別海町商工会青年部ブログ 「Irreplaceable friend」

根室管内別海町商工会青年部の活動の軌跡。
全てはみんなの笑顔の為に・・・


テーマ:
2014年11月11日~別海町商工会青年部7名は一路新潟を目指していた。
今年の先進地視察研修の研修先なのである。
我らが藤沢部長は道青連役員として参加する為、別行動である。
我々より1日早く移動開始し、我々より1日遅い帰町という強行軍。

我々が藤沢部長に会えるのは初日の夜と全国大会当日のみという寂しい感じのスケジュールとなっております。

午前8時30分。
根室・中標津空港に集合し、まずは新千歳空港を目指す。


ご覧の通り快晴である。

快適な空の旅を堪能し、到着したるは新千歳空港。
ここで約2時間時間を持て余す。

フードコートで昼食をとり、各自自由研修。



やがて時間がきて本日2度目の快適な空の旅を堪能。

1時間30分くらいくらいだっただろうか?
新潟空港に到着。
まず記念撮影。



さて、ここは新潟空港からタクシーに乗車し、最初の研修先「北方文化博物館」へむかう。
タクシーの運転手は語る。

「ここは水俣病で有名な阿賀野川だ」
「山の方は雪がたくさん積もるが新潟市内はほぼ積もらない」
「瓦屋根ばかりでしょ?」
「新潟に豪農とよばれる家は今は8件くらいしかないが昔はもっとたくさんいたんだ」
「北海道の人は柿が好きだよね。新潟ではその辺にたくさん生ってるけど新潟の人は好きじゃないからほとんど食べない」
「これがイオンです。前はジャスコってとこだったんです」

「イオンは北海道にもありまぁす!」とも言えず約30分タクシーに揺られる。

そうして到着した「北方文化博物館ー豪農の館ー」



この越後で一番とも言われる豪農の館。
江戸時代中期より豪農の道を進みやがて巨万の富を得たという伊藤家。
戦争や戦後の農地改革等の苦難を乗り越え昭和21年に遺構保存のため博物館となったとのことである。
現在では国の登録有形文化財に登録されているとのこと。

さながらお城のようなその場所でガイドさんの説明を聞きながら歴史に触れた。














北方文化博物館を見終え、再びタクシーに乗車。
目指すは新潟駅。
ホテルにチェックイン!である。

チェックイン後、少し周辺を散策。



情緒あふれる路地に身を置き「はぁ~」っとため息とも違う息が漏れる一同。
北海道ではなかなか見られないその光景は道民にとってテレビや書物などでしか知り得ない「昔の日本」の姿そのものであった。

散策を終え午後7時。
「えびす鯛」という居酒屋で福島県矢祭町商工会青年部の皆さんと交流会。
ここから藤沢部長も合流。



共にアンコウ鍋をつつきながら様々なお話をさせていただいた。
真面目なことからディープなことまで。
2時間という時間が非常に短く感じる実りある交流会となったかと思う。

矢祭町商工会青年部の皆さん!
楽しい時間を有難うございました。
これからも末長くよろしく御願いいたします!!

話は少しかわるが・・・酔っ払った時のノリとは恐ろしいものである。
まずはこちらの写真をご覧いただきたい。



この写真は矢祭町商工会青年部さんと共に行った二次会後の写真である。
まず背景にあるお店は申し訳ない話、利用していない。
そしてこの写真、もう少しひくと・・・



なんとも艶美な看板がお目見えするのだ。
しかし後にも先にも誰も入店していない。
お店にとって迷惑な話である。

・・・・・・この写真、はたして使ってよかったのだろうか?

なかったこと、書かなかったアップしなかったことにして進みます。

新潟の夜を堪能し翌日。
朱鷺メッセで開催される「第16回商工会青年部全国大会 新潟大会」に出席。

なんせ驚いた。
大会自体の規模もさることながら参加している「商工会青年部員の数」にである。
北は北海道から南は沖縄まで。
その数、約3000人!
みーんな商工会青年部部員である。




この全国大会の中で行われた「主張発表大会」
東北・北海道ブロック代表は宮城県七ヶ宿町商工会青年部の「山田岳彦」さん。

その素晴らしい主張発表で見事全国優勝!



感動する主張発表でした。

さて、話を少し脱線させます。
まずはこちらの写真をご覧ください。



全国大会での1枚。
チーム別海、全員マスクしてます。
今回7名で新潟にやってきた我らチーム別海。
2日目のこの日私を除く6名に風邪の症状。

あ、申し遅れました。
私、いつもブログを書いております別海町商工会青年部副部長「外川裕基」でございます。

私、外川を除く6名が見事に風邪をひいてしまったのです。

因みに「知らんがな!」な話をしますと・・・私は流行に乗り遅れることがしばしばありまして、こういうとき風邪は引かないのですが、皆が治った頃に風邪をひくという性質を持っております。

