いろいろ

テーマ:

さっき、ゴルフのレッスンしてもらった。

アイアンはだいぶ元に戻ってきた。


今の問題児である、ドラは、、、自分が思っているよりも、左腕が抜けていることが判明。


ハーフスイングで左ひじをとめて100yうつ練習を100発した。


で、普通にうって見たら、さっきまでのスイングがおかしいことに気が付いた。



なんでこーなるんや、基、なってしまったんや!! パンチ!


今までの悩みがうそのように、、、、、、、 明日になったらまたわからんぞw 怖い怖い。



今週終わるとGW!!!


皆様はなにをする予定ですか?


楽しみですよねー。ドキドキ


初日は参観日

次の日はBBQ



1日:岡山日本原CC

2日:青野運動公園CC

3日:兵庫太平洋クラブ六甲CC

あとは、ドコかで神戸にお買い物?・・・・・らしい。w


特に1,3日のコースは手ごわい。太平洋クラブは三菱が開催されていたコース。身の程知らずとでもいいましょうか。。。。w 2日の青野は、子供が競技に出たコース。ボランティアしたらなんとタダ券もらったのでいってきます。



I will pray for my golf that I hope it will be going well ...... God bless me.



AD

低弾道ロースピン

テーマ:

今日は、親父、嫁とラウンド。

相変わらずの調子。いいショットと悪いショットの差が激しすぎる。。。。。


いや、今日は、いいショットなかった。NG


出だし2ホールでパーチャンスを逃し、ショートで、トリ、13の短いロングで、引っ掛けOBのトリドクロ

この時点で、+8。。。。むかっむかっむかっ


シャフトが寝ぎみで入る感覚があったので、もっとヘッドを効かそうとしたら、14番~17番までは比較的安定した。この4ホールは+1。18番は、+1


最近練習に取り入れている、「省エネスイング」で、かるーく打つ練習ばっかりしているんですが、それを今日は徹底的に試してみた。練習場では、凄く安定した球がでるが、やはりまだ体がなれていないというか、違和感は実際にある。


午後出だしでパー。セカンドも51度でピンハイのバーディのがし。そこから、今日はショットがさらに乱れだしたなぁ。


ドライバーは「低弾道ロースピン+右」

アイアンは「高弾道左チョイ引っ掛け」


ショートでロングパットはのこるはバンカーに放り込むは、ティーショットはハーフトップで右右にいくし。


疲れた。。。。。


しかし、播磨CC、いいスコア出したことない。大体のホールがお盆になってて打ち下ろしセカンド打ち上げ。そうじゃないところは細いドッグレッグ。ここ苦手意識があるなぁぁ。。。。


嫁は、ドラ、セカンドは安定しだした。が、アプローチとパターがどうにも。62/68/130.でも今日は、3オン、2オンが何度かあり、アプとパットなおせばすぐ100って感じになってきたなぁ。


ま、がんばれ。


ラウンド日 2006/04/21
ゴルフ場名称 播磨カントリー倶楽部
コース IN/OUT
ティー レギュラー
グリーン ベント
コースレート 70.6
天気

スコアカード
コース:IN
HOLE 10 11 12 13 14 15 16 17 18 Front 9
YARD 350 515 166 470 357 399 336 133 379 3105
HDCP 10 4 16 6 14 2 12 18 8
PAR 4 5 3 5 4 4 4 3 4 36
スコア 5 6 6 8 4 5 4 3 5 46
パット 2 3 2 2 2 2 2 2 2 19
フェアウェイ × × × 4/7
バンカー
OB 0/9
ペナルティ × 1/9

コース:OUT
HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Back 9 TOTAL
YARD 400 353 223 383 393 565 178 492 359 3346 6451
HDCP 7 15 13 11 3 1 17 5 9
PAR 4 4 3 4 4 5 3 5 4 36 72
スコア 4 5 4 6 7 7 4 6 6 49 95
パット 2 3 2 2 2 2 2 2 2 19 38
フェアウェイ × × × 4/7 8/14
バンカー
OB × × 2/9 2/18
ペナルティ × 1/9 2/18

