初めての美容室

テーマ:

 

 

1週間前のこと。

 

 

 

髪の毛を切りに行った。

 

{22461A25-FA73-43CC-9747-FCB48D0C5650}

 

 

 

 

 

 

実は初めてお金を払って美容室にいった。

 

私は母が美容師で自営業だったため幼い頃から美容室にお金を払って行く、ということをしたことが無い。。。

 

(美容師としてちょっと恥ずかしいし堂々と書くことじゃないかも)

 

 

だからとにかくウキウキしていた。

前日に予約をした。

 

ドキドキしていた。

 

電話はなんだか緊張するのでWeb予約にした。

 

切ってもらいたい人がいた。

 

 

Veticaの

内田聡一郎さんという方だった。

 

 

インスタグラムで色んなスタイルを載っけてて

そのスタイルがすごくかわいかった。

 

だからそれにして欲しかった。

 

お店に着いてカウンセリングをしてもらった時も

そのして欲しい髪型を見せた。

 

これにしてください、と言った。

 

自分の髪質問題、ダメージ問題、似合うか問題もあったので、

これにしてください、とだけ伝えて後はお任しますと言った。

 

 

結果

すごく素敵なスタイルにしてくれた。

めちゃくちゃ、めちゃくちゃ気に入っている★

 

仕事も早くてかっこよかった。

 

 

今回、この人に切ってもらいたい、と思った。

 

内田さんは有名な方だった。

 

講習会の案内やヘアショーのパンフレットでもよく目にしていた。

 

インスタグラムを見つけてフォローをした。

 

 

とにかくワクワクしてお店に行った。

 

切った後もそのワクワクやドキドキは収まることなく、

私を興奮させてくれた。

 

1週間経った今でもそんな気持ちでいる。

 

 

今、そういうHOTな人たちと自分の違いが知りたかった。

 

今の自分に足り無いものを探しにいった。

 

その店とBroccoliの違いってなんだろう。

 

始まりはそんな単純な疑問からだった。

 

それは、

先日リクエストQJという美容業界紙のインタビューがあった時のことだった。

 

個性的なスタッフをさんへのインタビューというのが大きなテーマで今回はB2全員で取材を受けさせてもらうことになった。

 

その時に

Broccoliのユニークな所ってどこですか?

他のサロンと違うってどんなとこですか?

 

という質問があった。

 

私の番が来るまで

なんだろう、なんだろうって考えた。

 

なんかイケてる回答がしたかった。

 

でも気の利いた回答はできなかった。

 

考えてみても、どこのサロンとも変わらないって思った。

 

Broccoliのキャッチフレーズが

「接客はしない、お客様はいない美容室」

というのがあるから少し違ったように見られがちだけど、

5年働いてみて今だからこそ、どこのサロンも変わらない、って思う。

みんなとにかく楽しんで帰ってもらいたいというのが根底にある。

 

(接客はしない、の意味について考えた時のブログ、よかったらみてみてください。)

 

そういった考えの元、

みんなそれぞれの環境の中で来てくれる人をすごく大事にしているし、

もがきながら楽しんでいる。

 

そもそも

他のサロンに行ったことが無いのにそんなの答えられるはずがなーーーい!

 

だから行ってみるしかなかった。

 

さておき、

実は初めての美容室、とにかくとにかくワクワクの塊だった。

内田さんに切ってもらうに当たっては芸能人にでも会いに行くような気分だった。

その時、美容師として行く感覚はほぼ無かった。

 

 

髪を切った時の自分をイメージして服を選ぶ。

でもなんか頑張りすぎてる感じもなんだかな、、、

なんて思いながら普段通りの格好を選ぶ。

自然体でいこ。ってなる。

 

 

 

あーーーーーー

Broccoliに来てくれてるみんなこんな気持ちなんだ、初めての人なんてもっとだ。

 

 

さっきも書いた通り

仕上がりは最高だった。

新しい自分になれた気がした。

 

大幅なスタイルチェンジをしたわけではないけど、

今まで思い切れなかった部分を思いきって切ってくれた。

新しい自分を引き出してくれた。

 

うっわ〜〜〜

いった〜〜〜

そこ切った〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

これかーーーーーーーーーーー

みんなが求めてるのはこれかーーーーーーーーーーーーー。

 

と、まあ次から次へと発見の連続で当日の私はとにかくフワフワしていた。

 

誰かに会いたかった、見せたくなった。

 

早くみんなの髪を切りたくなった

今まで切らせてくれてる人を思い出した。興奮してた。

 

こっんな気持ちになるんだな〜〜〜〜〜〜〜〜!

