1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-01-07 14:24:11

Z

テーマ:ブログ
明けましておめでとうございます。

当初三年という目標を立てて始めたブログですが、おかげさまで三年間続けることができました。
本日をもって目標達成ということで、悩んだ挙げ句、一つの区切りとしてこのブログを終了することに決めました。

始めたばかりの時の読者数は片手で数えられるくらいでしたが、三年経った現在では更新日に100人近いアクセスをしていただき、読者の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。小学校の頃から文章を書くことが苦手で、更新頻度も月一回と少なく、ブログ自体もかたい内容のものばかりでしたが、お付き合いしていただきありがとうございました。

このブログでの最後のメッセージは、「一度決めたことを最後までやり通す」ということです。
BROZERS'のアルファベットのZにはその意味が込められています。

目標が大きければ大きいほど、障害も沢山あります。途中で失敗したり、投げ出したくなったり、言い訳したり、人を憎んだり、もうこれ以上やっても何も変わらないと思ったり、自暴自棄になったりと、人生におけるあらゆる感情を経験していきます。

常に山の頂上を目指し、あらゆる困難とあらゆる感情を通り抜け、目標に向かって一歩づつ進んでいけば、それが事業の成功であろうが、子育てであろうが、社会をよくすることであろうが、何であれ自分が目指す到達点に必ず到着することができます。

いくらかっこいいことを言ったとしても、いくら最高のアイディアを持っていたとしても、いくらお金やコネがあったとしても、何かを起こそうと決め、喜びも悲しみも全て受け入れ、成し遂げるまでやり続けることのできるガッツのある人だけが、大きな成功を収めます。始めから全てがうまくいくことなんて有り得ません。そこには血のにじむような努力があるのです。人は何を語るかではなく、何を成し遂げてきたかでその人の価値が決まってきます。困難に陥った時は、自分のあり方ややり方を見直すチャンスです。それを忘れないでください。

それではこれで終わります。今後の皆様の成功と繁栄をお祈りしています!


追伸

今後はこのブログで培った経験を生かし、新たな挑戦をしていきます。
その時はまたこのブログでお知らせしていきますので、どうぞよろしくお願いします。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-12-10 19:27:05

成長

テーマ:ブログ
今年2013年も残り20日ほどで終了します。

今年の始めにブラザーズの社員全員に抱負を書いてもらいました。
先日のミーティングで各店長に今年掲げた抱負は実現しているかどうかを確認するため、
今年の始めにそれぞれ書いてもらった抱負を読み返してみました。
私から見た印象はそれぞれが掲げた抱負を随分前に進めたなぁと感心しました。
部下が仕事を通して成長することは、何よりもうれしいことです。
また、それぞれが新たな体験や失敗を繰り返す中、
毎日一生懸命に取り組んだからこそ前に押し進めることができたのだと思います。

成長とは、

1 人や動植物が育って大きくなること。おとなになること。
「子供が―する」「ひなが―する」「経験が人を―させる」
2 物事の規模が大きくなること。拡大。
「事業が―する」「経済の高度―」

おかげさまで、今年も増収増益を6年連続で達成できたので、会社の事業規模としても
成長できました。会社の方針でもある「人の成長が、会社の成長」、それぞれのスタッフが
何らかの自己成長を遂げたからこそだと信じています。

個人が「成長」するというのは、個人の器が「大きくなる」とも言えますし、観察力が「増す」ことかもしれません。それは人に対して「より」正直になることかもしれないし、徳を「積む」ことかもしれず、また今までできなかったことが出来ることを意味するかもしれません。

私は、個人が成長するという時に、その人の直面能力が増すこと(人やモノに楽に向き合うことができること)、そして人に対する愛情が高まることを意味するのではないかと思ってます。簡単に言うと、人としての勇気のレベルと愛のレベルが高まることです。それは人を助けたり、役に立ったりする上で、自分に打ち勝ち、乗り越えられない障害を乗り越えた時に起こることではないでしょうか。

何らかの抱負を掲げた方、まだ滑り込みで間に合います!
皆様の成功と繁栄を心よりお祈りして、今年のブログを締めくくりたいと思います。
少し早いですが、良いお年を!

p.s 今年もこのブログが書けたのも、読んでくれるたくさんの方たちがいるおかげです。どうもありがとうございました!

