考えなければならないのは・・・・・

 

①「本来の相続財産」

②「みなし相続財産」

③「非課税財産」

④「相続時精算課税制度の適応をうけた贈与財産」

⑤「債務控除」

⑥「相続財産に加算する生前の贈与財産」

 

上記の把握が必要です

 

わかったうえで相続人ごとの財産の計算をします

 

☆相続税の課税価格の計算式

  ①+②+④+⑥-③-⑤

 

相続税には一定の基礎控除額があり その金額を超える相続資産が

 

ある場合に相続税がかされます

 

 

☆基礎控除額

  3000万円+(600万円×法定相続人の数)

 

上記の範囲内に収まっていれば課税はされません

 

例ですが 法定相続人が 妻 長男 長女の3人の場合

 

※3000万円+(600万円×3人)=3000万円+1800万円

合計 4800万円までであれば課税はされません

 

 

☆相続税の総額の計算

<条件> 妻 長男 長女の3人

       相続分 妻1/2  長男と長女はそれぞれ1/4づつ

 

課税遺産総額は1億6000万円(基礎控除を引いたあと)

 

①法定相続分に応じた所得金額の計算

 妻   1億6000万円×1/2=8000万円

 長男 1億6000万円×1/4=4000万円

 長女 1億6000万円×1/4=4000万円

 

②法定相続人ごとの税額の計算

 妻   8000万円×30%-700万円=1700万円

 長男 4000万円×20%-200万円=600万円

 長女 4000万円×20%ー200万円=600万円

※計算式については相続税の速算表から

 

③相続税の総額の計算

1700万円+600万円+600万円=2900万円

 

このような金額になってきます

 

各相続人ごとに相続税額を計算しそれを合計します

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。