 

うわーうわー

 

 

と、初めての感情に心が躍った。

 

 

明日の予約を思い浮かべた。0だった。

 

このソウルどこにぶつけるねん!!!!って思ってた。

 

その日の予約は赤ん坊の前髪カット一件だった。

 

でもそれは、学生の頃からモデルをしてくれてるさきちゃんの子供だった。

モデル時代のあどけなさはすっかりママの顔になっていた★
B2ができたことを知ってくれて今も通ってくれてる弟とふらっと子供の顔を見せに来てくれた。

名古屋から遥々、めっちゃ嬉しかった。

話してる流れで前髪を切ることになった。

 

この日のソウルは全てりあちゃんにぶつけた。 

 

とっても喜んでくれた。

 

 

 

{7D413002-62CF-4BF1-929A-C2A0420FC392}


 

 

 

 

 

 

 

いろんな感情がぐるぐるし続けた1週間。

何度も何度もこの話をして、アウトプットしてるように見えて、忘れないために言葉にしてインプットをしていた。

 

 ようやく噛み砕けてきてこのブログに書いている。

 

 

最初の疑問に思った

他店とBroccoliの違いとか、

そこで働く人たちの違いって

 

そんなに無いのかも、って思った。

 

(出すぎたこと言うてたら、ほんますんません)

 

 

しいて言うなら自分の場合、

圧倒的な技術や経験、引き出しの数。

それはあるかもしれない。

(しいて言わんでも技術力!ってこれをもし内田さんが見たら思われるかも。ひぃ)

 

 

もちろん美容師として、人間として、もっともっとええ感じになりたいから

足り無いものを上げればまだまだたくさんあるよ。

 

それでも

今自分の所に来てくれてるみんなを思うと、そんなことは二の次で

私を選んで来てくれる人には全力でぶつからなければ。

 

 

とにかく

 

かわいくしてくれよ!かっこよくしてくれよ!

切っちゃってよ!

癒してくれよ〜

 

明日パーティーで。

明日合コンなの!

近々面接でさ。

明後日舞台の本番なんだ。

明日長期で海外に行く予定です。

仕事でヘマしちゃって気合いれたくて。

子供に髪の毛引っ張れるけど、キレイにしてほしいの。

 

とにもかくにもとりあえずなんか変えてよ!

 

って何か理由がある。

 

髪を切ったり染めたり

何か自分を変えたくてお店に来てくれてるいる。

そんな時にbroccoliを選んでくれることが嬉しくて、 

 

あんなことがあって、こんなことがあって

だから切りたいの。

でもね、あんまり切りたくないの実は。

 

ってのを

もっともっと引き出せれたら

もっともっとかわいく、かっこよくできるポイントをキャッチできる。

 

なんか今までの私、矢印がちょっと違う方向に向いてた。

 

ン〜恥ずかしっ。

 

(正直、てめえのことはてめえでやれよって感じだ。

(てめえってのは私のことです。))

 

自信がないって自分を言い訳にしてたな。

 

 

 

内田さんに切ってもらってる時に

 

もっと自分のことを知って欲しいって思った。

 

例えば、普段よく海に行くんです、って一言が言えたら、もっとケアの仕方を聞けたかもしれないし、それに合ったヘアスタイルをチョイスしてくれてたかもしれない。

 

でも緊張して話せなかった。。。

 

今まで私は母やオーナー、すごく近しい人に切ってもらってたから思う存分わがままを伝えることができていた。

 

 

 

 

 

美容室嫌いの子の気持ちがすっごいわかった。

緊張する理由がわかった。

 

知らなかったこんな気持ち。

 

なんてこった。

 

みんな

知って欲しいんだ自分のことを。

 

 

そして新しい自分を求めてて、

 

そしていつもの自分に戻してくれることも求めてる。

 

美容室ってそんな場所なんだなあ。。。

 

家でもない職場でもない、その人だけの3rdプレイス。

 

 

 

オーナーがよく言ってた昔、

「俺は髪を切ってその人の人生を変えれる」

って。

 

現に、私はタイで髪を切ってもらって

今は大好きだった地元を離れ5年が経つ。

人生のターニングポイントとなった。

 