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013-11-09 19:12:15

無駄

テーマ:ブログ
経営において、無駄なことを出来るだけ取り除くことはとても大事なことです。無駄とは「役に立たないこと。それをしただけのかいがないこと。また、そのさま。無益。」とあります。「無駄な時間を過ごす」、「お金を無駄に使う」、「やったことが無駄に終わる」、「無駄に人が多い」などなど。「人生において無駄なことなど何一つない」という言葉が正しいかどうかは別として、日常生活の中で無駄なこと、すなわち何の役にも立っていない状況はあるでしょう。

例えば

工事中の警備員が行き行く人の道の妨げになっている(仕事の無駄)
誰もいないのに電気をつけっぱなしにする(エネルギーの無駄)
ある商品を多く注文しすぎてしまって廃棄せざるを得なかったり(商品の無駄)
稼いだお金を全部ギャンブルに使ってしまったり(お金の無駄)
特にやることがなくテレビを見て一日を過ごす(時間の無駄)
etc...........

その他多くの無駄が存在するでしょう。モノや時間や空間を限りあるものとして大事に扱い、必要なものを必要な時に必要なだけ利用し、人の役に立つことを積極的に取り組むことで、多くの生活の無駄、人生の無駄を取り除けます。

無駄なことをしていないか、無駄に時間を過ごしていないか、無駄にモノを使っていないか、不要なモノが山積みで空間を無駄にしていないか、無駄な人間関係はないか、自分や人の役に立たないことをしていないかどうか、心当たりがある人は、今後有意義な生活をするためにも、ぜひこの機会に生活を整理整頓してみてはいかがでしょうか。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013-10-07 19:27:05

職人

テーマ:ブログ
職人とは、自ら身につけた熟練した技術によって、手作業で物を作り出すことを職業とする人のことです。そして、職人の気質というのは、職人に特有の気質で、自分の技能を信じて誇りとし、納得できるまで念入りに仕事をする実直な性質のことを指します。

先日、ドキュメンタリー映画「二郎は鮨の夢を見る」を拝見しました。ミシュランでも度々お目にかかる「すきやばし次郎」の店主、小野次郎氏のドキュメンタリー映画です。映画の中で、料理研究家の山本益博氏が、職人に共通している5つの特徴を挙げています。

1. 真面目
2. 清潔感がある
3. 向上心
4. 情熱
5. 頑固

全くその通りだと思います。毎日同じ作業の繰り返しの中で、向上心がなければ生き地獄でしょう。向上心は真面目な人ほど持ちやすく、努力家で忍耐力がなければ続きません。また自分の仕事にプライドを持ち、情熱を持って取り組み、妥協を一切せずにこだわるという、いい意味での頑固さを持っています。また、退屈さを嫌うので、料理の中から何かを見いだそうとします。特徴を付け加えるとしたら、やはり「苦労している」ということだと思います(二郎氏は7歳で地元の料理屋に奉公に出ています)

扱っている商品は違いますが、鮨もハンバーガーも極めようとしたら料理の内容は関係なく、一緒です。たまに数ヶ月厨房に入って、もうハンバーガーを作れると言ってやめていったスタッフがいましたが、それは表面上の技術だけであって、内観を伴う自己成長がなければ、極めたというには程遠いのです。料理は作り手の表現手段であり、美を追求するという芸術です。それと「愛」がなければ真の料理は作れません。

1965年以来、およそ50年間厨房に立ち、決して現状に満足することなく今も尚、上を目指して自分を磨き続ける小野二郎氏(87歳)の姿勢は本当にすばらしいです。生き方の良い手本を示してくれています。ご興味ある方はぜひご覧ください。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013-09-10 17:21:41

借金

テーマ:ブログ
借金とは、お金を借りることです。
テレビ番組で「借金地獄」特集などを見ていると、
借金をすることが悪いものだという印象を持っている人も少なくないかもしれません。

お金を借りること自体は、悪いことではありません。
(もちろん手持ちのお金で済むものなら、それで良いに越したことはありません)
事業を起こす時、緊急で子どもが難病にかかり特別な手術が必要な時、
友人と食事に行き、持ち合わせがない時、買い物に行って財布を忘れた時、
新築のマンションを購入する時、大学の奨学金制度などなど、多かろうが少なかろうが、
必要な時に必要な量のお金を持っていなければ、誰かから借りることで、目的が実現します。

