サロン集客 アドバイス

エステサロン・ネイルサロン・整体院・美容室・美容院 集客や経営について書いています。サロン集客に関する専門ブログ・ホームページ


テーマ:
ソチオリンピックが近づいてきましたね。


こうした競技は選手から出るエネルギーが見る人にも
大きなエネルギーを与えてくれますよね。


日本選手頑張ってください!


--------------------------------


さて、本日は前回に続けて、SEO対策とリスティング広告に関しての記事です。



昨年からSEO対策はGoogleの精密なアルゴリズムの影響で対策が難しくなってきている、という記事を書かせていただいております。



ペンギンアップデートや、パンダアップデートなどの影響で、順位を大きく落としているサイトも多く見受けられます。



そして、Googleはコンテンツ(サイトの内容)を検索順位の評価対象とすることに重きをおきはじめました



SEO対策が難しくなってきているという現状がありますが、では、どのように対策を進めていけばいいでしょう。



お客様の事例を紹介するわけにもいきませんので、今回も弊社のSEO対策を事例として紹介します。



他の制作業者ではあまり自分の手の内は明かさないのですが、出来るだけ参考になればということで、掲載させていただきます。



続きはこちら ↓↓


--------------------------------

SEO対策に頼り過ぎないこと

--------------------------------



弊社のSEO対策の多くは下記のキーワードで申し込まれています。


「ホームページ作成 サロン」
「ホームページ制作 サロン」


「サロン ホームページ作成」
「サロン ホームページ制作」



これらのキーワードで5位以内に入っていますが、
昨年の10月くらいから「制作」と含まれているキーワードの順位が上がったり、下がったりと不安定になってしまいました。



多くの申込みがこれらのキーワードからされているため、「制作」と含まれたキーワードの順位が落ちてしまうと、売上に影響が出てしまうというわけです。



しかし、現状SEO対策が難しくなってきている今、5位以内に留まっていられるかは先が読めない状態です。



また、「制作」に加えて「作成」と含まれたキーワードも落ちないという保証もありません。



そこで、どうするか?



みなさまならもうお分かりですね。



リスティング広告を使うということです。



「制作」のキーワードが不安定なため、「制作」が含まれたキーワードをリスティング広告で設定します。



リスティング広告は必ず検索の上位に来ますので、SEOで落ちてしまった分を補うことが出来るのです。



Googleに加えて、Yahooでも設定します。



すると、リスティング広告からもSEO対策と同じキーワードでアクセスさせることが出来ます。



実際、ブライトアートでは、SEO対策とリスティング広告の両方を行い、4割近くはリスティング広告からの申込みとなります。



「ホームページ作成 サロン」
「ホームページ制作 サロン」


「サロン ホームページ作成」
「サロン ホームページ制作」



のキーワードで申し込まれるということがすでに分かっていますので、SEOであれ、リスティング広告であれ、同じキーワードなのだから、同じように申込みがされるということです。



続きはこちらから ↓↓


--------------------------------

リスティング広告は費用が掛かる

--------------------------------



SEO対策と同じ効果がありますが、リスティング広告は1クリック単位での広告費が掛かるということが最大の違いでしょう。



これについても見ていきたいと思います。



弊社ではリスティング広告で申し込まれる時は1件あたり、3000円~5000円で申し込まれています。



これは大変効率のいい値段です。



1本の制作が初期費用6万円
月額5000円の制作です。



これを見ても分かるように、広告費での損失はほとんどありません。



しかし、ここが大切なところです。



もし、リスティング広告という媒体に興味を持たず、SEO対策だけを行っていたとしたら、こんなに費用対効果のいい方法を見逃していたことになります。



大きな機会損失をしていることになってしまうのです。



そして、SEO対策の順位が落ちたことで、上位を引き戻すことに躍起になっていたことでしょう。



もちろん、これは弊社の事例なので、すべての人に当てはまるということではありません。



ただ、自分のクライアント様には必ずSEO対策とリスティング広告の両方を提供していきます。



続きはこちらから ↓↓


------------------------------------

大切なのはライフタイム・バリュー

------------------------------------


さて、ライフタイム・バリュー(LTV)とは何でしょう?



先程の弊社の例ではホームページ制作の初期費用にプラスして、月額5000円のメンテナンス費用が発生します。



このメンテナンス費用が(LTV)です。



つまり、最初に取る費用以外にも継続して発生する費用のことです。



パソコンのプリンターはインクジェットを継続して必ず買っていくことになります。



プリンターを販売している会社はこのインクジェットでの収益が大半なのです。



さて、サロンの場合はどうでしょう。



そうです。
リピーターこそがLTVです。



リピートしてくれればくれるほど、LTVが上昇するということになります。



先程のリスティング広告の例に戻りましょう。



仮にサロンの店舗でリスティング広告を行っている方が一人あたり、5000円で申し込まれたとしましょう。



そして、そのお客様が5000円のメニューを申し込まれたとします。



これだと、プラス、マイナスでゼロ円で、利益はありません。



しかし、このお客様がリピーターになってくれて、4回来店したとします。



1回目が良かったので、今度は1万円のメニューを申し込んでくれたとします。



4回とも1万円でトータル4万円です。



LTVを入れると、5000円広告費-45000円施術代=40000円の売り上げとなります。



広告費を使う場合には必ずこのLTVまで考えなくてはいけません。



そして、逆算して、いくらまで広告費が使えるのかを見ていくのです。



これはリスティング広告に限らず、どんな広告でも同じです。



チラシでもポータルサイトでも、必ずこのLTVを念頭におきます。



続きはこちらから ↓↓


-------------------------------

まとめとして

-------------------------------


まとめとしては


1.SEO対策だけに頼りすぎないこと
2.SEO対策だけではなく、リスティング広告も視野に入れること
3.リスティング広告を含む、広告全般的に行う場合にはLTVまで必ず考慮すること



また、大切なのは、どうしても知識を付けていくことが集客には欠かせません



先程の繰り返しですが、リスティング広告に関心を持っていなければ、リスティング広告での集客は出来ないわけです。



ただし、大切なのは、リスティング広告を行うだけでは集客ができないというのもまた知識で知っていなければいけません。



弊社でもお客様の声や最新の制作実績を常に増やしているからこそ、特定のキーワードで申込みがされます。



お客様の声が少なく、実績も増えていない状態では、おそらく弊社の場合、リスティング広告に何万円費やしても申し込まれることはないでしょう。



それもまた、知識です。



ホームページをそのままにした状態、または業者にすべてまかせてしまう、ということではなかなか集客につながりません。



ご自身である程度の知識を付けて、自分に必要な媒体、ツール、広告、業者を選べるようになってくることで、集客に結びついていくのです。



サロン専門 ホームページ作成「ブライトアート」
http://www.bright-art.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yanaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。