ぶぶの音楽ブログ

音楽ネタにとらわれず、自由気ままに好きなこと書いてます♪

ロック・Jポップ等を主体に何でも聴くので暇つぶしに読んでみてやってくださいまし。。


テーマ:

今日はお休み♪

大きな余震が続いておりますがみなさんはお変わりありませんでしょうか?


毎年恒例になった近場の花見に行ってまいりました

湘南台公園というちょっと大きめの公園がありまして、園内にはかなり見ごたえのある桜が何本も植えられております

いつもこの時期は必ずカメラ片手にお散歩です(笑)


大抵は日曜にうろつくことが多いので花見客でごった返しており、じっくり撮影どころぢゃないんです

でも今日はたっぷりと桜の花を堪能しております


ぶぶの音楽ブログ-華盛り

どうです?なかなかのものでしょ??(笑)

手持ち400mm望遠で頑張りました


もう一部は散り始めていたので満開を楽しめるのはホントにあと2~3日といった感じです

晴れててよかったぁ~♪


ぶぶの音楽ブログ-ベストショット

これが今日のベストショット!!

どんなもんだ!(笑)

デジタル1眼でもオートまかせにしてると宝の持ち腐れですぜ

敢えてマニュアルモードに切り替えて撮影するのがこういったアップ画像を撮るコツです

いい感じに背景がボケてますな~


ぶぶの音楽ブログ-平和の象徴


公園にいっぱい居たハトです

コイツらをアップで撮るのは意外と難しい!

とにかくじっとしてないからね~(笑)


今日はデジ1の他にもフィルムカメラも持ち出しております

しかもNIKON Fだったり。。。(笑)

こっちは現像出さなきゃ写りがわからないので写真はあとのお楽しみ♪



花見を終えていつもどおりにパチ屋で遊んでいたら緊急地震速報が!

福島沖とタカをくくっていたらかなりの揺れになりました(横浜は震度4)

おいらはちょうど当たりを引いていたので席を立つこともできず状態に・・・

でも廻りの客も誰一人として「あ~揺れてるね」程度で慌てる様子もありませんでしたな(笑)

震災クラスの地震をパチ屋で迎えた場合はみなさん助からないことでしょう!!(爆)


しっかしいつまでこの余震は続くんだ?

今日でちょうど1ヶ月なんだけどねぇ・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しばらく戦利品について書いてませんでしたな(笑)

カメラ関係でのぶぶコレクションが多少増えたので勝手にご紹介したいと思います



ぶぶの音楽ブログ-ワインダー付きOM-2


オリンパスOM-2Nとワインダー2

これでOM-2は3台目になりました(笑)


ボディは後期型のOM-2Nの白、完動美品でワインダーが付属してました

モードラではなく「ワインダー」ってところが良いですな♪

これでも秒間2.5コマは撮れます

ヤフオクで純正レンズ6本とケース、ストロボまで付いて19Kにて落札!

ほとんどこれでOMシステムが揃っちゃいましたよ



ぶぶの音楽ブログ-OM-2たち


でもってこれがOM-2が3台揃った証拠写真です(爆)

一番手前がもらったオートがイカれてマニュアルのみしか使えないヤツです

オーバーホール出せばオートも問題なく使えるようになるんだけどね

いくらするんだろ??


次はニコン関係。。。。


ぶぶの音楽ブログ-FTNとF

Nikomat FTnとNikon F Photomic FTNです

ここまで来ると完全に狂っているとしか言えませんな(笑)


ニコマートFTnは1965年にニコンが中級機として売り出した1眼レフでおいらの個体は67年製の初期型です

実に44歳ものお年寄り機ですがしっかり露出計も生きており現役で使える美品個体です

前オーナーにより近年モルト貼り替えもされ相当大切に保管されていたようですね

シャッタースピードダイヤルがオリンパス系と同様にレンズ軸上にあり、ちょっと他のニコン機とは操作性に戸惑いますが慣れの問題で解決できそうです

ボディ単体でなんと2.9Kという爆安価格で入手しました


後のニコンFは初生産がなんと1959年!!

