脚本家・演出家 ブラジリィー・アン・山田の活動日記「汁だし」

舞台を中心に活動するユニット「ブラジル」の主宰、脚本家、演出家であるブラジリィー・アン・山田の活動日記です。

【脚本】
土曜ワイド劇場『新ヤメ検の女2』
21:00~テレビ朝日
※賀来千香子さん主演の人気シリーズ最新作。

【共同脚本】
映画『こどもつかい』監督:清水崇
※滝沢秀明さん主演のホラー映画です。来年公開予定。

ブラジル過去作品のDVD
『軋み』『FUTURE』『怪物』『さよならまた逢う日まで』
『イエスタデイ』『行方不明』『性病はなによりの証拠』
送料込みで、各3000円。
※ブログメッセージでお問い合わせください。
NEW !
テーマ:

バカリズムさん脚本の『黒い十人の女』見終わる。

 

いやあ、面白かった!!!!

 

このドラマが面白かったのは、水野美紀に限る。

 

アイスカフェラテのぶっかけられっぷりもさることながら、

彼女の愚かすぎる表情ひとつひとつが愛おしくて、たまらない。

主人公であるはずの成海璃子をがっつり押さえ込んだ大活躍でした。

 

個人的には、ちすんさん、もうすこし活躍してほしかったなあ。

「ヒーローショー」が大好きなんでね。

 

 

 

ひさびさに市川昆監督の映画も見直したくなってきた。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ひさびさ1日2つの打ち合わせ。

 

ひとつは短編ミステリードラマ。人殺しの話を、監督とPとああだこうだ言い合ってるのが楽しい。

 

もうひとつは、変わったお仕事。カタチになるまでお話できませんけど。

 

 

 

あー疲れた。カレー食べたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

ひさびさに『スイミングプール』見る。

 

スランプ気味の作家が缶詰のために泊まった編集者兼愛人の別荘には、

愛人の娘がいて、彼女との奇妙な共同生活がはじまるという話。

 

フランソワ・オゾン版『バートン・フィンク』ですね。好き。

 

 

<ネタバレ>

 

 

 

 

 

あそこで起きたことは小説の中のことなのは明白だが、

それだけでは、あの殺人事件はただの創作となると、ちょっとつまんないなー。

 

ということは、ジュリーは若い頃の主人公なのか。

彼女は若い頃に・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつ会ってもウザいぐらい(笑)バイタリティ溢れる大西くんのことが気になり、

TOKYOハンバーグ『のぞまれずさずかれずあるもの』を強行観劇。

 

1972年に実際起きた「赤ちゃん斡旋事件」をモチーフにした作品で、

危ういテーマをどう扱うか興味深く拝見。

ストレートでとっても心優しい作品で、個人的にはやや物足りなさもありました。

興味があったのは、赤ちゃんを斡旋した医師や赤ちゃんを預かった両親の話だったのかな。

主役の徳永梓さんという女優さんは大きな瞳が印象的で、魅力的でした。

トラッシュマスターズの森田くんはチャリT企画で拝見して以来、

トンガっていてとても気になる俳優さんです。いつかいっしょに舞台やりたいですね。

会場はまるで自宅のようなスタジオで、これがまたこの作品の雰囲気にぴったりで、

大西くんはこういう嗅覚に優れているのだなと感心。

 

拝見できて、とてもよかったです。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『新ヤメ検の女2』ご覧いただいた方々、ありがとうございました。

 

今は来年放送予定のドラマの脚本を書いております。

今日は、ある映画監督さんとそのドラマの打ち合わせ。

とても刺激的でした。やっぱり映画監督っていう人種はすごい。

 

 

 

 

 

 

『コップカー』見ました。

 

悪徳警官のパトカーを、家出少年たちが盗んでしまって、さあたいへんという話ですが、ホームアローン的な子供たちが大人をやっつけるお話かと期待しておりましたが、どこかコーエン兄弟っぽいオフビートな味わいで、話がなかなか進まない。

ケヴィン・ベーコンが車を盗もうとする長い長いシーンは、なげえよ!と思いつつ、意外におもしろかった(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜ワイド劇場「新ヤメ検の女2」の放送が決定しました!

