新たに同人活動を始めた同人作家さんとお知り合いになったので参考情報として僕の知見を記します。



同人活動は収益化できるのか?

この問いに対して、今年3回の文芸同人誌即売会に出店した経験から導き出した僕の答えは、

「同人活動を収益化することは非常に難しい」

でした。



まず、市販の本の原価率の例をご説明します。

《市販の本の原価率の例》
●書店のマージン  ⇒ 22%
●取次卸のマージン ⇒ 8%
●出版社の原価率  ⇒ 70%
(内訳)
 ・著者への印税  ⇒ 10%
 ・本の製造原価  ⇒ 30%
 ・販売管理費   ⇒ 20%
 ・出版社の利益  ⇒ 10%

小説同人誌の場合、上記のうちの書店のマージン(22%)、取次卸のマージン(8%)、出版社の原価率のうちの出版社の利益(10%)、合計40%の費用が発生せず、その分を本の印刷・製本代、販売管理費、利益にあてることができます。

しかし、市販の本の製造原価が30%に抑えられるのは、一度に数千部以上の大量生産するからこそであり、小ロット印刷の小説同人誌の製造原価は高くなってしまいます。
表紙のデザイン、ブックカバー、帯など、本の装丁にこだわればその分製造原価は高くなります。



上記を踏まえて導き出した小説同人誌の原価率の割合の例は以下のとおりです。

《小説同人誌の原価率の割合の例》
●本の製造原価   ⇒ 40%~80%
●販売管理費    ⇒ 10%~20%
●利益       ⇒ 10%~40%

販売管理費は、文芸同人誌即売会におけるPOPの制作費などや、無料配布本の製造原価の回収を目的とした費目です。
文芸同人誌即売会の出店料は、利益で回収していくことになります。



文芸同人誌即売会の出店を想定して具体的に条件を設定して金額を試算してみると以下のようになります。

《想定条件》
●文芸同人誌即売会出店料:5,000円
(テキレボと文学フリマ東京(椅子2脚分)の中間の金額)
●有料頒布本の頒布価格:500円
●有料頒布本の仕様
冊子サイズ:A6(文庫サイズ)
ページ数 :100ページ
印刷部数 :50冊
表紙印刷 :表1・4:フルカラー、表2・3:モノクロ
制作代金 :12,500円で試算(1冊あたりの製造原価:250円)
●無料配布本の仕様
冊子サイズ:A6(文庫サイズ)
ページ数 :30ページ
印刷部数 :50冊
表紙印刷 :表1・4:フルカラー、表2・3:モノクロ
制作代金 :7,500円で試算(1冊あたりの製造原価:150円)



《有料頒布本の原価率の割合》
●本の製造原価   ⇒ 250円(50%)
●販売管理費    ⇒ 150円(30%)
(無料配布本の製造原価)
●利益       ⇒ 100円(20%)
●完売した際の利益 ⇒ 5,000円



上記の想定条件の場合、有料頒布本が完売できれば出店料は回収できますが利益は得られません。
本の製造原価には本の装丁に関連する費用は含まれていませんし、無料配布本の製造原価が高く、市販の本の販売管理費よりも上回っています。

1回の文芸同人誌即売会で1種類の有料頒布本を完売するのは非常に難しいことです。
複数回の文芸同人誌即売会への出店を想定して、有料頒布本と無料配布本の印刷部数を増やして1冊あたりの本の製造原価を下げたりといった利益を増やす工夫が必要です。
有料頒布本を複数種類に増やせば制作代金は追加で発生してしまいますが、無料配布本の製造原価を回収するあてが増えるので販売管理費を抑えることができます。

厳密に言えば、文芸同人誌即売会の会場までの往復交通費などを考慮に入れると出店料を回収できてもそれ以上の利益が得られないと赤字なのです。

したがって、「同人活動を収益化することは非常に難しい」という答えにいたりました。



では、

なぜ、同人作家さん達は赤字になることがわかっていて同人活動を行うのでしょうか?

それは、

「一人でも多くの方に自分の書いた作品を読んでもらいたいから」

だと思います。

僕もそのように思っています。

 

 


ランキング参加中です。
もしよろしければ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

 

 

AD

今年は第5回、第6回Text-Revolutionsと、第二十四回文学フリマ東京の文芸同人誌即売会に出店しました。

第二十五回文学フリマ東京も出店予定でしたが体調不良のためキャンセル。

苦渋の選択でした。



それでですね、文芸同人誌即売会に出店してにわかに思い始めたのは、



小規模であれば個人でイベントを開催することができるのではないか?



ということでした。



私がこう思うようになったきっかけは、こんぺき出版様が大分県別府市で開催された「zine展inBeppu」を知ったからです。

一人で最初からzine展inBeppuのような展覧&即売会はできないけれど、お店の軒先をお借りしたりして自分の本を頒布することは自分のやる気次第でできるよねと思うようになりました。
(お客様にお買い求めいただけるかは別にして)



それでですね、失敗覚悟でやってみることにしました。

題して、

「ZINE(ジン)との出会い」

です。

私は「やってみないとわからない」ことはやってみる性分なのです。



開催日時は、

2018年1月13日(土)10時30分~13時30分の3時間

開催場所は、

神奈川県川崎市中原区の「PASAR BASE」で行います。
(JR南武線の武蔵新城駅が最寄駅です)

まずは、カフェの客席として利用されているテーブルを一つお借りして行います。



それでですね、

借りるテーブルの大きさが横幅180cm、奥行き70cmあって一人で出店するには広いんですね。

もしよろしければ、テーブルの半分(横幅90cm、奥行き70cm)をご提供しますので、どなたか一緒に出店しませんか?

