風俗営業関連で昨年検挙された違反事件は7134件で昨年より729件(9.3%)減ったことが22日、警察庁の調べで分かった。07年から3年連続で減少傾向が続いているが、「耳かきエステ」と称して女性店員が性的なサービスをするなど新手の違法営業も増えており、同庁は警戒を強めている。

 同庁保安課の調べでは、昨年の風俗関係事犯の内訳は、風営法違反2839件(前年比410件減)▽売春防止法違反1562件(同280件減)▽わいせつ事犯2578件(同9件増)▽遊技機使用賭博事犯93件(同27件減)▽公営競技関係法令違反62件(同21件減)。【合田月美】

【関連ニュース】
入管法違反:容疑でホストクラブ摘発 韓国籍男6人逮捕、33人入管引き渡し /東京

米の了解得て民主に説明=「腹案言えず申し訳ない」-普天間問題で鳩山首相(時事通信)
「住宅エコポイント」窓の断熱に人気 店や自治体、独自の動きも(産経新聞)
新規事業、届け出制に緩和=来年10月に施行-郵政改革法案骨子(時事通信)
もんじゅ安全性「問題ない」=専門委が報告書、近く知事判断へ-福井(時事通信)
中国の死刑に干渉せず=政府答弁書(時事通信)
AD