MVP

テーマ:

NYYの松井選手がワールドシリーズのMVPに!


すごい。


まあ、今日はあたりの日だったんかな。


昨年あたりから、怪我を含めて我慢のシーズンが


つづき、NYでもトレードの話しや来期はどうなのか?


といった話題が多かった。


NYYはいわずと知れた、スタープレイヤーの集団。


そのなかでレギュラーをとるのは至難の業。


3Aもすごいレベルの選手がたくさんいるが、


そんな中での競争。


日本の打者、投手、いや、野球は十分世界に通用するレベルに


なってきた。


パワーもそれなりにある。(まあ、丸太のような腕から繰り出される


打球にはならんが、フェンスオーバーなら皆する。なにより、HRが


野球ではない。)


イチローとは相対的な存在。


打撃スタイル、技術、思考。


イチローは、打撃技術というより、如何に安打とするか、


実は、バタ臭い安打でも、自分の思考によって、最高に満足する


結果とみる。


松井は違うと思う。


打球の質や、技術。意味のある凡打、空振り、どん詰まりでの安打


に妥協しない感じ。


双方とも至高だと思う。


僕のこのみは後者。


イチローも松井も、MLBはもういいんじゃない?


十分日本の野球はレベルが高い。


* * *


日本シリーズ


巨人は強いが、今のこところ2勝2敗のタイ。


それ以上に、僕は日本ハムの緻密な野球が目立つとみる。


昨日の、森本選手の右への安打。あれはすごい。


あれで決まったような感じ。


巨人は、投手陣が少し調子わるい。


しかし、ここからだな。



AD

11連勝

テーマ:



巨人は、対阪神に昨年から11連勝。


* * *


今日は、嫁さんと甲子園に。


もちろん、ジャイアンツの応援(笑)


今年、甲子園球場はリニューアルということで


楽しみにしていた。



Move on to next door


外観は、まだ名物の蔦が覆い茂っていないが、


MLB風の建物になっているし、


中もすごく綺麗に!


昔の甲子園と言えば、きたなかったからなぁ。



Move on to next door
銀傘もでかくなり、特別席みたいなものも。

あと、VISIONもついている。


いつも内野席を取るが(三塁側)リニューアルで


シートピッチが広くなった!


これは、僕にとって朗報。


前までは、膝があたってたから。



Move on to next door

照明の形もちょっと変わっている。


甲子園の阪神巨人戦はもうかれこれ25年ほど


通っているが、少し球場が変わってはいるが、


いつもの通りである。圧倒的にトラだらけ(笑)


遠慮なく応援していますが(爆)。


ちなみに、観戦した時に巨人が勝つことが殆ど


(通算勝率みたら当然か)で、負けというのが


あまりない。


あ、昔新庄選手が槙原投手の敬遠を打って


さよなら負け。これは覚えているが、本当に


見に行った時の勝率は凄い。


関西は巨人ファンも多い。


レフトスタンドはオレンジ色だったが、


いつもよりトラが多かったような気がする。


* * *


試合は、点差以上に(4-0)巨人の圧勝でした。


先発のゴンザレス投手。


1回2回は、ストレート(146~148Km)で押したが、


左打者に高めに浮く事が多かったのでやばいかなと


思ったが、3回からチェンジアップ、スライダーを低め


に集め、内野ゴロの山。序盤のスピードイメージを利用


した非常にうまい投球。




Move on to next door

打線も、今ゾーンにはいっている坂本選手。


インコースの厳しいボールを脇をたたんで


送り出すうまい打撃。




Move on to next door

小笠原選手のしぶとい打撃。


このコースを下半身の粘りでフルスイングできる


選手はそういない。阪神の金本選手もこの類の


スイングをする。



この両名の活躍で得点した。


ピンチは8回であったが、楽勝。


阪神は、やはり選手層が薄い。FAで獲得した選手(金本、新井)


以外のレベルが上がってきてない。葛城や桜井、そのあたりの


選手が3割打てるような選手に育たないと厳しいな。


それに比べ、原監督が采配を握るようになって、


実に巨人はいいチームになった。


若手へのチャンスとモチベーションの高揚が非常に


うまくいっている気がする。


坂本、亀井、脇谷の中距離打者且つ足が速い。


俊足系の鈴木、松本。


それに補強が補強ポイントをうまく補強している。


大型補強じゃなく。


今年は、開幕からジャイアンツがダッシュしている。


投手、野手のバランスは最高だろう。


優勝しないのがおかしいと思う。


でも、そうは簡単にいかないのが。。。。。プロスポーツ。


今年も楽しませてください!




