2009 Glof club spec

テーマ:
SHAFT LOFT LENGTH LIE BALANCE
1W BRIDGESTONE TOURSTAGE X-DRIVE 705G Diamana Kai'li 70 X 9.5 46 59.5 D4
4W TAYLORMADE r7 ST 4 REAX70 S 16 43.5 60 D4
5W TAYLORMADE V-STEEL DG-LITE S300 18 43 60 D4
3 BRIDGESTONE X-BLADE CB DG X100 20 40 61 E1
4 BRIDGESTONE X-BLADE CB DG X100 23 40.5 61.5 E1
5 BRIDGESTONE X-BLADE CB DG X100 26 41 62 E1
6 BRIDGESTONE X-BLADE CB DG X100 30 41.5 62.5 E1
7 BRIDGESTONE X-BLADE CB DG X100 34 42 63 E1
8 BRIDGESTONE X-BLADE CB DG X100 38 42.5 63.5 E1
9 BRIDGESTONE X-BLADE CB DG X100 42 43 64 E1
PW BRIDGESTONE X-BLADE CB DG X100 46 43.5 64.5 E1
51 BRIDGESTONE X-WEDGE DG X100 51 44 65 E1
56 BRIDGESTONE X-WEDGE DG X100 56 44.5 65.5 E1
PT PING CRAZY-G
AD

2009 #01

テーマ:

ドライバー、アイアンも午前中はよかったが


午後、突然右に。


ただし、リシャフトしてからの方向性はやはりいい。


しかしもう少しスコアはよいかとおもっていたが。


後は自分の精度を上げるだけ。


ここは、さすがトーナメントコース。


フェアウェイが絞っているし


バンカー、左右の木が効いていて


ショットを迷わせる。


バンカーも多い。


で、(笑)


18番。。。。


ティーショットバンカー越え狙い。そう石川プロルート。


あたった。

 

石川プロを20yほどアウトドライブ



Move on to next door


Move on to next door

でもチャンピオンティーからではないですが。私は(爆)


ちょうどFW真ん中の木の脇まで飛んでいて、


石川プロと同じ方向で160yグリーンセンター。


軽くシャンクしました(爆)


<>" width="90%">16.7%
ラウンド日 2009/02/20
ゴルフ場名称 ABCゴルフ倶楽部
コース OUT/IN
ティー Back
グリーン ベント
コースレート 71.3
天気

スコアカード
コース:OUT
HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Front 9
YARD 404 420 191 550 336 530 351 171 396 3349
HDCP 9 3 11 1 13 5 17 15 7
PAR 4 4 3 5 4 5 4 3 4 36
スコア 5 5 4 6 5 6 5 3 5 44
パット 2 3 2 3 2 2 2 2 3 21
フェアウェイ × × × × × 2/7
バンカー × × × 3/9
OB 0/9
ペナルティ 0/9

コース:IN
HOLE 10 11 12 13 14 15 16 17 18 Back 9 TOTAL
YARD 401 432 178 340 389 507 184 413 516 3360 6709
HDCP 8 2 14 18 10 4 16 6 12
PAR 4 4 3 4 4 5 3 4 5 36 72
スコア 5 7 3 4 5 6 4 6 6 46 90
パット 2 2 2 2 2 2 2 2 2 18 39
フェアウェイ × × × 4/7 6/14
バンカー × × 2/9 5/18
OB 0/9 0/18
ペナルティ 0/9 0/18



 

AD

大混雑

テーマ:

昨日から、WBC(ワールドベースボールクラシック)日本代表の


合宿が宮崎で。


MLBで活躍中のイチロー、岩村、福留、松坂をはじめ


ダルビッシュ、田中、岩隈、岸、涌井。。。。


とにかく豪華なラインナップ。


ただ、間違いなく、松井秀喜がいないことが非常に残念で


あることは間違いない。


本戦まで少しの時間しかないが、


コレだけのメンバーを戦略的にどう戦うか、


妙なルールにどう対応するか


最終的には気持と一体感が重要な事は明確。


短期間でそれができるのか?


