日曜日はポールさんのツアーでした。ゴキゲンな下りのためにコメンサルにブレーキをインストールして準備。
photo:01

結局参加はT嬢だけとなり、パンクのためにホイールを貸すことに。バッグから取り出すとスプロケが付いていない。そういえばSSJの時に取り外してそのままだった。更にT嬢のバイクはリアのブレーキローターが140ミリだった。DosNinerから取り外して装着!
photo:02

半日はシングルスピードに乗ろうかと、僕は二台持ち。
photo:03

でも結局ポールの車に載せ替えて僕の車はここにデポすることになり、シングルスピードは置いて行きました。
photo:04

用水路の源流なんかに寄り道して


最高の天気!


こんな八ヶ岳、見たことないっす。最高!
(レンズの中にゴミが入ってすみません)
 
ポールの自宅に戻って昼食。名物BIGハンバーガー。おいしそうに撮れてない。
肉に溶けたチーズが乗っていますが、レタスやオニオンやトマトもいっぱいはさみました。

 
午後は、兄弟もいっしょにRIDEすることにしました。
 
トレイルの入り口まで来るまで来て、下りきったところで奥さんに迎えに来てもらうという一家総出のご接待です。
 
トレイルも終わろうとしています。日が短くなったなあ。
 
AD

気まぐれキャンプ

最近なにかストレスが溜まっていまして。毎週遊びに行っているのになぜでしょう。そんなわけで、急にキャンプしたくなりました。
しかし、一人でキャンプするのに、キャンプ場代一区画いくらなんて、今月そうでなくても車検、部屋の更新、鳥海山ツアーでお金がかかっているのに。というわけで、タダでキャンプできて、ヒマになったらMTBに乗ればいいじゃん、ってところといえば。。。富士見パノラマですよねー。
金曜日の夜出て、途中の道の駅で車中泊。もちろん、したみちです。なんとか一人で自立型のタープをたてました。
 
一息ついて、コーヒーをいれます。エスビットのチタニウムストーブを使ってみました。今回一人でヒマなので、自分のキャンプグッズの評価みたいなことになりました。このストーブは、エスビットの固形燃料を使うのですが、なんと13グラムしかありません。
 
それからこれ、なんだかわかりますか?
 
組み立てると、こうなります。
 
そう、これは暖をとるストーブですね。ガス缶を逆さまにつけて、缶の中で気化させるのではないので、寒いところでも使えます。このタイプはもう売っていません。プリムスのガスカートリッジが中に気化させやすいよう、布のようなものを張ったことによるのかな?
夜は想像以上の寒さで、助かりました。
そして、今回のメインイベント的なグッズは、この、SoloStove。なんと薪などを燃料とします。側面が二重構造となっていて、燃焼効率がいいそうです。220グラムと軽量。1リットルくらいのコッフェルに入ってしまうほどのサイズです。トレイルで拾ってきた木の枝などを燃やしてみます。
 
いやー、火がついたのはいいですが、コッフェルがすすで真っ黒になりました。
 
それから、燃焼効率がいいといってもけっこう煙が出ます。燃えカスはいかにも完全に燃えました、というくらいみごとな灰でした。
もともとこれを買おうと思ったのは、七輪が壊れてしまったため。けっこう遊べます。
炭を入れたらどうなるでしょうか?この中にちょうどぴったり入りそうな炭を見つけて入れてみました。火がつくと煙も出なく、一時間ほど炎をキープしました。ひとり焼肉ができそうです。
 
バックパクやツーリングで使うには、時間のある夜に、小枝などを集めて燃やし、朝にはオプションのアルコールバーナーをセットして使う、なんてことができるかもしれません。
ヒマなんで、久しぶりに炊飯してみました。
 
コッフェルの上には、オイルサーディンの缶が乗っています。
やはり炊飯はビミョウな火加減が調整できるガスがいちばんですね。
今回はツーバーナーなどは持っていかず、小さなものたちばかりを使ってみました。
結論からいうと、ツーリングやバックパッキングならやはりガスかな。 お湯を沸かすだけなら、固形燃料とか、自分は持っていませんがアルコールバーナーでもいいでしょう。
こんな使い方は便利でした。
 