Move on to next door

この選手。本当にサービス精神旺盛。


ラミレスがジャイアンツを変えたといっても過言ではない。



AD

Beaten S korea

テーマ:

Pool1の決戦。


普通にやれば、やはり日本の方が一枚上手。


今日は内海投手の出来があまりよくなかったが


3回までうまく交わし、ベンチの交代タイミングも


絶妙。


青木、稲葉の打撃はいいですね。


イチローは振り出しのタイミングがほんの少し


いつもより早い感じがする。


「あせって打っている」感じ。


途中の内川交代はちょっと?だったが、


ホームランをうって、次の打席もセンター方向に


強い打球打っているということは、


打者ならわかるが、3安打は打てる「日」だと思うんだけど。


あと、藤川投手の切れがない。


あのホップするボールがもう一つ。


とにかく、松坂、岩隈、ダルビッシュは最高の投手であり、


WBC投手陣No1.


失点は少ないはず。


韓国チームと決勝で戦って、


「やはり強い。日本」と思わせるくらいになってほしいな。






AD

背景

テーマ:

一気に読みきってしまった。


男道


題名からして、ちょっとバタ臭いが


超一流のプレイヤーの話は面白かったし


ちょっと感動したとともに、自分自身の反省もした。


* * *


新の実力主義(プロスポーツはそうであろう)で生きてきた人間


の行動は、すべて裏づけがある。


と、改めて思った。


彼の行動や発言、時として


「?」

「なんでそこまで?」

「なんでそんな表現する」


があったが、やはりそうせざるをえない、


それが自分の信じるやり方であるということだ。


確かに、マスコミとプロ、Give and takeではあるが


ある種作られた「像」というものもあるし、


また、そうせざるをえない状況、背景、支えてくれる人・・・


簡単な言葉では表現できないほど大変だったんだと。


よく、TVなどで、復活ドキュメンタリー番組があるが、


彼のも見た。どことなく、彼の本質はそういうプログラムで


感じてはいたが、それでもメディアを通してみえる


彼が先行する。


彼は「小学生の坊主が王選手に猛烈にあこがれた野球バカ」


それだけである。


ぼく等の世代、町のチーム、地域の中学、地域の


高校、で野球やって4番をしてた人間、目指した人間は皆そういう輩であった。


そんな彼を(少なくとも僕より何千、万、いやそれ以上野球に情熱


を注ぎ、練習した彼)、


一般市民で、企業とはいえ真の実力社会でない社会で


生活している人間が、彼の行動を批評するなど


おこがましいと思った。個人的にではあるが。反省である。


* * *


PL学園~西武~巨人~オリックス


と自分の考える道を突き進むしかなかった。


あの超一流でさえ苦しい。


「天国の11年、地獄の13年」


桑田選手と双璧の超一流に共通していること


「猛烈なこだわり」


これが凄いんだと思う。


まったく違うタイプではあるが。。。。


あの2人。


* * *


去年、2人とも引退してしまったが、


彼等が引退というのは本当に寂しかった。


同じ歳であるし、社会からの一線はどうもがいても


退く時期があるのだなと。新旧交代というのか。。。。。。


僕は、3名の野球選手の引退で心が動揺した。


1人は言われもなく、王選手。


彼が引退するときは、本当に「もう野球みる楽しさがなくなったなぁ」


とまじでトイレで泣いた。それくらい好きだった。



2人目は、原選手(元巨人監督)


かれは、どことなく頼りない4番だった(王、長嶋と比べてである)が


やはり一番僕が野球に集中し、練習し、かつ家に帰って巨人の試合を


みて、原をよく研究したし、打たなかった時は腹をたてたし。。。


彼の引退試合、試合中は特別な意識はなかったが、


セレモニーで原選手が涙をボロボロ流しているのを見たら


こっちまでボロボロになった。特に泣いているのではなく、


涙が出たことを思い出す。やはり一番身近な?というか


腹がたっても原選手に注目し見てたんだなと。。。


3人目は清原選手。


引退試合でもジンとはきたが、それより


2008年の神戸大学病院での膝手術からの復帰にかけるTVを観た時。


これにも、原選手が引退した時に涙流した感覚に


近い涙がでた。泣いてるのではないんだけど。。。。。


「プロスポーツ選手は本当に、真剣勝負で、それに命を掛けてるな」と。


僕らがかなり安っぽく見える(爆)。


* * *


本としては、文章も美しいわけでもなし、表現も臭いところがある。


すべてが全くの真実か?表現によって本意が伝わってないのかもしれない


部分はあるかもしれない。当然、書物ビジネスとしてあるわけで。


しかし、


文学的なものとは違うインパクトがあった本だった。






WBC

テーマ:

来年のWBCに、NYYの松井秀喜選手が出られない。


僕個人としては、日本最強の布陣で臨んでほしかった。


間違いなく4番は松井。


個人的見解(怪我関係なし)


1.イチロー ライト

2.松井   ショート

3.小笠原  ファースト

4.松井秀  レフト

5.新井   DH

6.城島   キャッチャー

7.福留   センター

8.西岡   サード

9.川崎   セカンド


先発

 松坂

 ダルビッシュ

 岸

 


中継ぎ

 岩瀬

 川上


 藤川


メジャーが半分や。野手は。。w


* * *


中日ドラゴンズの中村選手。FA宣言で楽天ですか?・・・・


落合監督の評価が下がり気味だとはいえ、


中日に拾ってもらったのに、FAで移籍かぁ。


っまあ、勝負の世界だから仕方ないか。。。。。。


でも個人的には、アヤツは好きになれん。


* * *


しかし、石川遼選手。。。。


すごいな。もう感心を通り越している。


シーズンオフになっているPGAからの選手とはいえ、


その中で競い合い2位ですか。


17歳で、、、、1億稼いで。。。あパナソニックとトヨタとANAと。。。


契約金で何ぼもらってるんやろか?w


* * *


先週末は、雨の中、次女のテニストーナメント。


一回戦は無難にかったが、雨で今週末に二回戦以降持ち越し。


二回戦は、この前あたった京都の子。


ミスしなけりゃ、6-2でかてると思う。


ミスすりゃ2-6やな。


retire

テーマ:

NPB クライマックスシリーズで阪神が中日に負けた。


夏までは巨人の戦力が故障者で落ちていたのも原因であったが


独走状態。


しかし


13ゲーム差あったのに、あれよあれよと追いつかれ、


結局ペナントを失った。


確かに、阪神は弱くはないが、以前に比べて強くはない感じはする。


赤星、金本、矢野にいかに打たさないかさえ考えていれば


かなりの率でどの球団も勝っている。


また、数年前までは、絶対的なストレートをもっていた


藤川投手も、今年、TVで見てて、


「今までなら空振り取れていたのにバットにあてられてるなぁ」


状態で、やはり打たれることがちょくちょくあった。


クライマックス最終戦9回にウッズ選手に打たれたのは


いかにも象徴的だった。


とにかく今年の藤川投手は


「抑えてはいたけど、三振をとってガッツポーズじゃなく


、外野フライで討ち取った」というのが印象。


昨今のプロ野球、技術、情報も10年前とは違いレベルが高く、連覇など


なかなか難しい。


* * *


やはり、絶対的な四番とエースが必要。そう簡単には育たない。


これこそ補強すべきと、楽天野村監督の著書に書いてあるが、


本当にそう思う。


「金で野球する」と揶揄している輩もいたが、資本主義、競争原理の中では


当たり前の話だな。


ここ最近の阪神の補強も、野村監督が阪神上層部に「巨人の補強を


見習え」といった賜物らしい。


生え抜き生え抜きと拘るの輩もいたけど、強くする気がないという


裏づけにも、、、悲しいかな、、、、なってたな。


最も、ちょっと前の巨人の補強は補強ではなかった。


もっともっとどの球団も金と知力を掛けて野球を面白くしてほしい。


* * *


そんななか、阪神岡田監督が責任をとって退任。


ま、そりゃそうかもしれん。


一見、あのヒトは、監督としての能力がなさそうだし、なにより試合中


の挙動が、、、


そう思っている阪神ファンも多いと思うw。


藤山カンミに見えるのは僕だけではないはず。


2軍監督時代に築き上げた若手との信頼関係はよく言われているが、


関本選手や引っ張り上げてくれ使ってくれた選手はそう発言


するのは当たり前であって、最近出てきた若手選手は相対的に見ると


残念ながら活躍しているとは言い難い。。。。。


やはり今の阪神の強さは、野村監督が一石を投じた賜物だと思う。


星野監督は、引っ張る力はあると思うが、育てる、戦略等


が弱いように見える。


岡田監督は一体なんだったのか。。。。


以前、Charのライブ(Char氏は江戸っ子なのに阪神ファン!)で、


「岡田ぁ。。。。。あいつよーわからんわぁ」と言ってたが、


結構的を得てた発言だと思ったw。


「彼の本当の力」。。。それが明確に見えないまま


引退です。


お疲れ様。


来年から真弓が監督になりそう。


知的に見えるがどうなのか。。。。。。。


やはり中長期的展望が読める参謀が鍵かな。


祝 巨人優勝

テーマ:

巨人が優勝した。


ファンとしては嬉しい。


今年の巨人、投手力、打撃ともに


戦力は十分だが、序盤の故障者続出で


苦戦。ただ、オールスター後、メンバーが


そろうと、猛烈な追い上げ。


阪神もドン臭い試合が多かったが、


それでも13ゲームひっくり返したのは凄いな。


MVPは間違いなくラミレス。


体軸の動かないあの打撃。凄いの一言。


若手、走れる選手の台頭も大きい。


ただ、今日のヤクルト戦、捕手の阿部がケガがちょっと気になる。


さ、クライマックスシリーズ。阪神か、中日。


どちらが嫌かといえば、間違いなく中日が怖い。


トラがんばれ!w


Traditional Battle

テーマ:

甲子園球場



少し前まで、ハンカチ王子(笑)が活躍してた場所。以前は僕もここを夢見て。。。夢はてました。


ちなみに甲子園グランドデビューもしてるんですけどね。@Eaglesのライブにて(笑)


ま、それはさておき、阪神が数年前に優勝してから、チケットの販売方法がネットのみになり、同時にジャイアンツも弱くなってきたのであまり見に行かなくなったなぁ。。


ほんの数年前までは、年間6試合は見に行っていたのに。


僕が阪神巨人戦を見に行くと、約7割は巨人がかってるんよねぇ。。また、負ける試合も面白い試合。



例えば


・新庄が延長戦、槙原の敬遠を打ってサヨナラ負け

・ガルベスが審判にボールなげつけ事件にてボロボロ

・清原のホームランをツーベス判定


と、いろいろ事件がおきました。


また、松井選手は結局僕が見に行く甲子園ではHRをうってくれませんでした(爆)。あんなにうってるのに。


あと桑田投手の100勝目も甲子園。村田捕手の藪から逆転3ランと心に残る一戦ばかり。


今日は、会社の同僚たちと阪神側にて応援。ま、猛烈に応援しにいくのではなく、野球のコアな部分をみるのが好きなので、応援するけど、野球を見るって方が強いかなぁ。僕の場合。。。


ごめんなぁ。。。。今日はGの完勝や。3-0だったけど、4回終わってグローバーの投球みてたら、「ああ、、、今日は普通にいけばかちやなぁ」と。


ストレートがとにかく低めにきてたし、縦のスライダーがいい低さにずっと落ちてたし、あっという間に打者を2ストライクノーボールに追い込むことが多かった。こりゃ、勝ちますよ。


ただ、攻撃がチャンス2回ほどあったのに、あそこで点取れないのが、今のGの弱い原因かも。阪神井川投手も踏ん張っていたが、高めにうく、チェンジアップの数も少ない(ストレートがあまりいいところに決まらないので、チェンジアップもなげにくかったのかな)。


しかし、ジャイアンツもメンバーが大分変わってきた。脇谷選手、鈴木選手、矢野選手の若手とコンパクトベースボール。い選手と高橋選手、小久保の長距離打者、それに二岡選手と、野手レベルはいいんだけどなぁ。攻撃陣のバリエーションは、阪神のそれより上だな。


阪神は、赤星をどんなシチュエーションで出すか出さないかで、がらっと変わるのは言うまでもなく、後は、金本選手には、インコース、アウトコースの速いストレートで押せる投球をしておけば大量失点はあまりしないはず。その他の選手も、怖さというレベルでは、ここ数年2回リーグ制覇しているチームとしては寂しい感じ。


まあ、とにかく阪神にしろ、巨人にしろもっと強くないとプロ野球がもりあがらんな。


ガンバレ!巨人に阪神!