おいらのFTNでも1966年製で45歳ですぜ!


ニコンFは知る人ぞ知るカメラ界の超名機でして、ライカやコンタックスを上回る性能でベトナム戦争時の報道合戦で「報道写真はニコン!」と位置付けた日本の技術を誇るカメラです

さすがに程度のいいものは数が減っていて、中古カメラ店にも並んではいますが完動美品となるとかなり高価で手が出ませんでした

露出計付きのフォトミックシリーズとなるとFTNこそ出回った数が多いもののほとんどの個体がメーター不良と壊れたまま流通している現状です(涙)

今回入手したこのFは奇跡的にメーターが健在で露出に関してはオーバーホール無しで使えるサバイバー!!

「ガシャン!」というシャッター音は我が家にあるカメラの中でも一番のいい響きを出します

昨年F2をオーバーホールに出したカメラ屋から紹介してもらった個人売買により50mm/f1.4付きでこれまた17Kという破格で手に入れましたよ(プリズムの銀剥離が多少あったんで安くしてくれました)

なんとワンオーナー品で説明書・箱付きでしたぜ(驚)


ファインダー覗くと視野下部両サイドが銀剥離により少々曇ってますが出来上がり写真には影響無し

この頃の製造技術ではこれが限界でアイレベル、フォトミックファインダーにかかわらずFにはよくある症状みたいです


ぶぶの音楽ブログ-Nikonフラッグシップ機


これでニコンのマニュアルフラッグシップ機がF・F2・F3とおいらの手元に揃いました(笑)

時代が進むにつれどんどん小型化しているのがわかりますな♪

Fに付いているニッコールレンズは「銀ブチ」と呼ばれなかなか希少なシロモノらしいです


しかし、ニコマートFTnとニコンF、実は問題がありました

それは内蔵する電池が今は生産されていない!ってことです

MR-9というボタン型水銀電池を使うんですが、環境への配慮か既に2005年にはこの世から姿を消してます

代替としてSR43という酸化銀電池を使用するも電圧が微妙に違うんですよね~

(MR-9:1.33V、SR43:1.5V)

しかもサイズが違うため専用のアダプターを用意しないといけません

これがまた一般では入手が難しく苦労した次第です

http://kintarou.skr.jp/sanpo/OldBattery.htm#LBL-Ryi


なんとか入手して使えるようになったもののそのままでは露出数値を1~1.5段アンダー目に計測するようです

ASA感度を1段調整(ASA100フィルムならASA200にセット)して使えば正規の露出に近づきます

こんなこと出来るのもフルマニュアル機だからこそですな~♪(笑)


オールドカメラ熱はまだまだ冷めません

今後のレポートもご期待くださいまし(笑)




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年に引き続き、「CP+ 2011」に行ってまいりました

そもそもCP+とは何ぞや?という方のために簡単に説明すると、CAMERA &PHOTO IMAGING SHOWという年に1回開催されているカメラと写真用品の総合展示会と言えばわかりやすいでしょう(笑)


昨年からパシフィコ横浜で開催されており、各社の新モデルを好きなだけいじり倒せるカメラ好きには絶対にはずせないイベントです

また、各社のキャンペーンガールが集まっているのでカメラ小僧が大挙して一大撮影会が行われることでも有名です(笑)

当然、おいらは後者のカメラ小僧化して来た訳ですが・・・・(爆)


でもって今回の作品の一部がコレ


ぶぶの音楽ブログ-PENTAX GAL ぶぶの音楽ブログ-LUMIX GAL ぶぶの音楽ブログ-JVC GAL


左からPENTAX・LUMIX・JVCのブースに居たお姉ちゃんです♪

なかなか他のカメラ小僧も狙っているのでカメラ目線もらうのが大変なんですよ(笑)