スタッツ
ストローク分析 PAR 3 PAR 4 PAR 5 TOTAL RANK
平均スコア 4.250 5.100 6.750 ☆☆
イーグル- 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
バーディー 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
パー 25.0% 30.0% 0.0% 22.2%
ボギー 50.0% 40.0% 50.0% 44.4%
ダブルボギー 0.0% 20.0% 25.0% 16.7%
トリプルボギー+ 25.0% 10.0% 25.0% 16.7%

オン率/セーブ率分析 PAR 3 PAR 4 PAR 5 TOTAL RANK
パーオン率 25.0% 40.0% 25.0% 33.3%
ボギーオン率 75.0% 70.0% 50.0% 66.7%
パーセーブ率 25.0% 30.0% 0.0% 22.2% ☆☆
ボギーセーブ率 75.0% 70.0% 50.0% 66.7%
フェアウェイキープ率 60.0% 50.0% 57.1% ☆☆☆☆
平均スコア キープ 4.833 6.000 5.125
非キープ 5.500 7.500 6.167
バンカーパーセーブ率
バンカーボギーセーブ率

パット分析 PAR 3 PAR 4 PAR 5 TOTAL RANK
平均パット 2.000 2.200 2.250 2.167
0パット 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
1パット 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
2パット 100.0% 80.0% 75.0% 83.3%
+パット 0.0% 20.0% 25.0% 16.7%
パーオン時平均 2.000 2.500 3.000 2.500
ボギーオン時平均 2.000 2.000 2.000 2.000

ストローク分析
バーディー-
0.0%
パー
22.2%
ボギー
44.4%
ダブルボギー+
33.3%

パット分析
0パット
0.0%
1パット
0.0%
2パット
83.3%
+パット
16.7%

AD

My recommendations for you #6

テーマ:
SanFrancisco出身の産業ロックバンドといえば、

JOURNEY


ですね。


1975年にデビューしたっけ。当時はこんなの。


すげーアフロですな。後ろのアフロ、これがNeal Schon.

Santanaに見出されたギタリスト。今はこんなの。



僕が聴くようになったのは、INFINITYから。StevePerryが加入したころからです。それまでは、キーボーディストのGreggRolie色が強く、プログレ傾向があったんですが、StevePerryがはいってよりPOPに。


その後Greggが脱退して、BabiesのJonathan Cainが加入。で以下のALBUM[Espcape]がバカ売れ。Jonathanのメロッディセンスと、SteveのHighToneVocal,NealのギターがおもいっきりFeatureされた。

JonathanのPiano技術はかなり凄いものがあります。


Don't stop beliven'は、日産エルグランドのCMでも使われてますね。あと海猿のOpenArmsもJourneyです。

僕的には、Stone in loveが大好きです。


The sound, it was raved by audience in the world, and the sound that is spaciouc and good hermony was act on imples for me, it was unexpectional for me such as world audience.



Escape




その後、1983年かな、、、、FRONTIERSがまたばか売れ。Journeyといえば、"Separate ways"といわれるほどの名曲。プロデューサのMIKESTONEだったっけ、、、ディジタルエフェクトを駆使して、かなりスペイシーなサウンドに仕上がっています。このアルバム、かっこよかったなぁ。。。。レコードの溝がおかしくなるまで聴きました。2枚持ってます@LP


あ、2004年のツアーでは、このアルバムからかなりやってくれましたよ。

Edge of bladeとかRubiconとか。


FRONTIERS



しかし、その後、StevePerryがStreetTalkというソロアルバムを出し、ここから空中分解が始まった。その後Rised on radioってアルバムだして活動休止。2000年に再び復活したけど、Steveがどうもだめだった見たいで。。。。。。。


ああ、これでJOURNEYも終わりかと思いきや、STEVEはSTEVEでもSTEVE AUGERIっていうVOCALをいれて活動開始。。。。。このVOCAL、STEVE PERRYとそっくり!!!2000年以降、2回ライブにいったけど、全く遜色ないどころか、パワーがある。2004年はのどが辛そうだったけど。


まあ、とにかく、POPな路線でJOURNEYメロディは一時の音楽シーンにすごい影響を与えた。キーボードとシンセ、ギターをfeatureしたサウンドはこの頃から形になったかな。(他にもいるけど)


