兵庫県佐用町の佐用共立病院で、入院していた高齢者の肋骨(ろっこつ)を折ったとして、県警捜査1課と佐用署は11日、傷害容疑で同町山脇、看護師羽室沙百理容疑者(26)を逮捕した。県警によると、羽室容疑者は容疑を認め、「職場の人間関係に悩んで、いらいらした」と話しているという。
 同病院ではこのほか、2008年12月から昨年1月の間、75歳から99歳の入院患者5人が肋骨を折っており、羽室容疑者はいずれも関与を認めているという。
 患者は入院当時寝たきりで、意思表示ができない状態だったといい、同課などが捜査を進めている。
 逮捕容疑は昨年1月13~19日、同病院に入院していた85歳の女性の胸を両手で圧迫し、肋骨12本を折った疑い。 

【関連ニュース】
路線バスにひかれ3歳児死亡=運転手を現行犯逮捕
原告と4700万円で和解=03年の内視鏡手術事故
1歳女児、送迎バスにはねられ死亡=72歳運転手を逮捕
妻に暴行、死亡させる=傷害致死で夫逮捕
女児虐待死容疑、継母を再逮捕=「揺さぶられっ子」症候群か

両陛下「解決に十分配慮を」=東宮大夫の報告受け、愛子さま問題(時事通信)
09年度予算、各省で「仕分け」=概算要求に反映-刷新会議(時事通信)
「プライド守るため私たちの命を利用」被害女性が加藤被告を非難(産経新聞)
密約、信頼損ない遺憾=沖縄知事(時事通信)
<インフルワクチン>来季は季節性と新型の3種混合に(毎日新聞)
AD