政府は11日午前の閣議で、2010年版自殺対策白書を決定した。09年の自殺者数が前年比596人増の3万2845人と12年連続で3万人を超え、白書は「大変憂慮すべき状況」と強調。警察庁などが行った自殺者の職業や年齢、自殺が増える時期などの分析結果を紹介しつつ、実態に応じた対策を講じるよう地方自治体に求めている。
 09年の自殺者の内訳は、男性が同641人増の2万3472人、女性が同45人減の9373人。特に40~60歳代男性の自殺が多く、自殺者全体の40.8%を占めた。職業別では「無職」が57.0%で最も多かった。自殺者数は03年の3万4427人をピークに高止まりし、09年は2年ぶりの増加だった。 

【関連ニュース】
自殺者の6割、薬過剰摂取=目立つ若い世代
パワハラでうつ病発症、自殺=市課長の公務災害認定
40代自殺の増加幅最大=20~30代は過去最悪-12年連続3万人超・警察庁
4月の自殺者2493人=警察庁
うつ病対策、法改正含め検討=全国的増加に対応

酒井法子のバカ夫が、中国ニューリッチの罠にハマる!?
裁判員裁判 自称「ラインハルト」に実刑(産経新聞)
7月17日から新免許証、裏側に臓器移植欄(読売新聞)
<中教審>教員資質向上へ集中審議(毎日新聞)
注目の若手俳優・戸谷公人が仮面ライダーから理想の彼氏に変身!?
AD