36salu(高橋 大)オフィシャルブログ・おさるな惑星?

モタードレーサー36saluこと、高橋 大(たかはし ひろし)のブログです!!基本的にバイク以外の話が多かったりします(^▽^;)みんなが楽しめるブログを目指しますので、よろしくお願いいたします!!


~~36saluオフィシャルブログ~~

おさるな惑星?へようこそ!!

モタードバイクレーサー#36saluのオフィシャルブログですチョキ

 (大嘘ですにひひオフィシャルって付けたらなんかカッコいいかなと思ってシラーいたいオフィシャルってなんやねんパー


PCの方へ・・・

テーマごとに記事を分けておりますので、よかったら参考にしてください。

プロフィール・・・文字通りプロフィール類です。まずはここからどうぞニコニコ

バイクレース・・・僕の生活の中心となるバイクレース関連はここ。バイク好きはみてね音譜
僕を苦しめた女・・・人気NO.1(はてなマーク)のシリーズです。僕にトラウマを作った、とんでもない女との壮絶な話  しょぼん(今となっては笑い話ですので、大いに笑ってくださいあせる

面白かった事・物・・・日々の面白かった事や、思わず笑ってしまった出来事など(僕にとって面白くても、あなたにとってはどうか分かりません汗

ブログ・・・日々の他愛もない出来事べーっだ!          

おさるのバイクスクール・・・楽しいバイクライフの普及のため、及ばずながら、サーキットを走るテクニックから、公道を安全に走る技術まで、はたまたモタードにおけるセッティングなどを、初級~上級者に向けて、僕の持ってる技術を発信しますにひひ

 

             こんな感じですが、よろしくお願いします三日月

にほんブログ村 バイクブログ モタードへ

テーマ:
先日参戦したMFJ全日本スーパーモト選手権第2戦九州大会の結果は


タイムアタック9位

予選     7位

決勝    13位 


と言う、結果だけをみると、何とも情けない結果でした。



レースは結果が全ての世界なので、何かを言うと、言い訳がましくなりますが、3年ぶりのレースは、苦しみまくった戦いでしたが、最後の最後に随分と良くなり、特に決勝では自身の大きなミスで最下位に落ちたあと、追い上げているうちに、ようやく感覚が戻って来たので、次回に向けて良いスタートとなったかなと思います。



2015全日本スーパーモト第2戦九州大会ピット前にて




それでは以下にレポート的な物を書いていきます。





前日練習までの道のり





諸事情があり、4年間自転車以外の乗り物を、全く運転することが出来ませんでした。


ようやく運転できるようになり、半年前からCRFでモトクロスコースに通うようになりましたが、KTM250SX-Fのモタード車の方は、全く乗っていませんでした。



エントリーを決めてから、SX-Fでターマックの練習2回と、ダートの練習1回したものの、それ以上は出来ませんでした。



さらに、連日有難いことではあるのですが、仕事が忙しく、マシンの整備に当てる時間がなかなか取れませんでした。



そこで一週間前の週末は練習に行かず、マシン作りに専念しましたが、それでも間に合わず、毎日朝早く起きて、店を開けるまでの間に整備をしました。



遅くとも一週間前にはマシンを作り上げ、残りの日はトレーニングなどの身体の調整や、マシンのチェックに当てるのが当然なのですが、ようやくマシンが出来上がったのは、前日の夜でした。



ところで、さらに悪いことに、自分のハイエースのエンジンが壊れ、土師さんの懸命の修理にも関わらず、エンジンが息を吹き返さず、当日乗っていく足がなくなりました。


(最後の最後まで懸命に修理してくれた土師さんには、とても感謝しています。)



やむを得ず、仕事で使っているハイゼットで行くことに。



ハイゼットの仕事道具を全部降ろし、マシンとスペアパーツや工具などを積んだら、ギュウギュウで、


夜逃げかっっ!!



というくらいになりました(・Θ・;)




ハイゼットの画像その1
ハイゼットの画像その2
ハイゼットの画像その3



そんなこんなで、ようやく準備が終わったのは夜中でした。



少し仮眠をして、いざHSRへ。




前日練習




こうして、何とか前日練習の会場までやってこれました。



まずはパドックのテントの設営から。











久しぶりだと、何から準備して良いのかわかりませぬな(^o^;)



今回は一馬をはじめとした、DIABROSチームにお手伝い頂いたおかげで、何とか無事に設営完了。



DIABROSチームには、レース当日のメカニックや戦略の構築までしていただき、とても感謝しています。


走ることに専念出来る環境を作ってくれました。



チームメイトから6秒以上も遅い





さて、いざコースインの時間となり、走り出したものの、自分でもわかるくらい、誰よりも遅い。



とにかくフロントタイヤに不安を感じ、ブレーキレバーにも注力が出来ないくらい。



3年ぶりのモタードコース。



しかも、ハイスピードであるHSR本コース。



あのハイスピードで何かやらかしたら、身体もマシンも、大変な事になるかもしれない。



とにかく焦らないように心がけました。



が、一本目の走行が終わってみたら、チームメイトの笠くんより、6秒以上も遅いことが判明。




一馬の手によって、サスペンションのセッティングを変更してもらい、また、当日パドックで手伝いをしてくれたロードレーサーの徳永氏により、ライディングのアドバイスを受ける。



そして、いざ2本目の練習走行のためにコースイン。




恐怖心、そしてスリップダウン





今回の練習は4本しか枠がない。



一本目は不甲斐ない結果で終わってしまい、感覚も戻ってきていない。



どうしたものか。



と思いながら走行をする。



とにかく、フロントに不安を感じる。



フロントタイヤに剛性がなく、それゆえにフロントヘビーを感じる。



サスペンションのセッティングを変更してくれたおかげで、高速コーナーで、ぼよんぼよんとマシンが暴れることはなくなったが、依然としてフロントが怖い。




(これはマシンの問題なのか。



それとも人間の問題か。


たぶん、自分自身に問題がある。


残りわずかな練習時間内には何とかせねば)




と、多少焦りもあったのでしょう。



フロントの接地感がないまま、頑張ってペースを上げると、フロントタイヤが急激に滑り出した。



身体でリカバリーをしたが、それでも間に合わない速度で流れ始め、なすすべなくスリップダウン。



幸い身体もマシンも大丈夫だったので、すぐにマシンを起こして走り出せたから良かったものの、新品のグローブに穴を開けてしまった。



あぁ、5千円が・・・



破ったの今月2枚目(´_`。)




身体の問題?マシンの問題?





多少タイムは縮まったものの、依然として誰よりも遅い状況は変わらず。



「到底戦えるレベルではない」



と言われる始末。



苦しい。



気ばかり焦って、リスクだけが増している状態。



最下位決定なのは自分でもわかっている。



とりあえず、フロントにあまりにも不安があるので、タイヤを交換することに。



これまでの練習で履いていたのは、前後とも3年前の中古タイヤ。



交換しないと話にならないぞと言う事で交換。



とはいえ、後輪の方は以前笠くんから売ってもらった、状態の良い中古タイヤを、今回スペアとして持って来てたので良かったが、問題は前輪の方。



前輪は明日の決勝で使う新品タイヤしか持ってない。




このまま我慢して、中古タイヤで走ろうかと思ったのですが、そんなタイヤで走るなと言うチームの指示で、


フロントは新品タイヤに・・・


リアは先ほど言った、程度の良い中古タイヤに変更し、3本目に挑みました。




ここで新品のフロントタイヤを使ってしまったので、明日使うタイヤがなくなってしまったのですが、チームのみんなの尽力で、何とか一本新品タイヤを確保出来ました。



とは言え、フロントタイヤを購入したので、また急な出費が(:_;)



(全日本の舞台まで来て、情けない走りをするよりよっぽどええやろ)



と、自分に言い聞かせる。



2秒差までタイムアップ





そして午後から行われる残り二本の練習走行に挑みました。



結果はぐんぐんタイムが上がり、最終的には2秒落ちのところまで詰める事が出来ました。




コースインした瞬間から、違いがはっきりと分かりました。



あれだけ頑張ってもフロントブレーキが握れなかったのに、気がついたら、随分奥までブレーキを我慢して突っ込んで、ギュッと握って瞬時に車速を落としている。



減速時に発生する減速Gをフロントタイヤに貯めて、それを旋回Gへ無駄なく、そして素早く変換すると言うのが、過去の自分の得意技だったのですが、さっきのさっきまで、その得意技が全く出来ませんでした。



が、タイヤを替えた事で、完全ではないにしても、それがだいぶ出来るようになってきました。



それにしても、タイヤ一つでここまで変わるとは・・・



極限の速度で戦うレース用のタイヤは、鮮度が命だなと、改めて感じました。


(って、素人か!?)