とにかく彼女たちから目立たないと目線が来ません


新製品もたくさん触ってこれた中、おいら的に気に入ったのがこれ


ぶぶの音楽ブログ-スモールカメラ ぶぶの音楽ブログ-ビッグカメラ

ニコンのスペースカメラです

左がNikon Fベースのアポロに積まれて月まで行った通称「スモールカメラ」

右がスペースシャトルに詰まれたNikon F3ベースの通称「ビッグカメラ」です

「絶対に壊れない」という厳しい条件をNASAから付けられた上で製作されたニコンファンには有名なカメラの本物が展示されてました♪

本でしか見たことがない貴重なモノを拝見出来てぶぶは大感激!!(笑)


あとよかったのがコレ


ぶぶの音楽ブログ-オリンパスPEN

オリンパスのペンシリーズです

上段右にあるPEN-Fはおいらが親父から譲り受けて初めて持ったカメラでして、小学生時代に蒸気機関車や電車を撮ったものです

今でも実家に転がってるはずなんですが、どうなってるかなぁ・・・・


昨年と比べて出展者がずいぶん増えてにぎやかな感じではありましたが、残念だったのがキャンギャルの露出度が下がったこと・・・(爆)

もうちょいキワドイコスチュームを見たかった!(きっぱり)


12日までやってるので目の保養に行きたい方、ネットで事前予約すれば入場料ゼロで見れるのでぜひ行ってみてくだされ

事前予約なしだと1,000円かかっちゃうよん(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなとみらいの国際展示場で開催された「CP+」をのぞいてきました。


CP+(シーピープラス)と言ってもカメラに興味がない方は全くご存知ないでしょうね

正式には「CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW」と言います

要するにカメラと写真用品の展示会ってことですな(笑)


みなとみらい国際展示場はパシフィコ横浜の隣にある横浜では最大の展示イベントスペースでして、ここでアジア最大のカメラ&カメラ用品展示会が行われたわけです

3月11日から本日14日までの開催だったんですが、実は11日(木)にGF1のシェイクダウンを兼ねてみなとみらい近辺を撮影散歩しとりました

その時に偶然こんなイベントをやってたのを発見し、行って見たところすでに16時50分ということで入場できませんでした(17時閉場)

だもんで本日リベンジに行って来たわけです


11日になぜか会場から帰ってくる人々を見ると一様にカメラをぶら下げてました

なんでだろうな~?と思いつつおいらも今日はG1とGF1の2機を持参で行ってみたんです

その答えは会場に入ってすぐにわかりました

               
ぶぶの音楽ブログ-リコーGAL ぶぶの音楽ブログ-ペンタックスGAL ぶぶの音楽ブログ-パナソニックGAL


だってこんな娘たちがたくさんいるんだも~~~~ん!!(笑)


各社とも新製品の売り込みにキャンペーンガールを総動員してたんですよ!!

おいらとしたことがうかつだった。。。(笑)


カメラ小僧(おぢさんも多かったが)たちはキャノンEOSやらニコンD3000やらにばかでかい望遠レンズつけて彼女たちを撮りまくってたんです

そんな中、おいらも負けじとバッテリーの切れるまで2台のカメラを駆使して400枚ほど(爆)写真を撮ってまいりました(笑)

望遠持ってってよかったぁ~♪


カメラ小僧たちのカメラは大体黒一色が多いんですけど、おいらのデジタル1眼は前述の通り「赤」と「白」。。。

これ、けっこうポイント高かったですよ!

