ブライダルプロデュース会社のウエディングプランナー都香(つが)の独り言のブログ

素敵な結婚式のエピソードや小物などのご紹介をさせていただきます。これから結婚される方、いま支度中の方、結婚式が終わったよという方、色々と情報交換をさせてください。


テーマ:

先日、7月21日にレイジーシンデレラ様の

ドレスショーにお伺いしました。

素敵なドレスにたくさんお会いすることができました。

誠にありがとうございました。



下の画像をクリックするとドレスショー当日に撮影しました

写真の一部をご覧いただけます。

気になる衣装がございましたらお気軽にご連絡ください。

一緒に衣装店へまいります。

ご連絡お待ちしております。

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

7月が始まり、気温の高い日が続いております。

熱中症などに十分ご注意ください。

今月は卓上花火の演出が現在3件入っています。

花火は夏らしさを感じる演出のひとつ、

素敵な結婚式となりますよう尽力してまいります。

d3d469c7194f898fc0ca938222bef895_s

卓上花火はゲストの皆様に贈るサプライズ演出におすすめの演出です。

一斉点火であがる花火に歓声と拍手がわきおこります。

低温花火ですので、安心してご利用いただけます。


夏らしさを感じるものには海があります。

海からは白い砂浜、綺麗な貝殻なども連想されます。

砂を使った演出にサンドセレモニーがあります。

新郎新婦様がそれぞれ違う色の砂を

一つの瓶に入れるセレモニーです。

このセレモニーには、今まで違う人生を歩んできたお二人が

これから一つの家族になるという意味が込められています。

できあがった作品はお二人の思い出の品として保管することができます。

結婚式の記念になる素敵な演出です。


季節感のある演出を取り入れることで、印象深い結婚式になると思います。

お二人の結婚式のイメージにあった演出をご提案してまいります。

o0640048012925936052

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

結婚式のお見送りでお送りするプチギフト、ドラジェには

さまざまな種類がございます。

今回は和の結婚式のお見送りに素敵なプチギフトをご紹介します。

o0640048012925936051-150x150

和の結婚式にあわせて送るプチギフトは

日本の縁起物を用いましょう。

例えば、主に食事で使う道具の箸は

「食べ物に困らない」という意味を持ちます。

これが転じて「健康・長寿」を象徴する

縁起物として使われるようになりました。

また、「愛の橋(箸)渡し・幸せの橋(箸)渡し」のように

語呂合わせがおめでたいものです。


広げると末広がりになる扇子も縁起物です。

「繁栄・招福」の象徴として昔から縁起物とされました。

これから暑くなる時期の結婚式ですと

季節感もあってより素敵な贈り物になると思います。


海外でライスシャワーの演出で使われているお米は

「豊穣・子孫繁栄」を象徴する縁起物です。

新米と新米夫婦をかけて「新米夫婦ですが宜しくお願いします」

「感謝の気持ちを込め(米)て贈ります」というような

語呂合わせもあります。

プチギフト用のお米は1~2合分の重さになりますので

あまり負担にならないと思います。


この他にも長い時間をかけて丁寧に作り上げる金平糖も

「夫婦で時間をかけて家庭を築いていく」結婚生活をイメージするものとして

また「幸せをかき集める」ものとして耳かきも

結婚式のプチギフトに選ばれています。


こうした縁起物とされる意味、由来からプチギフトを選んでみたり、

また、選んだプチギフトに幸せのストーリーをもたせてみたりすると

もっと素敵な贈り物になると思います。

ぜひ、お二人のお時間のある時に、じっくりとお考えください。

o0640048012925936052

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近は招待状のデザインやイラストが増え、

手作りされる方も増えてまいりました。

最初のおもてなしである招待状には

ルールやマナーがございます。

3346276db929db7092f714a8d2209898_s

まず、招待状の発送は挙式日約2か月前の大安です。

戻りが約1か月前の大安になるようにスケジュールを組みます。


招待状の文は差出人を新郎新婦様のお二人にするか、

お二人と御両家の親御様との連名にするか、

既に入籍しているかどうかで文章が少しずつ変わります。

ここでは、基本的なルール・マナーをご紹介します。


まず、招待状の文には「、」や「。」を使ってはいけません。

こうした句読点は「句切る」「汚点を残す」ことを意味するため

招待状や誓約書には使うことができません。

代わりに1文字分のスペースをあけ見やすくします。

