ママが楽になる低学年の子ども学習習慣づくり

勉強が難しくなる高学年の準備として、低学年のうちに子どもの学習を習慣化するサポートをしています。
ふつうの子が伸び伸び成長でき、子育てが楽しくなる学習習慣づくりをしてみませんか。


テーマ:

国会でヤジが飛びかう
ニュースをみて、


「大人なのに、
 あんなこと言っていいの?」


保育園の頃は、こんなことを
言っていました(笑)


大人は、そんなこと言わない!
と思っていたんでしょうね。


ニュースは、悲しい情報や
心を痛めるようなこともありますが、


世の中では、どういうことが
起こっているのか知る機会でも
ありますよね。


子どもはニュースを見て
色んな「?」が出てきます。


コレ、いいんですよ!




「なんだろう?」と疑問に思うことが
学びのスタートですから。


子どもから、

「なんで、戦争しているの?」
「株価って何?」


と聞かれれば、ママはすぐに答えず
一緒に新聞やネットで、検索してみたり、


「アンゴラってどこにあるの?」

と場所を聞かれたら、


世界地図を使って、

その国がある場所を探したりします。


こうして最初のうちは、

調べることの楽しさや調べ方を

子どもに伝えていくんですね。



難しいことは、
「ちょっとパパに聞いてみよう」と
言いながら、


パパと子どもの時間を増やし、

徐々にママは、
一緒に調べるからフェイドアウトし、
教わる立場にチェンジするわけです。


子どもは、ママに教えようと思うと
俄然やる気になって、

調べたりしますよ。


ママは、子どもの話を聞くときには、


「ちょっと詳しく教えて!」
「それは、どういう意味?」
「なんでそう思ったの?」


質問しながら聞くと
子どもは、ありったけの
知識を

総動員して、教えてくれます。


それに、


人に伝えるためには、
多くの知識が必要になりますから、

これを繰り返しやっておくと、
知識欲や思考力アップ

つながりますよ。


子どもが伸び伸び成長するには、
ママのサポートが必要です。


学習習慣づくりのコツを学んで、
ママも子どもも

大きく成長する夏にしましょ!

↓↓


【無料メルマガ講座】
<<主な内容>>

・楽しく学んで思考力をつけよう
・子どもの才能の芽を見つけよう
・少しずつステップアップしていこう
・「魔法の声かけ」でやる気アップしよう
・「モッタイナイ時間」を活用しよう
・成功・失敗体験の引き出しをつくろう
      ↓↓

 クローバーママと子どもの学習習慣づくりのコツ クローバー


じっくりマンツーマンセッションで

お子さまにあった学習習慣を

つくりたい方は、こちら。

↓↓

【ハピスタ♡7ステッププログラム】
9歳までに身に付けておきたい、

ママとお子さまのための学習プログラムです。

     ↓↓

 クローバーハピスタのご案内 クローバー



「ポチ」っとお願いしますドキドキ
  
↓↓

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
読者登録してね

そのうち、慣れてきたら、
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2年生の頃の話です。


「やることは、やったの?」
と聞くと、


「やったよ!」と言って、
遊んでいます。


寝る前に、ランドセルを確認すると、
クラクラしました。


ランチョンマットが入っていない、
先生からのお手紙がそのまま、
しかもテストなんてランドセルの
底でグジャ、グジャ。


「やること、やってないじゃない!」

あ~、イライラしてきます。


・これまで、何度も同じことを
 繰り返し教えてきたのに。


・自分が毎日やること、分からないの?


・そろそろ一人でできるようになってよ!


私の心の叫びです(笑)


息子はと言えば、

「あ~、忘れてた」と言って
ランチョンマットを入れ、


半分ちぎれたテストを、
「はい、これ」と見せるんですよ。

何点かわからない・・・

まったく、もぉ~


この話をすると、

「男の子って、そんなもんよ」
「本人が痛い目にあえば、
 そのうち忘れ物をしなくなるよ」

なんて、先輩ママから言われ、


「そんなもんかなぁ・・・」
と思いながらも、どうにかしたくて、


育児関係の資料をもとに、
試行錯誤を繰り返しながら、
続けていくうちに、


いつの間にか、子どもは、
「自分がやること」を進んでやるように
なったんです!




どうしてだと思います?


それは、
男の子に伝わる2つのポイントが
あったんです。


あっ、ポイント②は
女の子にもいいですよ。



では、ご紹介しますね。


ポイント①===

伝えるタイミング!

=====


脳科学分野では、男の子は、
一つのことに集中して
取り組むことができる
シングルタクス脳と言われています。


テレビを見ている時に、
学校のことを聞いても、

テレビに集中して、
上の空だったりしますよね。


低学年のうちは、特に
大事なことを伝える時は、


面と向かって伝えるか、
CМ中に話しかけるなど、

伝えるタイミングが重要です。


ポイント②===

一連の流れを作り、ルーティンに!

