披露宴会場の入り口に馬のひづめにつける蹄鉄(ていてつ)である

ホースシューを飾ることがございます。

ホースシューはヨーロッパでお守りとされているものです。

54f6eac9

ホースシューは悪魔を追い払う「魔除け」や

幸運を呼ぶ「お守り」としてドアなどにかけて使われていました。

結婚式では花嫁が無事教会へ行けるように玄関に飾っていました。


また、ホースシューは形が上向きに空いたU字型なので

幸運がU字の部分へ転がり込み、それを受け止め守る

ラッキーアイテムともいわれています。

そのことからホースシューは入り口に飾るだけでなく

新郎様がタイピンとして身につけたり、ラッキーチャームにしたりなど

さまざまなアイディアが生まれました。


ホースシューは幸せを招き、身につける者を守ってくれるモチーフです。

飾ったり身につけたりする際は上が開いている向きにして幸せな結婚式にしましょう。

54f6eaca

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ


簡単なお手入れで清潔に。 栃木県で作られているお布団です。

AD

コメント(4)