また、文は頭揃えかセンター揃えにします。

1文字下げる段落は使用しません。


使用する漢字にも意味がありますので

「なくす」「きる」といった言葉や、それらを連想する部位のある漢字は使えません。

繰り返し言葉も使わないように、言い換えて書く必要があります。

レストランやホテル、結婚式場などはアルファベット名が多いです。

どなたでも読むことができるように読みがなやカタカナ書きも入れると

お二人の配慮が伝わり、とても素敵な招待状になります。


招待状はお二人からゲストの皆様への最初のおもてなしです。

ルールやマナーを守り、読みやすいように配慮して素敵な招待状を送りましょう。

o0640048012925936052

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

結婚式ではゲストの皆様への贈り物として

引出物や引菓子、ドラジェがあります。

今回は引菓子の意味や由来についてご紹介します。

o0640048012925936051-150x150

引菓子は引出物に添えてお渡しするお菓子です。

ただ添えているのではなく、

結婚式に出席してくださったゲストの皆様のご家族へのお土産という

意味が込められているものです。


引出物や引菓子の「引き」という言葉にはさまざまな解釈があります。

1つは「長引く」という意味です。

未来永劫、幸せな関係が続くという縁起のある言葉です。

もう1つは「引く」という言葉は「配る」という意味があることです。

単純にお配りするお菓子という意味で使っているという解釈です。

さらにもう1つの解釈は平安時代に由来するものです。

平安時代、お客様がお帰りになる際に

その屋敷の家臣が馬を引き出して送ったということがあり、

これが由来となったという解釈です。

この場合ですと、引出物が馬になっていますが

徐々にお菓子や金品に変わっていったそうです。


未来永劫、幸せな関係が続くという解釈は

結婚式にぴったりの意味だと思います。

引出物や引菓子の種類は本当にさまざまございます。

ゲストの皆様が喜んでいらっしゃる顔を思い浮かべながら選んでいきたいですね。

o0640048012925936052

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

結婚式・披露宴のブーケ、装花には

季節のお花を用いると季節感があって

より素敵な雰囲気になります。

今回は6月のウエディングフラワーをご紹介します。

747b8f2a4054fb149a68268ee2a20fb9_s

まず、バラと同じく、強い香りで有名なジャスミンです。

花言葉には「愛らしさ・優美・喜び・素直」などがあります。

インドでは若い女性は恋人にもらったジャスミンの花を

髪に編み込むことで愛の証とする風習があります。

白くて小さなお花ですので、ホワイトカラーなどの

白くて少し大きめのお花とあわせても綺麗です。


メインテーブルなどをエレガントな雰囲気にする場合は

シャクヤクがおすすめです。

シャクヤクは「慎ましやか・はにかみ」という花言葉があります。

一つ一つ大きいお花ですので、ゴージャスな雰囲気になります。


6月、結婚式のためのお花ともいわれるお花がオレンジの花です。

オレンジの花はジューンブライドのお話で知られる

主神ゼウスと妻ヘラにゆかりのあるお花です。

ギリシャ神話では主神ゼウスはヘラとの結婚の際に

オレンジを贈ったという話があります。

ヨーロッパでは、結婚式の際に

花嫁がオレンジの花を頭に飾る習慣もございます。

花言葉は「花嫁の喜び」です。

結婚式にあった花言葉だと思います。


その他にも「アガパンサス ジューンブライド」という

名前が6月の結婚式そのもののお花もございます。

白くて星のような形をしたかわいいお花です。

装花は結婚式のイメージを決める重要なアイテムです。

ぜひ、どんな雰囲気にしたいかじっくりお考えください。

o0640048012925936052-150x150

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年、6月になりました。

6月といえば、ジューンブライドの伝説があります。

6月に結婚した女性は幸せになれるという伝説です。

o0640048012925936051-150x150

6月は結婚と女性の守護神であるユノーの月とされています。

ユノーはローマ名で、ギリシャ神話ではヘラという名前です。

ヘラは主神ゼウスの妻にあたる女神で

家庭や女性、子どもの守護神です。

英語で6月をJuneと呼ぶのはヘラが守護する月という意味で

ヘラの祭礼も6月1日に行われていました。

そのため、6月に結婚式をすると

ヘラの加護により幸せになるという言い伝えがあります。


また、6月はヨーロッパの気候が良い時期です。

花が咲き始め、雨も少ない安定した気候が続くので