よって借金そのものが悪いのではなく、

1. 借りたお金を決まった期限に返さないこと(約束を破ること)
2. 借金をすることに対する将来の不安(将来に対する恐れ)
3. 人の幸せに貢献しないようなことにお金を使うこと(私利私欲)
4. 自己破産など(無責任)

借金そのものではなく、このようなことこそが問題なのではないでしょうか。

いずれにせよ、お金をたくさんもっているからといって幸せだとということはなく、
逆にお金があまりないからといって、不幸せというわけではありません。
お金というのは、自分の自己実現のための「道具」と考え、
責任を持って、有意義に使っていきましょう。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013-08-06 16:18:07

価値

テーマ:ブログ
価値とは 「物がもっている、何らかの目的実現に役立つ性質や程度」、「その事物がどのくらい役に立つかの度合い。値打ち」という意味でした。ちなみに「値打ち」とは「物の良さ、大切さなどの度合い。物の価値」です。

私たちはあるモノや商品の価値を「いくら」というお金、値段で表しますが、価値という言葉の意味の中に「お金」の文字はありません。

亡くなった父親の形見の時計、初めて自分のお小遣いで買ったお気に入りのCD、仕事で培った仲間とのチームワーク、子どもが疲れている親に作ってくれた料理など、お金に換算できなくても、価値あるものが存在します。

開店当時、まだグルメバーハンバーガーの存在を知らない人たちが多い中、メニューを見たお客さんから「高い」とよく言われました。ハンバーガーといえば、いわゆるファーストフードのハンバーガーが主流の(一個80円)時代で10倍以上の値段で売っているわけですから当然と言えば当然なのですが、私は商品に対して自信もありましたし、まだ見ても食べてもいないのにそのものの価値を判断されることが非常に納得がいきませんでした。ですから「まずは食べてみて判断してください」とよくお願いをしていました。今でもその想いは変わりません。

昨今商品そのものの価値よりも「安さ」だけが求められているように感じます。私はお客さんに対して安く売るというのは失礼にあたると思います。なぜなら、お客さんが商品を選ぶ際、価値よりも価格で選んでいるという前提で売っているように思えるからです。

商売において、商品そのものの価値に値段をつけなければいけませんが、自分たちが作った商品をいくらで売るかは、そのものの価値が問われる瞬間といえるかもしれません。何度も試作に失敗しながらも精魂込めて作った商品を、魂を込めて値決めをし、気持ちを込めて売る。これが真の商売と言えるのではないでしょうか。

どの時代においても、本来の価値を下げずに、大切にしていきたいものです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-07-09 22:11:48

目的

テーマ:ブログ
目的とは、「実現しようとしてめざす事柄。行動のねらい。めあて」とあります。目的には小さな目的もあれば、大きな目的もあります。何かを成し遂げようとする時に、何のためにそれを行うのかはとても重要です。目的が心の底から達成したいものであれば、当然ながら自分の動きが変わってくるからです。例えば、自分の愛する娘が病気にかかり、手術費に1000万かかるとして、自分の手元にお金がなくても何が何でも集めなければという気持ちになるでしょう。目的は「愛する娘の命を救うため」となります。借金することが目的ではないはずです。借金すること自体は手段であって、目的ではないからです。行動を起こす時に、時に手段が目的になってしまうことがよくあります。手段にとらわれてしまうと、目的が見えなくなります。

子どもが悪さをして叱る(手段)→何のために叱るのか(目的)
営業に出る(手段)→何のために営業するのか(目的)
ハンバーガーを作る(手段)→何のために作るのか(目的)
自分の店を出して独立する(手段)→何のために独立するのか(目的)

私の経験上、どのような目的を持つにしても利他の精神を持って行うことの方が、動機は高く、行動にも筋が通りやすくなります。利他とは「自分よりも他人の利益を大事にすること。自己犠牲の精神。献身的」。自分中心、つまり利己とは反対の言葉です。

