床の防水加工

2階バスルーム工事の続きです。

 

ウェットエリアがWEDIのシャワーパンより広いため、防水加工の領域を広げる必要があります。

排水口に向かってなだらかな傾斜になるよう、モルタルをコテで塗り、その上にWEDIボードを貼り付けました。

 

 

どうせモルタルで傾斜を付けるならWEDIのシャワーパンいらんかったやん……と一瞬思いましたが、やはり防水の信頼感はシャワーパンに勝るものはないと思い直し。

 

その他の領域はSelf Leveling Cementをだだーっと流しこんで真っ平らにしてやろうと思っていました。

ですが、思ってたより分厚くセメント入れなくてはないと分かって、やめました。

明確な理由はないのですが、この部屋をあまり重くしたくないな、と。

本能的な感じで。

 

そこでマニュアルでせっせとレベルになるように板をかまし、

 

 

コンパネを貼りました。

 

 

↓写真左の壁際のグレー部分だけ、Self Leveling Cementを使用しています。

 

 

コンパネの上にSchluter Ditra(オレンジ色のやつ)とWEDIボードを貼り、境目にWEDIのシーラントを塗って防水加工しました。

 

 

なぜ全部WEDIにしなかったのか、Schluter Ditraを混ぜたのかというと、在庫処理です。

WEDIが足りなかった、Schluter Ditraが余っていた、それだけの理由です。

 

もう2度と床の防水加工が必要な工事などすることはないと思うので、在庫を全部使い切ってしまいたかったのです。

 

やっとタイル前の下処理が終わりました。

ここまできたら、あとはコスメティックな仕事だけです。

 

 

 


やっと気分が上がります。

AD