開催にあたってコマーシャルページやPASAR BASEによる事前告知を行いますが、必ずしも本が頒布できるという保証はありません。

そして、この催しは私の実験的意味合いが強い催しなので、出店料(テーブルのレンタル代)は私が負担いたします。

もしご興味ありましたらTwitterのメッセージでご連絡いただきたく思います。

 

 


ランキング参加中です。
もしよろしければ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

 

 

AD

遅ればせながら第6回Text-Revolutionsの出店レポートをまとめました。



●駅から会場まで徒歩8分の距離の途中で道に迷う
僕の致命的な欠陥は方向音痴&地図が読めないこと。
駅から会場まで徒歩8分の距離で道を間違えて迷いました。
結局、1時間ほどさまよい歩き、お手伝いをしてくれるAさんと合流しました。

Aさん:「どこかで倒れてるんじゃないかと思った」

僕:「ごめん。どこにいるかわからなくて心細かったよ」

会場前でこんなやりとりをしていました。



●ブース設営
事前に自宅でブースレイアウトのシミュレーションを行うので什器や本の配置はスムーズに行えたものの、新調したキャリーケースが以前の物に比べて一回り大きいので物を取り出すのに場所をとってしまいました。



●開場早々に起こった肩幅問題
Aさん曰く「このスペースで風富と二人並んで座るのは無理があるね」ということで一つの椅子を交互に座ることになりました。
イベント前日に自分の肩幅をざっくり調べてみたら58センチほどありました。



●初の300字SSポストカードラリー参加
当ブースで配布したポストカードは多くの方に手にとってもらえたものの、主催者側で提供していた推奨POPを見落としていて使用しなかったために、配布していることに気付かずスルーされた方も少なくないとAさんから報告を受けました。



●本の売れ行き:売れなくはない。だけどたくさんは売れない。(僕の場合)
今回新刊1冊と既刊2冊を頒布したのですが、1冊も売れないということはなく予想の範囲内でお客様にお買い求めいただけました。
他のブースを見て感じたことは僕と同じく在庫を多めに持参していたことです。
たくさん売れることを期待して多くの在庫を持参するよりも、少なめに持参したほうが良いことを2回目の出店でようやく気づきました。



●即売会で電子書籍を頒布すること
僕の作品は紙本の他に電子書籍も各電子書籍配本ストアで販売しています。
今回チラシを手に取ってくれた方から「こちらの本はKindleでも読めるのか?」という質問がありました。
やっぱり即売会では紙本を売るのが主目的ですから、即売会で電子書籍を告知することを行っている方は少なく感じました。



●マーケティングの側面から見たテキレボ
テキレボの出店者及び来場者は圧倒的に女性の方が多く感じられます。
感覚的に言えば女性8割、男性2割といった感じ。
おそらくこの比率は他の文芸同人誌即売会でもあまり変わらないように思います。
女性の出店者の方はあまり意識されないかもしれませんが、僕のブースでの今回の売れ行きは女性に好まれた作品と男性に好まれた作品に分かれているようでした。
即売会に応じて男女比率をもとにして頒布する本の在庫を調整するということもできるのではないかと思いました。



●即売会終了後:プチ反省会
即売会終了後にお手伝いをしてくれたAさんと会場近くの喫茶店でプチ反省会を行いました。
反省点は以下のとおりです。

・自選作品集の「あきいろ」は季節にマッチしていて予想以上に頒布できた
⇒秋以外の季節での頒布が課題

・ブースレイアウトはシンプルにまとまっている反面アピール不足が否めない
⇒書店の手書きポップが参考になりそう

・チラシと無料配布本で同じようなイラストが使われていて区別がつきづらかった
⇒次回即売会ではチラシのデザインを変更

・本によっては頒布価格で買い控えの傾向が見られる
⇒頒布価格の見直しが必要かも



●体が二つあればいいのに……。
公式打ち上げに参加したかったのですが、以前の会社でお世話になった先輩ご夫婦からの食事のお誘いがありそちらを優先させました。
知り合いの出店者の方とのイベントに関する話題や創作談義ができなかったのが心残りです。
でも、今回、前回の公式打ち上げで知り合った方が僕のことを覚えていてくれてとてもうれしかったです。



●今後の予定
・今回のテキレボの反省点を踏まえて11月23日(木)開催の第二十五回文学フリマ東京に出店
・次回のテキレボに合わせて新作の執筆
・次回のテキレボでは300字SSポストカードラリーの参加以外に他の企画(鳥散歩、青色申告マップ(仮)など)に参加したい
・即売会以外での販促活動の推進(ネットショップ通販の認知度向上など)
・小規模な即売会イベントの企画・運営の検討
(会場は探せば見つかるものの、僕一人では力不足。妻の承諾と協力者が必要)

 

 


ランキング参加中です。
もしよろしければ以下のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

 

 

AD