こうしてようやく苦しみから解放され、良い感じになったところで、前日練習終了。



このレースにエントリーを決めてから一ヶ月間、あまりの不甲斐なさに、自分を罵り続けましたが、ようやく良いところまで仕上がりました。



満足して、翌日のレース当日に臨みました。




レース当日






そして迎えたレース当日。



実は情けない話ですが、前日の走行で、脚を上げる筋肉を使い果たし、当日は痛くて脚が上げにくい状態となっていました。


当日は、


公式練習10分


タイムアタック10分


公式予選(セミファイナル・レース形式)7周


決勝(ファイナル・レース形式)10周



を、走らねばならないのですが、決勝まで身体がもつのか心配でした。



迎えた公式練習では、やはり脚に痛みを感じ、不安になりました。



途中でマシントラブルにより、早々に切り上げたのですが、昨日良い走りが出来たので、脚の方はともかく、自身の走りについては不安がありませんでした。




タイムアタックと予選





タイムアタックは9位



タイムアタックの順番で並んでスタートする予選は、7位でした。



予選に関しては、レース型式のため、転倒などをしては、一巻の終わりなので、無難に走り切ることだけを専念しました。



真後ろに、一台ぴったりとついて来ている気配があったのですが、あくまで無難に、ブロックラインを使いながらも、決勝に向けて無理をしないように走りました。





HSRのスターティンググリッドにて1
HSRのスターティンググリッドにて




スターティンググリッドにて、傘を持っているのはロードレーサーの徳永氏。



コースのライン取り、ブレーキングポイント、アクセルを開けるポイントなど多岐にわたってアドバイス頂きました。




決勝





そして、いよいよ迎えた決勝。



久しぶりのレースで、緊張もしていたのでしょう。



レース終了後にわかったのですが、レーシングスーツの下に、普段はインナーを着るのですが、Tシャツを着て走っていました。



予選後昼休憩があったのですが、その時にインナーを脱いで、シャツに着替えて、そのままだったようです。



どれだけ緊張しとんねんと自分につっこみました。




さて、レースの方ですが、予選7位だったので、7番目の位置からのスタートでした。


スタート時は、団子状態で、誰かが転倒したりしても巻き込まれないように、マージンを残して走りました。



結果順位を落としてはいたものの、無難にやり過ごしたので、気にせず走りました。



その後は、脚の痛みや、体力への不安もありましたので、無難に無難にペースを抑えて走りました。



そんな感じで無難に数週を消化した時、ダートの進入で転倒しているバイクを視認。



(あれ笠くんやん。


と言うことは、自分の前にいる二台は、転倒しているバイクを避けて、こう進路を変えてくるはず。


自分もラインを探さねば)


と、他車の動きに気を取られていると、ダートの進入で、クラッチを握るのが一瞬遅れたことと、砂埃でエアフィルターが詰まり気味となり、エンストしやすくなっていたことが重なって、エンジンをストールさせてしまいました。




なかなかエンジンが掛からず、再スタートに手間取っているうちに、どんどんと抜かれ、やっとエンジンが始動した時には、見渡す限り、誰もいない状態。




(うわ・・・


最下位かよ・・・


諦めるなよ。


絶対追いついてやろうぜ)



と自分に言い聞かせ、必死で追いかけました。




気がつくと、脚の痛みもすこんと消え、体力の不安もない。



リアタイヤをブルブル滑らせながら追いかけている。



高速コーナーでは、さっきまで擦らなかった、ステップをガリガリ擦りながら走っている。



速度が上がり、明らかにバンク角も増えている事に気づいた。



(やっとあの頃の自分が帰って来たか。


お帰り、俺)



と自分につぶやきながら走りました。



残り周回数を気にせず、必死で追いかけることに専念するために、あえてサインボードなどを見ないようにしました。




2015全日本スーパーモト第2戦九州大会HSRロード区間




そうこうしているうちに、小さく前の集団が見え始めました。




が、コーナーの進入で、大きくリアタイヤを滑らせてしまったり、ダートでバランスを崩したりと、細かいミスが目立ってきました。



怒りの感情に駆られ、集中しているときは、その感情が良い方向に出ると、限界を突破したような、素晴らしい走りが出来ますが、悪い方向に出てしまうと、あっという間に大クラッシュして終わってしまいます。



これまでに自分は、そのどちらも経験をしているので、



(落ち着け。


大丈夫、今のお前なら十分追いつける)


と、自分に言い聞かせ、冷静さを失わないように自分をコントロールしながら走りました。




HSRスーパーモトコースのジャンプ台



こうして、何とか二台を抜き、三台目を抜こうかどうか迷ったところでチェッカーフラッグが振られ、レース終了。



エンジンが停まったからこそ・・・





レースが終わり、ピットまで戻ってくる間、大事なレースでエンジンを停めてしまった事が悔しくて悔しくて仕方ありませんでした。



しかし、それがあったからこそ、前を必死で追いかけなければならない状況となり、往年の自分が帰って来たのではないかと思うようになりました。



ピットに戻ってくると、


「見ている方は、追い上げが見れて楽しかった」


と、何人かに声を掛けられたので、楽しんで頂けたなら、まぁ良かったのかなと思いました。



当日マーシャルをされていた土師さんからも



「結果以上の走りだった」



との言葉を頂き、励みになりました。




一方で嬉しかった事も・・・





悔しい思いでいっぱいだった時、優勝は森本圭さんだと聞いて、悔しい気持ちが一気に吹き飛び、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。



圭さんは、2009年中四国の地方選手権を共に戦ったということもあり、好きなライダーの一人でした。



森本圭さん、本当におめでとうございます!!



表彰式
森本圭さん




帰りは地獄でした・・・






さて、レース中痛みが消えて、良い走りが出来た反動が来て、帰りは地獄でした。



左足が痛くて、車のクラッチを踏むのが超苦痛(´□`。)


もう、運転したくない!!


と思いました。



でも、あんな感覚で走れたの、本当に久しぶりだったなぁーと、昔の自分に出会えた事が嬉しくて、帰り道はその余韻に浸っておりました。




せっかくあの頃の自分が帰って来たことだし、悔しさもあるので、次は広島県のTSタカタサーキットで行われる、第4戦中国大会に出ちゃおうかな!!


AD
いいね!(23)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
またまた前回のブログ更新から間が空いてしまいました(-。-;)



タイトルの通り、約3年ぶりに全日本スーパーモト選手権の第2戦、HSR九州にスポット参戦してみようと思い、エントリーをしました。




本日、あれから3年ぶりに、自分のKTM250SX-Fで、ターマック(アスファルト区間)の練習をしてきました。



久しぶりに乗った結果は、なんとも不甲斐ないものでした。



CRFによるオフロードの練習





前回出場したレースは、2012年9月に、今回と同じHSR九州本コースで行われた全日本スーパーモタード九州大会(昨年まではスーパーモタードと言う名称でした)で、それを最後に、全くバイクに乗らない日々が続いていました。



それからずいぶん月日が経ち、ひょんなことから、昨年の11月、久しぶりにCRF250Rで、佐賀大和にあるモトクロスコースに行きました。


行って見ると体力・テクニック共にあまりにも衰えてて驚きました。


特に体力の方は致命的で、たった2~3周走っただけで心臓がバクバク言って、急な心拍数の増大に身体が耐えられず、目に火花がバチバチ飛び、一度走ったら一時間以上休憩せねばならない状態でした。



あれから半年練習を続けました





これはあかんと思い、体力づくりのため休みの度にCRFでオフロードコースに行くようになりました。


またアメリカンジムという、ウェイトトレーニング専門のジムにも通うようになりました。



半年続けた結果、苦手だったオフロードが最近は楽しくなり、毎週末モトクロスコースに行く事が楽しみになりました。



モトクロスパーク古賀CRF205R



中でも、一番行くのはモトクロスパーク古賀で、仲良く話せる人も増え、楽しんでいます。



楽しんでいるからか、随分とスキルも上がってきて、以前は自分が遅すぎて、誰にもついていけなかったのですが、この頃は、ついていける人も増えてきました。



体力の方も、だいぶ上がってきたと思います。



久しぶりのオンロード





そんな感じで、ほぼ毎週モトクロスコースで、オフロードの練習をしているので、オンロード久しぶりとは言え、上手く走れるだろうと思っていました。




が、いざ、コースに近づくと、不安もでかくなり



「アスファルトの上は転んだら痛いぞー」



「そういや前回、久しぶりにオンロード走ったとき、フロントタイヤの滑りに身体がうまく反応しなくなってって、思いっきり転んだっけ。



今回も同じことになりはしないか」



と考えるようになりました。


そうこうしているうちに、本当にビビったままコースに着いてしまいました。


KTM250SX-F HSRドリームコースにて

コースインしてみたものの




そんなビビった状態でコースインし、
いざ走ってみたら、体中が硬直しててうまく走れない( ̄_ ̄ i)




