本当の日本の歴史と、日本人を知って、自信を持つ日本人になるためのブログ

日本の若者に、我々の先祖は、今を築いた立派な人達であることを理解してもらい、未来を切り開く自信を持ってもらうためのブログです。

閉塞した現代日本社会を打開するためにも、日本人としての自信を取り戻す必要があると考えており、そのための分析も試みています。


テーマ:
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あと3年古いパソコンが使える本 [ 日経Linux ]
価格:2099円(税込、送料無料) (2017/2/28時点)

を読みました。

 

Linuxという無料のOSで古いパソコンを
復活させる方法を解説した本です。


この本によると、古いパソコンが使える理由は、

 

microsoftのサポートが打ち切られたOSを搭載したマシンでも、
ライセンスなしのOSで、継続して使えるから。

 

と、

 

最高性能を追求しなくても、こなれた価格のハードウェアを準備すれば、
スペックにマッチした最適なパッケージ(ソフトウェア)が選べるから。

 

ですかね。

 


始めのほうは、多様なパッケージの紹介がまとめてある。

 

まあ、あるわあるわ、その多様性は、

Macに対する、Windowsの比では無いね。

 

そりゃそうだよね。

 

全部無料で公開されてて、誰でも自由に拡張できるんだもんね。

 

Windows XP風から、vista、10風まであるってさ。

 

まあ、サーバ専用マシンなんかではGUI使わない、
DOSみたいな環境まであり得るんだから、

 

選択の余地はあり過ぎるほどありますわな。

 

 

でも、一旦馴染んじゃうと、
個人的にはライセンスのことなんか何にも気にすることなく、
どこにでも、何にでもインストール、リインストールできることの方が、
個人的には便利が良いですね。

 

 

パッケージに関しては、起動して遊んでみたのを除くと、
僕が使っているのは、fedoraか、Ubuntだけです。

 

これで、Windowsよりは軽めのOSが無料で入った、
2万円位のハードが手に入ります。

 

なんで、僕は、

 

「ハードウェアに最適化させた、

こまごまとしたパッケージの使い分け」

なんてしていません。

 


「そんなことに時間をかけるのは無駄!
誰かがチョイスしたベストを使うのが一番!
お金を気にしないなら、Macで十分!!」

 

と思っているので(^_^);


参考「アップルVS.グーグル」

 

 

 

次は、

 

Windowsから、Linuxへ移行するための方法が書いてある。

 

 

だけど、これは、

 

自動バッグアップ機能がある!!

 

だとか、

 

自動アップデート機能がある!!

 

とか、特別なことは書いてあるわけではありません。

 

 

普通のユーザにとっては、 要は、次の3つが出来れば良いわけです。

 

1.メールの移行
2.ブックマークの移行
3.自分が作ったデータファイルの移行

 

で、そのための方法をアプリケーションプログラム毎に
普通に書いてあります。

 

で、これ普段からLinuxへの移行に限らず、

 

常にどうなっているかを把握しとくべきものだし、
必要に応じてバックアップを取っておくべきものです。

 

それさえ出来てれば、

 

Windowsだろうが、Macだろうが、Linuxだろうが、
移行なんかそれをコピーするだけ、

 

OSなんてどうでも良いものです。

 

参考「OSなんて何でも良い」
 


自分のマシン環境を整頓するための参考としては、
よく書けていると思いました。

 

 


次は、

 

Windows用のプログラムをLinuxで動かす

 

ための技術について。

 

これについては、長くなるんで、別記事でまとめます。

 

 


次は、具体的なマシンをあげて、
古いマシンを復活させる方法が、
実例を挙げて8パターンほどあげてあります。

 

が、これ実態としては、手持ちのハードウェア、あるいは、
ジャンク物(動くか動かないか検証されていないハードをアズイズで売っているもの)

 

をいかに有効に利用して、

 

お金をかけずにハードウェアを準備するかの方法論になってます。

 

 

一例をあげれは、
手持ちのマシンと同じマシンをネットオークションで格安で手に入れ、
状態の良い部品を選択して、2台から1台に組みあげるとか。


つまり、

 

メインはハードの組み立てで、
ソフトのインストールはついで

 

みたいな感じです。

 

 

それはそれで、古き良き時代を彷彿とさせて、
おじさんは楽しかったわけですが(^^;;


参考「現代の鶴田浩二 ー傷だらけの人生ー」
 

 

 

最後は、レスキュー対応みたいな感じで、

少し専門的な説明が書いてあります。

 

でも、これは、

 

何分紙数が少な過ぎて、中途半端、残念ながら

 

「分かる人には分かるけど、分からない人には分からない。」

 

みたいになっちゃってます。

 


僕は、この辺が知りたい人に、

キチンととした説明をしたいと思っています。

 

そのために現在作成しているのが、このフォームページです。

 

日本愛国ブロガーが使う1万5千円のパソコン〜linuxで実現する最安パソコン:
 

ここでは、

 

「OSの働きを、きちんとまとめて分かるように説明したい。」

 

と考えています。

 

 

最後になりますが、本書は添付のDVDに、この無料のOSが付属してます。

死蔵している古いマシンをお持ちであれば、
是非是非お試しでインストールして使ってみることをお勧めしたいと思います。


必要なマシンスペックは、こんなもんです。

 

参考「ブログ作り 〜 僕がブログの開発のために準備したパソコン」
 

 
vista時代のマシンで十分です。

 

 



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日中戦争の「不都合な真実」 [ 北村稔 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2017/2/28時点)

 

 

 

Twitterへ:@bscppmm

 

 

<日本愛国ブロガが使う1万5千円のパソコン
ブログの作り方を、パソコンの基礎から説明!

                  =>トップページ

 

 

<日本の本当の歴史を知って、未来を切り開く方法を考える
 ためのメールセミナー>

「このメルマガを読むと、将来に関して、漠たる不安を感じ
ているあなたは、自信がなくても、勇気を持って前に進むこ
との重要性を理解できるようになります。なぜなら、我々の
(つまり「あなたの」)先祖が、自立のために立ち上がった
勇気のある人々であったことが分かるからです。

それにより、まずは、自分の先祖に関して自信が持てるよう
になる。自信がなくても、勇気を持って前に進むことの重要
性を理解できるようになります。」

教科書に書かれていない、「日本の本当の歴史」を知るため
にも、ぜひこのメールセミナーを読んでみてください。

1日目 信教の自由の日に関するネット上の文章への反論
2日目 私が考える日本教とは?
3日目 信教の不自由な宗教と信教の自由な宗教
4日目 先の戦争の悲惨な体験を語り継ぐな
5日目 現代の鶴田浩二 ー傷だらけの人生ー
6日目 今までの社会人生活の中で、現在が一番満足度が高い
7日目 顧客満足第二

※必要がなければいつでも配信解除できます。
※迷惑メールを送りつけたりなんてことは当然ありません。
※ご登録いただいたメールアドレスがどこかに流出することなどは一切ありません。責任を持って管理いたしますので、どうぞご安心ください。

          ⇒登録はこちら(リンク

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

スカピッピパパさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。