今年もまた、婚活の成果

テーマ:
  今年も年賀状から嬉しい報告です。
  可愛い赤ちゃん誕生の写真
   そして「いつも仲良く幸せですよー」の言葉
  この仕事nt size="2">をしていて
  一番報われるひとときです。
  さっそく成婚ボードに仲間入り
   毎年増えていくのでボードも大きくしました。
  20年後、40年後 子供たちが心配せずに生きて行けるように。
   もっと頑張って出会いから結婚まで急がなくては、
  少子化で大変な世の中になるとテレビから聞こえてきます。
  出会い系では危ないけれど、もっと気楽に結婚相談所を
  活用し婚活をしてみたらどうでしょう。
   自分の目で確かめていろいろと比較してみるといいかも
  高い料金を払えばいい条件のお相手が見つかるかといえば
  一概には言えません。
  自分に合ったところで信頼ができる所なら早くご縁があるかも。
   今年こそと思っている方、頑張ってね。応援します。
  親御さんのための身上書交換会(結婚・親の会)も毎月開催しています。
  子供さんの婚活で心配な方、是非参加してみては
AD

婚活応援記事

テーマ:
   今日のニュースで男性、女性の結婚年齢がどちらも 
   遅くなっているとの事
  当然子供の数も少なくなっています。
  女性の出産年齢が高くなっているのも
  あるかも知れません。
   良く男性からは子供の産める年齢を35歳と決めて
  探される方がいます。

   子孫を残し長男だから家やお墓を守らなければとの
  気持ちからだと思います。
  女性からみれば愛があって初めて好きな人の子供を
  産んで育ててみたいと思っています。
  年齢が高くなれば確かにリスクを負う可能性もありますが
  今は医学も進歩しているので
   35歳にこだわる必要はないように思います。
   どんなに若くても子供のできないご夫婦もいますが、
  それでもお互いを大切に認め合って
  「この人に出会って良かった」と思えれば   
  悔いのない素敵な人生になるような気がします。
  
  お見合いでうまくいくカップルは価値観が同じであるかどうかです。
  お金に対する考え方、住まい、仕事、子供、家族、沢山あります。
  色々な話の中で根底はお互いを尊敬しているかどうかによって
  歩み寄れるか、妥協できるか変わってきます。
 
  


AD

婚活応援記事

テーマ:
  今月2組のカップルが誕生しました。
   それも1ヶ月も立たないのにプロポーズ
   どちらも同じように出会った瞬間に
  ピンとくる言葉にならない何かをお互いに感じたそうです。
  女性側からは、第一印象がとても爽やかで包んでくれそうな人
  男性側からは 笑顔と気を使わずに話せる相手だった事

  御付き合いに入ってからは男性がリードしてデイト場所など
  調べて案内し、すべてのお金は男性が持ったようです。

  そんな男性に女性も手づくりのお弁当や飲み物などでお返し
  必ずお礼の言葉を双方伝えている点です。

  3回目のデートでは結婚したらどんな生活が理想ですか?と
  お互いが求めている家庭生活、夫婦の在り方を話している事
  直して欲しい点をお互いに話して妥協点を見出しています。

   仲人さんは、お二人の会話などから結婚への気持ちがいつごろから
  どの位高まっているのかを客観的に掴む事ができますので
  アドバイスをしながらプロポーズの時期、方法、場所など教えています。

  成功した時の報告ほど嬉しい事はありません。


  でも毎日のメールや電話、仕事も忙しいけれども、なるべく時間をつくり
  会う努力ですね。お見合いは出会いの一つですがそこから恋愛に発展した方が
  結婚まで進むんですね。

   震災後女性が非常に多く男性が少ない状況です。
  彼女のいなかった方には今がチャンスかもしれません。
  頑張ってくださいね

AD