世間一般に明るくて開放的な雰囲気だそうです。

6月にはさまざまな祭りも行われることが多いので

相対的に祝福ムードが高まっているそうです。


日本では6月は梅雨にあたり、お足元が悪くなる可能性がどうしても高くなります。

この時期は秋頃に結婚式を予定されている方々が衣装をご検討なさることが多いです。

ゆっくりと衣装選びや結婚式のイメージを膨らませていきましょう。

o0640048012925936052-150x150

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

神前結婚式で行われる儀式で使われるものには

それぞれ意味が込められています。

今回は玉串奉奠と親族固めの盃で使用する

玉串と榊、御神酒についてご紹介します。

o0640048012925936051

玉串奉奠で使う玉串とは

榊の枝に紙垂をつけたものです。

この玉串に自分の魂をのせて神に捧げるという意味があります。

榊は玉串の他に、大幣の持ち手に使われたり、

神殿の両サイドにある緑色の布「真榊」として祭られたりと、

神前式ではよく利用されています。

榊は常緑樹で、繁栄の象徴とされています。

また、榊の字は「木」に「神」という字を組み合わせたものです。

これは「人と神との境の木」ということから作られたといわれています。


神前式の最後には、巫女によって注がれた御神酒を

新郎新婦様と御親族の皆様がそろって飲み干す親族固めの盃が行われます。

同じ御神酒を一緒に飲み干すことによって、両家の契りを交わす儀式です。

御神酒を使う理由は御神酒の原材料がお米であるからとされています。

古来から米には漢字の通り「八十八」の神が宿るとされていました。

御神酒はそのお米を原料として作られています。

たくさんの神様を凝縮したものとして神事で使われています。


神前式で使われるものにはそれぞれ大切な意味が込められています。

一つ一つの意味を知ると、より心がこもった素敵な結婚式になると思います。

由来や意味をお伝えしながら、お客様の結婚式が素晴らしい一日になりますよう

一緒に作りあげてまいります。

o0640048012925936052

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、新規のお客様と会場見学へ行きました。

どちらの会場様も素敵なところがたくさんございました。

お客様、並びにご説明してくださいました皆様、

誠にありがとうございました。

o0640048012925936051-150x150

結婚式の会場が決まりましたら、衣装選びを始めます。

衣装を選ぶポイントの一つに会場の雰囲気がございます。

会場見学の際に撮影した写真を参考に考えていきます。

例えば、ウエディングドレスの場合、

会場がゆったり広めの会場であれば

ドレスの引き裾「トレーン」が長いドレスが似合います。

トレーンの長さは身分の象徴とされていて、

長ければ長いほど、高い位の女性と考えられていたそうです。

ロングトレーンのドレスはゴージャスな雰囲気ですが

その分、ボリュームがあり、少々動きにくくなりますが

当日は、介添えの方がつきますので、ご安心ください。


結婚式の衣装は一生に一度の衣装です。

じっくりご検討なさって、一番のドレスをお召しください。

o0640048012925936052

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週末はお客様とご一緒に会場見学を行います。

お二人にとって一番の会場に巡り合えることをお祈りしています。

o0640048012925936051-150x150

キャンドルを使った演出は数多く、どれも魅力的です。

螺旋状や階段状に小さなキャンドルを並べて

一番上に大きなキャンドルを配置することを

モンタールキャンドルと言います。

下から順に火をつけていきますが、

そのつけ方は火が糸をたどって次のキャンドルに点火する場合と

ゲストの皆様につけていただく場合の2パターンございます。

一番上の大きなキャンドルには

新郎新婦様の共同作業で火をつけます。


モンタールという言葉はスペイン語のmontarが由来と言われています。

この言葉は日本語で「乗る」という意味があります。

火が階段を一段一段ずつ昇っていくように見えることから

この名がついたと考えられています。


モンタールキャンドルで使用する大きなキャンドルには

結婚25周年を測ることのできる目盛りがついているものがございます。

結婚式後、ご自宅で毎年結婚記念日に火をつける、とても素敵だと思います。

キャンドルを使った演出は他にもたくさんございます。

お二人で一番だと思う演出をなさってみてはいかがでしょうか。

54c0f463

ブライダルプロデュースAtelierそらまめ

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。