澤宗紀の『やりすぎくらいがちょうどイイ!』ブログ

頭の中身は小学3年生。次の人生はまじめに頑張ります!

↓こちらもどうぞ

■澤宗紀の『シネマ裏帳簿』
http://ameblo.jp/urazuke/


【過去のブログ】
□モテナイドリル
(2005年~2008年 格闘探偵団バトラーツに入団する前から、バトラーツ道場&寮が越谷から撤退する時期頃まで)
http://blog.livedoor.jp/saaawaaa/
□モテナイドリル2
(2008年~2013年 格闘探偵団バトラーツ解散、引退、引退後までのお祭りエブリデイ)
http://sawamunenori.blog.players.tv/

テーマ:

昨日、ラジオで誰かが言ってた

「トランプはハートのないジョーカー」

って言葉と 芸人のチャンス大城さんがfacebookで言ってた

「あなたは最近、西日を浴びてますか?」

って言葉が耳にずっと残ったまま離れないのですが、耳といえば、耳よりな!?

イベントのご紹介を。

仕事で少し関わらせていただいている補聴器の
株式会社nessa(ネッサ)さんによる
聞こえのチェック&補聴器おためし会(入場無料)を下記の場所にて行いますので、ご興味のある方がいたらお気軽にチェックしにいらしてください!

{8DDB9C3B-A33A-4F1B-9DFC-4E5394E5BF4D}


◆◆◆

◇日にち:  2017年1月20日(金)

◇時間:   AM11:00〜PM5:00

◇場所: 埼玉県川口市3-11-22
川口銀座商店街
情報館 燦プラザ

◇入場料金: 無料

URL:  
◆◆◆

新年度が始まる前に、聞こえのチェックはいかがでしょうか!?



はい、さて。

もう一つ!

先日お伝えした「日高祭20」開催に向けてのWEB番組「Road to 日高祭20」第2回の配信日時が決まりました。


1月25日(水)AM10:00配信スタート!


ゲストはワタクシ、発起人・澤宗紀、ナビゲーターは松本圭世(フリーアナウンサー)さん、そしてもちろん、主役の日高さん。

そちらの方も合わせてよろしくお願いしまっす!

1回目はコチラ!


{9ABE1A63-D0B4-4B56-82C9-75E85C7F58B6}


◆◆◆

日高郁人デビュー20周年記念興行
「日高祭20」開催概要

日時:2017年3月15日(水)17時00分開演(16時30分開場)18時30分試合開始

場所:「東京・チームスマイル/豊洲PIT」(東京都江東区豊洲6-1-23 TEL 03-3531-7888)

アクセス:ゆりかもめ「新豊洲」駅北口徒歩2分、東京メトロ有楽町線「豊洲」駅6番出口徒歩13分
首都高速10号晴海線「豊洲出口」3分 ※近隣に有料駐車場有

出演者(予定)
選手:日高郁人、藤田ミノル、船木誠勝、伊藤崇文、ZERO1所属選手
ゲスト:IKUO、ニッチェ、電撃ネットワーク、あびこめぐみ、他

【既報対戦カード】
船木誠勝 vs 伊藤崇文

前売券発売所:
・イープラス/http://eplus.jp/scapture/(パソコン&携帯から、もしくはファミリーマート各店にて)
・ローソンチケット(Lコード/32209)
・ホカクドウ(中野ブロードウェイ2F)

料金
■$200,000席(マイホームがついてくるVIP)※限定ペア1組2席
お席の他、下記不動産2物件からご希望の1物件をプレゼント致します。
・町田市土地付き一戸建て(小田急線町田駅徒歩20分、40坪)
・東武動物公園駅付近 3LDKマンション(インテリアコーディネーターの資格を持たない日高郁人が選ぶ家具付)
■$20,000席(南国ツアーVIP)※限定ペア1組2席
南国ツアー+豪華アイテム(予定)付き
■$2,000席(ご縁の国しまねツアーVIP)※限定ペア5組10席
日高郁人と行くご縁の国しまねツアー付き
■SRS ¥20,000(最前列、記念品付き)
■RS ¥8,000
■指定A ¥6,000
■指定B ¥4,000
■立見席 ¥2,000 ※会場最後方列 となります。
※入場時にドリンク代として別途500円必要

お問い合わせ:日高祭20実行委員会(株式会社ショーンキャプチャー内) TEL:03-5364-9015(14:30~19:30内)Email:info@shawncapture.jp

#日高祭20 #日高郁人 #澤 宗紀 #松本圭世 #豊洲PIT #20周年 #zero1 #prowrestling #プロレス #ショーンキャプチャー




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今年、デビュー20周年を迎える先輩、日高郁人。

20周年を記念として2017年3月15日 (水)に豊洲ピットで開催される  『日高フェス20』に向けての道のりを動画にて紹介していく『Road to 日高祭20』(第2回目)を昨日収録してきましたので、配信が始まりましたら、是非チェックしてみてプリーズ!


「ヒヤリハット」や「賀詞交換会」て言葉を最近知った無知な俺ですが、 一人の男が一つの事に20年という時間をつぎ込んだ財産を使って打ち上げる相棒の「祭り」のバックヤードを全力でサポートしていきたいと思います!


