兵庫県ジュニア選手権 本戦

テーマ:

14歳以下本戦。240名の予選を勝ち上がった16名でトーナメント。


夏の関西ジュニアに向けての戦い。


であるが、兵庫の14歳以下は参加人数も多く、レベルも高いために


兵庫の関西に出場できる枠が12名ある。


かつ20位以内に


6名ほど入っているので、実質18名ほどの選手が出られる。


(関西全参加人数は64名。まあ、それでも出場権を得るのは大変)


本戦は全員関西にいける模様。あくまで模様(w)


* * *


会場でドロー抽選。


どの相手も強いのは当然(笑)。


相手は14歳以下30位以内の選手。


昔は娘が試合しても話にならなかった。


* * *


1ゲーム目、かなりラリーが続き、デュース。


アドバンテージまで行ったが、ネット、アウトで落とす。


そこから、以前の調子の悪い、相手に合わせる悪い癖で


ミスが増えだす。


ラリーを見ていると良いラリーの試合だが、


次女は、一杯一杯。相手も必死ではあるがその中に


「余裕」がある感じ。


厳しいボールにも巧く「いなして」いる。


だんだん追い込まれる典型的。


あれだけ少なかったダブルフォルトも多くなった。


こうなれば、歯止めが難しい。


ずるずる。


5,6ゲームのどちらか忘れたが、少し持ち直したが


それでも、自分が先にミス。


やはり上位の子は、違う。


結局0-6


* * *


しかし、以前はまったく相手にならなかったが


今日の試合見ていても、


勝負が出来ていた。


ストロークなどは一部相手を上回っているところもあり


あとは、イレギュラーするバウンドへの対応や、集中力が


切れかけたときに


如何に粘るか。


それが今後もっと重要になる。


夏までに、もっと体を大きくしてパワーアップ。


そして、頭をクールにし、


技術向上すれば、あの中(年上)でも十分できるだろう。


とりあえず、お疲れ様です。


今年の関西まではこのカテゴリーを相手しなければならない。


その後の夏(盆)の公式戦は、自分たちが上。


それでも油断やつまらないことするとあっという間にひっくり返される。


気合ですな。



AD

兵庫県ジュニア選手権

テーマ:

14U女子に上がり二度目の公式戦。


* * *


ウインターでは、5-1からバカバカ打ち込んでまけ、


2月のローカル戦でも同じような敗戦。


その後のローカル戦では、相当コーチに叱られたのが利いたのか、


80%のスイングでプレイするようになった。


この春の公式戦は、夏の関西/全日本につながる一番大きな試合。


* * *


2Rから。


6-0.


サーブもスライスを多めのサーブに切り替えて、


最近は練習しているので、ダブルフォルトが無い。


常にゲームをコントロールし勝利。


3R。


園D学園のメンバー。


サーブの精度もよくダブルフォルトも1回。


ストロークも粘り強く先にミスはせず。


途中打ち込みでカウンターを食らったが


スライスでかわして


6-1.


SF


夙K学園のメンバー


ストロークは安定し左右に振るテニスができていた。


途中ジャッジでもめていたが、3発中2発は明確なアウト


に見えた。


つなぎと攻撃を巧くあわせ


6-2.


F


某クラブチームのパワフルなシードと。


まあ、10中89負けるカナと思っていた。


リターンエースが結構決まり


出だしから2-0リードとなり、


あれ??w


相手の子は、ちょっと足を怪我しているのかな?


動きが悪いように見える。


流石、パワーはすごい。


が、ミスが多かった。


フラットで決められた時は取れないが、


それ以外の球はしっかり打てており、意外と相手もてこずってた。


良いスピンだ。


あと、天然ミスショットがラッキーもあった。


3-1

3-2

4-2

4-3

5-3

5-4

6-4


で、、、勝利。


ビックリです。


14Uでは、年下でノーシード。


調子は大分上向きで安定してきたが、


まさかブロックで上がるとは。



参りました。


でももう一回やったら負けるやろな。


* * *


ただ、練習だけはまじめにしている。


終った後の筋トレも。


アイシングとストレッチ。


練習は嘘つかない。


調子が悪いときもあれば良いときもある。


調子が悪いときが随分ながかったが


あきらめずに努力したことが報われたカナ。


本当に、


練習は嘘はつかない。


と思う。


コーチも


「最近の調子やボールの質はかなり良くなったので


いやいや、フロックなんかじゃない。


運だけでシードに勝てない」


と。これからもっと鍛えますと頼りにしています。




だけど、次女は今の上位選手に比べて


へた。


でも努力は自由!


さあ、本戦でも頑張ってください。




Let's take pleasure !

AD

アカデミー賞にておもう

テーマ:
映画。

そうマニアックではないがそれなりに見る。

先日見たアバターは非常によかったが

アメリカ映画ではハリウッドより

アメリカ社会風刺した映画がいい。

そういう意味では「HURT LOCKER」は興味ある。

アカデミー賞をみていると

ザ・コーヴというのが受賞していた。

白人思想主義な考えでもあるが、

伝統、文化という日本のイルカ漁思想もどうかとおもう。

イルカたべる?

