豊かな人生と幸せな犬のつくり方

ドッグフードの選び方、フードを食べない、犬のしつけ、健康管理、獣医のかかり方などの情報発信&国産自然派ドッグフードや安心オヤツ、自然食オーナーグッズまで独自の基準での厳選品販売「BSKマーケット」のブログ。実店舗は駒沢公園ブラックストリームケンネル。



テーマ:

 

愛犬の無駄吠えに困っている人がとっても多いようなので、とっても簡単なのに、効果大な方法をお伝えしますね。

それは・・・

フセをさせちゃうことです!

フセくらいなら、うちの子だってできるよ!でも、無駄吠えするよ!

いえいえ、吠えている最中に「フセ」って言って、伏せさせるんです。

犬はフセの姿勢のまま吠えるというのは、なかなかしませんよね。
なので、逆にフセさせてしまうとおのずと鳴き止まざるを得ないことがほとんどなんです。もしかすると、「スワレ」でも効果があるかもしれません。

だけど、吠えている最中に、あなたに注目させてフセさせることができますか?そこが問題ですよね?


今日は、無駄吠えをやめさせることについて、犬のきもちやその根本原因と解決法のヒントをお伝えします。


あなたの愛犬はなぜ吠えているの?

まず、あなたの愛犬はなぜ吠えているのでしょうか?

その原因によって、また対処が違ってきます。
愛犬の無駄吠え、どんな場面で困っているかを振り返ってみてください。


1、来客があった時、ピンポーンの音で吠える
2、外に向かって、通りすがりの人などに向かって吠える
3、散歩中、他の犬に向かって吠える
4、なにかおねだりするときなど、飼い主に向かって吠える
5、留守中、さびしくて吠えているらしい


だいたい、この5つのうちのどれかに近い感じではないかと思いますがいかがですか?

1、2、3は警戒して吠えているので、犬の本能みたいなもので完璧にやめさせることは非常に難しいです。

でも、100点満点を目指し、まったく吠えなくさせるのではなく、たとえ吠えても自分の指示でやめさせることを考えてみませんか?


 


その前に、物理的対処で吠えることを減らすことができるものもあります。

2は、玄関のそばや、窓際など人の往来がよく見えるところにいつも犬がいる場合によく起こります。

うちの近所にも外がよく見える窓際にドッグベッドが置いてある家があり、その家の前を通るたびに、かわいいマルチーズが大騒ぎで吠えています。

番犬の役目を立派に果たしているので、それが目的ならいいのですが、もしもそれをやめさせたいと思うなら、ベッドの位置を変える必要がありますよね。

番犬の役目を与えないように、直接外が見えないようにするとか、窓際や玄関など物音や視覚的に刺激の多い場所にハウスを置かないなど、居場所を工夫することで軽減することができます。

子犬の頃から、犬の居場所には十分注意が必要です。
吠えるようになってからやめさせるのは大変ですが、居場所を工夫することでほとんど吠えない子に育つ場合もあるからです。


 
実は、無駄吠えをやめさせられない飼い主に問題あり!


犬が吠えるのは仕方ないけれど、吠えているのをやめさせることができないことは、実は大きな問題なんです。

そのヒントは、犬は群れで生きる性質を今も受け継ぐ、社会性のある動物というところにあります。

犬の祖先はオオカミだったなんて話を聞いた事がありますよね?

