今回参加した文学フリマ東京ではいくつもの反省点が見つかりました。
頒布する作品の良し悪しは一旦置いておいて、外的な反省点と改善策を以下に列記します。



【反省点】
●カテゴリエラー?
メイン頒布作品が短編恋愛小説集だったこともあり、ブース配置のカテゴリは「小説|短編・掌編・ショートショート」としましたが、作品の長さを抜きに考えたら「小説|恋愛」もしくは、もう一つの頒布作品の内容に沿った「小説|エンタメ・大衆小説」のどちらかだったら一般参加の方々の目に触れる機会がより増えていたかもしれません。
カテゴリの選択は重要だと感じました。

●動線の読み間違い
一般参加の方々は私のブースの位置では右から左よりも左から右に向かって歩いてくるほうが多いという読みは当たっていたのですが、予想外だったのはブース配置図と実際のブース配置がずれていて私のブースが入口の真正面だったことです。
POPを左から右に向かって歩いてくる人によく見えるように設置しましたが、真正面の入口から入ってくる人にはよく見えなかったようです。

●POP、ポスターのデザインミス
イベントの事前に親友と相談した結果、遠くの人にアピールできるようにPOPから近くに寄らないと読めない文章を削除し、作品タイトルを大きく印刷したのですがこれが裏目に出ました。
作品の特長や概要の文章を記載した「読ませるPOP」のほうが良かったかもしれません。
これは机の下に貼ったポスターも同様で、ブースの配置位置の関係上、表紙を拡大印刷したものよりも文章が記載されていたもののほうが一般参加の方々の目に留まっていたかもしれません。

●チラシを多く作りすぎた
前回の来場者数が出店者を含めて約3,700人ということだったので今回も3,000人以上の方が一般参加で来場すると予想し、そのうちの10%の300人くらいの方がチラシを手に取ると仮定して300枚のチラシを印刷しました。
結果、まだ数えていませんがほとんど手にとってもらえなかったようです。
チラシは少なめに準備して、なおかつ使い回しができるように工夫したほうが良いと思いました。

●机の上のレイアウトミス
無料配布冊子を机の左側にA6サイズチラシとコマーシャル動画を流すタブレットを机の右側に配置していたのですが、無料配布冊子に気づく方が少なかったです。
イベントの後半にレイアウトを変更しましたがタイミングが遅すぎました。



【改善策】
●メイン頒布作品にマッチしたカテゴリの選択
これは当たり前のことですよね。(^_^;)

●早めの会場入り
次の改善策につながることですが、早めに会場入りして設営した後に実際に会場内を歩いてみたほうが良いように思います。

●動線の事前予測とイベント当日の臨機応変なレイアウト変更
ブース番号の決定とブース配置図が公開されれば一般参加の方々の動線の事前予測は可能なので予測に沿ったブースレイアウトをシミュレーションしておきつつ、イベント当日のブース配置図と実際のブース配置のずれに臨機応変に対応しようと思います。

●POP、ポスターを複数種類用意する
POP、ポスターともにデザイン、印刷にさほど手間がかからないので複数種類用意しておいてイベント当日の状況に応じて使い分けようと思います。

●チラシは使いまわしできる工夫をした上で少なめに準備する
作りすぎて余るよりも足りないくらいでちょうどよいかもしれません。



今のところ思い浮かぶ反省点と改善策はこんなところかなぁ。
根本的に面白い作品を書くことが大前提ではありますが。



ランキング参加中です。
もしよろしければ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

AD

2017年5月7日(日)、文学作品の展示即売会「第二十四回文学フリマ東京」(通称:文フリ)にサークル参加(出店者としての参加)してきました。
テキレボと同様にまずは一般参加してからゆくゆくはサークル参加することを考えていましたが、小説仲間に誘われたこともあり初参加で初出店ということになりました。



●午前10時過ぎ:会場到着、一服
自宅を出るのにもたつき、予定していた電車に乗れず当初の予定から20分ほど遅れて午前10時過ぎに会場に着きました。
今回売り子として手伝ってくれる親友は既に会場に着いていて、携帯電話に「駐輪場のタバコ吸う処に居ます!」というメールが届いていました。
駐輪場がどこにあるのかわからず探すのに少し時間がかかりましたがなんとか親友と合流、一服してから会場に向かいました。

●午前10時半過ぎ:会場入り、設営(おいおい、会場入りするのに並ぶのか!?)
テキレボでは行列に並ぶことなくすぐに会場に入ることができましたが、文フリでは会場入りするために行列に並ばなければなりませんでした。
会場に入って自分のブースに着いたのは10時半過ぎ、隣のブースの小説仲間はほとんど設営が終わっていました。
早速親友に手伝ってもらいながらブース設営を進めたのですが、私は長年仕事で時間に追われる環境に置かれていたため、タイムリミットがあると焦ってしまうのです。
事務局の方のカウントダウンのアナウンスを聞きながら急いで設営しました。

●午前11時:イベント開始、開始してから30分ほど経過した頃本が2冊売れる
事務局の方のアナウンスをきっかけにイベントが開始。
今回のブース配置は入口の目の前の「お誕生席」と言える場所。
開始後に入口から入場してくる一般参加の方々はまばら。
一般参加の方々はまずはチラシや見本誌を見ている様子。
親友と椅子に座って一般参加の方々の会場入りを眺めていました。
11時25分頃、入口から真っ直ぐに私のブースの前にやって来た女性が「ハードボイルド主夫 竹田竜作」と「カウンター越しの恋」を2冊まとめて買ってくれました。
その女性の話では「Webの紹介を見て気になってて」ということでした。
Webでの紹介を見てくれた方がいてくれてうれしくなりました。

●午前11時半過ぎ:末広圭(すえひろけい)さんの来訪
第5回Text-Revolutionsで知り合いになったサークル名「すてばちや」の末広圭さんが足を運んでくれました。
ほんの少しだけお話をしました。
緊張して何を話したかあまり覚えてません。
私、たばこ臭かったかな?