「こんなはずじゃない」


と気ばかり焦っている状態。



恐怖心ばかりが先立って、全然乗れてねぇかお




自分はもともと、減速Gを旋回Gに素早く変換してコーナーリングするのが得意でしたが、その自分の良さが全く無くなっています。



つまり、減速時にフロントタイヤに溜まったエネルギーを、コーナーリングのために素早くスムーズに曲がるためのエネルギーへ変えて、バイクの倒しこみをスパッとやって、クルッと向きを変えて曲がるのが得意だったのに、それが全くできず、減速・旋回・加速が全部バラバラで、全くスムーズではありませんでした。



ここで、ほんの少し、減速Gと旋回(コーナリング)Gの関係について書くと、理論的には、減速GとコーナリングGは反比例の関係にあります。



減速Gが大きい時に、コーナリングGを増やすとフロントタイヤがグリップを失い、いとも簡単に転んでしまう。



同様にコーナリングGが大きい時に減速Gを上げることは出来ないといった関係です。




簡単に言えば、思いっきりブレーキをかけている時にバイクを曲げようとして寝かすと、フロントタイヤが荷重オーバーでスリップして転びます。



また深くバイクをバンクして曲がっている時に思いっきりブレーキを掛けると転ぶと言う事です。



減速Gを一旦逃がしてしまってから旋回時に必要なGを作り出すのは、恐ろしくロスが大きいので、減速Gを減少させていくと同時に、旋回Gを増やします。



今回はそれが全く出来ませんでした。



体力切れ、そして転倒





自分の特徴として、深いバンク角と言うのがあるのですが、深くバイクを寝かして曲がると、足が路面に擦れて邪魔になるので、イン側の足を上げたまま走らざるを得ないのですが、オンロードが久しぶりすぎて、重いブーツを装着した足を何度も何度も上げる体力が切れてしまいました。




足を上げたいと思っても、上手く足が上げれなくなり、やむを得ず、乗り方を色々変えて、足を上げなくても良いライディングを模索しました。



体力がないから、つじつまを合わせてごまかして走る。



そんな都合の良いライディングがあるはずもなく、変な乗り方で曲がっている最中に、フロントタイヤが荷重オーバーで滑り出し、滑り始めたの分かっていながら、身体が反応せず、スリップダウンをしてしまいました。



滑り始めから転ぶまで、ずいぶん時間の猶予があったにも関わらず、身体が反応しませんでした。


お気に入りのアルパインスターのグローブが破れましたヽ(;´ω`)ノ



まぁ、自分の手のひらまではやぶれなかったので、よしとしましょう。




その後は始終ペースがあげられず、本当に情けない一日でした。




事実は一つ解釈は無数





事実は一つ解釈は無数という言葉は、青木仁志先生の言葉です。



一つの事実に対して、どんな解釈を選ぶかで、その人の人生が決まると言う事だそうです。



今日うまく走れなかったのは事実です。



レースまであと三週間というのも事実です。



これらをどう解釈するか。



うまく走れず、悔しくて、不安でどうしようもありませんが、三週間前のこの時期に、自分のショボさが発覚して良かったと解釈することにします。



だって、前日練習の時に自分のショボさに気づいても、一日ではどうしようも出来ないですからね(^▽^;)



もう三週間しかないのにと思うよりは、まだ三週間あると考え、本番に備え、明日から出来ることを計画的に上手くやって行きます。



自分は経営者でもあるので、レースにかまけてしまわないように、経営の方も効果的に戦略を立ててやっていかねば。



長々となりましたが、3年ぶりのレース、良い走りが出来るように頑張りますので、応援よろしくお願い致します。


AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここのところ、毎週のようにモトクロスパーク古賀に行っています。



が、今週は行く事が出来ませんでしたガーン



実はこの一週間ほど、有難いことに仕事が忙しく、連日朝から夜遅くまで現場をまわっているため、CRFの整備が出来ていませんでした。



(まぁ、一回ぐらい整備せんで走っても大丈夫やろ。)



なんて一瞬思いましたが、先週アホみたいに一人でマディコンディションのなか、走り回っていたので、さすがにエアフィルターくらいは清掃しないとやばいかなと思ってやめました。


モトクロスパーク古賀にて



正確に言うと、今日は連日の疲労で、遅くまで寝てたので、整備をバタバタ終わらせて午後遅い時間から古賀に行こうと思ったのですが、キャブの中に砂粒が入っているのを発見し、これは整備に時間が掛かると思い、断念しました。



実は、ここ一週間のめまぐるしいほどの忙しさで、事務仕事が溜まってしまっているので、今日は事務仕事をすることにしました。


(気がついたら事務仕事がようやく終わったのが夜だったので、今日はどっちにしろ行けなかったショック!



たまには仕事の話




このブログではあまり書かない仕事の話をたまには書こうかなと思います。



自分のお店、カギの救助隊福岡では、


「確かな技術と安心低料金で、お客様の不安を解消するお手伝いをし、安心と笑顔をお届けすること」


を企業理念としています。


また自分自身は感動体験と言うのをキーワードにしています。


お客様が感動してくれるかどうか、それは自分のコントロール外の事ですし、わからない事ですが、感動していただけるような仕事、つまりは頂いた報酬以上の仕事をするため、全力で取り組むようにしています。



フェイスブックにも書きましたが、昨日お伺いをした中の一件は、お客様が所有するマンションのトランクルームの鍵を、久しぶりに開けようと思ったら、開かなくなってるので、修理して欲しいというものでした。



お客様が求めているものは、錠前が修繕され、ドアが開けばそれで良いといったものでした。




錠前を修繕し、鍵がきれいに開閉出来るようになった時点で、お客様は満足されていたのですが、お客様は気づいていなかったけれど、実は丁番が歪んでいるため、ドアと枠がかすかに接触していたのです。


そこで、その部分は依頼されていなかったけれど、ついでにサービスで丁番を調整し、接触しないようにしました。


さらに、お客様が玄関の鍵を開けて出てくるときの音を聞いて、これは玄関の錠前も、動作不良を起こしてるぞと気付いたので、ついでに玄関の錠前も修繕しました。



錠前の不具合は、長い年月を掛けてゆっくりと進行していくので、不具合が起こっている事すら気付かずに使われてる事がほとんどです。



今回のお客様も、玄関の錠前を修繕したあと、


うちの家の鍵は、こんなに軽い力で開閉出来たんだ


と、気づき喜んで下さいました。



引越しシーズンということもあり、連日予約が立て込んでいるので、こちらのお客様も随分と現場到着までお待たせしてしまいましたが、満足していただけたのではないかと思います。



ちなみにドアや、錠前の修繕は、一箇所辺り概ね8000円にて承っております。



この頃多い、不誠実な業者




ところで最近は、不誠実な業者が多くなって来ました。



インターネットの普及で、自分のようなまだまだ小さい者でも、お仕事を頂けるようになり、便利になった反面、実体のないような不誠実な業者が増えているのも事実です。



他社批判をするつもりはありませんが、最近お客様からこんな事をよく聞きます。



他社を呼んだとき、料金は現場を見ないとわからないと言われ、来てもらったが、とても高額な金額を提示された。


そこで、今回は持ち合わせがないので作業しなくて良いと言うと、キャンセル料を迫られ取られた。



と言うものです。



どこの業者かは言いませんが、ホームページに芸能人を使ったりして、大々的にやってる会社です。



多分その会社が悪いわけではなく、そこが使っているうちの一社に、そう言った質の悪い業者が入っているのだと思います。



お客様がみせてくれる、キャンセル料の伝票を見ると、毎回必ず、その下請け業者の名前が記載されているので。



福岡市内にある聞いたこともない会社です。



(ちなみに当店で8000円の作業が2万円~2万5千円するそうです。


キャンセル料でみなさん5千円~6千円程支払わされてるようです


うちでは電話の時点で料金を明確にお伝えしているのですが、ここ最近は


「本当にその金額で大丈夫ですか!」


と念を押してしつこく聞かれることが多いので、何でかなと不思議に思っていたら、そう言う理由でした)



時々お客様から、他社に頼んだ時はとても不快な思いをしたのに、どうしてあなたのところでは、そんなに親切にしてくれるのですかと言われます。



その時は「私どもカギの救助隊福岡は、お客様の不安を解消するお手伝いをして、安心と笑顔をお届けするためにさせて頂いております」


と、お答えします。



実は僕は若い頃、その当時最大級の規模だった鍵屋さんのグループ店で修行をさせて頂きました。



その時は、リピーターはほとんどありませんでしたが、今はリピートや紹介がほとんど起こらない業種にも関わらず、たくさんの紹介を頂き、生活をさせて頂いております。



中には何年も前に作業をさせて頂いた方が、たまたま今鍵で困ってる人がいるのと言って紹介して下さる事もあります。


その時は本当に嬉しくなりますね。



世界中の人が必要としたとしても、全ての人に売れるわけではない





世界中の人が必要としたとしても、全ての人に売れるわけではないと言うのは、セールスの世界で大成功した、アチーブメント社の青木仁志先生の言葉です。



お客様から、「あなたのお店のようなところにもっともっと大きくなって欲しい」と有難いお言葉を頂く事が多いのですが、全てのお客様のお役に立てるなどとは思っていません。