Baseball in the future......

テーマ:

Japan national baseball team raised and climbed to first Champion of WBC beaten Cuba .


ということで、まあ、初代チャンプになったわけだが、今回のWBCにおける日本の活躍で、日本のメディアは「米国は野球を考え直している」という報道が多々あったが、ほんまかいなと疑心暗鬼。いろいろ確認してみた。


Newyork timesでは。。。

"should forever erase any idea that the United States has a monopoly on its national pastime."


もはや野球はアメリカだけのものって考えは永遠に消える。。。
そこまでいうか。本心じゃないな。flatteryに思えて仕方ないが。


MLB.comでは、よーけ記事があったが、印象的なところを。。

"Power is fine. Power is fun. But you'd better have more than power if you hope to succeed in this competition."


"Is this just another embarrassment waiting to happen for U.S. baseball? Not necessarily. American baseball may be moving back to its better self. after a shift in emphasis to pitching and defense, should offer a push in that direction.the fact that a suitably rigorous anti-steroids program is in place will also serve to take the game away from the obsession with the homer, the tater, the dinger, and, of course the round-tripper. "


この考え方は、アンチステロイドプログラムを確立するためにも役に立つ。。。ってちょっとちゃうやろ!って気もしたが:)
自ずと変化していくだろう!!!ピッチャーとディフェンス、それからスモールベースボールの考え方を非常に重要視している。2009年のWBCは相当本腰いれるんじゃないかなぁ。この文言のくだりに2005年のCHICAGO WHITESOXの成功例を挙げていたし。。。。


いや、確かにホームランや、打ちまくる野球ってのは、スケールがでかいしすごい。が、よく言われますが、ゴルフでいうドライバーでばっかりうちまくるオヴァカなゴルフと同じで。。。w


何事にもバランスが大事。一番から9番までいろんなタイプの選手がいると、投手としては本当しんどい。それに大体、投手が調子よければ、どんなにそのチームの主軸がすごかろうが、プロレベルではうてない。が、その投手を打ち崩すには、smart and sneakなプレーも絶対必要になってくる。そういう揺さぶりで巨大な投手を打ち崩す。。。。


この前のCUBA戦、勝てたのは、「9回川崎を背負っての西岡のセフティーバント」であのCUBAを打ち負かしたといっても過言ではない。イチローのタイムリーは、彼にとってはあのシチュエーション当たり前。西岡のポイントがすごい高いと思った。


ああいう野球をUnitedStatesにやられると、、、手も足もでないぞ。。。:)



GO JAPAN!!!! WBC

テーマ:

6-0日本完全勝利!


いやー、久々に熱くなった。野球で。高校の最後の試合(まさかの敗戦)、10/8巨人中日決戦、以来かな。

特に、高校の時は、今でも夢に出てくる。


高校時代、兵庫では上位32校(兵庫は高校は約150校)までに与えられるシード校になり、四番をつとめそれなりに自信もあり、せめてとは思っていたが、夏の予選、まさかの2回戦負け。あの試合いまでも思い出すと身震いし、涙が出てくる。それだけ悔しかった。大学への野球へのセレクションも2大学から誘いがあったが、野球付けの青春時代で、バーンアウト気味で結局野球での大学進学はせず。その代わり、大学入って、遊びまわったけどw


それくらいあの頃は必死だったなぁ。


それから、10年ほど前の巨人、中日での勝ったほうが優勝。あれはしびれたー。。。。。松井が6番うってたなぁ。


さて、今日の試合、勝つには勝ったが、日本序盤のミスが多すぎ。特に攻撃。走塁、バント、それから松中の打撃ボーンヘッド。前半苦労した原因。


しかし、上原はよかった。1,2回はホークが抜けていたが、それ以降完璧。ストレートのコントロールとホークのコントロール。上原自身打たれる気がしなかったと思う。


結局、あの回に一挙5点を取ったときは、本当、大喜びだった。ナイス福留!!!


韓国は、先発投手と、1~3番までは日本と同じレベルだったが、それ以降は、レベルに確かに差がある。それゆえ、負けは許されない試合だったな。


なんか、優勝した気分。。。。次はキューバ。。。。


Let's do battle against CUBA at Next final Game! Go ! Matsuzaka!