ガスバーナーでレトルトのパスタソースの入ったお湯を沸かして、沸かし終わったらエスビットの固形燃料で更に熱を加えます。そしてガスバーナーでパスタを茹でます。ミニツーバーナーです。
富士見パノラマの天気は最高。二日目は雲のかかっていない八ヶ岳を見ることができました。
 
そして今回シングルスピードのMilkmoneyで下りました。29erでありながら、26インチのようなコーナリングです。FOXのフォークの剛性も高く、とても楽しく下れました。
帰りは、紅葉の八ヶ岳を突っ切り、秩父方面へ抜けました。K-1500でパスハンティングしちゃいました。ぶどう峠。昔ランドナーで何度か走った道です。



AD
ちょっと時間が経ってしまいましたが、先日の三連休中日にあった鳥海山ぐるっと一週160キロの様子です。
今年も金曜日の夜中に出発して、酒田港で朝食。にかほでの昼食からビールといういつものパターン。
photo:08


夕方に行われた抽選会で妙に盛り上がり
photo:09


更に任意で前夜祭を実施
photo:14


泥酔して寝るものの、3時半起きは辛かったです。
photo:15



さて、一昨年前は、セミドロップハンドル仕様のDosNiner、
photo:12


昨年は700×35C
を装着したアラカルトで参加しました。
photo:13


今年は・・・シングルスピードで参戦しました!
photo:06


と言っても正確にはDingleです。ギア比は35×17と32×20。軽すぎて後悔するより、重すぎて後悔する方が今後の勉強になると思い、少し重めをチョイスしました。
結果計画通り、八割がたをアウターで走り、二箇所の難所だけインナーでクリアしました。押しが入ったのは、スタートして間もなくのところ二箇所のほどで、意外にもあとは全部乗れてしまいました。
実はスタートして最初のダートの峠でパンク。金属の針が刺さっていました。修理しようとしたら、ビートが固く、タイヤレバーを折ってしまい、さらに26インチのチューブを間違って持ってきてしまって戦意喪失しました。無理やり26インチのチューブを伸ばして入れ、後からやってきたタケシがタイヤを嵌めてくれました。タケシが来なかったら、リタイヤしていたかも。
photo:07


曇りながらも何度か鳥海山は姿を見せてくれ、SSバイクでノンビリ楽しく走るという今年の目的はバッチリ果されたのでした。





iPadからの投稿
AD
週末飲みすぎてしまいまして、今朝起きても体が動かず。
しかし、歯医者の予約があったのでなんとか活動開始。受診後、法政MTBパークへ向かいました。
なんか今日は、ヘンタイバイクが多い日でした。
まずこれ。
SN3M0201_0001.JPG
36インチだそうです。29erくらいで、驚いていてはいけません。
内装変速ハブが入っていまして、本気で走ったらすごいかも。少々の段差はなんてことありません。
つぎにMさんのFATバイク。
SN3M0202_0001.JPG 
昔のMTBのフレームに、BBから後ろ、バックフォーク、チェーンステイを新設計して溶接しています。すごいリフォームです。
塗装も昔の部分を残していて、思い出が染み付いてますねー。
ちょっとトレイルで乗せてもらいました。
SN3M0203_0001.JPG 
FATバイク、いいですねー。そしてこのリフォームバイク、良くまとまっていると思います。
SN3M0204_0001.JPG 
久しぶりにまったりさせてもらいました。
シマノバイカーズ、年に一度の乗鞍ヒルクライム、松本駿さんツアーと3週連続で遊んでしまった。
で、この週末は家でまったりしておりました。

それにしても、駿さんツアーで初めて山をシングルスピード(SS)で走り、思っていたよりずっと走ることができたのと、言葉では表現できないペダリングの楽しさを発見してしまったのでした。
シングルスピードMTBジャパンオープンのボランティアスタッフとしてお手伝いしていたのにも関わらず、シングルスピードを肯定できませんでした。自転車ってギア倍数かけてなんぼのもんで、それを調整できる機構があるにもかかわらず、なぜSSに乗るのかと。

