財出斜陽洞MAD競争≒偏狭給型デフレ癖概念意識創態としての愚弄貼゛♪の輪唱に終止符を!!   金誘膨満膨爆萎縮∞No!足りんスト?ニ経世済民ヲ!

 建国から二百年余りの間にアメリカは全く変質しました。
独立宣言を起草した建国の英雄たちが描いた国家ではなくなったのです。
その事実が、アメリカ自信がグローバル化の犠牲者であるとの意味です。
 [国難の正体 '12,12 :MutuoMabuti]

 ようこそ現実の彼方から、ありがとうございます。

【進撃の庶民】ブログ(or参加者)が手のひら返しするような日までランキングを一日一押。  ポチッとな・・・・・・ドガァーーーーーーン!

 旬刊?記障害  (周期間欠になってしもた)  でも、デフレーションと西洋化に於ける近代日本のドミナント的弊害の元凶が解かるよう?、捻りな字場 (磁場;マグネチックならぬ、あぐねチック?) を徴企・簡潔にと試案しても・・・・まるで効果なしの愚株ろぐ。

 (凡庸で無知蒙昧なノンポリB層の中二病・非日常控(欠陥)帖?です。 あしからず)


テーマ:

 

( 与・野党共に 構造改革が足りない と叫ぶ 小泉・竹中踏襲デフレ延長嗜好! ) 

アベノ 構造・ドリル・改革 ネオリベ問題集 

としての 記事 にも繋げてよさそうな気がして・・・ 

 

 最近、フランチャイズの店長 (著者名はペンネームで何処のフランチャイズかはわかりません) が書かれたと言う本 

(日記風) を読んでいたのですが (他店舗、チェーンの聞いた話も混ぜているようです)、

デフレーション下でグローバル大企業が隆盛していく中で、中小企業が淘汰競争(トリクルアップ)に揉まれるマクロな状況が、フランチャイズシステムの中で個々の店長(総てにはあてはまらないのでしょうけど)が、本部の出店拡大の淘汰競争(トリクルアップ)に揉まれるミクロな状況と酷似している気がします。
 政府、政治家(メディア)の頭に新自由主義が埋め込まれた政策ではデフレーション(淘汰競争、トリクルアップ)の醸成は停まらない気がします。

勝手な キャッチフレーズ。

フランチャイズの会計方式 : ロイヤリティ と 値下げ販売不可 の関係(カラクリ)とは?

町のインフラとしてのコンビニの日々の出来事も面白おかしく読めました。

 

小学館新書 

 コンビニ店長の残酷日記 

                             この↓写真は著者とは無関係です              これは同画像の ど アップ

   著/三宮貞雄  

 ” 本の帯 の コピー ” (帯じゃなかった。何処に書いてあったか忘れた。)

意外と知られていないが、店頭で売っているおでんやコロッケなどの揚げ物などには「ノルマ」があり、その数字を達成するために自腹を切って、その数字を達成させたりする店もある。そこまでするのは、本部チェーンからやる気がないと見なされて「契約解除」を通告される怖れがあるからだ。

(本文中の、廃棄ロスを純売上原価計算に含めない会計方式は、吸い上げるトリクルアップ理論に思えた)

上部が創る理論、数値操作で下部が苦難を強いられている部分も無いとは言えないと思いました。 

 

連想した書籍”恐慌の黙示録”からの引用文   不況の本質:     ()は高卒脳の筆者が付記したので m(_ _)m 。

不況とは、ビジネスマン(上部 : 金融)が 産業(下部 : 実体)から 

満足する利益を得られなくなる状態のことである。

 

以上 第一部    なんちゃってこの奇字煮詰めるのに2週間以上掛かってしまった。   

 

 

 その昔、第一次産業(農業)(自家用車時代以前)の頃は農協(非営利団体)が、地域のコンビニ的なインフラ店舗を支えていたのです。

米食生活から麦(あるいわ爆?)食生活へ替えられてきた近代では、巨大ホールディングス(超営利団体)が地域の店舗インフラを支えることになってしまいました。

 そこで問題なのは(私的に考えるだけです)、非・営利団体から、甘利にも 超・営利団体 (要は何もかも民営化) に取って代わってしまったことだと思えてなりません。

そして経済団体、政府が(知ってか知らずか)デフレーションを推進する理論に縛られた方向に万進しているところなのです。 なにもかも民営化偏考はデフレ傾向圧力なのです、これではインフレに戻せません

 

2016年05月29日 08時52分 読売新聞  戸建て街にコンビニ出店解禁へ…買い物弱者対策
 政府は、近所に商店がなく日々の買い物が困難な高齢者などの「買い物弱者」対策として、商店の建築が原則禁止されている「第1種低層住居専用地域」でコンビニエンスストアの出店を条件付きで許可できるよう、規制を緩和する方針を固めた。

 またも 規制を緩和・・・・この用語 ばかり耳にタコ ですよね。

過疎化しているような地域には出店されるものなのでしょうか?

 

そして更にこの(アホノネオリベ)ミクロ・ビジネス的には、

 高密度多店舗出店方式 : Dominant  Policy 

 名称は高尚だけど営利のみからの思考に思えませんか ?

と言う、仁義なき 過渡戦争が日常なのです。

一定の地域にいくつもの出店をすることで、イメージを誇示し、配送の効率、

他チェーンの出店を阻む(アベノミクスも使用している嗜好用語)成長戦略

なのだそうです。 (民間企業だけでは過密都市に集中するだけ)

 

アベノミクス は 低賃金・移民(洗国)政策 で、一億人を維持します・・・・・・・・

過密と過疎を維持しつつ、マクロ的に デ・フレーション に 拍車を掛け続ける 政府

人呼んで

超・スーパー・ウルトラ・ビジネス根性脳・政腐

( 野党も、構造改革としての成長戦略嗜好 な野田! )

オール夜間営業必衰は キツイよね。 雇用 維持も。

下記画像、一行目の意味は、 あくまで今の安倍政権のデフレ加速の 賃金底上げ(インフレ)を導けない 新自由経済政策の中で

雇用(求職)の24時間ローテーションが組めなくなる状態の 人が増えなかったら(集まらなかったら)の意味合いです

   

第二部 終了

 

小泉晋似郎の方指揮

 アイドル波のネオリベラー の 表層的人気を誇る晋字郎こそが、

この ”滴り上がる” 酷才狂争方式の仕事に携わり、

現場の実情はどうなっているのかを知るべきだと思うのですが・・・。

(私はこの本を書店で見つけて読んでなければ解からなかった。)

 

”711・ジャニ” Ver.進次 (関ジャニ∞ならぬ、完全に七人の進似郎、略して”完シンジ”)

切り貼りジャね、気持ち悪いですね。

ギャグ  (第三部)  終了

 

長過ぎ盛り過ぎ詰め込み過ぎで支離滅裂かな?

 借金方式・経済理論やフランチャイズ会計方式は吸い上げですっ!?

 どこもかしこも 24時間営業って 必要ですか!?

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。