大勢でモデルを囲んだ時に目線をもらいやすいんです

目立つんでしょうね♪(笑)

中には「「紅白でかわいい~」なんてウケるギャルもおりました o(^-^)o


本当の目的はパナソニックのG2という新しいカメラをいじりたおすことでした

ほとんどG1と同じ外観に新機能を追加した感じでしたな

パナのブースの説明員はおいらがぶらさげてる2台を見るなり「ありがとうございます~」と言われてしまいました(笑)

LUMIXマイクロフォーサーズ機を2台持ってきた人間は5日間で初めて見たそうです


いろいろなカメラメーカーの新製品を一挙に見れる、というこのイベントは来年も目が離せませんな

もちろんキャンギャル目的ということも・・・・(笑)


一応はこんな写真も撮れるぞ!ってとこだけは見せておかないとね


ぶぶの音楽ブログ-ランドマーク

帰りにランドマークの下で撮ってみましたが、どんなもんでしょ?

なんとなくカメラマンっぽい写真にしてみましたが・・・


もらってきた大量のカタログ整理をしなきゃ。。。。(汗)
当然、これらのGAL画像は嫁さんには見せられません(爆)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

その後、オールドカメラ集めはとどまることを知りません(笑)

またいくつかコレクションが増えてしまいました


ぶぶの音楽ブログ-MD-12


以前紹介したNikon FEにモータードライブが着きましたよん♪

MD-12という純正モードラです

なんとオクで2.5Kという激安でゲット!

かなり状態も良く、中古店だと普通なら安くても7K以上してますぜ

最高速で撮影すると36枚撮りフィルムを10秒足らずで撮りきってしまします(笑)


ぶぶの音楽ブログ-OMシステム


こいつらはオリンパスのOMシステムで、OM-10と50mm/f1.4、35mm/f2.8、100mm/f2.8のレンズです

全部まとめて13Kにてゲット!

OM-10は本来AE専用機なんですけど、よ~く見ると向かってレンズの右脇に怪しいダイヤルが・・・

マニュアルアダプターってヤツでして、こいつを装着するとマニュアル操作が可能となるというシロモノです

特筆すべきは右側にある100mmのレンズ!

とにかく小さいので重宝しそうです


ぶぶの音楽ブログ-FG-20


これはNikon FG-20です

通称「ライトニコン」と呼ばれ、EMシリーズの最終モデル(84年発売)でニコンマニュアルフォーカス1眼レフの中でも最軽量を誇るモデルです

小型軽量のEMはAE専用機として発売されましたが、その後のFGはマニュアル機能+プログラムAEを追加したためわずかに肥大してしまい、人気はやや下がり気味。。。

起死回生のモデルとして技術を集約して発売になったのがこのFG-20ですな

プログラムAEこそ省略されてますがマニュアル撮影可能なのと、前述したOM-10よりも軽量なため使い勝手が非常にいいです


また、おいらが手に入れたブラックボディは非常にタマ数が少なく、カメラ店でも高値で取引されてますね

ちょうどミノルタαショックがフィルムカメラ世界に吹き荒れた後の発売で、時代はオートフォーカスに移行して行った時期でのモデルなためにFG-20自体も2年で消えていった、という悲しげな背景を背負ったカメラですな

非常に程度の良いものを某所(質屋)にて6Kで入手しました

(カメラ店だと20K以上してます)


ぶぶの音楽ブログ-逆輸入版EM

最後にEMの弐号機を手に入れました(手前) 

奥にあるのが初号機で以前に紹介したヤツです

「なんで同じカメラを2台も?」と仰せになる方もおりましょうが、よ~く見てみると微妙に違うんですよね~

シャッターボタンのすぐ脇のボタンと向かって巻き上げレバーのすぐ前にあるボタンに注目してくだされ!