さて全国大会1日目も終わりその流れで交流会。
圧巻の写真をご覧ください。



これ、99%商工会青年部部員です。
全国にはまだまだ商工青年部員がおります。
記憶では43000人。
この場にいない青年部員がまだ40000人もおるのです。

それは人口36000人の国「リヒテンシュタイン」よりも多いのです。
どうでもいいミニ知識です。

こうして2泊3日の先進地視察研修は終わりへと向かっていきます。

3日目。
ホテルから新潟空港へ。
それぞれお土産を購入し快適な空の旅を堪能し新千歳空港へ。

そして新千歳空港から根室・中標津空港へ・・・
この便に搭乗しますとなかなか飛行機が動きません。

搭乗1分前より突然の強い風雪。
約30分を機内で過ごしようやく飛び立ち、強い揺れを堪能しながら根室・中標津空港に到着

到着後、解散式をして解散となりました。


今回、参加した私を含めての7名。
全員が新潟初体験でありました。
歴史に触れ人に触れ、とても身になる研修だったと思います。

来年度の研修先はまだ未定ですが、これからも積極的に歴史や人に触れそれぞれの仕事や別海町での青年部活動に役立てていただきたいと思います。

さて、次回は・・・もうこんな時期なのですね。
忘年会です。
12月13日に開催される「別海町商工会青年部忘年会」の模様をお届けいたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
まず、この記事は長く、また写真が大量にございます。

10月26日(日)
ここ最近の寒さは何処へやら・・・とても天気が良く暖かい。
9時20分に集合した「ぷらと」前。



一行はバスに乗り込み目指すは本別海であります!

この日は町内観光視察。
生まれ育った、或いは普段住んでいる我が町「別海」
住んでいると逆に町の観光資源や歴史等々がわからないものです。
今一度、町民として我が町の魅了を再発見しよう!なんていった思いで企画した今回の「町内観光視察」

部員の家族も参加対象となった今事業。
部員と部員の家族で学びつつも楽しみます。

出発して約30分。
本別海に到着。
ここでは「一本松」を視察。





この一本松。
写真の通り海辺に1本ポツンと立っております。
この一本松、ただそこに立ってるだけの一本松ではないのです。

まず一本松は明治7年、東北各地から漁夫を募集し、その漁夫が従事した番屋の横に植生していたもので、当時は2、3本あったものの130年もの間、厳しい風雪に耐え残ったものはこの1本!と。

そしてこの地には記念柱が立っておりまして(下の写真です)この記念柱は何かと申しますと、かの有名な伊能忠敬による測量隊の最東端到達記念柱とのこと。
寛政12年(1600年)のことだそうで。

本来の目的地は根室だったそうですが、訳あってこの地を最後に引き返したそうで・・・故にこの地が最東端到達だ!といったお話。

そんな記念柱の前でパチリと1枚集合写真。



再びバスに乗り込み、次なる目的地は尾岱沼であります。

海岸沿いをズイーッと走りやく30分。
別海町唯一の道の駅「道の駅 おだいとう」でトイレ休憩の後、尾岱沼の港へ。
港より観光船に乗船し野付半島を目指すのです。



なかなか乗る事のない町内の観光船。
私自身、初めての乗船でした。






何せ天気が良く気持ちの良い船上。
途中、海面から数頭オットセイが頭をのぞかせました・・・が、望遠レンズ未装備の為、写真は撮れず。

30分くらい船に乗りいよいよ目的地の野付半島に上陸。




ここからはガイドさんについてもらい野付半島散策。






改めて思うのです。
綺麗なところだなぁ~と。

散策も半分くらいいったところで現れるのは、かの有名なトドワラ。
トドワラとは「トド松の原っぱ」の意味だそうで、その昔は一体に自生していたそうなのだが、野付半島が年々沈み、トド松が海水を吸い上げ枯れていったそうです。

今後もドンドン枯れ続け、仕舞いには全てなくなるとのこと。
今現在も緑に生い茂るトド松は存在せず、朽ちて土に還るの待つのみという状態です。





散策中、子鹿がすぐそばでお食事中。



特に驚く様子もなく、たくさんいる人の前でマイペースでお食事を続ける子鹿。
そんな状態ですから、みんなで写真を撮りまくります。



さて約1時間に及ぶ散策もいよいよゴール。
ゴールは野付半島にあるネイチャーセンター。

ネイチャーセンター内で昼食。
食観光ということで今や全国区との声も聞こえたり聞こえなかったりする「別海ジャンボホタテバーガー」や別海の食材が使われているメニューを食べる一行。




昼食後は記念に1枚。



これにて全行程終了。
後はバスに乗り帰ります。

・・・しかし!別海に到着しても今日という日は終わりません。
続きまして別事業「部員親睦交流会」です。

場所を「いこいの森」に移しみんなで一緒にジュージュー焼肉。



こちらでも食観光を取り入れ別海ビーフをご用意。
部員の家族に向けての部員自己紹介やビンゴ大会をして部員の家族との交流をはかりました。







と、充実した長い1日となりました。

さて、いよいよ先進地視察研修が迫ってきております。
11月11日~2泊3日で新潟。
11月12日に新潟で開催される商工会青年部の全国大会に出席してまいります。
また豪農の館という施設も視察予定です。

帰宅後、報告いたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
溜まっていた事業の紹介を一気に書いてみました。
正直、書いていない事業も1、2個ございます。
ちょっとわけあって書けなかったので割愛させていただきました。

さてこれからの別海町商工会青年部はですね・・・今月10月26日(日)に研修&親睦会が控えております。
研修は別海に住んでいて意外と知らない別海のことを学ぶため町内を観光視察してまいります。
終了後、いこいの森でそれぞれ部員の家族と一緒に親睦会。

そして11月11日~は先進地視察研修。
今年度は11月12日に新潟で開催される商工会青年部の全国大会に参加してまいります。

両事業共にバキッとご報告いたします。
もう溜めないように頑張ります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。