稲森和夫さん(京セラ会長)がある老師から聞いた話

「実は地獄と極楽は、見た目だけからしたらそれほど違いはないそうなんです。どちらにも大きな釜に美味しそうな「うどん」が煮えている。そして、みんなが一メートルもある長い箸を持っている。地獄の住人は、われ先にと箸を突っ込んで食べようとするんですが、箸が長すぎて自分の口にうまく運べず、そのうちに、他人の箸の先のうどんの奪い合いを始めてしまう。結局、ちゃんと食べられなくて、うどんを目の前にしながら、誰もが飢えて痩せ衰えている。ところが極楽では、誰もが箸で掴んだうどんを、向かい側の人に先に食べさせてあげている。だから全員がうどんを食べられて、満ち足りているというんです」

目的を持つ上でとても大事な考え方だと思います。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013-06-11 21:30:20

逆境

テーマ:ブログ
逆境とは、「意味 物事が上手くゆかず、苦労の多い身の上。不遇な境遇」という意味です。
人生を生きる上で、仕事、家庭など、思うような成果が上がらなかったり、生活する上で金銭的に厳しかったりすることから、生まれてから両親がいなかったり、体が不自由だったり、一般的に考えたら大変だと思うような環境や状況の中で多くの苦労を体験することです。
今現在、何かが思うようにいってない人もいるかと思いますが、その逆境こそが自分を強くします。逆境がでかくなればなるほど、その逆境を受け入れるだけの器がついてきているということです。逆境があるからこその人生。ついつい逆境があると、色々なことが見えなくなってしまいますが、逆境は大切なことを教えてくれるすばらしい機会だと、与えられた逆境に感謝する気持ちを持っていくことを忘れずにいきたいですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-05-08 13:36:58

変化

テーマ:ブログ
変化とは、「ある物事がそれまでとは違う状態・性質になること」です。「温度が変化する」、「表情の変化を読み取る」、「 変化のない生活」などなど 。環境の変化、心境の変化、体の変化など、生きているとさまざまな良い変化、好ましくない変化を体験します。結婚して子どもが生まれれば何かが変わります。職場も変われば何かが変化しますし、貧乏な人が突然宝くじに当たれば生活や気持ちも変化します。

良い変化はより良い状態、結果となり、好ましくない変化はより悪い状態と好ましくない結果を生み出します。更に、変化を好む人もいれば、現状を維持するため、変化を好ましくないものと考える人、また非常に怖がる人もいます。人の心は変化しないと信じる人、人は自分が思うように変化できると信じる人など、この「変化」についてさまざまな考え方を持っています。

私の変化に対する考え方は....

人は変化することができる!
変化はいいことだ!
変化は前向きな気持ちで!
うまくいってることはわざわざ変化させない。
うまくいかないことだけを変化させる。

自分の10年後、20年後を想像して、変化に富んだ人生を歩みたいものです。
ぜひ日々やっていることをおろそかにせずに継続するこころを持ちながら、変化させるべきところは変化させ、良い習慣を身につけつつ、より良い人生を歩んでいきましょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-04-10 16:01:00

士気

テーマ:ブログ
「士気」とは「戦いに臨む、兵士の意気込み。また、集団で事に臨む人々の意気込み、熱意」という意味です。兵士の士とやる気、気持ちの気を合わせた漢字です。士気が高ければ高いほど、戦いに勝利するわけです。士気が低ければ、戦に負ける。高校野球で優勝するチーム、ワールドカップで優勝するチームなどトップに君臨する集団や売り上げの高い会社の士気は非常に高く、目的意識も明確です。

では士気を高めるにはどうしたらいいのか?士気を高めるためには、士気を下げるものを排除すればいいのです。

やることが少ないと士気が下がる。だからやること盛りだくさんにして体を動かす。体が動けば元気になる。

失敗が多いと士気が下がる。だから失敗は24時間以内にすぐに修正、次うまくいく方法を考えて実行する。

一人でも動きが遅い、鈍い人がいるとチームワークが下がり、士気が下がる。だから気持ちを込めてしっかり教育するか、だめなら辞めてもらう。

コミュニケーションが少ないと士気が下がる。だから仲間の話を出来る限り聞き、自分の意見を力強く話し、理解し合い、お互いの存在を認めあえるように心がける。

汚い職場だとテンションが下がる。だからみんなできれいピカピカにする。

嘘をつくとついた方もつかれた方も士気が下がる。だから正直に、まっすぐな人間になる。

士気が下がる要因をどんどん排除していけば、士気の高い人たちにとって最高の職場になります。

常にどうやったら元気でいられるか、そこが大事ですね!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。