=====


まず、ママは、子どもが
行動しやすいようにイメージさせる
必要があります。


学校から帰ってきたら、
手を洗い、うがいをし、
リビングにきて、おやつを食べる・・・


子どもがイメージしやすいように、
具体的に話すのがポイントですよ。


そして、宿題をやったら、
すぐに学校の準備をし、
学校からのお知らせをママに渡す


・・・・


という具合に、一連の流れを作って
おくんですね。


いわゆる毎日やるルーティンを作る

わけです。


同じことをやっていくと、

だんだんこれが、当たり前のことになり、

ママが言わなくても、
できるようになったり、


忘れたことがあっても、
自分で気づくようになります。


勉強も同じように、

やることが当たり前、


しかも、子どもが楽しんで

やることができたら

いいですよね!


その方法は、

こちらでお伝えしてます。


 ↓↓

子どもが自分から進んで勉強するコツ

 90分 マンツーマンセッション
 7/25(月)までの募集です。



子どもが伸び伸び育ち、
ママが楽になる、

「学習習慣づくりのコツ」を

学んでみませんか。

  ↓↓

無料メルマガ講座
<<主な内容>>

・楽しく学んで思考力をつけよう
・子どもの才能の芽を見つけよう
・少しずつステップアップしていこう
・「魔法の声かけ」でやる気アップしよう
・「モッタイナイ時間」を活用しよう
・成功・失敗体験の引き出しをつくろう


   ↓↓
黄色い花ママと子どもの学習習慣づくりのコツ 黄色い花
 

「ポチ」っとお願いしますドキドキ
  
↓↓
 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
読者登録してね    


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

子どもって、

ママがしていることを同じように

やりたがる時がありますよね。


息子が保育園の頃、

買ってきた卵を冷蔵庫に入れていると

「ぼくもやりたい!」


イヤな予感がしましたが、
「卵は一つずつ冷蔵庫に入れてね」
と言ってお願いすることに。


最初のうちは、
1つずつ冷蔵庫に入れていたものの、
途中から2つ持ち、卵落下。


また、ある時は、

焼きそばのお皿を、
「ぼくが運ぶ」と言い出し、


運ぶ途中でつまづき、
麺と野菜がきれいに宙を舞うことに。


もう、吉本新喜劇かと思いました(笑)


まだまだ、色んな失敗があります。


子どもには、

お手伝いをして欲しい
と思っても、


自分でやった方が速いし、
子どもが手伝うと
余計な仕事が増えて、
イライラしてしまうこと、ありますよね。


でもですね、


今の子どもの失敗は、
できるようになるための失敗
であって、


むやみに叱ったりすると、
「もうやらない」とふてくされたり、


失敗することを極端に
恐れてしまう場合があるんですね。




一生懸命やったことの失敗は、
「だから言ったでしょ」と子どもを
責めるのではなく、


■失敗した時に、
 同じような失敗をしないように、
 子どもと一緒に考え
たり、


■「お皿は重いから、運ぶ時は、
 ゆっくり歩いていくといいね」
 具体的な行動をイメージさせる
 声かけ
をしたり、


■次に子どもに運んでもらう時は、
 一回り小さいお皿を用意する、


など、ママのサポートが必要なんですね。


それに、もう一つポイントが

ありますよ。


ママは、子どもが失敗した後、
ママの言動がその後の子どもに
大きく影響することを


ママはしっかり、頭に入れてから
子どもに接すると、
注意の仕方が

変わってきますよ。


また、子どもは、失敗を経験し

成長していきますが、


失敗といっても、

何度も同じことを繰り返す、

進歩のない失敗は、

前に進めないばかりか、


子どもは、「どうせやってもできない」

と最初からあきらめるクセが

ついてしまいます。


ですから、


ママは、子どもが

どういう失敗が多いか、

失敗の中身を確認することは

必要ですね!


今は、ママのサポートが必要でも、


そのうち、子どもは
家族の立派な戦力になって、


今度は子どもがママを
サポートしてくれるようになります。



失敗してもめげない力は、
勉強にも必要です。


低学年のうちに、

適切なママのサポートで、
子どもの学習意欲を高めて
いきませんか?
 ↓↓

子どもが自分から進んで勉強するコツ

 90分 マンツーマンセッション
 7/25(月)までの募集です。



子どもが伸び伸び育ち、
ママが楽になる、

「学習習慣づくりのコツ」を

学んでみませんか。

  ↓↓

無料メルマガ講座
<<主な内容>>

・楽しく学んで思考力をつけよう
・子どもの才能の芽を見つけよう
・少しずつステップアップしていこう
・「魔法の声かけ」でやる気アップしよう
・「モッタイナイ時間」を活用しよう
・成功・失敗体験の引き出しをつくろう


   ↓↓
黄色い花ママと子どもの学習習慣づくりのコツ 黄色い花
 

「ポチ」っとお願いしますドキドキ
  
↓↓
 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
読者登録してね   



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)