実際に、うちで工事をして喜んでくれる方が多くいる反面、電話を頂いた時点で、批判をされ電話をガチャ切りされる事もあります。



自分のこれまでの経験では、10人の人がいたら、そのうち一人は、大したことをしなくても、自分のことを好きでいてくれる人がいる。


でも、10人のうち一人は、何をしても、それこそ一生懸命つくしたとしても自分の事を嫌いである人間がいると思っています。



残りの8人をどう引き寄せることが出来るかが重要なのではないかと思います。



自分の中では8人のうち6人は引き込める自信がありますが、8人全員はまだまだですね。



(とは言えまだまだ器の小さい自分は、電話をガチャギリする1人のことが気にかかってしまいます)



目標達成まであと何日





ところで自分は今、目標があります。



人生の目的が土台にあり、その上に目標があり、計画と日々の実践がそのさらに上にあり、一貫性が通っていること。



というのを、青木先生やその会社の方々から学んでいます。



これまで自分は目標を立てては、何となくしっくり来ず、そのうちに目標自体を忘れ去っているなんて事を繰り返していましたが、長くもがいた結果、ようやくピンと来る目標が見つかりました。


それを達成出来るのは、今日から数えて598日後です。



この目標ができてからは、毎日目標達成まであと何日だぞ!!と、自分に言い聞かせております。


その目標がなんだったかと言うのは、598日後達成した時にお話しようと思います。



自分は、自営業者なので、怒ってくれる人が誰もいません。



それはある意味で、非常に恐ろしい事です。



怒られないのでだらけてしまいがちです。



青木先生の言葉に、組織者は、自分の中にパワーを作らねばならないというものがありますが、個人的にはこれが一番難しいと感じます。



しかしこの目標が出来たおかげで、何とか自分の中にパワーを持つことが出来そうです。



長い間目標を作っては、ピンと来ずいつしか忘れることの繰り返しを続けていたけど、ようやくしっくり来る目標が出来たと言いましたが、これはいつも経営指導をしてくださる、取引先の黒沢社長のおかげです。



忙しい最中、時間を作って根気よく指導して下さいました。



本当に感謝しています。



目標達成のイメージ





友人が



「今のこいつを見たらは見えないかもしれないけれど、こいつ過去は本当にクズ人間だったんですよ」



と、僕のことを他の人に紹介するように、自分でも本当にダメ人間だったと思いますガーン




一時期、借金大王まではいかないけれど、それに近い時期がありました。



消費者金融からお金を借りては返し、また借りては返しをしていました。



劇団ひとりの「陰日向に咲く」の本に出てくるように、あといくら借りれるというのを、あといくら残高があると勘違いしているような時期がありました。


(あの本を読んだとき、わかるわぁーと思いながら読んでました)


(お金が必要となったらATMに行きさえすれば、チーンと言ってお金が次々出てくるわ)


と思っていました(笑)



バイクでレースをしたいけど、お金がないなぁー。



来年にはできるやろ。



と思いながら、翌年も借金に追われ出来ず、



さすがに来年にはバイクレース出来るやろ。



と思いながら、やっぱりその翌年も借金に追われ、出来ないような日々を過ごしていました。



ある時、借りたお金がついに50万円に達した時、



(今月はお金がないから、1万5千円だけ返済しよう。


そしたらまた貸してくれるやろ)



と思って、1万5千円振り込むと、何とそのうち1万2千円近くを利息で持って行かれました!!



つまり、1万5千円ずつ返しても元金が3千円ちょっとずつしか減らない!!



その時笑いが出ました。



これはあかん!!



何とかせねば!!



今度こそ借金を返し、バイクレースをするぞ!!



と思い、それからは毎日、消費者金融のATMに、最後の返済分のお金を振り込み、ATMの前で笑っている自分を想像しました。



そして、一日4時間睡眠で、食事もろくにとらず、アルバイトしまくって、ようやく借金を返しました。



毎日明確にATMにお金を振り込んでいる姿を想像したからこそ、借金を返済し、念願だったバイクを買って、レースに参戦出来たのでしょう。



実はそのだいぶあと、(皆様のご存知の出来事により(笑))人生のどん底に落ち、再び借金大王となった時も、やっぱり毎日ATMで振り込んでいる姿を想像しながら自分を鼓舞し、しんどい時も必死で働いていました。



熱が39度あった時もふらふらしながら仕事してました。




そして、ようやくの想いで最後のお金をATMに入れた時、ATMに感情のない機械声で



「ご利用有難うございました」



と言われた時、もっとねぎらいの言葉はないんかい!!



そんな態度ならもう二度と借りてやらんぞ!!



と思いました。





話が脱線しましたが、598日後は、目標達成して笑おうと思います。




AD
いいね!(13)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

リベンジ・・・



ならず( ̄_ ̄ i)



去る1月25日は、御所オートランドの走り初めに行ってきました。



昨年末、同じく御所オートランドで行われた、エンデューロレースにて、霜と雪でドロドロになった火山灰の粘土質の黒土をうまく攻略出来ず、スタックと転倒を繰り返し、最終的にはエンジンをオーバーヒートさせてしまい、リタイヤしたことが悔しくて悔しくて・・・


今度こそ、うまく走ってやるぞ!!


と乗り込んでみたものの、やはりスタックと転倒の連続で、撃沈させられました(^▽^;)



皆さんが言われるように、路面の悪い日の御所はやっぱり難しいですね。




{3B4C6CF1-C938-46B4-9FEA-6F89AC76C217:01}




ただ、みなさんが口を揃えて、

「この路面で上手く走れるようになったなら、他のどんな路面でも走れるようになる」

と、おっしゃられるので、それを信じて頑張って行きます。


始まりは御所の新年会から




前日の土曜日は、御所オートランドの新年会に呼んで頂き、行ってきました。



そうそう、私事ですが、うちで長く勤めてくれたスタッフが、家庭の事情や、もともと彼が勤めていた業種で独立したいというのもあって、昨年末退職しました。


そんな元スタッフとは、辞めたあとも(と言うか、辞めたあとの方が?)良好な関係で、今回の御所オートランドも、一緒に行きました。



何やら年始早々、肋骨をやってしまったらしく、バイクには乗らないけど、ついて行くとのことで、行ってきました。



新年会の会場には、御所オートランドの常連の方や、コースを管理している方はもちろんですが、町をもっと良くしたいと語る町の職員の方や、町議会議員の方もおられました。



バイクの話も然ることながら、どうしたら御所オートランドがもっと良くなるのかとか、御所オートランドを通じて、町の活性化は出来ないか、町の人口はどうしたら増えるかなどの話が飛び交っていて、なかなか新鮮な会でした。



そうそう、言い忘れてましたが、これまでは仕事用の軽バンに、無理やりバイクを積んでましたが、ハイエースを買いましたので、今回はハイエースで来ました。



{92C7EF67-C171-4078-A02F-EF6E9901871E:01}


軽バンから・・・


↓↓↓



{28C67EC0-68A5-4D35-B9F3-3C6CD867B897:01}

ハイエースのハイルーフ&ロングボディに。


モトクロスパーク古賀で毎週お会いする、柴崎さんからご縁をいただき、土師さんの乗ってたハイエースを譲って頂いたのです。



これまでは、ワイヤーブロックを使ってフロントフォークを無理やりフルボトムさせて、軽バンに載せてたので、中のバネがどんどん傷んでいってる気がしてましたが、その心配がなくなりました。


また、軽バンの仕事道具を降ろしてバイクに積み替えなどに、行き帰りでそれぞれ一時間ずつ要してたのですが、その煩わしさからも解放されました(°∀°)b 





ロングボディなので、四人乗っても、バイク二台余裕で載せれますよー。



任意保険えらい高いですがf^_^;


いよいよ御所オートランドの走り初め





そんな楽しい会もお開きとなり、夜は、コース管理をされている方の素敵な古民家に泊まらせて頂き、皆で雑魚寝をしました。



朝になると、辺り一面に霜が降りてて、銀世界になっていました。



(おっ、これはエンデューロの時と同じコンディションで練習が出来るぞ)


と、期待してコースに。



早速バイクを準備して、コースイン。



(おっ、俺なかなか上手く走れるやん)



と思ったのも一周目まで。



みんなのタイヤが、泥を掻いた二周目以降は、前回と同じく、ズルズル滑って、歩くのも困難な路面に変わりました。



上り坂で、転んでスタックして・・・



やっぱりエンデューロの時の悪夢が再来し、撃沈。



ただエンデューロと違うのは、今回はレースではないので、休憩も出来るし、エンデューロの時のように、コースが一周十数キロあるわけでもなく、またショートカットも好きに出来るので、一回スタックしてしまったら、ピットに戻り、エンジンを休めてやると言う事を繰り返してました。



それにしても、またしてもエンジン掛からん病が再発して来たヽ(;´ω`)ノ


転倒したりして、一度エンジンが停まると、何十回もキックしないとエンジンが掛からない。(;°皿°)


エンジンの圧縮が抜けて来たのか??


