ホンダは22日、6月下旬の株主総会後に決める役員人事を内定したと発表した。青木哲会長ら4人の取締役が退任し、開発部門子会社である本田技術研究所の川鍋智彦専務ら3人が新任取締役となる。

青木会長は2007年6月に就任、08年5月から任期2年の日本自動車工業会会長を務めている。ホンダの会長職は外部の公的職務に就くためのポストでもあり、直近では04年6月から3年間、会長不在の時期があった。

一方、本田技術研究所の川鍋氏は4月1日付で研究所社長に昇格したうえで、6月にホンダの常務取締役に就任する。研究所の社長は昨年6月から伊東孝紳ホンダ社長が兼務していたが、解かれる。

《レスポンス 池原照雄》

【関連記事】
青木自工会会長「CO2削減には産業界の意見反映を」
GM、ウィッテーカー会長がCEOに正式就任
トヨタ豊田社長、記者会見スピーチ全文
ホンダ 特別編集

公務員倫理「低い」29% 人事院が市民アンケート(産経新聞)
普天間移設 名護市長が首相に「海にも陸にも造らせない」(毎日新聞)
<町田市長選>石阪氏が再選 東京(毎日新聞)
漁船船長、船上で包丁振り回し他の漁船脅す 千葉(産経新聞)
消費税の議論早過ぎる=鳩山首相(時事通信)
AD