オオカミは群れで暮らす生き物として知られています。
強いリーダーがいて、それに従って群れは行動します。

群れの仲間が生き延びるためには、群れが統率されていることが望ましく、飢えたり危険にさらされることがないかはリーダーにかかっているといっても過言ではないでしょう。

だから、もしも勝手な行動をしてリーダーに咎められた場合はそれに従うというのが当たり前。それで群れは成り立っているとイメージしてください。


あなたの目の前のかわいらしい愛犬にも、そういう遺伝子が組み込まれているんです。

一年中快適なエアコンの効いた室内で、毎日2度の食事に確実にありつけていたとしても、「うちの子って自分のコト、ぜったいに人間だと思ってる!」っていう風に見えたとしても、そういう気質が脈々と流れているのが、犬という生き物なのです。

心のどこかで、頼りになるリーダーを今も求めています。


 

愛犬が吠えるのは仕方ないけれど、吠えているのをやめさせることができないことが問題だとお話しました。

それは、あなたが愛犬にとって、理想のリーダーとして認められていれば、リーダーのいう事を聞かないなんてことはありえないからです。

警戒して吠えることをしたとしても、もうやめてよし!とリーダーが指示したら、もうやめなければならないんです。

それができないとしたら、まぁ一緒に吠えている群れの一員のうちのひとり、それも格下と思われているのかもしれませんね。

犬が吠えているときに、一緒になって大きな声で「こら~っ!」とか言ってたら、愛犬は仲間と一緒になって吠えてるつもりでいるかも!



「私は序列を好まない!みんな平等がいい!」とか、「私はメイド気質なんです、愛犬にお仕えしたいのです」という人には、受け入れがたい話かもしれません。

いや、そう明言していなくても、犬にしてみると今の私たち飼い主の態度というのは、それに近い感じにみられているかもしれません。


私たち人間は、それでもいいかもしれませんよ。
でも、愛犬にとってはどうでしょうか?

もしもあなたの愛犬が、誰がリーダーなのかがはっきりしない、うやむやで不安定な群れで暮らしていると感じているとしたら・・・それは安心して暮らせる環境を提供していないということにもなります。

社会性のある動物の愛犬が、ストレスなく安心して暮らすために必要なのは、信頼できる群れの一員として暮らすことです。

自分がリーダーになるのは、責任あるし、いつだって気を張っていなくちゃいけないから大変なんです。だから一部の犬を除いて、リーダー格になろうとして、手の付けられないほどの問題行動(犬にとっては当然の行為)に至り、飼い主を従えようとすることはありません。

だから、いつもなんとなくモヤモヤと、群れの一員のうち、どっちが上か下かの小競り合いみたいな落ち着かない感覚を抱えながら生きているとしたら?

それは“愛犬にとっての本当に幸せな暮らし”を提供してあげていると言えるでしょうか?

あなたの「甘やかし」は、自分のためだけの幸せになってはいませんか?

 
どうしたらリーダーになれるの?


「だからと言って、リーダーになると言ってもどうすればいいか、わからないよ」と思ってくださった方なら大丈夫です!

そんなに難しいことではありません。。

オオカミの群れや犬同士のように、マズルに噛みつくとか、仰向けにするとか、格下の犬にマウンティングするとか、喉笛に食らいつくとか、そんな必要はありません。

もちろん、体罰方式の厳しいしつけなんかもしちゃダメですよ。

そんなことをしなくてもちゃんと飼い主をリーダーだと感じてくれる方法があります。

それがドッグトレーニング。
愛犬に対して、よく指示を出すということです


命令をする、それに従うというカタチが日常的に効果的にできていれば、自然と「従う」姿勢になっていきます。むりなく上下関係が築かれるのです。

犬はもともと使役することを目的に選択繁殖されてきた歴史もあるので、何か言われたことをすることに喜びを感じるようです。


この動画のジェシーくんも、すごくいきいきと仕事してますよね?


 
 
動画がうまく編集されているので、まるで勝手に判断して家事のお手伝いをしているように見えますが、よく観ると飼い主さんが指示を出しているのをジェシーくんが聞いてやっているのがわかります。

こうやって、飼い主さんに言われたことをやって褒められたりするのが気持ちよくて、どんどん覚えていったのだと思います。

これだけいろんなアイデアを考えて、教えた飼い主さんは本当にすごいと思います!


ジェシーくんが、なにか、ムリに体罰を与えられながら厳しく覚えさせられたようにはみえませんし、何か困った問題行動を抱えているようにも見えないですよね?