色が青なんですよ!通常はシルバー色の金属ボタンです

ボディの貼り皮も違うものを使っております

実はこのモデル、EMのアメリカで発売された輸出専用モデルなんですな~

コイツもすげ~レアなカメラでして、まずもって店頭で見かけることはありません


元々、EMってカメラはずぼらなアメリカ人向けに作られたAE専用機です

国内発売より先行して米国内で発売されたのが79年、遅れること1年経った1980年に日本国内での発売となりました

この青いボタンのEMはその1年間しか作られていない米国専用先行量産機と言ったところですな


おいらが先に手に入れたEMは後期型と呼ばれる電子部品の耐久性を強化したモデルですので、露出メーターにもなんの不安もなく使用することが出来ます

が!!この米国版はちょっと違いますね

とにかくスイッチON直後は露出メーターが暴れまくってます(笑)

落ち着いたところで撮影となるんですが、絞りをいじるとまたしても大暴れ・・・

国内版でも初期型はこのメーター暴れまくりの悪癖があって、あまりにもヒドイ!という苦情の末に後期型では電子部品を一部変更し改良された模様です

とりわけ先行量産機のこの青ボタン機は最初期の生産なので使いこなすのには慣れが必要ですね(笑)

ま、こういう個性的なヤツこそおもしろいんですけど♪

コイツもFG-20と同じ質屋に転がってました

(なんと2Kという激安価格でゲット!)


これで今のところオールド1眼レフはNikon F2・F3・FE・EM×2・FG-20、OLYMPUS OM-10とボディだけでも7台になってしましました

夏までには防湿庫が必要になりそうですぜ

ど~すんべ??(笑)




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

12月頭に修理に出していたNikon F2が戻ってきました


ぶぶの音楽ブログ-Nikon F2

Nikon F2 Photomic(Black Body)が正式名称ですな

いかにもクラシカルカメラという貫禄満点です(笑)

シリアルNo.783万番台ということで1974年4月に出荷されたモデルで、実に今年で36歳!

おいらの手元には確か中二の春にやってきましたな


いかんせん重い!でかい!フルマニュアル!という3点セットなもんでして、社会人になりコンパクトなバカチョンカメラを入手してからは全く使うことがなかったため、前述した通りに悲惨な状況になってたんですよね~

露出計は作動不良、付属のレンズもカビカビという・・・orz


だもんで、ここんところのカメラ熱再発時に思い切ってオーバーホールに出してました

各部の分解清掃、ミラー部と裏蓋のモルト交換、フォトミックファインダーのプリズム再蒸着、そして露出計CdS交換と締めて34Kの出費です(笑)

古い機体にもかかわらずシャッター速度に狂いは少なくこちらは微調整程度で済んだのでサービスとのこと

シャッター部に電子部品を使っていないので助かりましたな

電子シャッターがいかれるとかなりヤバイそうです・・・


露出計のセンサーにCdS(硫化カドミウム)を使っており、現在は生産・輸入がされておらず在庫が無くなり次第に修理が出来なくなるようです

現状、Nikonのサービスでも受け付けてくれないようですね

今回はお世話になったカメラ店の知り合いの工房に出してくれたようです


このモデルの後に出たモデルは露出計にCdSは使っておらずSPD(シリコンフォトダイオード)にセンサーが変わっていてこちらはまだまだ修理が効くらしい・・・

とは言え、オーバーホールでセンサーが新しくなってるのでまだ20年は大丈夫とのことでした♪


動かなかった露出計のメーターもしっかり作動し、分解清掃してくれてるのでシャッター音も以前より軽く感じます

巻き上げレバーもひっかり感がなくなったみたい♪

とにかくまずはフィルム入れてみないとなぁ~(笑)


ぶぶの音楽ブログ-F2とF3


でもって、先日手に入れたF3と並べてみました

このF3はシリアルNo.124万番台で1980年8月に出荷されてます

F3の中でも初期ロットの方になるのかな?

元々、F2の設計は1970年というので10年の開きがあります

デザインもデザイナーとしてジウジアーロが起用されてスタイリッシュ!!

