政府と民主党のマニフェスト企画委員会は7日、都内のホテルで、党所属地方議員から参院選マニフェスト(政権公約)への提言を受けた。地方議員側は、郵便貯金の預け入れ限度額を1千万円から2千万円に引き上げる郵政事業見直しについて「限度額引き上げは理解できない」と提言した。政治とカネの問題でけじめをつけることを求めるとともに、「民主党らしさ」を示す法改正として「夫婦別姓」と「取り調べの可視化」を提案した。

【関連記事】
郵政見直し法案 「改悪」の本質を見極めよ
出来レースだった「郵政見直し」 40万の郵政票狙い
郵政見直し「理解に苦しむ」、経済同友会代表幹事
全国銀行協会長、奥正之氏 郵政見直しで民間金融崩壊も
経営チェックは人選次第の危うさ 郵政改革法案概要発表
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

弁護士増に対抗 「士業者」連携 顧客つかめ 司法、行政書士ら横断型サイト(産経新聞)
介護マンション契約金詐取 失意の被害者「よいこと尽くしだと思ったのに」(産経新聞)
「地球を覆うほどの愛で」谷亮子氏が参院出馬、現役続行も表明(産経新聞)
「来年、るみ子から花もらいたい」=母の日に拉致被害者宅を訪問-鹿児島(時事通信)
連続講座第8回は「庭園論」テーマに(産経新聞)
AD