株式会社ブライセン 代表取締役社長 藤木優

「進化を続ける会社ブライセン」

これがわれわれのマインドです。


テーマ:

今日(3/13)は暖かいですが、今年は寒い日が多い3月です。

今週の週末は社員旅行です。すべての社員が参加するわけでないですが、

今回は社員役員含めて65名の参加です。また、家族まで入れると95名です。すごい社員旅行だと思います。

ところで、今回の社長が何を考えているかは、

毎年、この時期は来年度のことです。

昨年度は、システム開発が、出足つまずきが大きかったですが、

来年度こそ各部が予算を達成することを望みます。

その為に何ができるかをしっかり考えていきたいです。

来年度は

・アジェンダ社、E社との協業の強化

・ブライセンベトナムの自立

・顧客拡大

でグループ全体で330名を目指します。

どんどん新しいことにチャレンジしていきますので、会社に

色々なことを積極的に提案してください。

皆で作るブライセングループで、みんなで幸せになりましょう。

藤木優

いいね!した人

テーマ:

今回の「社長が何を考えているか」も大変遅れてすみません。
何を書こうか、なかなか決まりませんでした。

そういう中で細川さんが都知事に立候補したり、稲嶺さんが辺野古の市長選で
勝ったり。自民党少しピンチですね。
円安、株高、ウォン高だけど韓国経済は悪いとか。


ブライセンの1年前はどうだったかというと、今よりは大変未熟な会社でした。
今は、かなり充実してますね。

ブライセンベトナムの鎌田社長より、フエ市の経済に貢献したということで
表彰状をいただいたとemailをもらいました。
素晴らしいですね。


ブライセンの売り上げも昨年度が底でこれから上昇気流です。


2月15日はフエ市長がブライセンを訪問予定です。


会社のM&Aの話も進んでいます。


1月7日「社長とカラム会」を実行しました。次回は2月4日の予定です。

何回でも参加可能です。勇山亭18時半です。


2月18日から深圳に行きます、そのあとベトナムに行き3月2日帰国予定です。


2月16日、JASS(ベトナムの子供の家)からブライセンが表彰される予定です。


2月12日から3日間スーパーマーケット・トレードショー、

3月4日か ら4日間リテールテックがありb-LJが出展予定です。

3月15,16日社員旅行で鬼怒川です。


3月21日から23日ブライセンベトナムの社員旅行でニャチャンに行きます。


今年は飛躍の年です。午のごとく駆け抜けましょう。

藤木優

いいね!した人

テーマ:
温度差が激しく風邪をひいている人も多いと思います。
手洗いが予防になるそうです。
なぜかというと最近は電車のつり革、ドアのノブ等あらゆる所にウイルスが付いているそう
です。
くしゃみでうつされるのは、それほど多くないそうです。

今回の社長が何を考えているかは、非常に悩みました。
当然会社の経営状況だったり、中国の防空識別圏だったり、株高円安だったり、
勇山亭のお客様の入り具合だったり、ブライセンベトナムの未来だったり、
エージェントプラスの売り上げだったり、カメラIPの採用状況だったり。

いろいろ迷った結果、今年初めの「社長は何を考えているか」を見てみました。
今年は社員との関係をより深いものにするとありました。

どうだったでしょう。
勇山亭ができたおかげで、部門長とは毎日と言ってよいほど昼飯を一緒にしました。
#6月10日以降ですが

でも社員とはまだまだ距離がありそうです。部門長を飛び越えて社員と接するの
もいかがなものかと。
ではどうしたら、社員との距離を縮められるか。はたして縮める必要があるのか。

2014年から社長と語る会を開催します。場所は勇山亭です。
毎月やるか2か月に一回かはこれから検討します。毎月にします。

第一回は1月7日にします。18時半からスタートしますが参加は19時でも
20時でも大丈夫です。
参加申し込み受け付けは返信ください。
あまりに大人数の場合は2回とか3回に分けます。
#そんなことはあり得ないですが

咀嚼30回、手洗いうがい、ゆったりした気持ちで年末を乗り切りましょう。

ブライセン
藤木優

いいね!した人

テーマ:

今回の「社長が何を考えているか」は、混沌とした時代に何をするかです。

今、世界中でいろいろな問題があります。国内問題もあり、国と国の問題もあります。

アメリカの銃の問題、アフリカの食糧難、中国のバブル?、ヨーロッパのユーロ、日本
は来年から消費税8%で経済がどうなるか。

マイナス要因を考えれば、きりがないです。

このような時、気持ちが落ち込みがちですが、落ち込んでも何の得もありません。

『7つの習慣』の中にも書かれています。


今できることをしっかりやることが一番大切です。

自分が今やるべきことは、1つではなく、たくさんあります。そして多くの人が
 その優先順位をあまり深く考えていません。
今、何をやるべきかを、各自立ち止まって考えてみてください。

そして、何をやるべきか決まったら、スケジュールです。そして実行すること。


そうすれば不安は一気に吹き飛びます。

予定通りにいかないのが人生です。

ただ、少しの積み重ねが大きな成果を もたらします。

不安を期待に変えてください。


ブライセン

藤木優

いいね!した人

テーマ:

今回の社長が何を考えているかは、ブライセンベトナムについてです。

今、ブライセンベトナムは、ベトナム中部のフエ県(人口100万人)で最大のIT会社になりました。現在、社員37名(支社含む)の大所帯です。

これは、ブライセンベトナムのK社長の実績が大変大きく貢献しています。

ベトナム語もうまく話せないのに、ベトナムでいろいろな人と肌で交わり、

今の状況を作り上げたことは、常人にできることではないと。

ブライセンベトナムには、長い間のブライセンと「ベトナム子供の家」の歴史があります。この歴史もまた、K社長の力の次に重要です。

つまり、ビジネスは多くの人のつながりによって、大きく成長していくのです。

種をまき芽が出で、水をやり肥料を与えて、初めて大輪の花を咲かすのです。

そういう意味ではブライセンベトナムは、まだまだ、芽が出たぐらいです。

K社長が育てたブライセンベトナムの芽に、ブライセンが肥料を与えてブライセンベトナム自身が成長することにより、大輪の花が咲くのです。

皆さんブライセンベトナムに興味を持ってください。

よろしくお願いします。

ブライセン

藤木 優

いいね!した人