サイズもコンパクトになり各部が電子化されていて、何よりも絞り優先オートが搭載になってます

使い勝手の良いのはF3なんでしょうけど、F2の方が絶対に迫力がありますね(笑)


時間が取れたらこの2台ぶら下げて山でも撮りにいってみようかな~♪

モータードライブなんてもの手に入れたら報道のプロカメラマンからも一目置かれそうです(笑)

とにかく当時のフラッグシップ機ですからねぇ。。。


ディープな世界に足を突っ込んじまったなぁ。。。

次はF4、F5中古に手を出してみますかね(笑)

オートフォーカス機用のレンズ、持って無いしねぇ・・・・

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

そ~言えばニコンフィルムカメラの紹介ばっかりしていて買ったデジ1のこと、あまり書いてなかったことに気が付きました(笑)


ぶぶの音楽ブログ-panasonic G1


こいつがその「シャアアズナブル色」のPanasonic G1です

装着しているレンズは標準ズームの14~45mm/F3.5~5.6ってヤツですね

ちなみにこの画像は携帯のカメラ(500万画素)での撮影です


標準ズームは14~45mmという広角ですが35mm換算だと28~90mmという焦点距離になります

かなり小型軽量で取り回しがいいし、手ぶれ防止機能を内蔵してるので普段使いにジャストフィット♪

30cmまで寄れるマクロ機能も付いてます


ぶぶの音楽ブログ-pana G1&200mm

もう1本の望遠45~200mm/F4~5.6ってのを装着するとこんな感じです

かなりレンズにボディがくっついている感は払えません(笑)

写真じゃ相当レンズがでかく見えてますが、この望遠ズームも実はかなり軽量ボディ!

35mm換算だと90~400mmという長焦点レンズですぜ

しかも手ぶれ防止内蔵なので手持ちでも最大望遠でブレ無し撮影できちゃうのがいいですな~

(横須賀軍港巡りの艦船写真はほとんどコイツで撮ってます)


ぶぶの音楽ブログ-マウントアダプター装着

マイクロフォーサーズマウントアダプター+オールドニコンレンズにするとこんな感じだったりする。。。

前述したパナのレンズは樹脂製だけどコイツはオール金属製!

めっちゃフロントヘビーです

ニコンAiレンズの特徴でもあるカニ爪はコイツに付けると単なる邪魔な出っ張りに・・・(笑)

50mmの標準レンズなんだけど、換算すると100mmの中望遠になります

ただし、F1.4という明るいレンズがいいところ♪

でもって撮影したのが下の写真・・・


ぶぶの音楽ブログ-G1&ニッコール50mm撮影


当然オートフォーカスも使えずマニュアルでの撮影になります

ちょい露出アンダーかしら??(笑)  撮影データは絞り5.6、1/60秒

一応は絞り優先AEで撮ったんだけどねぇ

背景のボケ味はすげ~いい感じです


ニコンレンズはこれ以外にもいろいろあるので今後も実験を続けていきたいと思います

ではでは~~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

年末だというのに悪い病気が出てしまいました(笑)


ぶぶの音楽ブログ-Nikon

11月にPanasonic G1を買って以来、どうにもカメラ熱が発症してしまいましてヤフオクと中古カメラ店を眺める毎日が続いております

ふと気が付くと手元にはこんな状況に・・・(笑)


画像左からNikon F3、Aiニッコール200mm/F4付き、Nikon EM、AiZoomニッコール35~70mm/F3.3~4.5付き、Nikon FE、ニッコールAuto50mm/F1.4(Ai改)付きです


これ以外にも現在オーバーホールに出している昔から持っていたNikon F2 Photomicがあるのでボディだけでも4台のニコンのカメラが揃ってしまいました。(笑)

病気としか言いようのない状況です(爆)


そもそもおいらのカメラ熱は中学生時に発症し、中2の時に親父にねだって買ってもらったのがF2 Photomic

画像のFEに付いているレンズと一緒に既に34年程おいらと供に歳をとってきました(笑)