そんなパワー自分には無いって思ってたけど、

なんか変えれるかもって思わせてくれた出来事だった。

 

それほど自分のやってることに可能性を感じた。 

私も美容師だけど、

美容師ってすげ〜って思った。

 

ここまで人の気持ちを変えれるんだなあ。

 

また切ってもらいたいと思わせる内田さんの魅力や、そこで働く人たちにパワーをもらった。

 

色んなことを学ばせてもらった。

 

一回目は話せなかったけど、

また切ってもらおう、その時はこんな話をしてみよう、あんな話をしてみよう、

そう思わせる、そんな人になろうと決心した日だった。

 

また来たいと思う場所、

Broccoliもそんな場所でありたいと思う。

 

broccoliの良さってそこなのかも、

来てくれる人との距離の近さとか、気を遣わない空気。

 

 

自分が働いたお金を遣ってうちに来てくれる意味、選んでくれる理由、

わかっていたような気になってた。

 

こんなにたくさん発見があるとは。

 

 行かなきゃわからなかった

行ってわかった


いいとこ、直していきたいとこ。


いってよかった★


 

ハマりそうな美容室潜入。

 

 

 

 

 

 

内田さん、アンドウくん、

本当にありがとうございました。 

 

 

 

 

{E2A97354-6ECF-4E22-A184-6C458C6A2A20}

 

{CAB0070A-F427-455C-808F-82E754A59942}

 

 

{021EA0A6-7C9E-48C0-B88F-A6310ED39ECE}

 

 

{69884D6E-AD7C-48F1-8B9C-4466AE7F1B00}

 

 

 

 

 

{944ABCF5-12FA-4FE5-8401-E5A67FB5A9F3}
 
{ABE62061-E2F3-4DC4-9242-A9D08EABE69E}

 

 

 

{F435E170-2B75-4D49-9DD5-D886CCB5180D}

 

 

{61175293-4B54-4408-ACA6-DCC4BEA40705}

 

 

 

切った当日。

 

 

 

切って一週間、スタイリングが楽しくなってきた。

 

{B77A6C6C-08C9-4B70-BE83-692C4D2E6028}

 

{9D3B80AE-64F2-4324-9F94-494AC0803D31}

 

 

{75033B4D-54AF-4797-9FBB-1C13BA973AC8}


この後ろ毛が非常に気に入っている。

 

 
{9E0C5978-0ECF-495B-A4EE-1E1CAD7C8850}
 
{FBD078A0-E625-4EE9-93E2-C4EBB155A885}

 
 

 

余談 過去記事

(今まで美容室にいかなかったのは研究心の無さなのかもしれないけど、

切ってもらいたいと思う人がそんなたくさんいるわけじゃない、切ってもらいたいって思う人がオーナーだったというだけの話だぁ。恥ずかしいことでもない。

そんな美容師さんがみつけれてる人はすっごいラッキー)

http://ameblo.jp/broccolino/entry-12066920604.html

「断髪」

 

http://ameblo.jp/broccolino/entry-11674114591.html

「ちょっと考えた。その1「接客をしない」」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記。

 

Broccoliと他店の違いは

それぞれのアイデンティティーを大事にしてくれるオーナーとスタッフがいることだ。

抑えつけることなく、自由の意味を考えさえられ、自分次第で世界が変わることを教えてくれる。

それぞれがそんな環境と向き合っている。

数年後に意味がわかる日が来たりすることもある。でも強制はされない。

気づいた時に自分が恥ずかしくなったり、その人に対して感謝やリスペクトが生まれる。

そんな日まで気長に待ってくれる。

ぶつかってぶつかってモヤモヤしたりしながら前を向いてる。

 

そんなBroccoliが私の居場所になっている。

 

この発見を忘れないためにメモブログ。

 

もっとみんなのことを知ってもっといいお店にしたい。

 

メモメモ。

 

 

きっと、どのサロンのオーナーもスタッフも同じだろうな。

 

 

そう思うと、

やっぱり自分たちがやってることは特別でもなんでもない、違いなんてない。

常に矢印は相手に向いていて、その人を大事にすることが今私のやるべきことなんだなと感じています。

 

翌日の赤ん坊カットはそんなことを考えさせてくれた貴重な時間でした。

 

 

 

 

 

 

そんなB2、求人開始していますo(`ω´ )o

AD