これからに向けて

テーマ:

今日は、夏の関西ジュニア兵庫県予選の本戦。シングルス、ダブルス共に出場。


夏の関西ジュニアにはほぼ出場確定のようだ。


シングルス


U14は16名で。


上位3名が抜き出ているが後は混戦。


4位までがシードであとはドローイング。


次女は、、、3シードのF原さんと(爆)。


彼女は、派手さはないが、とにかくミスしない。


それはNo1,No2を凌駕している気がする。


結果


0-6.


完敗。ただ、試合内容はまあまあ良かったんではないかと思う。


内容としてはラリーも続け振り回しもできていた。


6ゲーム中、3ゲームは何とか押し切れそうだったが、


「拾う」。


チャンスボールが来たところを、どうしても次女はたたきにいく癖が


まだある。


大体1ポイントで10~15のラリーをするが、結局次女がネット、サイドアウト。


特に、繋ぎのテニスにはめっぽう弱い(笑)。


彼女は、10球あったら9球は自分の思う球。

次女は、10球あったら7球は自分の思う球。


ここの差。


練習中でも、細かなミスにこだわり、それを修正するという


「意識」をもっと持たないと。


試合後、そのあたりをもっと意識するといっていた。


ダブルス


8組で本戦。


結果、6-4でBest4。


もともとダブルスはそう得意ではないが、


ペアとのリズムが最近合いだしたのでやってて楽しいらしい。


楽しいのが一番やな。


明日はダブルスの準決勝・決勝だ。


相手は、夏対戦して勝利したペア。


兵庫No1のダブルスを目指して頑張れ!


* * *


とにかく、5月、6月、7月、8月と重要な試合が続く。


「ミスの率を減らす」


「ボールの深さを追求する」


「ストロークの変化を追及する」


ボールスピード、スピン、フラット、サーブ、ストロークプレイヤーとしては


ある一線までいっているはず。ただ、そこにもっと確実性と、変化をつけられること


それが求められてきている。


4月からはクラブ年長。


多分、春以降は、某学院高校の練習にも顔を出すようになると思う。


体力、パワー、技術、精神力、全てをレベルアップしてください。


AD

おめでとう

テーマ:
大震災の中、復興にむけていろいろ頑張っていると思うが、

まずは選抜高校野球

* * *

兵庫代表の加古川北高校が、所詮突破!

おめでとう!

相手金沢高校の右腕は150kmを超える本格派であったが、

僕の見ている限り球速ほどそう速く見えないのでいけるんじゃないか?

と思っていた。

加古川北のエースのほうがかなりクレバー。

スローカーブ、シンカー(チェンジアップかな)そして130km後半のストレートを見せ球にうまくうちとっていた。

危なげない。夏向きの投手。

とにかく元ライバル校の甲子園出場、そして勝利と、少しうらやましい。


* * *

変わって全国選抜高校テニス。

近畿No1は、次女が通っているクラブがサポートしている相生学院。

今はまだ男子しかないが、今年から女子部ができる。(来年、次女はここに進学する予定らしい)

男子の面々は、ジュニアデビスのナショナルチームメンバーであったり全日本に顔を出すメンバーだったり、それは豪勢なメンバー。

強豪チームをものともせず、完勝で全国選抜V!!!

おめでとう!

女子は今年から。メンバーは関西レベルの上位の選手が数名集まっているが、高校に入ってさらにステップアップし、目指すは全国制覇でしょ!

次女もそれに力になれるように、今年中学3年ではあるが、目標をそこに持って日々にトレーニングをしてくれ。

* * *

しかし、巨人のオーナーはなにかんがえてんだかわからん。

延期という話はべつにそこまでとは思うが、ナイターはこの震災のおり実施すべきではないというのがバカでもわかると思うんだが。

阪神タイガース、プロ野球選手会長新井選手の頑張りでなんとか延期にはなったが。

ったく。
AD

常識と環境

テーマ:

東北震災から1週間。


いろいろあるなぁ。


ともかく、復興に向けて頑張っている人たちの邪魔をしないようにすることが一番。


関東では買いだめが問題になっているが、


「なんでそんなことすんねん?」と思う反面、


もし自分以外の周りの人が、買いだめしてたら果たして自分はどうするだろうかと思った。


環境や状況で人間の行動はどうにでもなるんやなと。


あと、福島原発の問題。とにかく何とか頑張ってください。


自衛隊、消防、警察の方々、よろしくお願いします。


* * *


震災報道が各局民放、ドキュメンタリーチックに編集しすぎて、見る気がうせる。


本当に必要な情報をリアルタイムに流して欲しいな。


津波で破壊される街の映像はもうええやろ。


誰かが救われたとかの映像を無駄に時間さくなら、もっと違うことに時間つかえないのか?


嬉しいことではあるが、それをみて感動はする、させる、それは傍観者の単なる欲に見えてきて仕方ない。


東北福祉大学ゴルフ部の選手に対して、マスターズ出場を辞退しろという話があると新聞に載っていた。


「まじで!?!?!」


それどころじゃないということも分からなくはないが、彼にとってどれほど大きなことなのか。


同じく、選抜高校野球の東北高校、これは出場。


彼らは、親の死に目よりも野球なはず。辞退なんてしなくて良い!


我が娘がテニスに真剣になっているが、仮に僕の死に目があったとしても、試合があるならば、それを優先させる。


それくらい真剣勝負をしているんだろうと思う。


復興なんて、大人に任せとけ!


* * *


ということで、とり貯めていた映画を3本みた。



「District 9」


以前、LAに住むご年配の女性ゴルファーがブログで紹介していた映画。


エイリアンが地球に住み着き、対峙する人間世界との微妙なバランス加減を表現している。


南アフリカという設定だが、ひどい人種差別があったこの土地で、エイリアンと人間の差別を彷彿させる。


以外に面白かった。


「Hurt Locker」


アカデミー作品です。


イラクで爆弾処理をする兵士の苦悩と願望を押し殺す異様な様を描いていた。これは非常に重い作品だった。


ハリウッド映画じゃない米国映画は好きです。


「The Blind Side」


これもアカデミー作品。


サンドラ・ブロック主演で、実際にあった話。養子?とした黒人少年が幸せを掴み


プロフットボール選手になるというストーリー。


これは本当に良かった。「Pursuit of Happiness」 の雰囲気に近かった。


いい映画だった。


* * *


人間、環境だなぁと思い知らされた。


AD

力をあわせて

テーマ:

久々の更新とおもったら、




東北でとんでもない事に。




被災された方々にはお見舞い申し上げます。




僕らは祈ることと、義援金でサポートすることしかできない。




自衛隊、警察、消防、そして政府の方々の懸命な活動をお願いします。




* * *




こんな中ではあったが、夏の関西・全日本選手権の予選が始まった。




テニスが出来ることを幸せに思いながら。




君たちは精一杯テニスを頑張ってくれという気持ち。




第五ブロック上シード。




予選は勝ちあがって本戦。




いずれのゲームも調子があまりよくないわりには、上手い試合運びをしていた。




さて、本戦にむけて課題がある。




やはり、ボールを精確にヒットする率が若干悪い。




これは気持ちが大きく左右される部分ではあると思う。




練習の中で、いかに自分にプレッシャーを掛けながら練習しているかが勝負。






今後のレベルアップには欠かせないこと。




明日はダブルス。これも本戦にいけるようにがんばれ




3月末の本戦、がんばってくれ。



***

ダブルスも本戦確定。単複、関西選手権にいけそうかな。