当時、中学生ふぜいでこんなのを持ってるヤツは同級生では医者の息子に一人いただけです(笑)×2

写真部なんてものにも在籍してたのもこの頃でしたが、次第にギター熱に病気が移りカメラをいじくることも少なくなったような。。。

それでもずいぶんといろんなところに行って撮影しましたよん


10年以上使ってなかったので引っ張り出したところモルトはボロボロ、露出計は電池を入れても動かない!という状況になっていたため昔からお世話になっていたカメラ店に持ち込んだところ「露出計の部品は既にニコンにはないので知り合いの工房に出すよ」とのこと。。。

ファインダーだけ別の店に送り分解修理するようです

とは言え、30年前のカメラを直すことが出来る!ってのもニコンのすごいところですなぁ~

ちなみに見積もりは30Kオーバー・・・orz

レンズはカビカビでしたが案外クリーニングしたら多少はまともになりました(笑)


古さの順番に説明するとFEが79年製ですな

F2の廉価版として「シンプルニコン」の冠を付けて登場したのが78年、絞り優先AE搭載機として相当売れたようですな

ニコン初の電子シャッター搭載でファインダー内の追針式のメーターが泣かせますなぁ~

前の日記にも書きましたが、特にこのボディが欲しくてオクった訳ではないんです(笑)

画像のEMに付いているズームレンズが欲しかっただけなんですが即決7Kという価格に衝動クリック・・・

実際に届いてからいじくっているうちに銀塩カメラ熱が発症してしまったきっかけを作った悪いヤツです(笑)


次に古いのが真ん中のEMで79年製です

こやつはニコン初のAE専用機としてシャッター速度は全てカメラ任せという割り切った設計で、国内よりアメリカ向けに作られたボディとのこと

冠には「リトルニコン」という呼び名でこれも相当売れました

見ての通りにかなり小型で、しかもオートのみ搭載なのですぐに撮影できるのがいいですなぁ

4Kという格安で入手したのですが、なぜかストロボ同調がイカレていたり・・・(笑)

ホットシューがダメみたいなのはご愛嬌ってことで納得しとります


そしてF3です

こいつはシリアルNoからすると82~3年製で、この中でも一番新しいボディです

「スーパーニコン」と銘打ってF2の後継機として発売になったのが80年、以来2000年まで20年間も製造されていた超有名機ですぜ!

カメラの世界でもこれほど長くラインナップされていた機種はありません

大学の時に、友人がこれを買うのに新宿のカメラ店巡りに付き合わされた記憶が甦ります

中古カメラ店で30K超でのゲットですが、なかなかどうしてファインダーにいい感じで擦れがあり「使いこまれた」感たっぷりの渋い外観に一目惚れでした

スクリーンに若干のカビがあってこれは新しいものに換えればどうとでもなる問題なので良しとしましょう(笑)

F3に関してはまだまだニコンにも部品があるようでこれから長く付き合える相棒になりそうです


本当はG1の予備機としてGF1を買う予定だったのがどうしてこんなことに?(笑)

まさに病気ですよ!ホントに。。。。


ところであらためて知ったことがひとつ・・・

コンビニによってはもうフィルムを扱ってないという事実が衝撃でしたぜ・・・

ヨドバシ行って買いこんで来なきゃいけない時代なんですねぇ~ (ノ_・。)


このマニアックな話に付いてこれるのはCSさんぐらいしか居ないだろうなぁ・・・

って言うかCSさんはプロカメラマンだし(笑)


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日購入したG1で遊びたおしております


ぶぶの音楽ブログ-1枚目

開封して1番最初に撮ったのが上のエヴァフィギュアだったり・・・(笑)

部屋のTVの前に飾ってあるんだけど、ストロボ無し・シャッタースピード1/8・絞りF5.6・ISO400での撮影結果です

手ぶれ補正があるのでスローシャッターでも全然大丈夫だな~♪


1200万画素機なので元ファイルは750KB強で、これで設定できる最低画質だとさ!(驚)

そのままアップしようとしたらアメブロでは1枚当たり500KB以上のデータがアップロード出来ないようでして、仕方なくピクチャーマネージャーにてweb用にリサイズ・・・