あまりにすごい例で、ハードルが遠いところまで上がってしまったかもしれませんが(笑)
要するに「指示を出す、従う」の形ができると、人も犬も幸せに暮らせるようになるということを感じ取ってもらえればそれで充分です。


誰でもできるリーダーになるためのドッグトレーニング

 

飼い主さんがリーダーになるトレーニングといっても、実は何も特別なことはありません。

スワレ、フセ、マテ、コイなどの基本の指示を繰り返し毎日行うだけのシンプルなことを、いかに毎日続けられるかという根気だけなのです。

もうすでにスワレくらいならできるというワンちゃんなら、
よしと言われるまで座って待っていられる
どんな時でも言われたら絶対に座る
というように、レベルアップしていくのです。

その「指示を出す、従う」の過程の中で、自然と「リーダーと従うもの」という関係が築かれていきます。

しつけ教室に通わなければトレーニングができないというわけではありません。しつけ教室は、教え方のコツや指示を出すタイミングなどを教えてもらったり、なにより飼い主さん自身のモチベーションを保つためにも有意義だと思います。

でも、トレーニングはしつけ教室の時だけやっていてもダメ。
毎日繰り返し行う事、できるだけ日常のいろんな場面で活用することがコツです。

ジェシーくんも、スワレやフセやマテ、もってこいなど基本のしつけをアレンジして、毎日日常の中でこなしているから、あんなふうに楽しく無理なく続けているんだと思いますよ。

そうすることで、自然と愛犬との良い関係が築けるようになっていきます。


BSKのトレーニングにこれまで通った子の中には、最初は飼い主さんのいう事がきけない問題犬だった子もいましたが、楽しくレッスンすることで生き生きとトレーニングをするようになり、飼い主さんもその愛犬を見てどんどん変わっていきました。

そして、レッスンを卒業してからも自宅やお散歩中にコツコツと続けている人たちは、何年経っても愛犬とよい関係を築き、とても満足した幸せな暮らしをしていらっしゃるようです。


ここまでで、イメージがつかめた方は、ぜひおうちで基本のしつけを繰り返し練習してみてください。

スワレやフセをどうやって教えたらいいのかなども、後日続きで書いていこうと思います。





トレーニングのコツでちょっと迷うことやわからないことがあったら、実店舗ブラックストリームケンネルでご相談ください。

ワンポイントアドバイスは随時無料で行っていますので、スタッフにお気軽にお声掛けくださいね!


ブラックストリームケンネル 駒沢公園通り
http://www.black-stream.com/shop.htm


154-0012
東京都世田谷区駒沢4-16-15 2F
駒沢公園通り 駒澤大学正門 向かい
(1Fはインド料理レストランです)

●東急田園都市線 
 駒澤大学駅 徒歩7分

TEL 03-5433-3446

OPEN 10:00~19:00 火曜定休

BSKマーケット
愛犬とのよりよい暮らしを提案!
ドッグライフコンサルタントが運営する
人とワンコの健康作りのお店「BSKマーケット」です。

あなたとワンコが健康で生き生きと暮らすために
効果的で安心なグッズだけを厳選。

お気に入りグッズがきっと見つかります!!
 → WEBSHOP BSKマーケットへ


犬育て、この本さえあれば・・・
                       
 
 
この基本を知らずに、いくら懸命にしつけに取り組んでも、
フードを探しても、病院通いを続けても、問題は解決できない!
犬育ての新しい価値観!!
ブラックストリームケンネルがいつもお伝えしている、
人と犬との暮らし方が本になりました!
 
      

 犬と暮らすにあたってこれだけは知っておきたい新常識、健康的な犬育ての基本「BSK流健康の4つの柱」、生活の基礎となる食事の考え方や、手作り食簡単レシピなどを網羅したまさに犬育てバイブルとも言える本です。
      
  → 『あなたが変われば愛犬が変わる 
飼い主さん矯正マニュアル』



AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。