さむーい日曜日は福岡市博物館へ。

きゅーっと冷えた空気に澄んだ空!

 

 

 

 

 

目的は、フィンランド・デザイン展です。

マリメッコの布が、どーん。

 

 

 

 

好きなデザインの日用品が

古い物から

現代に作り続けられているものまで

うようよ並んでいて

 

ニマニマ しながら観覧しましたラブ

 

 

 

ニマニマ の始まりは

陶磁器のアラビア社製のティーポット。

(写真なし)

 

 

ソイントゥというシリーズらしいのですが

 

1.5L くらいの たっぷりサイズ

ぽっっってりとした丸みのあるフォルム

うっすらと青みがかった磁器

 

 

私は初めて、萌える♡

という感じを覚えました。

 

 

 

 

 

 

「あぁ、触りたい♡」

    (ガラスケースに入ってて、とーぜん触れない)

 

 

 

・・・正直、わからなかったんですよね。

         萌え♡って、どんなだ?って。

 

 

 

 

かわいい とか

好き は、わかるのだけど

わからなかったんです、萌え。

 

 

 

子どものときから、親きょうだいに

「鉄仮面」と言われるほど

感情表現をしない子でして

 

 

 

大人になると尚更に

冷静沈着

 

 

 

そんなだった私も

萌え♡を覚えました・笑

  

 

 

いやー、感情って

ほんっと、素晴らしいですね。

     (昭和なコメント)

 

 

 

ずーっと、ニマニマ しながら観ていました

ひとりで。

 

 

 

 

 

そして

あるデザイナーのインタビュー記録を見て

目がうるうると。

 

 

 

 

インタビュー記録はこちら

 

Q.自分が覚えている一番最初の記憶は何ですか?

     何歳のどんな記憶ですか?

 

A.(前略)

     1歳のとき、晴れた日に母は

     アパートのバルコニーで私を寝かしつけていました。

 

     寝る時に入っていた藤のカゴのこと

     晴れた空と、カゴの丸いふちが額のようで

     それ越しに空を見上げていたことを

     とてもよく覚えています。

 

     あのとき

     「大きくなったらボールチェアをデザインしよう」

     そう誓ったって言ったら

     信じてくれますか?

 

 

 

 

デザイナーのエーロ・アールニオさんが

デザインした、ボールチェアがこれ。

 

 

 

 

 

 

実際に座ってみると、こんな感じ。

 

 

     

ずーっと座っていたい感覚でしたハート

 

 

 

 

美しくて

物語があって

日常に溶け込む

使い良いものが

大好物ですハート

 

 

 

 

 

 

■個人セッション■

 

 

 

 

こんにちは、戸田涼子です。

 

福岡と下関で

幸せに生きるチカラ目覚める

カウンセリング・心理セラピーをしています。

 

 

先日、セラピスト仲間のお宅で

「これからどうしたい」

とか、いっぱい話をしていました。

 

 

     婚活サイトに載せるプロフィール写真を撮ってもらったり・笑

 

 

 

これからの人生をどう生きていきたいか

普段、誰と、どう話していますか?

 

 

今、私は、話す場が自然にあって

家族との会話の中でも

聞かれなくても自分の思いや気持ちを

ことばにすることが自然になっていて

 

それはとても幸せなことだと感じています。

 

 

 

 

で、以前はどうだったかというと

職場の中での目標はあって

同僚や上司と話すことはあった

 

けど、なんだか駆り立てられているような

感覚がありました。

 

 

 

プライベードも、友人に聞いてもらっていた

けど、常にもやっとした感覚があった。

先が、明るくない感じ。

 

頑張って行動するんだけど・・・疲れる。

 

 

どうせ無理、私には得られないって

思ってたことには

セラピーをするようになって気づきました。

 

 

 

 

 

こんな感じ。

もや の中に

理想とする人生があるんだけど

 

もや がかかっていて

よく見えないし

 

その中にいる私は

果たして笑っているのか?

って思って

 

さらにモヤモヤモヤモヤ・・・

 

 

現在地にいる私は

実は、疲労困憊だったしね。

 

 

 

先週末のプロセラピスト養成協会

入門講座での棚田先生の話にもあったのだけど

 

ビリーフチェンジでは

「理想・夢・目標」といったゴールにいる自分と

今の自分とのギャップがあるときに

 

 

 

 

Why?

なんでうまくいかないんだろう?

わたしはいったいどうしたいんだろう?

 

 

 

 

 

How?

どうしたら、目標を達成できる?

どうしたら夢を叶えられる?