 

今週の土曜日、26日の21:00からです。

 

主演は、賀来千香子さん。相棒には、川平慈英さん。

ヤメ検弁護士と検事の異色のバディものです。

 

葵あかねが誘拐事件の真相に迫ります。

 

ご期待ください!

 

 

http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

順不同です。

 

エチオピア(神保町・高田馬場)

カレーのプーさん(武蔵小金井)

デリー(上野)

ボンベイ(柏)

糸力(富士吉田)

奥芝商店(八王子)

チチカ(立川)

チリチリ(渋谷)

モティ(六本木)

チャオカレー(汐留・新宿)

 

 

あー、メーヤウ(早稲田)も捨てがたい。ソウルフード的な意味合いですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

立川南口をオニ公園(立川名物)方面へ歩いていると、

『カレーあります』という看板がある。

 

バーみたいな店先に、地下へと降りてゆく階段がある。

 

入りづらい雰囲気MAXであるが、

うまいカレーを食わせると評判を耳にしたので、

イボンヌ稽古前にぶらりと寄ってみた。

 

薄暗い店内に、カウンター席が4つぐらいと、テーブル席が2つ。

まさにバー。まぎれもないバー。

どうみてもカレー屋ではない。

 

気まずい雰囲気が漂っていたが、先客が3人いたので、カウンターの端の席に着く。

 

メニューはチキンのドライキーマカレーとポークカレーの2種類。

キーマはあまり好きじゃないので、ポークをセレクト。

 

 

 

 

ポークカレー 850円

 

 

写真のアングルが悪いのですが、ご飯の裏に、人参とひよこ豆のサラダが隠れてます。

インドの煎餅パパドやサニーレタスも添えてあり、贅沢な一皿。

 

 

一口食べると・・・・う、うまい。

 

 

 

ルーはスープタイプですが、これでもかと粗挽きのスパイスが口の中で弾ける。

あっさりしてるのに、すっごいスパイシー。

エチオピア、カレーのプーさんに続く超絶好みなお味です。

 

夜は飲みながら、カレーが楽しめるらしい。

 

また行きたいお店を見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京イボンヌ『酔いどれシューベルト』終演しました。

 

関係者のみなさま、ご来場いただいたお客様、この場を借りまして、深くお礼申し上げます。

 

初演が素晴らしすぎたので、その幻影と戦いながら、

今回どうなることやらと思いましたが、

ダブルキャストの両方、思い入れのある作品に仕上がりました。

 

眩いばかりの輝きを持つ『俳優』いしだ壱成さんの魅力を再確認、いつかまた絶対いっしょにやりたかった牧山祐大、大先輩の植本潤さんといっしょにできたこと、芳賀淳子の10年ぶりの復帰舞台に立ち会えたこと、ひと周り成長した金原となつきちゃんとの再会、声楽界のトップランナーである高田さんと中西さんの歌声、バラエティに富んだイボンヌ演奏家陣、数え上げれば、キリがありません。

 

この場を用意してくれた東京イボンヌ・福島真也に深く感謝します。

彼は私にないものを持っているので、強く惹かれます。

 

また東京イボンヌで芝居がやりたい。心より願っております。

 

 

 

 

次回、私の舞台は来年5月ぐらいに予定しております。

ブラジルではありませんが、ひさびさの新作長編作・演出です。

お楽しみに。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

毎日13−22時で、酔いどれシューベルトの稽古しております。

 

実はこれほどの人数のダブルキャストは初めてなんです。

(出演者総勢29名、名前は覚えたぞ!当たり前か)

 

わたし、稽古中の休憩が苦手なんです。

休憩からの再開が苦手で。ずっとテンションをキープしていたい。

 

しかし、役者さんからは苦情が出ますわ。

 

というわけで、

 

今回こそはちゃんと休憩をとろうと胸に誓ったのですが、

 

 

 

やっぱり休憩なし。

 

シングルキャストのみなさんもほぼ休憩なし。

 

 

本当におつかれさまです。

 

 

 

 

今回初めてご一緒した、いしだ壱成さん!