途中、コースでご用意されていたおしるこを頂いたりして、やっぱり走っているより、休憩をしている方が長い(*_*)



{4971394D-A313-4582-B0F2-27F057176FB6:01}



ジムでウエイトトレーニングをしたり、ジョギングをしたりを続けてるけど、四年以上もサボっていたので、なかなか体力は戻りませんなぁ。


やっぱり元国際A級はすごい


肋骨が折れてるから、観るだけ。


と、言ってた元スタッフですが、みんながバイクで走り回ってるのを見たら、うずうずして来たのか、


あーぁ、ウエアを持ってくりゃ良かった。


などと言い出してました。



ちょうど、いや本当にたまたま、今回に限って、自分はウエアと、ヘルメットを二セットずつ持って来てたのです。


まぁ二セット持ってるとは言え、ヘルメットはどちらもアメリカから仕入れたものですが、ウエアは、一馬と柴崎さんからもらったものですが(+_+)


普段練習の時は、1セットしか持って行かないのですが、今回に限ってなぜか二セット持って行ってたのです。


貸してと言うので、ウエアとバイクを貸してあげました。



嬉しそうに?コースインした彼でしたが、さすが元国際A級、異常に速い(((゜д゜;)))


スタックもせず、ものすごい速さで戻って来ます。


さらに、ドロドロで誰も飛んでないジャンプ台を、一人ビヨーンと飛んでます。


本当に肋骨折れてるのかよ(;^ω^A



テンション上がって来たのか、何周も走って戻って来ました。



肋骨痛くないや。


と、言ってたけど、あなたそれアドレナリンか何かが出てるだけで、翌日絶対痛いはずですから。


その後は、色々と教えてくれましたが、わたくしはやっぱりスタックしたり、ズルズルの路面にフロントを取られてズッコケたりしてました。


夕方になって、他の人たちが早々と帰り始めたので、


(よっしゃチャンスやー!

これで心置きなくスタックしたり転んだり出来る)



と、思い、一人でずーっとコースを走ってました。


やっぱりスタックすると、後ろの人が待たなくてはならなくなるので、気を使いますから。



それにしても、いつも何故か、夕方になると体力が無くなってもずーっと走り続けれるんですよねー。



走り続けた結果、五回に一回はスタックや転倒をせずに走れるようになりました(*_*)


御所を楽しく走った後は・・・


さて、御所はとても楽しく、練習になるコースではありますが、帰ってきたら、必ずこれをせねばなりません。




{5CC1A177-824D-4B8E-B04D-8F2713AF2FC2:01}




砂がほとんど入っていない粘土質の火山灰なので、バイクの隙間と言う隙間に、ベットリと、そしてぎっしりと土が詰まっているので、外装をバラして掻き出さねばならないのですが、この作業が本当大変です。



この泥のおかげで、走行中、バイクの車重が何キロも増えるので、転んだら重くて起こすのが大変ですし、コントロールも難しくなります。



あぁ、見るのも嫌だ。


綺麗にしたつもりでも、ふとした瞬間に、うえっ、こんなところにも泥がビッシリ詰まっとるとか、発見したりするのです。


あぁ、見なかった事にしたい。


取引先の社長から経営指導



そんなこんな、最近バイクが上手くなりたい。


スーパーモト(今年からMFJでの呼び方がスーパーモタードから変わりました)のレースをしてた頃、


「ロードは速いけど、ダートになるとクソ遅いよね」


などと散々言われてた自分なので、何とかオフロードも速くなりたい。


と言う一心で、毎週バイクに乗りに行ったり、四年以上もトレーニングサボって肥ってる身体も何とかせねばと、ジョギングしたりウエイトトレーニングに行ったりしてます。


が、経営の方は、お陰様で、支えて下さる取引先が多く、有る程度上手くいってはいるのですが、

「従業員を物心ともに豊かにしたい」


と言う思いを、出来てないなりに持って経営をしてたので、年末にスタッフが辞めて一人になってから、少し気が抜けておりました。



昨日、東京からお越しになられた、取引先の一社の社長から、経営指導をして頂き、改めて、自分は経営者であることや、創業当時から理念を持って経営して来た事を再認識しました。



バイクの技術もさることながら、経営者としても、もっともっと成長して行きます。


そして、ゆくゆくは、下火になって昨今閉鎖するコースが増えて来ているモータースポーツですが、そのモータースポーツの発展に寄与出来るようになります。




それでは、今日のウエイトトレーニングは、何かキツくて、おぇーっとなっておりますので、今日はこの辺でパー
いいね!(4)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

またまた更新が遅くなりました。


12月に入って、連日遅くまで仕事をしているもので( ゜∋゜)


たまに早く仕事の手が空く日もあったりもするのですが、その時はくたばっておりまして、更新する余裕がありませんでした。


エンデューロ自体は、12月7日でしたので、あれから二週間も経ってしまい、何だかホットな話題では無くなって居ますが。


結論から言いますと、出場しようと決めてから三週間、これまでほとんど乗らなかったバイクに、週末の度に乗り練習をし、平日は自宅にあるエアロバイクをこいだり、ジムに行ったりと、トレーニングを続けましたが、技術的にも、体力的にも全く通用しませんでした(;´Д`)ノ


雪を含んだ阿蘇山の黒土のコースは、歩くのも困難な状況で、自分の技術では、うまく走れず、スタックに次ぐスタック、転倒に次ぐ転倒と、最終的にはオーバーヒートさせてしまい、リタイアしました(・ε・)


自分が情けなくて、思い出すのも嫌なくらいのレースでしたシラー


が、また行きたい。


次こそはうまく黒土を攻略したいと思います。


{BFDD7414-00ED-4F0B-9AFF-A215D447D697:01}

(画像は24Serviceさんのブログから)




うーん、それにしても、あんな路面をどうやったらうまく走れるのだろうか。

自分はスタックしまくって、また転びまくってるのに、上手い人は、そんな路面でもスムーズに駆け抜けて行くんですよね。


あまりにもスタックをするものだから、エンジンがオーバーヒートし、転んだあと、何度キックしてもエンジンが掛からず。


数十回キックし続けてようやくエンジンがかかっても、キックで体力を使い果たしてるので、走り出しても暴れるバイクに上手く身体が反応せず転倒し、またエンジンが掛からずの繰り返しでした( ゜∋゜)



また、バイク自体にドロドロの黒土がまとわりついて、めちゃくちゃ重くなって、そんなバイクを上手くコントロール出来ませんでした。


{23DBE176-08B3-4C4A-A52D-842035FE0ED9:01}

(走行前)



{5334C0AB-8029-4A15-A773-6852BF0E9116:01}


(走行後)



とにかく練習あるのみですねシラー


てなわけで、明日はまた古賀のモトクロスコースに行って来ます(・∀・)


午前中は仕事のご依頼を頂いてるので、午後から行く予定ですが、予報によると、午後からは天気が悪いらしく、マディとなりそうです。


マディ走るのは良いのだけど、後の洗車が叫び


では明日楽しんで来ますニコニコ
いいね!(12)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、気が付けば、前回のブログの更新は去年の八月ですので、一年以上も放置してましたガーン




最近はFacebookばかりやっているのでf^_^;




(とか何とか言いながら、ここのところFacebookも滞りがちですが叫び






このブログはもともと、モタードレーサー高橋 大としてのブログでしたので、2009年のシーズンを最後に、活動を休止してから、特に書くことがなくて、気が付けば放置となってましたしょぼん




今回もどこから書いたらよいものやらf^_^;






とりあえず、軽く近況から書くと、2010年、レース活動を続けて行くには、資金的に難しいと判断し、活動を休止しました。




(正確には、2010年と2012年に、全日本スーパーモタードの、九州ラウンドには参戦しています)






その後、自分で招いた事とは言え、同年中にとんでもない大変な時期がやって来て、苦難の一年となりました。




2011年以降は、その大変だったことを乗り越えた力と、たくさんの方々の支えのおかげで、毎年飛躍の年となりました。






今では、東京の不動産会社の社長様や、福岡で三百名を超す従業員を抱えるこちらでは有名な飲食店の社長様、大きな負債を返済し、今は中洲で繁盛店を経営する社長様、その他多くの素晴らしい方々から、気にかけて頂けるようにもなりました。






2014年、つまり今年は、どこのお寺や神社に行っても、小厄とか、八方塞がりとか書いていて、


1年が始まる前は




(これまで、自分は、様々な試練を乗り越えて来たなー。


あらゆる生物は逆境の時に成長し、順境の時に衰退すると言う青木先生の言葉の通り、苦難があったからこそ、ここまで成長したんだから、八方塞がり大歓迎やし!)




