2011-06-19 22:06:54

【SOEKS-01M】SOEKS-01Mでの放射線計測方法

テーマ:SOEKS-01M
2chではSOEKS専用のスレがたってたりで有効な計測方法については色々と議論がされてます。

このブログでは下記の方法で放射線量を計っていきたいと思います。



①まず、「SOEKS-01M」はβ線とγ線の両方が測れます。

空間線量率(μSv/h)を計測するにあたり、β線については数値に含めたくないので

アルミ版を使いβ線を遮蔽し計測します。

SOEKS-01Mの「アルミ遮蔽」については前回の記事(⇒コチラ)の通り加工しました。



②また、本体自体の汚染を防ぐためジップロックなどの袋に入れて計測します。



③同じ条件(高さ、傾き)で12回測り、MaxとMinを除いた10回を平均化処理します。



④数値については、SOEKS-01Mで計測された値に「0.772」という係数を掛けます。

Co60で校正されているとみられており、Cs137に変換するためです。

この係数については下記のサイトに詳しく書かれています↓

http://blogs.yahoo.co.jp/yuhs_yuh/64706174.html



数値については低線量の場合0.5をかけるとシンチレーションにより近くなるという

報告もありますが、これはあくまでガイガーカウンターの性質なのでこれについては

現時点では無視します。

まずは以上のことを条件にちょいちょい計っていきたいと思います。

あくまでも線量が高いか低いかの目安程度になればと思います。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-06-18 18:57:11

【SOEKS-01M アルミ遮蔽】β線遮蔽のためアルミ版で遮蔽加工

テーマ:SOEKS-01M
前の記事でも書いたようにμSVで放射線量を表す場合、β線は遮蔽する必要があると書きました。

理由についてはコチラのサイトがわかりやすいと思います↓

http://www.mikage.to/radiation/info/info0001.html

てなわけでβ線をアルミ板で遮蔽するため「SOEKS-01M」を加工しました。

アルミ版は厚さ3mmです。

最初は3mm程度のアルミ版なら自分で加工できるんじゃないかと思ってましたが、

実際3mmのアルミ版を手にするとこりゃ自分でどうこうできるレベルじゃないと気付きます(笑)

で渋谷の東急ハンズでちょうどよさそうなものを探していたところ、ありましたよ↓

$bsgeigerの放射線簡易測定-アルミ版ハンズ


「AL不チャンネル3×300」

価格は790円。

でこれをSOEKS-01M用に切ってもらうのに加工賃210円。

合計1,000円。

しかも2つもできちゃいました。

で、SOEKS本体にマジックテープをつけ↓

$bsgeigerの放射線簡易測定-SOEKS-01M


アルミ側にも↓

$bsgeigerの放射線簡易測定-SOEKS-01M


で、装着↓

$bsgeigerの放射線簡易測定-SOEKS-01M


$bsgeigerの放射線簡易測定-SOEKS-01M


で、本体自体が汚染されないようにジップロックなどに入れて計測↓

$bsgeigerの放射線簡易測定-SOEKS-01M


こりゃありだな。

愛着わいてきた☆

結果は若干数値は落ち着いたのかな~?みたいなとこです。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011-06-18 18:30:27

【SOEKS-01M スペック】まずは性能について

テーマ:SOEKS-01M

$bsgeigerの放射線簡易測定-SOEKS-01M


旧モデルの「SOEKS-01」より高性能のGM管「SMB-20-1」が採用されてるそうです。
20秒毎の計測値を表示するタイプですが、平均化処理はされていないので、
自分で数回サンプリングし数値を平準化する必要があります。

また検出線種はγ線とありますが、簡易ガイガーカウンターではβ線も計測してしまうらしく、
人体への影響を表すシーベルトで表示するには、β線については遮蔽する必要があるとのことです。

β線の遮蔽に関してはアルミが有効だそうで、SOEKS-01Mを加工しました。
「アルミ遮蔽加工」については次回のブログで書こうと思います。

下にSOEKS-01Mのスペックについて書いておきます。

【性能】

・検出素子 :GM計数管
・検出線種 :ガンマ線
・ガンマ線等価線量率範囲(μSv/hの場合) : 0.03 - 1000 μSv/h
・ガンマ線等価線量率範囲(μR/hの場合) : 3 – 100000 μR/h
・ガンマ線エネルギーレンジ : 0.1~ MeV
・しきい値設定範囲(μSv/hの場合) : 0.3 – 100 μSv/h
・しきい値設定範囲(μR/hの場合) : 30 -10000 μR/h
・計測時間 : 20以内
・動作温度範囲 :-5~40℃
・本体寸法 : 105×43×18mm
・本体重量 : 約 53 g
・バッテリー充電時の最大電流 : 300 mA
・電源の電圧範囲 : 1.9 – 3.5 V
・ディスプレイ : TFTカラーディスプレイ(輝度調整 3段階)
・液晶画面カラー設定 : グリーン、グレー、ブルー、ホワイトから選択。
・電源 : 単4電池×2本 (ミニUSBポート付きでパソコンから電源を引けます。)


今後、使用感や計測値について書いていこうと思います。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。