原監督は、Top Downとしてのメッセージ力は


ジャイアンツを見てても思うが


「意外」とある。


物を引っ張る、乗せる力は。。。。


星野監督はそれがないとみる。


彼はそれより、Topレベルでの繋がりで


政治力を使った組織作りが旨いが


こと部下を引っ張るという意味では少々強引かもしれない。


間違いなく、日本の投手陣はNo1のはず。


パワーピッチだけでもない、コントロールとsmartな配球


これは絶品である。


ただ、過去の国際試合を見る限り、これはサッカーも同じことがいえるが、


しびれるような試合で、そこを強烈に切り開くキャラクターがいない。


そう、大舞台にめっぽう強い、清原氏のような選手が。


* * *


大騒ぎといえば、LAで行われるPGAツアーに


石川プロが参戦。


日本人おば様が追っかけまくり、マスコミも同じく。。


そっとしてやれよという反面、やはり興味はあるのは仕方ない。


あれだけの器だから。


大舞台にめっぽう強い感じがする石川プロ。いきなりTop10に


はいったりして。。。。。



AD

不調?

テーマ:

今日は、地区のローカル試合。


調子がおかしい。


簡単なミス、スピン不足のボールでアウト


それを連発した。


1回戦6-1、2回戦6-2でとったが、


なんだかストロークがおかしく本来の調子じゃないなと思った。


ベスト8では、ランクが同じ子。


ちょっとした集中で勝てるしちょっとしたミスであっという間に負けるだろな。


と思ってたら、後者だった。。。。。


とにかく、最近の試合の中で最低の出来。


コンナに下手だったか?


1-2になってから、急にミスが連発。


1-3,1-4と開きだすともう修正効かないって感じだった。


* * *


そりゃ長い競技人生、こういうことは何度でもある。


自分の調子というものをどうキープするのか、


本当に難しいだろうとは思うが、


要はくやしいという気がどこまで本気なのか。


それが、次への活力になる。


いま、何となく、だれているような気がする。


今日は叱った。


「何度同じ事言ってきた?ボールを良く見てスピンを掛けろと


いわれてないか?


強くなりたいと思っているように思えない。


何のためにテニスをしている?」


テニスという競技を楽しむ=強くなることを目指している


は本人も自覚をしているはずだが。


親やコーチのためにするのではない。


日頃の練習での一球に対する集中力が掛けているなと


感じていた矢先だった。


もう中学になるので、自分が感じることが重要で


それがやらされているようじゃ、話にならんと思う。


小さい時は、親の制御、ある時は強制と、


その結果、本人の気づきで


段々ヤル気を向上させることは出来るし、それがサポートだと思う。


その後も、中学、高校と強制してやらせる事、それも強くなる


秘訣ではあると思う。


でもそれは限界がある。


今は本人の自覚を期待し、少し考えさせようと思う。



おやすみ

テーマ:

今日は祝日。


朝からダラダラと。


レンジに行って今日は


300球を打った。


56,52,PWを150球


8,6,4,を100球


ドライバーを50球


右脇をタイトにしたままテイクバック


また、アドレスの時には、スパインアングルと


お尻を少しだけ突き出すことを重点に


あと、某ブログで話題になっている、コック。


特に右のコックを横にする「意識」を持つことによって


トップ位置までの軌道がオンプレーンに意識できる。


またトップが自然に「肩」「肘」の間にシャフトプレーンが


入る感覚がする。


特にドライバーはそれがイメージしやすかった。


捕まりもよく、本当に調子がよかった。


アイアンも、今日は


フェード(ストレートテイクバック、ストレート)


ドロー(右ひじをつけたままインサイドテイクバック、インサイド~アウトサイドに)


を意識して打つと本当に打ち分けできた。


びっくり。


今日は、年に何回かあるうちの「絶好調」


だったんだろう。(爆)


* * *


また、アプローチは、最近チップばっかりやっている。


右足親指よりも外にボールを置き、


これまた右ひじを腹に付ける感覚で、小さなテイクバック


そのテイクバックの幅により距離を合わせる。


少しだけ(本当に少しだけ)ハンドファーストの意識があると


ほぼ、ダフリトップはなくなる。


ピッチ&ランは


テイクバックのスピード、切り返しのスピードを同じにすることを


意識するとフワっと上がる。(当たり前だが)


それもやっておいた。


ゴルフは、奥が深いというか、


Break Throughがあった時は、


「これでいける」


と思うが。大体は、元にもどるんよな。。。

アイアンリシャフト

テーマ:

今までとは違う。



Move on to next door



アドレスした上で、そのままスイングができる。


少し寝た感じでボールをヒットしても


今までより長い影響だと思うが、


フックがなくなった。


滅茶苦茶打ちやすい。チョキ


ちなみに


TP ダイナミックゴールド X100 


3Iで、40.0インチ ライ60 


バランス・・・・・・・・


E(爆)


確かにヘッドの重さはすごく感じやすい。



コレくらいの方が、打ちやすい。


まあ、バランスは重さではなく、


「バランス」だから。


想像してたよりハードではない。


むしろイージー。


コーチも、


「アドレスが自然でそのままあげているから


すごくシンプルに振れている」


と。


バランスE、長さ40.0って普通の人が


聞くと、「ばかじゃない」といいそうではあるが。


ま、一日目だからどう今後変わるかはわからんが、


すごく期待できる。



PGA Tour

テーマ:

Golf networkで、ビュイックインビテーショナルを。


タイガー不在というのは、ここまで影響があるのか?


というくらい、ギャラリーが少ない。


予選ラウンドというのもあるだろうが。。。。。


LA トレーパインで行われているが、


CA,FLはゴルファー天国であるとは思うのだが。。。。。。


今年は、石川プロが何試合が参戦予定であるが、


日本からの追っかけオバサンがいるんだろうなぁ。


この金融危機をものともせず。


デイヴィス・ラブ、ビジェガスの調子がいいようだが、


フィル・ミケルソンが去年にもましてシェイプアップされている気がする。


スイングもスムーズに見えるのは気のせいか?


* * *


もっぱら、6fの選手が気になる。


それもクラブレングス(笑)。


ラブなんかはやはり長いような感じ。


それでもそんなに滅茶苦茶長いわけでもなさそう。


ま40インチが妥当かな。


ということで、明日はクラブが戻ってくる&レッスン


ライは標準スペックより、2.0アップライトにしているため


なんとかあっていると思う。


とはいえ、素人が故に、トゥ側が接地することが多いが。


* * *


とにかく、早くクラブを触りたい。


どう変わるのか非常に楽しみ。


違和感バリバリだったらどうしよう(爆)






背景

テーマ:

一気に読みきってしまった。


男道


題名からして、ちょっとバタ臭いが


超一流のプレイヤーの話は面白かったし


ちょっと感動したとともに、自分自身の反省もした。


* * *


新の実力主義(プロスポーツはそうであろう)で生きてきた人間


の行動は、すべて裏づけがある。


と、改めて思った。


彼の行動や発言、時として


「?」

「なんでそこまで?」

「なんでそんな表現する」


があったが、やはりそうせざるをえない、


それが自分の信じるやり方であるということだ。


確かに、マスコミとプロ、Give and takeではあるが


ある種作られた「像」というものもあるし、


また、そうせざるをえない状況、背景、支えてくれる人・・・


簡単な言葉では表現できないほど大変だったんだと。


よく、TVなどで、復活ドキュメンタリー番組があるが、


彼のも見た。どことなく、彼の本質はそういうプログラムで


感じてはいたが、それでもメディアを通してみえる


彼が先行する。


彼は「小学生の坊主が王選手に猛烈にあこがれた野球バカ」


それだけである。


ぼく等の世代、町のチーム、地域の中学、地域の


高校、で野球やって4番をしてた人間、目指した人間は皆そういう輩であった。


そんな彼を(少なくとも僕より何千、万、いやそれ以上野球に情熱


を注ぎ、練習した彼)、


一般市民で、企業とはいえ真の実力社会でない社会で


生活している人間が、彼の行動を批評するなど


おこがましいと思った。個人的にではあるが。反省である。


* * *


PL学園~西武~巨人~オリックス


と自分の考える道を突き進むしかなかった。


あの超一流でさえ苦しい。


「天国の11年、地獄の13年」


桑田選手と双璧の超一流に共通していること


「猛烈なこだわり」


これが凄いんだと思う。


まったく違うタイプではあるが。。。。


あの2人。


* * *


去年、2人とも引退してしまったが、


彼等が引退というのは本当に寂しかった。


同じ歳であるし、社会からの一線はどうもがいても


退く時期があるのだなと。新旧交代というのか。。。。。。


僕は、3名の野球選手の引退で心が動揺した。


1人は言われもなく、王選手。


彼が引退するときは、本当に「もう野球みる楽しさがなくなったなぁ」


とまじでトイレで泣いた。それくらい好きだった。



2人目は、原選手(元巨人監督)