とか思っていたのですが、1年が始まってみると、次々と問題が発生し、恐怖で動けなくなっているにも関わらず、さらに輪をかけて新たな問題が発生したり。




あまりにも次々と問題が起こる事に対して、笑いが出たりの毎日を過ごしています。




そんな折、今年の七月には、ようやく自分の好きなように、自由に車を運転出来る状況になりましたが、どうもバイクには乗る気になれず、日々忙しく過ごしていました。







今月の始め、またしても、




(おいおい嘘だろ、本当勘弁してくれよ)




と、言いたくなるような問題が発生し、悩んでいたところ、うちのスタッフが




「たまにはバイクでも乗って来たらどう?」




と、言って、車にバイクを積んでくれたので、あまり気が進まなかったけれど、久しぶりにバイクに乗りました。





{02E1A95E-F5A4-4FD0-A81B-16074E319C5F:01}







1年ぶりにCRF君に乗るので、慣れたコースが良いだろうと思い、フィールド佐賀大和に行きました。






(KTM250SX-Fには、半年前に少し乗りました)






が、久しぶりに行ってみると、コースが逆回りになっていたり、ウオッシュボードみたいな奴が新設されてたりと、コースが全く変わってたガーン



{7FFAE8ED-5F19-464F-9BC9-4BE5D594B0B2:01}







2011年からは、車の助手席に乗って、あれこれ指示をしたりするようになり、自分であまり動かなくなり、運動も怠惰でやめてしまってたので、体力がガタ落ちしていた事もあるし、


久しぶりにバイクに乗ることもあるし、




元々オフロードは得意ではないことなどが手伝って、恐怖心が先立ってしまい、全く上手く乗れませんでした。




(もう、乗れん!




今日は辞め!


諦めて温泉でも行こう)




と、早々に切り上げました。






それが、今月の初めの出来事です。






とにかく体力の衰えを痛感し、ここ二ヶ月くらい、自宅でちょこちょこトレーニングをしてたけど、そんなレベルじゃ到底体力を戻すことは出来ないと思い、ジムに通い始めました。




翌週は、仕事でバイクに乗れず。




その翌週、つまり今週の日曜日は、古賀のモトクロスコースに行きました。


{67862F0B-FFF2-428F-BF1B-B942F1207A4F:01}










走り出すと、前回と同じですぐに腕上がりが起こり、息も続かず、ヘロヘロになりました。






(やっぱり、体力ないなー。




全く上手く乗れねえや)




と、思って若干意気消沈ガーン




そんなこんなしてる時に、その日コースで再会した、高村兄さんから




「12月7日のエンデューロに出ないか?」




と、誘われました。




聞くところによると、三時間のレースだとか。




自分の性格上、何かこう、劇的な負荷を自分に掛けない限り、ダラけてしまい、なかなか体力は戻せないだろうと思ってたところに、お誘いが来たので、


「面白そうですね、出ましょう」




と言ってしまいましたガーン




ただ、一つ言えることは、クソ体力のあった2010年の冬に出場した、グリーンバレーの90分のレースでも、ぬかるんだ火山灰の土質にやられ、何度も転び、転び過ぎて、どれだけキックしてもエンジンが始動しなくなり、リタイヤしたのです。




距離にすると、90分で上級者が50キロ程を走破する中、自分は15キロ程しか走れませんでした。




そんな苦い思い出のあるエンデューロ。




なのに今回は、この体力が衰えきった身体で、あの時の倍の時間走るレースなので、どうなることやらあせる


レースまで三週間しかない。




(体力戻せるどうかではなく、戻すと言う気持ちでやるしかない。




上手く乗れねえなんて言ってる場合やなくなったぞ。




腕が上がっても、息切れしても、なるべく操作出来る状態まで、今日中になろう)




と思い、その日はヘロヘロになりながらも、走り続けました。


目標が出来たのが良かったのだろうか、その日の夕方には、ようやくスムーズに走れるようになって来ました。




何だか、久しぶりにバイクが楽しいと感じるようになりました。




こんな感覚何年ぶりだろ。




それから今日まで一週間経ちましたが、何とか体力を戻すぞと、サボることなくトレーニングに励めてます(^^)




ジムに行ける日はジムに行き、仕事で遅くなって行けなかった日は、昔買ったものの、自分の店で埃をかぶってるエアロバイクでトレーニングをしてますニコニコ



{ABD77C69-8172-446E-9B9F-1C1B7A49582D:01}





これまで運動をサボっていたので、トレーニングの疲れで寝坊をした日もありました。






まぁ、一週間ではほとんど変化はないでしょうが、明日はいよいよ残り二回しか出来ない練習のうちの一回です。




前回と同じく、古賀のモトクロスコースに行こうと考えていますニコニコ




今年は、たくさんの試練の中で、色んなチャレンジをしています。




防犯設備士の資格を取得したり、


子供の頃から数字がとにかく苦手なので、それを何とかしようと、簿記三級に挑戦したり。




簿記に関しては思い立ってから試験まで2ヶ月間しかありませんでしたが、独学で勉強し、合格率60%のところを見事に合格したりしました。




余談ですが、簿記の試験の前日、自分で模試をやってみたところ、70点以上で合格のところ、30点しか取れませんでしたf^_^;




それで焦りまくって、当日の試験までに問題集を解きまくったおかげで、試験は96点で合格出来ました(^^)




長々と書いてしまいましたが、今回のエンデューロも、チャレンジの一環かなーなんて思っています。






いやー、それにしても長い文章だ。




ここまで読んだ人がいるかどうかわかりませんが、もし読んで下さったなら、お疲れ様でしたと言いたいですシラー



とにかく明日楽しんで練習してきます得意げ
いいね!(15)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は、福岡市とWe Love天神協議会による社会実験、水辺のビアガーデンに行って来ました(^^)




水辺のビアガーデンとは、福岡市中央区西中洲にある、水上公園で行われているものです。


社会実験の内容
社会実験の内容を自分なりにまとめた事を書こうと思います。



水上公園は、福岡の都心と言う好立地にありながら、ほとんど利用されていないのが現状のようです。



今秋、その水上公園は、下水道の工事のため、一旦取り壊されるのですが、工事完了後、どのような形で再生すれば活気付くのか、その事を探るための社会実験のようです。



かく言う自分も、福岡に来て15年。


水上公園に行った事は、これまで一度もありませんでしたf^_^;



その道はさんで向かいのところは、トイレがあるため、中洲に飲みに行く前にトイレを利用したり、彼女と待ち合わせ場所に使ったりしてたのですが、水上公園は本当存在感が無くて…



行こうと思った事はこれまで一度もありませんでした。



と、言うより、存在そのものがわからなかったと言う方が正しいかもしれません。



社会実験の参加
そんな水上公園で行われる水辺のビアガーデンに参加しようと思ったのは、彼女に、この社会実験の話をしたら、行きたいとの事だったし、スタッフの誕生日会も仕事で伸び伸びになっていたので、誕生日会も兼ねて行ってみよう。


行ったら楽しいのではないかなと思い参加しました。



参加した感想
水辺のビアガーデン、本当に楽しかったです。


機会があれば、ぜひみなさんも行ってみて欲しいと思います。



開催は8月19日から30日までの、平日のみの10日間しかないので、興味のある方は、絶対時間を空けて行くべきですニコニコ



もう二度と開催されないかもしれないのでf^_^;



詳しくは

水辺のビアガーデン 福岡市

とか、
水上公園社会実験 福岡市

とか、
We Love天神

で検索したら予約の電話番号など、詳しいページが出てくると思います。


福岡市のホームページからも行けると思います。




さて、まずは予約から
この社会実験は、前日の15時までの予約が必要です。



一組2~6名までで、一日6組限定です。



18時~21時まで開催で、二時間飲み放題と、溶岩プレートを使ったバーベキューが付いてお一人3500円のお値打ち価格でした。



自分は前々日の日曜日に、予約の電話を掛けて、火曜日の予約を取りました。



しかし、人数の変更があり、前日変更の依頼のため再び電話をしたのですが、それが良かった。


何と、予約が水曜になってたのです!!