で、Neal。。。いわゆる手癖ギタリストであるが、ブルージーなフレーズや泣きフレーズをやってくれます。


特にWho's crying nowのソロは、EaglesのHotelCariforniaと並ぶ名フレーズです。



と、言うことで、次回は、LosAngles出身の、70年代を代表する、全員ソロ活動バリバリのヴォーカルハーモニかうつくしくのLAの心とまでいわれたバンドw

大人ゴルファー育成講座~リシャフト編~

テーマ:

其の1.レンジで球が散らかりだすと、シャフトを疑うこと。決して自分のスイングが悪いのだと現実的なことを考えないこと。クマ


其の2.回りに上級者がいないことを確認し、「うーん、シャフトの調子が最近あわなくなったなぁ」と上級者台詞をささやくこと。上級者がいてうっかりしないこと。フグ


其の3.散らかり様が並ではないと察すると、さっさとその場を立ち去ること。ささやいた台詞を無駄にしないこと。ショック!


其の4.リシャフトは信用のおける店をchoiceすること。信用に値するならば、福岡~宝塚往復はあたりまえと思うこと。ブタネコ


其の5.shopの測定器に挑むこと。自称ヘッドスピードより下回ってもショックを受けないように準備しておくこと。ネコ


其の6.一発目からビックリするような測定をたたき出しても、余裕をかますこと。ここぞとばかりに「まだちょっとあったまってないなぁ」と超ド級発言をぶちかますこと。ペンギン


其の7.様々なシャフトを試し打ちすること。自分の身の程を考えchoiceすること。爆弾


其の8.試し打ちするに、測定が散らばりだすと、そそくさに「タイミング」「調子」のキーワドを駆使して言い訳を考えておくこと。わんわん


其の9.ただし、shopの測定者の前ではうっかりしないこと。どちらとも取れる発言にしておく事。ヒミツ


其の10.そもそも「先調子」「手元調子」がはっきりわかっておくこと。ブタ


其の11.測定器の結果をやたら過信しないこと。こんなにFWキープするのかと勘違いしないこと。オバケ


其の12.調子にのって、shop設置のトレーニングクラブを振り回し、思いっきりダフラないこと。ねこへび


其の13.信頼できるshopゆえ、おすすめシャフトをそのまま受け入れること。変にオーバースペックのものを要求しないこと。足あと


其の14.クラブ全体のバランスを考えること。経済的理由からドライバーだけ猛烈シャフト君を挿入しないこと。グー


其の15.かといって、アイアンにダイナミックゴールドのXなどをおごらないこと。後で後悔することをわきまえておくこと。ウサギ


其の16.出来上がってきたクラブを居間に並べ、美しさを堪能すること。この快楽を嫁子供にじゃまさせないこと。カエル


其の17.あまりのフェース角に「大丈夫かぁ?」と疑問をもたないこと。禁煙


其の18.即レンジに赴くこと。あせって車で前の車にナイスショットしないこと。ドクロ


其の19.記念の第一打は慎重にいくこと。そのクラブの先行きが決まることを肝に銘じること。ハートブレイク


其の20.おっと、、、できれば打席は、誰も回りにいないところを選ぶこと。ロケット


其の21.イチカバチカの自分の運に掛けてテイクバックすること。ついでに目も閉じること。ショック!


其の22.できれば、球筋はぼんやり見つめること。過度な期待をしすぎてショックを受けないこと。UFO


其の23.調子の良いうちに、人の多い打席に移動し、「やはりこのハード目のセッティングがタイミングあう」とつぶやくこと。星


其の24.調子にのって何発も打たないこと。スイングは毎日変わることを理解しておくこと。パー


其の25.リシャフトは、クラブをチューンナップするのであって、人間までチューンナップしたと勘違いしないこと。柔道


其の26.それでも、、、、、、、、クラブは人を変える。ああ、GOLF故。ゴルフ






忘れてた。。。。

テーマ:

ボール一個左足に置いているのを午前中全く気づかなかった。

なんでここまでつかまらないんやろと、不思議で不思議で。ま、ヘタなんですけどねw


7アイアンでも打ち出しは真っ直ぐなのに、落ち際からスラする。。。


「あ、ボールの位置が」


それを直してからは真っ直ぐいったが、あのいやーなカット感覚が微妙に残っていて。


午後は、やっとまともになりパーオンするも、グリーンが難しかった。二段、尾根、山頂にカップがきってあり、キャディさんも「今日はほんとむつかしいでぇ」と。


なんとかボギーパーでしのいでいた。


で、問題の17番。170yで右ドックレッグのFWが狭く、330yのホール。左はOB。。。


ドラうつより、7Iで170Yにつけ、そこから7Iでグリーンを狙う方が確実と思い。。。。


ティーショット、綺麗にターフを取りました!!!@手前5cmから!!!(爆)


「ふにゃふにゃふにゃ」と、100y。。。

セカンドは7Iでアプローチしやすいポイントにレイアップ。これは成功。

でアプ。。。カットしてしまい、グリーン横ラフ。。。。

ただ、ボールが浮いていて、ロブしやすそうだったので、フェース開き。。。。「ちょっと強めにスイングせな」と思ったのが失敗か、カツン!!!グリーンオーバーどころか隣のホールの植え込みに。


小さな植え込み木の、株の中に。。。。。。


アンプレ。10yバックしてアプ。


3パット。


コーチにまた、文句言われる。w


いや、調子はそう悪くないんですよねぇ。。。。。


↓へたくそ!!!!!!!

ゴルフ場名称 加西インターカントリークラブ
コース OUT/IN
ティー レギュラー
グリーン ベント
コースレート 70.0
天気

スコアカード
コース:OUT
HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Front 9
YARD 380 378 516 398 170 393 343 550 149 3277
HDCP 5 11 10 7 18 4 13 2 16
PAR 4 4 5 4 3 4 4 5 3 36
スコア 5 5 7 6 3 7 5 10 3 51
パット 2 2 2 2 1 2 3 2 2 18
フェアウェイ × × × × × × × 0/7
バンカー
OB × × × 3/9
ペナルティ 0/9

コース:IN
HOLE 10 11 12 13 14 15 16 17 18 Back 9 TOTAL
YARD 500 165 430 400 490 350 160 340 278 3113 6390
HDCP 9 15 1 3 8 6 17 12 14
PAR 5 3 4 4 5 4 3 4 4 36 72
スコア 6 4 5 5 5 4 4 9 4 46 97
パット 3 3 3 3 2 2 2 3 2 23 41
フェアウェイ × × × × × 2/7 2/14
バンカー
OB 0/9 3/18
ペナルティ × 1/9 1/18

スタッツ
ストローク分析 PAR 3 PAR 4 PAR 5 TOTAL RANK
平均スコア 3.500 5.500 7.000 ☆☆
イーグル- 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
バーディー 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
パー 50.0% 20.0% 25.0% 27.8%
ボギー 50.0% 50.0% 25.0% 44.4%
ダブルボギー 0.0% 10.0% 25.0% 11.1%
トリプルボギー+ 0.0% 20.0% 25.0% 16.7%

オン率/セーブ率分析 PAR 3 PAR 4 PAR 5 TOTAL RANK
パーオン率 50.0% 50.0% 50.0% 50.0%
ボギーオン率 100.0% 70.0% 50.0% 72.2%
パーセーブ率 50.0% 20.0% 25.0% 27.8% ☆☆
ボギーセーブ率 100.0% 70.0% 50.0% 72.2%
フェアウェイキープ率 20.0% 0.0% 14.3%
平均スコア キープ 5.000 5.000
非キープ 5.625 7.000 6.083
バンカーパーセーブ率
バンカーボギーセーブ率

パット分析 PAR 3 PAR 4 PAR 5 TOTAL RANK
平均パット 2.000 2.400 2.250 2.278
0パット 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
1パット 25.0% 0.0% 0.0% 5.6%
2パット 50.0% 60.0% 75.0% 61.1%
+パット 25.0% 40.0% 25.0% 33.3%
パーオン時平均 2.500 2.600 2.500 2.556
ボギーオン時平均 1.500 2.000 1.750