 

 

どちらにも、アプローチしていきますよ。

 

 

 

初回カウンセリング

“現状” の話と

 

このままじゃいけない、という焦り

ずっと、このままなの?という不安

どうしたいのかわからない、というモヤモヤ

 

をお聞きして

どうアプローチしていくかを

一緒に考えて、整理します。

 

 

 

 

 

もや がかかっている時は

頑張って もや を晴らすというより

 

見えるところからやっていきましょ。

 

 

頑張りマンさんたちは

自分の頑張りが足りないって思いがち。

 

 

 

 

早朝の霧の中

歩いたことありますか?

車で進む、でもいいのだけど。

 

 

ゆっくりゆーっくり、先を確認しながら

進みますよね。

 

 

可能であれば、霧が晴れるの待つ。

 

 

 

だって、怖いんだもの。

 

 

 

怖い中、頑張って進まなくていいんです。

    靄の中、フルスピードで突っ込まない!!

 

 

 

見えるところから

ゆっくりやる

 

 

見えないから

ゆっくり、ゆっくり進む

 

 

ですよ。

 

 

 

■個人セッション■

富士山 2つの“アイ”で創る、幸せなライフストーリー  

      ただいま、スタイル変更につき初回カウンセリング

      通常10000 円 →  8000 円
富士山 ご予約
富士山 お客様の声

 

 

 

 

 

昨日の夜は

ホテルラウンジでの初回カウンセリング。

 

(セッションは安心していただける

  環境づくりのため 個室ですが

  カウンセリングでラウンジやカフェを

  ご希望の方は仰ってくださいね)

 

    この、そっと置かれた1枚のクッキーが好き

            ……2枚でもいい・笑

     チャイのシナモンや生姜の香りで からだもゆるり。

 

 

 

クライアントさんが帰られた後

そのまま振り返り・整理をしようと思ったのだけど

集中力も途切れてしまったので

場所を変えることに。

 

 

 

他のホテルのラウンジはどうかなー、と

チェックしながら、トコトコ歩き。

 

 

 

 

途中、お店の雰囲気いいなーと

思いつつ通り過ぎた

イタリアンの店に、帰りに寄る。

 

 

 

 

 

アルコールもほしいけど

どうしようかな・・・と思っていると

 

カッコイイオヤジ、な感じのシェフに

「呑まれますか?」

と、さりげなく声かけられ

 

「はい、赤のグラス」と

カクテルのリストを見ながら答える。

      私、決めてたんやん・笑

 

 

 

シェフが声をかけてくれたのは

待たせずに、つきだしを出すため。

 

 

      イカのあぶり加減、レモンの絞り具合がいい♪

 

 

 

このお店に入るのを決めたのは

外から見て、照明の具合や

落ち着いた雰囲気に魅かれたのと

 

 

外に置いてあったメニューの

前菜の欄に「ハーフサイズ」の

記載があったから。

 

 

 

途中の道にあった他のお店は

にぎやかな雰囲気で

複数人でシェアするメニューって

感じだったのね。

(聞けば、ひとりサイズを用意してくれるお店もあるけど)

 

 

 

 

      かぼちゃとチーズのミルフィーユ

       なんですか、このハートがキュンとするデザイン。

 

 

 

ピザも気になりつつ

店名の冠に「生パスタ」とあったので

パスタをオーダー。

 

 

口に記憶のある生パスタの食感と違い

福岡のうどん(やわい、コシなし)に

コシが加わった感じ。

 

 

      麺の包容力のおかげ? 完食するまでアツアツ。

       チーズもたっぷり♡

 

 

 

辛口アラビアータは、“普通”でしっかり辛いらしく

オーダーの時に、シェフにどのくらい辛くていいか

聞かれる。

 

 

食べてみると、辛いけど美味しく食べられる辛さ。

 

 

シェフに「辛いけど美味しい」と伝えると

「辛さはだいぶ抑えました」と、シェフ。(笑)

 

 

 

 

 

雪は降らないまでも、寒い日。

アツアツで辛いパスタと

シェフのさりげない気遣いに

すっかり心温まる。

 

 

 

そうだ、振り返りをするんだったと

カウンターでそのまま

ノートに書きこんでいると

 

これまた、さりげなく

チェイサーを置いてくれる、シェフ。

 

 

 

すっかりファンになりましたハート

また来よう。

 

 

 

     海老の殻を炒めて作るソース。

     その仕込みでシェフが鍋の中身を混ぜている

     ザックザックという音、香りが既に美味しそうだった・笑

     

 

 

 

 

今日のお店選びの条件は

 

・ 美味しい

・ ひとりでも気楽に居られる

・ ちょっと呑みたい

・ あったかいもの食べたい

・ 静か

・ 仕事ができる

 

 

 

いくつも条件があって

“頭”は「仕事ができる場所を選べ」

って言ってたけど

 

全部大事ポイントで

それを心が求めているなら

あとは

 

「自分の感覚に従ったらいいよね。」

 

と、またまた思う

嬉しい体験でした。

 

 

 

心理セラピスト・戸田涼子

 

 

 

■個人セッション■

 

 

 

 

以前から気になっていた方。

 

 

 

どうやら、とっても 「愛され上手」 らしい

磯部宗潤さん。

 

 

 

    写真を磯部宗潤さんのブログからお借りしました

     左は、今回書記の 予約をとらない占い師 守田矩子さん

 

 

 

 

なーにー??