●午前11時40分頃:テキレボの副代表さんの来訪
テキレボの副代表さんが第6回Text-Revolutionsのチラシを持ってきてくれました。
ごあいさつをした後、私が第5回Text-Revolutionsに参加する前にお送りしたメールの件でお話ししました。
副代表さんもおっしゃっていましたが、私のメールの内容は「ふわっとした」内容でした。
確かに自分でもふわっとした内容のメールを送ってしまい申し訳なく思っております。
あの時はふわっとしていましたが、テキレボ、文フリ東京に出店して一つの実現可能なアイデアが思いつきました。
後日何らかの形でお伝えしようと思っています。

●午後12時頃:あいさつ回り
イベント前にお知り合いになった「こんぺき出版」さんと「虚事新社(そらごとしんしゃ)」さんのブースに向かいごあいさつをしてきました。
こんぺき出版さんのブースは、2ブース分の机の上にきれいな装丁の本が整然と並べられていてまるでアンティークショップの一角のようでした。
こんぺき出版さんは、代表の豆塚エリさんと喫茶店のマスター(お名前は知っていますが本名だと思うので念のため伏せておきます)の二人で運営している出版社。
少しお話をしてお互いの本を2冊交換しました。
その後、「虚事新社」さんのブースに向かい、委託販売を行っている店舗の情報をお伝えし、本を1冊買いました。
虚事新社さんは執筆担当の田畑農耕地(たばたのうこうち)さん、編集担当の芝田拓(しばたたく)さん、デザイン担当のczu(しず)さんの3人組の文芸サークル。
ブースでは田畑農耕地さんと芝田拓さんとお会いすることができました。

●午後12時半過ぎ:交代で昼食
私の昼食はローソンの「はみでるバーガー」と「赤飯おこわ」と惣菜パンでした。
「昼食とってる時にお客さんいらっしゃったら対応困っちゃうな」という思いは、杞憂に終わりどなたもいらっしゃいませんでした。

●その後:鳴かず飛ばず……

●午後5時:イベント終了
文フリ初出店の販売結果は合計で8冊でした。
知人が買ってくれた部数を差し引くと3冊の本をお客様にお買い上げいただきました。
最小販売目標を1冊としていたので3冊の販売実績はまずまずの成功と言えるでしょう。
今回も反省点や改善点がいくつか見つかったので次回のイベントに反映させようと思います。

●イベント終了後:会場外の喫煙所で親友とともにプクイチ反省会
イベントに参加する際は常に最小販売目標を1冊としているので私としてはあまり気落ちしていなかったのですが、親友がもう少し上手くやればあと2、3冊は売れたのではないかと言っていました。
親友に謝礼を渡そうとしたら「今回はいいよ」と断られ、今回の謝礼は今度飲む時の飲み代を支払うことになりました。

●帰宅途中:行く前よりもキャリーケースが重く感じた44歳の夕暮れ
気落ちしてるわけじゃないんですけど、物理的に行く前よりもキャリーケースに荷物を多く詰め込んだので重く感じました。



●帰宅後:文フリに参加しながらもテキレボの楽しさを思い出す
文フリは楽しかったけど良くも悪くもシステマチックというか事務的な印象を感じました。
まだ一回しか参加していないから文フリの魅力を知らないのかもしれませんけど、次回はもっと本を配れるように色々と工夫してみようと思います。

 

 


ランキング参加中です。
もしよろしければ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

 

 

AD

サークル名は「風富書房」に決定。

 

ブースを出店するにあたってサークル名を決めなければなりません。
サークル名と言われてもはてさてどうしたものやら?
「風富来人とゆかいな仲間たち」にしようかと思いましたが、単独の活動なのでゆかいな仲間たちがおらず。
(一緒に出店する予定の友人はいますが、その方も独自にブースを出店します)
真剣に考えて最初に付けたサークル名は新刊のタイトルだったのですが、今後継続して出店していくことを考えると次回以降既刊のタイトルを使い続けるか、もしくは毎回サークル名を変えなければいけないかなぁと思い却下。
次回以降継続して出店することを考えるとサークル名は統一したほうがいいかなと思いました。

次に、ホームページのタイトル「風富庵」にしたのですが、継続して使い続けることはできるもののインパクトに欠けるというか、「庵」と小説の結びつきが弱いというかなんというか……。

それで最終的にいきついたのが「風富書房(かぜとみしょぼう)」でした。

「自分の作品を販売するわけだし書店のようなものだよね」と考えたことと、今回の出店を機会に本の印刷所を変更するのでこれまで形式的に付けていた出版社名を「風富書房」に変更しようと思い至りました。

例に挙げると、早川書房、角川書店、秋田書店などのような感じで。

このサークル名、正直言うと恥ずかしいですけどね。(^_^;)

まぁ、このような紆余曲折があった結果「風富書房」に決まりました。

 

 


ランキング参加中です。
もしよろしければ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

 

 

AD