ちゃんと火曜日に変更をしてもらうことが出来、事なきを得ました得意げ



あぁ、たまたま人数の変更があって良かったなぁーと思いました。



ところが、そこから先が問題でした…




その日の夜、担当の方からお電話があり


『水辺のバーベキューですが、火曜日と水曜日、両日予約が入っているのですが、二日ともで間違いなかったですか??』



と、言われましたガーン



いえいえ、火曜日だけですよとお伝えをし、電話を切りました。



すると、自分はもう一つ携帯を持ってるのですが、先ほど電話が掛かって来た電話とは別の電話に



『水曜日のバーベキューの予約の件ですが…』



と、電話が入りましたf^_^;



いやいや、さっき、火曜日だけですってお伝えしましたやんシラー


自分は予約の際、iPhoneで予約先の電話番号を表示しながら、もう一つのガラケーで予約の電話を掛けました。



連絡先を聞かれたので、ガラケーの方は仕事用なので、iPhoneの番号をお伝えしておりました。



だから、着歴と自分が伝えた番号と、二つがごっちゃになったからなのかなんなのか、とにかく予約の件でと、二回も連続で電話が来ましたf^_^;



のっけからちょっと不安になりましたガーン




でもいいんです、社会実験ですから(笑)



社会実験当日
こうして、ちゃんと予約になってるかなと若干不安になりながら会場に行くと、ちゃんと予約が通っておりました。



{AB6B330E-5036-4253-A1F2-1DBB1167FAA0:01}




こんな早い時間にお店を閉めたのは、初めてかもしれません。




商売をしている以上、売り上げも大事ですが、スタッフの慰労も大事です。



まだ明るい時間から、始まったのですが、ロケーションも最高で、何と無くみんなテンションアップニコニコ




バーベキューの量は、少ないかなーと思っていたのですが、飲み放題でビールばかり飲む大人には、ちょうど良い量でしたニコニコ




{F368A2D4-CA8D-43ED-B9AB-F62E9B27A9B1:01}







{3AE1A86D-C18D-46CC-95A2-D31AE258A6BF:01}





景色も最高っっ!!



特に日が暮れた後は中洲の灯りが輝き、良かったですニコニコ




{0634CD96-4D3A-43AF-994E-0AA142DFDC60:01}





{3B399F0F-E0D4-40F1-A893-5F924E170B16:01}





いやー、ビールが進みましたねぇーニコニコ




{3871B13D-501F-4C5F-BAD6-7FFBFDBD4CF8:01}




みんなも喜んでくれて、最高の誕生日会になったのではないでしょうか。



こんな素敵な社会実験をしてくれる福岡市は最高ですっっ!!




もともと、福岡に単身で来たくせに、あまり福岡は好きではありませんでした。



が、近年は、福岡市の様々な取り組みが好きになり、今では福岡市民よりも、福岡の事に詳しくなりつつあるような気がします。



明日からまた東京です。
ところで、前回のブログは、成田に着いたところで終わっておりますが、あれから、東京や福岡で、様々な研修や、セミナー、勉強会に出かけております。


今回が三回目の東京研修です。



自身と家族、スタッフとその家族、また自分に関わって下さる方々、自分を育ててくれたモータースポーツの発展のために、もっともっと、成長していかねばなりません。



と、言いながら、ここのところ、うちのエアコンが壊れておりまして、室温が夜でも32~33度の日が続き、なかなか寝付かず、日課だった6時に起きて勉強が、出来ておりませんガーン



この博多の家は、窓用エアコンしか付けれないのですが、夏真っ盛りのこの時期は、どこも窓用エアコン売り切れてるんですよガーン


今年は、何とか気合いで乗り切るしかない!!



そんなわけで、明日は7時の飛行機で東京に行き、すぐに研修に入るため、寝苦しくはありますが、寝ます。



おやすみなさい!!



いいね!(17)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

いやー、飛行機の乗り方がわからず、一人で焦りまくったスタートでしたが、無事に成田に着きました(^^)



人生三回目の飛行機ですが、数年前、務めてた会社で東京に行った時は、上司が手取り足取り教えてくれたのでスムーズに乗れたのですが、今回は全くの一人、しかも、数年ぶりの飛行機で、おどおどしてましたf^_^;)



わたくしの悪い癖で、事前に細かくチェックしない人なので、ツアー内容をあまり見てなかったので、飛行機はANAだと思ってました。



福岡空港に行って、とりあえずANAの所に行って、チケットを見たら、実はJALだったf^_^;)




みんなに、


『ジャランのサイトからANAのサイトに飛んで、そこで品川のホテルと航空券買ったらめっちゃ安かったんですよ!!』




とか、さんざん言ってたのに、実はANAのサイトではなくて、JALのサイトだったのね。。。



マークが赤かったから、赤イコールANAだろと勝手に思い込んでいました。





photo:01






そんなこんな、福岡空港に着いて、初めて気づいた。




『あ、やべっ、メガネ忘れた』




と。



いや、普段眼鏡掛けないのですが、セミナーなどの時は眼鏡を掛けて出かけるのです。




しかし、普段掛けないものだから、すっかり忘れてましたf^_^;)






まぁ、眼鏡なくても結構見えてるからまぁヨシとしよう。





おっちょこちょいの自分が、忘れ物メガネ一つだけだったなんて、素晴らしい!!




いつも二~三個何かしら忘れる人なので、メガネ一個だけとは、素晴らしいなと、自分を褒めたいと思います(^^)




まぁ、でも、忘れ物のないように、夜中何回も起きてチェックしたのに、やっぱり何か忘れてるのね(>_<)






さて、その後、JALの窓口?に並んで、カウンターの人に



『成田行きですね』




と言われ、




(何間違ってんねん、この人)




と、思って、チケットを見たら成田行でしたf^_^;)





実は、到着は羽田だと、勝手に思い込んでいたため、みんなに



『羽田着なんですよー』




と、言ってたんですが、これも間違いでしたf^_^;)






でも、帰りは羽田発なんです。




なんで着だけ成田なんだf^_^;)





そんなこんなありつつ、無事に成田に着いたのですが、預けてた手荷物がどこからいつ出て来るのかわからない。




人に付いて行けば何とかなるだろと、飛行機を一番最後に降りたのに、その順番のままバスに乗せられた関係で、ターミナル?に着いて一番最初に降りさせられたので、テンパりました(>_<)




とりあえず、人に着いて行こうと思ったのですが、外国人ばかりf^_^;)





みんなそのまま出口に行ったので、付いて行きかけたのですが、いや、何かおかしいと思い、とりあえずトイレに行き、出て来たら、荷物が流れてました。





いやー、参った参った。






それにしても、生まれて初めて空から下を眺めました。





photo:02









photo:03







改めて、日本てやっぱ山があり海がありで良いですねー。





まぁ、海外と言えば淡路島しか行った事ないから、他の国の事知らんけど。





自分が創業してからの目標の一つに、100人の人を雇って、その100人を幸せにすると言うのがあります。





もし、その100人全員に、安心で健康に暮らせるような環境を提供出来たら、その人たちの行動を通じて、日本はもっと良くなるだろうか。











そう考えると、今自分の取ってる普段の態度などを思い返すと、家族やスタッフや彼女や取引先の方々や、お客様を幸せに出来てないなぁーと実感。






タイミングが少し悪かったら死んでた系のクラッシュを二度ほど経験し、それでも天に生かされて居る自分なので、これから何十年も先も、生きているだろうと、何となく思っているけれど、もし、あと命が一ヶ月だとしたら、日々の行動が変わって来るだろうなーとか思いました。






松下幸之助さんの言葉に、十年平凡に務めている人と、大きな感動を何度も経験してる勤続2~3年の人では、2~3年の人の方が多く経験を積んでると言うような言葉が確か会ったような気がします。





今日、飛行機の窓から初めて景色を見て、感動する事が出来ました。






自分が東京に行っている間、残った仕事や、新たにお客様から頂いた仕事を言い付けて、快く(内心ビビってるかもしれませんが)引き受けてくれてるスタッフの為にも、ここで、大きく成長をせねば。





そして、今はモータースポーツから遠ざかってますが、最終的にはモータースポーツの発展に貢献出来る人間にまでならねば。





そんなわけで、ただいま、公私ともに大変お世話になっております、株式会社ライズグループさんの東京本社に向かっております。





それにしても電車人多っっ!!