かれは、どことなく頼りない4番だった(王、長嶋と比べてである)が


やはり一番僕が野球に集中し、練習し、かつ家に帰って巨人の試合を


みて、原をよく研究したし、打たなかった時は腹をたてたし。。。


彼の引退試合、試合中は特別な意識はなかったが、


セレモニーで原選手が涙をボロボロ流しているのを見たら


こっちまでボロボロになった。特に泣いているのではなく、


涙が出たことを思い出す。やはり一番身近な?というか


腹がたっても原選手に注目し見てたんだなと。。。


3人目は清原選手。


引退試合でもジンとはきたが、それより


2008年の神戸大学病院での膝手術からの復帰にかけるTVを観た時。


これにも、原選手が引退した時に涙流した感覚に


近い涙がでた。泣いてるのではないんだけど。。。。。


「プロスポーツ選手は本当に、真剣勝負で、それに命を掛けてるな」と。


僕らがかなり安っぽく見える(爆)。


* * *


本としては、文章も美しいわけでもなし、表現も臭いところがある。


すべてが全くの真実か?表現によって本意が伝わってないのかもしれない


部分はあるかもしれない。当然、書物ビジネスとしてあるわけで。


しかし、


文学的なものとは違うインパクトがあった本だった。






購入

テーマ:

昨年、オリックスを退団した清原選手の本


「男道」を購入。


彼の行動は絶賛できる所と、疑問な所が確かにあったが、


少なくとも同い年で、僕も高校で野球に死力を尽くし


隣の県(府)でとどろいてた名前を見ては


次元が違いすぎ、異次元の存在ではあったが、


王選手に絶大な憧れを抱いたという意味では(強引やな(笑))


野球へのmotivationは同じだし、この本は気になっていた。


まだ、少ししか読めてないが、


「あの頃」の感覚が微妙によみがえります。


* * *


iPod用に、これを購入。


SHURE SE210


以前はSHURE E2Cを使っていたが


なんだか気になって買ってしまった。


SE210は、高音周り(Presence)が綺麗に聞こえるが、


Acousticや、シンプルにRecordingされているロックは


マッチしている。しかし音を重ねているものが多いと、


全部の音を綺麗にひっぱり出そうとするので


すごく耳障り。ちょっと失敗したきがするが、


まあ、それでもいい音ではある。


E2Cよりも筐体がコンパクトになっている分かもしれないが


低音の弱さがある。


* * *


さっきゴルフショップから連絡があり、


シャフトスペックを3I:40inchにすると連絡あり。


長かったとしても、短く持てる、もしくはカットできる


のでそのほうがいいのでは?と


ということで、


ダイナミックゴールド X100 40.0 から.5ステップで。


グリップはベルベットラバー 58の二重巻きバックライン


今回のチューンナップはある意味すごく楽しみ。


今までにない、Break throughがあるかもw


根拠のナイコトヲ・・・・




anyway

テーマ:

以前、ショップでカスタマイズしたが、


スイングの変化とともに、クラブも変更が必要である(w)


アドレスから始動における体の動き。


背が高い分、アドレス時に前傾姿勢が強めに出る事があり


スイングが一定しない一因である。


いやいや、自分が悪いのだが。


今の自分のスイングは、


右脇を閉めたままのスイングを意識する


少しフラット気味のトップを意識する

(とはいっても、普通よりもアップライトには見える)


これを意識すると前傾が強くなることが判明。


特に、ショットの調子が悪くなると顕著。


と、いうことで


3Iのスペック


現在   :39.0インチ

リシャフト:39.75インチ


標準より1.75インチ伸ばした形になる。


ちなみにこんなページ が。


右にコメントが書いてあるが


「上級者ほど、カスタマイズの効果はでる」


・・・・・・・・


果たして。w


今月は、なんとABCゴルフ倶楽部でプレー予定。


そう、あの石川プロが優勝したコースです。


男子ツアートーナメントコースでプレイするのは、


東児が丘、太平洋六甲、につづき3コース目。


楽しみ。。。。。