今日は、女子プロゴルフ「スタジオアリストーナメント」2日目観戦at 花屋敷よかわCC。


家族そろって馬場選手についたが、ペアリングは上原選手と新人松村選手。

グリーン練習場で見てたら、Mレボさんと再会。与太話をして、いざスタート。

強烈な強風の中大変でした。(選手が)とにかく、アゲインストが強烈で200yとんでないことが多かった。


IN10、馬場選手はいきなりバーディチャンス60cmにつけたが、外し。。。。。なんか嫌な感じを残しながらも続くホールは強風に耐えながら。


アイアンショットが空中でとまる感じで、なかなかグリーンを捕らえられていない。寄も厳しく12,13とボギー。上原選手はこの辺りまで調子が良かった。その後馬場選手はなんとかパープレイ。感じとしては、よせで何とか拾った。その後、バンカー後1パットを決めしのいだとき、下の子が「ナイスリカバリー」と声掛けして「ありがとー」とレスしてくれたみたい。が、それよりおまえそんな言葉知ってるんやとコッチがビックリ。


17番でピン奥だったと思う。4mを決めて初バーディ。


今日はここからbig surprise.


18番は、二打目をグリーンオーバー。奥からの下りのグリーンい寄せきれず。。パッ6mほどのパット。。。

カップ際0.1cmで入らず。。。。「ああああーーーー~~」って。。。。。。5秒後もうちょっとかな。。。「コロン!」


ナイス風!!!!!でした。


続いて1番。

ここで僕もルールの勉強ができました。


1打目、左のカート道脇側溝。ニアレスポイントが急斜面で、2回ドロップ。当然とまりません。


で、次はリプレースですよね???・・・・リプレースしてもとまりません。。。。。。馬場選手、協議員を呼ぶように依頼して、数分後。。。。。


「リプレースで転がるんですが」

「転がらないところにどんどん上がっていってください。それでいいんです」


って、初めて知りました。。。私、恥ずかしい限りですがどうしたらええんや??でした。。。。w


そこからの第二打、をレイアップし、三打目が強風でグリーンに乗らず。四打目は、残り5mに。。。。

それを意地でねじ込みナイスボギー。ここからなんか雰囲気変わりました。


続く2番ロングは、他の選手を30y置きざりにして、難なく3オン。ただピン奥6m。。。ねじ込みましたね。バーディ。


3番ショートはグリーンオーバ。寄せもオーバして△


その後ボギー二つとがんばってた。


いやぁ、がんばってたんですよ。同じ組の上原プロ、松村プロはもう切れ切れ。上原プロは強風に負けまくり、一番以外、ずっと△。


馬場選手、最終ホールは△でしたが、予選が厳しいかと思いきや、ぎりぎり滑り込みでした。今日はほとんどの選手が+5~8、酷い人はもっとの中、+4でがんばってたと思う。


しかし、風を読んでもそれ以上に上空で曲がる、グリーンでも強風で打てない中、大変だったと思う。俺なら確実に100叩きw。


子供らも今日の馬場選手のプレーぶりはがんばってたねぇとコメントしてた。偉そうにw


下の子が馬場選手のサインを。っておまえ馬場選手のサイン何個もらったら気がすむんやろって感じですが。。上の子は花粉にかなりやられたみたいでグタグタになってた。ちょっとかわいそうでしたね。


そういや、馬場ちゃんのキャディさん、、新しい女の人でしたが、彼女も花粉ですね。鼻かみまくってました。


それから、クラブ変わってるようですが、特にドラ。。。。シャフト、アーマックのNEWですかね。プロト?デザインが一新されて、TOUR-ADのMのオレンジに良く似ているがもっと薄い色で先端のほうが、シルバーと結構おしゃれな感じ。中身はアーマックだろうけど。


今日の馬場選手のショットは比較的散らかっていた。特にドライバーは去年に比べて低めのショット。今日の風を考えてなのかもしれないけど。トップ気味も多かったよう気がする。しかし、アプローチを低く抑えるショットをよくされており(アドレスでいつもよりフェースかぶせていました)、それが功をそうした感がありました。

しかし、黄砂でこんなに真っ白になったのは、初めてじゃない?・・・・


花屋敷よかわ、、ってむつかしー。グリーンもFWの絞りもブラインドもうちあげ、打ち下ろし。。。。



My recommendations for you #5

テーマ:

ちょっと間が開きましたが。。。


LAでのスタジオミュージシャン集団。。。。


TOTO


ですね。


代表作としては


TOTO IV


ですね。グラミーも当時総ナメでスーパーヒットロックアルバムでした。ロザーナがバカ売れ。僕はB面のafraid of love~loves in the nightが大好きでした。ロザーナのエンディングソロなんて滅茶苦茶渋いです!コピーしまくりましたねぇ。

が、僕は
Toto

これが実は最初の洋楽アルバム購入。確か79年に発売だったかな。。。中学1年にFMでCHILD ANTHEMをきいてぶっ飛んだのを今でも鮮明に。当時NHKでの特番でライブが放映されたのも明確に覚えている。


ギタリストはSteve Lukather.

彼は本当にマルチなプレイヤーでいろんなアルバムでギターを弾いている。多分世間の人はしらずしらずに耳をしているはず。松田聖子や矢沢エイキチのアルバムでもかなり引いているし、この間、Eddie Van HalenがMichael jacksonの"Beat it"でソロを弾いているとコメントしましたが、ルカサーはバッキングギターを弾いております。


Beat itすげえ曲です。


彼の凄いところは、それまでのギタースケール(音階)にチャーチモードを導入した斬新的なフレーズを弾くことでも有名であります。チャーチモード、ちょっと言葉が難しいですが、教会音階での理論的根拠とされる音組織を指すんですが、簡単にいうと、どの和音やキーの時にこのダイアトニックスケーロを弾けばマッチするかということなんですが。。。。いまじゃ普通にギタリストが自然につかっていますが。。イオニアンスケール、ミクソリディアンスケール、・・・・てあるんすけど。。。ややこしいのでやめます。



また、ラックマンウトエフェクターをギターに取り入れたパイオニアとも言われている。それまではスタジオユースであったラックマウントであるが、それをギターサウンドにかましたってこと。

↓こんなの。冷蔵庫か。


で、僕は長年ギタリストをやっていますが、TOTOに関しては、DrumのJeff Porcaroが目だって仕方なかった。


このドラマーは最高です。


なんていうか、物凄いんですよ。ドラムが。普通、ドラムってステージの奥ですよね?

ちがうんです。ステージのサイドにおいてしかもセットが横から見える。

これは、彼のドラミングテクをエンターテイメントとして見せてましたね。ものすごいんです。


が、


庭の殺虫剤散布中に中毒を起こして他界しました。。。。本当に残念な一人です。


次回は、Sanfranciscoから出でた、産業ロックと言われたあのバンド。。。。w

BS GOLFERS DOCK

テーマ:

今日は、子供のゴルフスクールがあったのですが、そこで、ブリヂストンゴルファーズドックJrをやっていて、測定してもらいました。例のサイエンスアイでw


そもそも、彼女らが使っているクラブはもうスイングに対して少し柔らかすぎの感があったので、一度測定してもらってみては?と思ってたので丁度よかった。


上の子(小学校5年)は、母親の43.5インチLシャフトをその前に打ってたんですが、なんと嫁よりうまくクラブ使っている。振りまけもしてない。。。これには正直驚いた。


で、測定。。。。VIQのレディース。。。


平均H/S35.。。。。。。。。。。。。平均距離が150y。。。。ツーピースならもっとか。。。えぇ?????!!!ミート率が少し悪いが速いぞこれは。どうりでレディースのクラブは楽につかえるわけだ。



続いて下の子(小学校3年)。TS Jr White。

平均H/S28.。。。。。。。。。平均距離が136y。。。。。しかもお姉ちゃんよりつかまってドローをバンバン。BSの人もビックリしていた。ほとんどFWを捕らえているし。これはマジで本人も気に入っている。

そろそろ買い替えかなと思っていたので、溜めていた小遣いを使わせてというので購入を決定。まあやすいですけどね。これは。。。


で、うえの子は、VIQはさすがに高いので、ゴルフパートナーさんにいって、キャロウェイのERC2のLがあったので、これも本人の小遣いを出すというので、お買い上げ。。。。


今までボロっちいクラブで頑張ってきたのと、この前のラウンドでもがんばってたので購入を許可してやろうと思った。。。。


次はアイアンっていうんちゃうやろな。今のでがまん。