食べない。

まあ個人見解だが

あまりに知能が高い動物はは人間として

生きていく上で殺生は気がひける。

まあ難しい問題。

時同じくして

捕鯨反対でシーシェパードが話題に。

鯨、たべる?

食べない。いや食べていたが。学校給食で。

捕鯨必要ある?

とはいえシーシェパードの行動はやりすぎだし、

なんで旗がドクロに黒字?

パイレーツか?

バットマンみたいな船が必要?

マグロにしても禁輸だとか。

日本叩きもあるんかな。

トヨタの問題しかり。

なにが基準かでいつももめるが、

命にかかわらない事項なら

マジョリティにしたがうべきだとおもう。
文化を大事にするってのをスケープゴートにすべきではない。
AD

観た

テーマ:

AVATAR


ワーナーマイカルのナイトショーで。


ストーリー的に


無謀、強引な人間と戦うといった


パターンだったが、非常に面白かった。


想像、技術は本当にすごい。


あの想像力は、流石米国映画だと関心した。


ただ、3D。。。。


以前から3Dはあるが、どれも違和感があった。


浮き上がって見えるが、所詮Realityに欠ける為


目がすごく疲れる。


このAVATARも以前のよりは技術進歩していたが


やはり目がかなり疲れた。


どうせなら、高画質にもっとこだわってもらうほうが


いい。


3DTVが話題になっているが、実際に目の前にないもの


を映像として見せようとしてもそれは無理があると思う。


目新しさのみにこだわるなら購入するが、あれでずっと


見たいと思わない。


* * *


映画の予告で


District 9


の日本公開が宣伝されていた。


以前、某米国在住ブロガーの紹介で米国版TRAILER


を観たときに面白そうだったので心待ちにしていた。


観るぞ。





雑感

テーマ:
さて、2週間ご無沙汰。

近況をメモ

* * *

肘。

相変わらずの痛み。

激痛とまではいかないが、日常生活を

するうえでは特に問題ないのが厄介。

ただ、日ごろのちょっとした動きで、

「痛い!」

となることもあり、良く分からない状態。

しかし、随分ゴルフの練習をしていない。

しなくても、気持ちは、大丈夫になってきた(笑)。

まあ、気持ちも、体の状態もよろしくないので、

無理にすることはない。

* * *

宮里藍選手が開幕2連勝。

やりますねぇ。

気持ちや考え方がSmartとであり

この辺りは石川遼選手と同じだ。

結局のところ、何にでも誠実にやっている

ものが一番だということが証明されている。

* * *

随分、次女のテニスの事は書き留めてないが、

相変わらずのテニス馬鹿ぶりで、

よく練習している。日曜も練習会に出ている事が

あるので、月曜~日曜までテニス。。。。。

練習後の筋力トレーニングも欠かしていない。

今は体幹が少し弱いのですが、ここが課題。

背丈は、いつの間にやら母親の身長を抜かしている。

156cm。

やはり今のグレード(14歳以下)では

次女は13歳(年下)であり、体格のいい子がどうしても、

強い。(例外もいるが。13歳でもしっかりしている子は

やはり強い)

今年の夏に160cm、48kgくらいになると

大分変わってくる感じだと思う。

クラブメンバーの上級生も見ていると結局身長が伸びたときに

実力が上がっている。(それだけではないが)

とにかくレベルは上がっており、後は頭と心の問題。

この前のローカル戦でも、同じレベルの子と試合。

パワーテニスを展開し、相手はベースラインより

下がり、返すテニス。

調子にのり、打ちこみ、打ちこみ、フィニッシュ。。でミス。

フィニッシュで厳しいところ狙ってアウトだったり。

負け。テニスで勝って勝負で負けた典型的パターン。

負けはいつもこれ。

「100%のパワーを使い切るテニスを教えてないのに、

お前はなんで全開でうつんや?」とコーチ。


その反省で、先週のローカル戦では、同等レベルの子と

あたり、今度はしっかりラリー。

80%の力でラリーをする意識。

体も動くし、頭も動く。ストロークやサーブの方向にも

意識をしているのが分かる。

不思議なものです。

勝ち。

さて3月中旬の兵庫県選手権。

先日ドローが発表されたが、一回戦は問題ないかな。。。。。

二回戦、は園田学園メンバー、三回戦夙川学園メンバーとあたる。

過去に両名とも試合した事があり、勝利はしているが、

実力伯仲。楽しみですな。

両校ともテニス名門です。兵庫は園田、夙川があるため、

近畿のTOP選手がこぞって入ってくる。

良く考えたら、大変よな。。。兵庫。

まあ、今のU14グレードは年下であるため、

ナカナカ上位に行くのは困難であるが、

がんばってくれ。

所詮中学までは、子供の競技だ。

高校になってどうなるかが勝負だと思う。