◆◆◆

横浜・釜鍋劇場にて「Road to 日高祭20」の第2回収録がナビゲーター・フリーアナウンサー松本圭世さん、出演・日高郁人、ゲスト・澤宗紀さんで行われました。配信日時決まりましたらお知らせします。


第1回はこちら!!


{9C427CA6-0427-486B-B3A0-59E68D680596}


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

映画を見るのは、大げさにいえば、こんな大人になりないなーっていう男の教科書的な役割と、手っ取り早い、異世界へのトリップ。

それが一番、リーズナブルにできる娯楽だと思ってるので、小学生の頃からよく見てます。

子どもが生まれてからは、家の中のTVは子どもと妻が優先なので、どうしても観たい作品は映画館、あとは布団の中でヘッドフォンつけてNetflix (スマホで)で鑑賞してる最近のエブリデイ。

でも雑誌かなんかで観たら、その暗闇での寝る前の長時間スマホは眼や脳ミソにあんまりよくないって言うから

あらまー!

 って感じなんですが、そんな中、もうそれはそれはごく稀に映画のレビューを書かせてもらってる 無料メルマガ『映画野郎』さん
{CDC84904-0799-4B3D-B822-62685281261D}


そこで、毎年やってる、その年のベストテンを決めるコーナーに今年も参加させてもらいました。


対象作品の本数をあまり観てないのが今年も反省点なのですが、興味のある方は是非チェックしてみてください!


因みに俺のベスト3はコチラ!

1位 『ボーダーライン』

{24A35304-7559-4B2A-97F6-03F046F1A7D1}



2位 『ヘイトフルエイト』

{5F58FE8F-8633-45A4-B2D9-3A2084C3CBA1}

3位 『サウスポー』


{E949B387-220E-4592-8E5E-6FED94B3D1B9}



◆◆◆◆


【2016年度 映画野郎ベストテン大発表!!】

男性向け映画情報WEB&メールマガジン「映画野郎」がオススメする、2016年公開映画のベストテンが決定しました!

1位:シン・ゴジラ  80点
2位:この世界の片隅に  66点
3位:ヘイトフル・エイト【R18+】  44.5点
4位:ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー  40.5点
5位:帰ってきたヒトラー  40点
6位:デッドプール【R15+】  31点
6位:シング・ストリート 未来へのうた【PG12】  31点
8位:リップヴァンウィンクルの花嫁  30点
9位:ロブスター【R15+】  27点
10位:セトウツミ  24.5点

[※2016年1月~12月末までに日本で劇場公開された作品から選出! 映画野郎スタッフと映画野郎を応援する友情出演者による選者30名のランキングを1位=10点...10位=1点として換算集計しました!(順位がない場合、ベスト10は一律5.5点)]

■総評:
1位に輝いたのは、日本が誇る大怪獣映画「ゴジラ」シリーズの復活作にして、昨年興行収入81億円の大ヒットとなった『シン・ゴジラ』。膨大なセリフと情報量で圧倒する怪獣映画らしからぬ演出が話題を呼びました。そして惜しくも2位となったのは、ネットなど各方面で話題を振りまいた傑作アニメ『この世界の片隅に』ということで、今年は日本映画でワンツーフィニッシュという結果に。
俺たちの大好きなクエンティン・タランティーノ監督が、「らしさ」全開で描く密室劇『ヘイトフル・エイト』が堂々の3位に入り、現在大ヒット公開中の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が、締め切り間際の12月16日に公開されたばかりにも関わらず、4位に飛び込む大健闘。
5位に入ったドイツ産SF風刺劇『帰ってきたヒトラー』、6位の異色アメコミヒーロー作『デッドプール』、そして9位のSFコメディ『ロブスター』は、それぞれ強烈かつブラックな笑いで選者にインパクトを残しました。傑作青春音楽ムービー『シング・ストリート 未来へのうた』は、80年代ロック好き世代にビシっと突き刺さってしっかりと6位にランクイン。
8位には岩井俊二監督オリジナルのジェットコースタードラマ『リップヴァンウィンクルの花嫁』が入り、小品ながらユーモラスな会話劇が楽しい『セトウツミ』が10位に滑り込み!
ここ2年は日本映画がなかなかランキング入りしなかった中、今回は4本もベストテン入りを果たし、日本映画の逆襲を感じさせるランキングになりました。

惜しくもベストテンに漏れた作品一覧、アンケート選者の個別ランキングとアツい選評の数々は、映画野郎メールマガジンでチェックしてみてください!!

(※メルマガ未登録の方はこちら!⇒登録アドレス(PC):http://ow.ly/kAQBj ※携帯からの登録:http://ow.ly/kAQy9 ])


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
え!  ウソ!

もう、新年明けてんの!

しかも10日も経っちゃってるよ、ハッピーニューイヤー。

「2017年は祝日が土曜日に被り、例年より4分の1ほど少なくなっちゃう」

ってのを元『紙のプロレス」の名物記者さん 松澤チョロさんのインスタで知りましたが、それよりも何よりも

俺 < プラレールの線路 < ネズミの人形 < 機関車トーマス< おばあちゃん <  ママ

このムスコの大事なモノランキングで
今年はプラレールの線路より上位に食い込めるようがんばる所存であります。

こら! 
抱っこを嫌がるなっての!笑

{A2CED7F2-D978-42EC-9E6E-9F1BC347D86E}


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。