国民生活センターは21日、風呂に入れるとラドン、ラジウム温泉になるとうたった鉱石やセラミックボールなど10商品をテストした結果、すべてのラドン、ラジウム濃度が温泉法の基準を大幅に下回った、と発表した。神経痛やアトピー性皮膚炎などへの効能をうたう商品もあり、センターは景品表示法や薬事法に違反する疑いがあるとして、消費者庁などに監視・指導を要望した。

 調査は、ネット通販されている10商品を選び、湯を張った浴槽で実施。全商品とも、ラドン濃度は水道水と同じレベルで、ラジウム濃度も温泉法の基準の100分の1未満だった。放射線量は微量で人体への影響はないという。

 同センターには、入浴用のラドン、ラジウム関連商品の相談が04~09年度に計387件あり、うち約8割が訪問販売の商品に関するものだったという。30万円以上で購入した事例が約半数を占め、同センターは「広告に惑わされないように」と注意を呼びかけている。【遠藤和行】

【関連ニュース】
神奈川県箱根町:満開のソメイヨシノが雪化粧
雑記帳:静岡県立大の大学院生、伊東温泉で芸者デビュー
掘り出しニュース:山口・湯田温泉の「白狐まつり」盛大に ゆるキャラ縄跳びも
かながわ遊ナビ:湯河原・湯かけまつりで女性神輿体験ツアー--来月22日 /神奈川
デフレの深層:/4 宿探しサイト全盛 1泊2食無料、さらに109円

女性の路上死、殺人容疑で28歳会社員逮捕(読売新聞)
将棋 久保王将「楽しみながら努力」 就位式に300人(毎日新聞)
<口蹄疫>疑いの強い牛や水牛見つかる 5、6例目…宮崎(毎日新聞)
ギョーザ中毒で日中警察会議(産経新聞)
<事業仕分け>調査員の1年生議員、力量試される?(毎日新聞)
AD