この調査!!

 

 

気になるっ爆 笑

 

 

 

ということで、参加させていただきました♪

 


 

 

 

LINEで!

 

 

 

 

きりっと答えてみましたが

 

内心では

 

 

 

えーっ、そんなこと聞いちゃうんだ!

 

おっと、そこまで聞くのか!!

 

ということもあり

 

未消化の感情が

湧いてくるのに気づいたりしてましたびっくり

 

 

終わってから、自分で感情処理して

スッキリ!!笑

 

 

 

 

最後に傾向の確認のような質問があり

 

マトリクスでは

ここに該当するのかな?

 

という内容だったんだけど

 

 

 

聴いていると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むずむずする・・・・・・・・笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、ことはもしかして

私が持っていて、隠している素質なの??

 

 

 

 

 

って、気になっています。

 

 

  聴いてただけなので、ほぼほぼ忘れたけど

  素質なのなら、さらにゆるんだときに

  表面化するんだろうなーと思う(気長っ・笑)

 

 

 

 

 

 

それにしても磯部さん

これだけの質問と

傾向・特徴をどうやって挙げたんだろう??

 

 

 

調査の結果が楽しみですハート

ありがとうございました照れ

 

 

次回は3月に再募集がある、らしいです。

 

 

 

 

 

 

■個人セッション■

富士山 2つの“アイ”で創る、幸せなライフストーリー  

      ただいま、スタイル変更につき初回カウンセリング

      通常10000 円 →  8000 円
富士山 ご予約
富士山 お客様の声

 

 

 

 

 

「安心」って、どんな時に感じますか?

 

あなたが 「安心している時」 って

どんな感覚でしょう?

 

 

 

 

 

その 「安心感」 は

自分の内側にありますか?

 

 

     特に何ということもないけど

     自分の中に安心感がある

 

 

 

 

外側の要因の影響が大きいですか

 

 

     緊張する相手がいないから安心

     〇〇さんといれば、安心

     職場よりは家にいるほうが安心

 

 

    

 

かつての私は、後者。

 

 

「安心感」 って、よくわからなくて

 

緊張する状況が終わってほっとする

場面や一緒にいる相手によってはリラックスしている

 

という、比較で感じるものでした。

 

 

緊張している、が基本。

 

 

家であれば、家族が居間にいて

自分は個室にこもっているのが安心。

 

 

     家に完全にひとりだと

     家族が帰ってくるまで落ち着かなず

     自由にできない

 

     家族が家にいれば

     役割がない限りは自室にいたい。

     

 

 

役割の中で生きていて

役割の量や重さによって

緊張度合いが違う

 

役割がないならないで、落ち着かない。

 

 

 

 

 

役割を担わなくても居ていい

何かを話す、する必要もなく

何を言ったとしても

何をしたとしても

 

私の存在が否定されることはない

 

 

その安心感 を感じたのが

 

プロセラピスト養成協会の講座の場

 

だったんです。

 

 

セラピーでビリーフチェンジ

(思い込みの書き換え)

が起きたのも

 

 

 

この「安心感」の中で

自分で自分を大事にしていいんだ

って、体感していたから。

 

 

 

その安心感に引き寄せられるように

場に参加することを続けて

 

ちょっとずつちょっとずつ

安心感が貯まっていって

 

プラス、自分から人に近づく

ということを覚えていった。

 

 

そこからさらに

自分から親しみを感じる人に触れる

求める

ということを覚えていった。

 

 

そして、安心感が

さらに貯まっていくのを感じたんです。

 

 

 

体験することで

日常でいかに緊張しているか、に気づいた

安心感、というものを覚えた。

 

 

 

 

この安心感は

 

大切な人との関係を育てていく

大きなチカラになる。

 

 

 

自分の夢や目標を実現していく

大きなチカラになる。

 

 

 

 

 

それでも、私の中に

何もなかったわけではないと思うのです。

 

 

足りなかった、だけ。

 

 

 

 

芽はあっても

 

堆肥や光、水が足りないと

植物が育たない、ひ弱であるように

 

 

足りなかった。

 

 

 

 

在る土、栄養が

豪雨で押し流されるように

 

 

 

ストレスが大きくて

土台が育たなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、あなたが今

かつての私と同じように

 

 

「安心感って???」

 

と思ったとしても

 

 

 

育てていけますからねハート

 

 

 

■個人セッション■