でも乗ってみたら楽しい。いろいろと修飾語は出ないでもないですが、やっぱり乗ってみてください。

で、どのギア倍数が楽しいか、いろいろ実験。トレイルでのギア歯数はなんとなくわかってきました。こんどはツーリングをベースとしたらということで。
今、DINGLE化していますが、32×21と35×18でした。35×18でいろんな坂を試してみます。
5%の坂。

10%の坂(看板わかりにくいですが)。
 
35×18で、10%の坂は、なんとかシッティングで上れます。
あと、トレイルでは感じませんでしたが、舗装道路では手首がきついことに気が付き、手持ちのSOMA CLARENCEバー(スイープ角40度)を装着してみました。
 
すごく楽です。
でもちょっとハンドルが高かったので、別のステムをつけてみたり。。。 
でもこれはちょっとハンドルが遠すぎた。だいたいターゲットはわかったので、安いステムを購入してみようと思います。
日曜日は、リアのスプロケットを1丁ずつ減らしてみました。17Tと20Tです。
35×17は平地でも気持ちよく走れます(若干足が余りますが)。坂道は、10%の坂道では立ち漕ぎとなってしまいますが、このハンドルは立ち漕ぎでも手が楽です。

自分なりのセッティングを試していこうと思います。
とうとう明日から会社だ~。あっという間に上期の期末となります。気持ちを入れ替えてがんばりましょう~(?)

さて、今年の夏休みのメインイベントはやはり、松本駿さんのツアーでした。
すみませんが、TAMOさんの写真を使用させていただきます。

29er、29erSSとテラ嬢のバイクを積んでいきました。
一日目のトレイル30キロは、SSバイクで挑戦することにしました。
 
既にマシュンブースは出来上がっており、駿さんからいろいろと説明。参加者は十数名と、例年より若干多い感じです。
 
最初不安でしたが、シングルスピードでも意外にトレイル行けてしまうのですね。
 
しかし、急坂ではやはり、立ち漕ぎで歯を食いしばって。。。
 
30キロと言えども、けっこうな走り応えでした。夕方からは駿さん宅のガレージで、ウェルカムパーティーのバーベキューです。(写真:OさんのFBより)
 
このあとみんなでオリンピックの女子MTBクロスカントリーをネットで鑑賞しました。そして、寝不足のため居間でバタンキューでした。。

次の日は天気が心配でしたが、トレイル70キロへ出発しました。参加人数は前日よりちょっと増。
 
当初の天気予報を裏切り、天気はぐっと良くなりました。
70キロということで、ギアードのDosNinerで走りましたが、SSでも走れたかも。
 
それにしても、楽しいツアーでした。
 
 心地よい、疲労感。

このあと、久しぶりにかぶとで夕食をとりまして、暑い東京へと帰りました。


ペパカフェでお祝い

テーマ:
土曜日は、Gちゃんの結婚お祝い飲み会。
昼下がりの井の頭公園ペパカフェフォレスト。
 
いやいや仲が良いみたいで。
 
こんな感じでした。
 
わんこもいっしょにいれます。Kさんの愛犬、デイジー。
 
Kさんのズボンは、短パンではなく、ユニクロのチノパンをすそ上げしたしたもの。
 
このあと僕は夕方から高校時代の友人と飲み会。
飲み会ダブルヘッダーでした。
譲ってもらったMILKMONEYをDingle化しようと、ギアを揃えてみました。

現在のギア比は、32×21です。比較的緩やかなトレイルを走るのにちょうどいい感じです。でも平坦な道にはちょっと軽すぎます。
シングルスピードのバイクで、山までのアプローチも走れないかなあということでDingle化してみます。
DingleとはDouble Singleということらしいですね。

購入したぎあは、リアのスプロケ17T、18T、19T。フロントのギアは35Tです。
フロント32Tとの組合せですので、リアも3Tの歯数差で組み合わせてみます。
今考えているのは、①22T×19T②21T×18T、③20×17T
重いほうから試してみたいと思います。