 

今回、別の本番がありまして、2週間遅れての稽古参加です。

しかし、さすがプロ。1週間もあれば、仕上げてきますね。

さらに、守りに入らず、どんどんおもしろくしてくれます。

けして自分の芝居を決め打ちするわけではなく、

ライブの空気感を持っているので、稽古場が楽しくてしょうがないです。

 

やっぱりすごいですよいしだ壱成さんは。

 

脇を固める牧山も植本潤さんもすばらしいし、

10年ぶり舞台復帰の芳賀淳子(元エレカ。知ってる?)も大爆発しているし、

Aの本東地くんもBの劇団員の鈴木くんも競い合うように楽しませてくれます。

これはダブルキャストがいい相乗効果になっているのではないでしょうか。

 

 

16日の19時の回のみ売り切れました。

12時の回とかはまだまだ半分ぐらいしか埋まっておりません。。。

ご予約お待ちしております!

 

---------------------------------------------------------------------------

 

東京イボンヌ『酔いどれシューベルト』

 

平成28年11月15日~平成28年11月18日

 

【芸術監督、総合演出、脚本】:福島真也

【演出】:ブラジリィー・アン・山田

【音楽監督・編曲】:小松真理

【演出助手】:佐藤颯、朝倉エリ

【音楽監督補】:土田卓

 

★本公演はダブルキャストで上演いたします。.

 

【タイムテーブル】

11月15日(火)19時(A)

11月16日(水)12時(B) 15時半(A) 19時(B)

11月17日(木)12時(A) 15時半(B) 19時(A)

11月18日(金)12時(A) 15時半(B)

 

※本公演はAキャスト、Bキャストで上演いたします。

※受付は開演の1時間前、開場は45分前です。

 

【会場】ムーブ町屋

http://www.sunny-move.com/move/index.html

 

【アクセス】

・東京メトロ千代田線・町屋駅 0番出口より 徒歩1分

・京成線・町屋駅より 徒歩1分

・都電・町屋駅より 徒歩1分

 

【あらすじ】

シューベルトは酒場にいた。そこで天使と悪魔に出くわすことになる。悪魔の魅惑的な提案と、それを阻止しようとする魅惑的な天使。その間で揺れ動くシューベルト。そんなある日、悪魔が出した条件は、美しい曲をプレゼントする代わりにシューベルトの寿命を縮めるものだった。シューベルトの下した決断とは・・・・。

 

【チケット】

5000円(前売・当日共に)

 

【俳優】

いしだ壱成

牧山祐大

植本潤

轟雅子

(全公演出演)

 

★Aキャスト

鹿目真紀、高橋拓也、伊達裕子(以上、東京イボンヌ所属)

菊地紀壱、香取佑奈、喜多村千尋、金原並央、高草木淳一、竹下寧音、中村玲奈、本東地勝、松隈量、

 

★Bキャスト

金純樹、鈴木貴大、藤田幹彦、山時未彩(以上、東京イボンヌ所属)

天野琴恵、加藤亜実、河内友貴、木野絵理菜、田中有香、永瀬葵子、芳賀淳子、宮原なつき、宮本英治、

 

【声楽家】

★特別ゲスト

高田正人(テノール)Aキャスト

中西勝之(バリトン)Bキャスト

ーーー

浅川荘子(ソプラノ) Aキャスト

小木曽鮎美(ソプラノ)全公演出演

里まり(メゾソプラノ)Bキャスト 

(以上、東京イボンヌ所属)

 

【演奏家】

※演奏家は全公演に出演します※

ピアノ:小松真理

ヴァイオリン:大内菜摘

チェロ:HARUNA

コントラバス:土田卓

フルート:高須瑞穂、半田結奈

クラリネット:吉澤正一郎

トランペット:渡辺アキラ

トロンボーン:河野広明

チューバ:数馬尚子

(全演奏者、東京イボンヌ所属)

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。