無事に着くのでしょうか(>_<)







iPhoneからの投稿
いいね!(0)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今夜はスタッフさんと、初めて立ち寄った居酒屋さんで一杯引っ掛けましたニコニコ




photo:01







CSはESから。


(customer satisfactionは employee satisfactionから、顧客満足は従業員満足から)




僕が二十歳の頃、もう14年も前に、たまたまブックオフで105円で買った本に書いてあった言葉。




いつか、自分で経営するようになったら、この言葉を胸に頑張ろうと、二十歳の自分は思った。




そして、実際、今の自分はそれを胸に、今日まで来たつもりでした。





しかし、青木 仁志先生の、物心両面での豊かさと言うお話を聞いて、あぁ、自分はES出来てないなと思いました。




と、言うのは、僕はこれまで、お金さえ、多く払っていれば、相手に満足していただけるだろうと考えて居たところがあります。





親にも、仕送りさえ送れば良いだろう、従業員にも、給料を多めに払えばそれで十分だろうと考えてる節があるなと気付いたのです。





それはそれで良いことなのかもしれませんが、心の豊かさと言ったものは、実は、これまで考えた事がなかった。




自分自身が、お金がなくて、飯を食うのにも、生きていくのにも不自由な思いをした経験が数回あるため、お金がたくさんあれば良いだろうと言った考えを多少なりと、いや、かなり持っておりました。





今、自分は、有難い事に、物心共に、同世代の人々から比べると、豊かな暮らしをさせて頂いております。





それは、スタッフがしっかりと働いてくれているから。






物心共に豊かな暮らしと言う、青木先生のお言葉を聞き、そのような思考回路が出来上がった今となって考えてみると、物の豊かさは、まだまだではあるけど、それなりには提供出来ていると思う一方で、心の豊かさは、全然提供出来てないなと思いました。






CSはESから。





では、本当のESとは何だろう。




考えていかねばなりません。





僕のお店は、お客様に喜んで頂けるような営業を心掛けているので、社会にとって必要なお店だと、本気で思っております。




そう言うわけで、お店は、社会に大きくして頂いております。




また、僕自身も、そんなお店とと、スタッフに大きくして頂いております。




企業は生き物。




僕を大きくしてくれるお店と、スタッフに、敬意を持って接する事の出来る人間にならねばと、思いました。





そんなわけで、まだまだ及ばずながら、自身のミッションを達成出来るような人間になるため、もっともっと大きくなろう。




会社は、経営者の器以上に大きくならないと言われます。




自分のミッションを達成するには、お店にもっともっと大きくなってもらわねばならない。




そのためには、自身の器をもっともっと大きくせねばならない。




家族、スタッフ、お取引先、僕に関わって下さる皆さまに、物心両面での満足を提供出来るようにならねばならない。



そう感じました。





と、言うわけで、今夜は良く飲んだので、ここらあたりで寝ます。




おやすみなさい。








iPhoneからの投稿
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
去る4月27日、福岡で初開催となった、マーケティング大学の第一回目を受講してまいりました。





まず最初に書きたいことは、とても楽しいセミナーだったと言うことです。





こんなに楽しく、また濃い内容のセミナーは初めてだったかもしれません。





お誘い頂いた、東京の株式会社ライズグループの黒沢社長様にはとても感謝致します。





昨年、税務署であったセミナーに行った時は、たった一時間のセミナーだったにも関わらず、眠たくて眠たくて仕方なく、俺ってほんまに勉強あかんなぁーと思ってました。





その時はあごひげを何度も引っ張り、痛みで目を覚まし、必死で起きてました。





今回も心配だったのですが、このセミナーの受講生はみんな、経営者だったり、モチベーションの高い従業員さんだったりで、刺激がすごく、とても楽しく、細胞の全てまで活性化したような感じで、ワクワクしっぱなしでした。





基本引きこもりの自分ですが、活き活きと発言が出来ました。




朝から夕方までみっちりとあったセミナーでしたが、楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいました。










4月のはじめ頃、東京の黒沢社長から、



「マーケティングの勉強はどこでされましたか?」




と、お電話を頂いた時




”ん?マーケティング??



なんだそれ??”








とか思ってたくらい、マーケティングなど馴染みがなかった自分ですが、今回のセミナーでずいぶんとわかって来ました。




(と言うか、ダイエーとかがやってるものだろうとか、何となく思ってたくらい、そもそもマーケティングと言う言葉自体を理解しておりませんでした。)









セミナーの講師である村松氏から特別に、お書きになられた本を事前に頂き、その本がすごく楽しかったこともあり、普段は朝なかなか起きない自分であるのに、セミナー当日は、朝早くからシャキッと目が覚めました。





前夜遅くまで飲んでたにも関わらず。






バイクでサーキットに行く日でさえも、なかなか起きれない自分なのに・・・






レースに参戦していた時は、いつも一番最後までテントで寝ていました(^▽^;)









頂いた本の開いたすぐのところに、自分にグサリとくる一文が書いてあり、それを読んだ瞬間、その本にグッと引き込まれたのです。







その一文を原文のままここでご紹介したいと思います






”社長の立場からすると、経営の苦しい状況であればあるほどそこから脱却しようとして、ある日突然、新しい商品を思いついたり、人から新しいビジネスをすすめられたりすると、頭の中がそのことでいっぱいなってしまうものです。
そして、一日も早くそのビジネスを開始したいという気持ちになります。



・・・中略・・・



ポジティブな意見にばかり耳を傾けるようになり、成功の夢に酔ってしまいます。「きっと売れる」「売れるに違いない」と。こうして周りが見えない状態になります。そしていざ事業をはじめたもののなかなか売れず、バイヤーや消費者などに受け入れてもらえない事態になって、はじめて厳しい現実に引き戻されていくのです。”





と言う一文です。





そうそう、全くその通りだよなー。





”俺の勘に間違いはない、成功するはずだ”




と、毎回後先考えず、勘だけを頼りに無鉄砲に突き進み、失敗ばかりして来た自分は、とても共感しました。






結論、マーケティング能力が足りなかったのだとわかりました。





てっきり、自分の勘が悪いのだ、先見の明が無いのだと思ってました。






それで、数十万の損失を出していたと言うのに、失敗も勉強だしまぁいいやと、軽い気持ちでしか考えておりませんでした。






頂いた本、講師の村松氏・吉田氏の著書”儲ける会社!が知っている 結果の出るマーケティングのやり方・使い方”はこちらです。



儲ける会社!が知っている 結果の出るマーケティングのやり方・使い方 (アスカ・ビジネス)/明日香出版社

¥1,575
Amazon.co.jp






このように、事前に頂いた本を読み、ワクワクした気持ちのままセミナーに行ったので、とても楽しむことが出来ました。








色々と教わったのですが、初めに”気づき”、”想い”がまず一番大切だと教えて頂きました。






改めて思い直すと、自分が創業した時の気付きが、今カギの救助隊福岡で掲げている企業理念である




”確かな技術と安心低料金で、お客様の暮らしをサポートする”





に反映されています。







自分は創業当時、とある大手をうたう業者の孫請けをしていました。





その会社では、お客様から電話で問い合わせがあった際、作業料8400円からとご案内するのですが、元請け、そして下請けの両方からピンハネをされる孫請けの立場からすると、8400円では、赤字が出てしまいます。





その為、現場で18000円程に釣り上げるのですが、8400円前後で考えていたお客様からすると、いきなり一万円近くも高い金額を告げられ、気の弱い女の人などは、とても悲しそうな顔をし、断る勇気もなく、渋々料金を払われます。





(全てのケースでそこまで高額になるわけではないのですが、その会社の方針で、金額の大小はあれどやはり現場で値段は上がりました。



また、大手をうたう会社の全てがそのような業者ではありませんが・・・)






その時に、あぁ、こう言ったある意味不誠実な仕事の仕方ではダメだな。





と、気付き、カギの救助隊福岡では、最初から金額をきちっと説明するようになったのです。





また、お客様のおうちに行くと、



「他店で鍵開けを頼んだらこうなったのよ」



と、なぜかグラインダーでドアが傷だらけになっていて、お客様が悲しんでおられたり・・・



「他店で補助錠の取り付けをしてもらったけどグラグラなのでみて」と言われお伺いすると、雑な工事をされていたりと言う現場に出くわすことがあったりし、
うちではきちっとした作業をしようと決め、その結果出来上がったのが、今の企業理念です。







長々となってしまいましたが・・・






このマーケティング大学は、ひと月に一回、合計四回あるセミナーなのですが、第一回目から内容が濃く、今月開催される第二回目がとても楽しみです。







さて、セミナー受講後は、ぶっきら坊豊竹竹乃屋などを展開されている株式会社タケノの竹野社長に、村松氏・吉田氏の両講師を交えた食事会に誘って頂き、そこでも大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。







最後までちょこちょこと、自分の事を気にかけて下さいました、株式会社ライズグループの黒沢社長にはとても感謝です。








食事会のあとは、同じく受講生の、中洲で遊食亭を経営されてる木戸社長のお店にお邪魔させて頂き、そこでもまた刺激のあるお話を聞かせて頂きました。








最後に、株式会社ライズグループの今富取締役様と、行きつけの中洲のマティーニで一日を締めました。








今でも、思い出しただけでもモチベーションが上がる、とても良い一日でした。







来週からは青木仁志先生のセミナーなどの為、一週間ほど東京に行ってきます!!






昔東京で勤めていた会社にも久しぶりに寄ろうと思います。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。