これじゃ~ぜんぜんあかんがね(ノ_-。)


16GBのSDHCカードを買って来たんだけど、最低画質だと1万枚以上保存できるらしい・・・

カメラ側の残り撮影可能数が「9999+」って表示になってます(笑)


家には古いニコンF2とレンズ数本があるんだけど、しばらく使ってなかったのでF2は電池切れらしく露出計が作動せず。。。

電池入れ替えても動かないのでオーバーホールに出さないと多分アウトでしょう

レンズに至っては50mm/F1.4の標準レンズがカビカビに・・・(汗)

やっぱり普段から使ってないとダメだね(爆)


だもんでついヤフオクでニコンFE(完動品)+ズームレンズ付きなんてものに手を出してしまいました

ショップで販売してるものらしいので、まぁそこそこ大丈夫でしょう!


ホントはG1にマウントアダプターかませてF1.4の明るいレンズが使いたかったんですよ

マイクロフォーサーズ規格だと35mmフィルムカメラのレンズは焦点距離が倍になるため、50mmの標準レンズでも100mm相当のスナップに最適な玉になるとのこと。

100mm/F1.4なんてかなり楽しそう。。。


自分の持っていたレンズがかなり酷い状況なので早速オク巡りに。

ところがなかなかオクで5000円を切るニッコール50mmが見当たらない・・・

けっこう人気あるんですなぁ


そんな中、整備済みFEのボディが付いて35~70mmズームが即決7000円なんてのを見つけてしまい、即クリック!

数日中には届くことになりました(笑)

フィルムカメラ買うなんて何年ぶりだろう


現在はニコンレンズ用のマイクロフォーサーズマウントアダプターの出物を物色中です


とりあえず天気がいい日に近場でいいからいろいろ撮影しに行かなきゃなぁ

誰かいいモデルさん居ませんかね??(笑)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

待望のデジタル1眼を購入いたしました


当初の予定ではPanasonicのGF1を購入する予定でしたが、どこでどうなったのか動画機能の無いG1に・・・

色は予告どおりの「赤」ですが。。。(笑)

http://panasonic.jp/dc/g1/index.html


ぶぶの音楽ブログ-G1W-R
なんでコイツに換わってしまったのかと言うと、圧倒的な安さ!ってことですかね

14-45mmと45-200mmの2本のズームレンズがセットになっていて、この2本のレンズ、実はGF1を買おうとしていた時に交換レンズとして同時購入しようと思ってたものなんです

単体価格はヨドバシで14-45mmが29,800円、45-200mmが39,800円の合計で69,600円ということで納得しとりました

GF1の20mmパンケーキレンズセットが84,000円程度なので合せて15万程度は予算組みしてたわけなんです


が!!


価格com.でなにげなくパナ製デジタル1眼をチェックしていたら、この2本のレンズとG1本体が一緒になったWズームセットが59,700円台ってのを発見しちまったんです(笑)

ほとんどは黒ボディのみってのが多かった中、とあるショップで「赤」の在庫もあったため、即クリック。。。。


レンズ単体でのヨドバシ価格はポイント10%ということもあって実質62,640円で2本買うことを思うとG1ボディが付いてもさらに2,500円以上も安い!!!

要するにGF1とレンズ2本買うつもりだったのがもう1台ボディをタダでもらってしまったような状況だったんですよね~

これは絶対に”買い”でしょ。。。。。


当然のことながらこの後、予定していたGF1も買うつもりですが価格com.でも「赤」はなかなか出てきませんので、しばらくはこのG1で遊びたおそうかと思っとります

傑作はここで新しく「カメラネタ」というテーマにUPしていきますので期待しないで待っててください(笑)

まずはSDカード買って来ないと。。。。




それとも浮いたGF1分で新しいエレキベースでも買うか??(爆)&(笑)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。