◆ 同業者の中から選ばれるためには、差別化したほうがいいよね。

◆ それなら、今の資格と関連する●●の資格を取ろう!

とか

◆ せっかく資格を取ったけど、同業者と差別化するためには、もっとこの部分を深めたほうがいいかも。

◆ だから、この上位資格の▲▲を取ろう。

と、思ったことありませんか? もしそうなら、この記事を読んでから、再度考えてみてください。


私も、以前、そう思っていました。

いろいろ学びに通ったり、インプットしたことがありました。

その分効果が出たかというと・・・残念ながら、必ずしも、そうでもありません。



名刺に並ぶ、たくさんの資格たち。

信頼度アップにつながるかと思いきや、たくさん並ぶことによって、 「 一体、何をやっている人かサッパリわからない 」 と思われていました。


その上、名刺交換しても、そんなところを突っ込んでくれる人はいないので、そこに気づけない。

そして、仕事が取れない日々が続きます。


そうするとまた不安になって、「さらに信頼度の上がる資格を取ったほうがいいのかな?」と、マイナススパイラルに陥ります。

何せ、資格を取ったり学んだりするのは、タダではないことがほとんど。

投資した割に全く回収できず、お金だけが飛んでいく・・・わけです。


学びに行ったことが全て無駄だったかというと、仲間ができたり、新しい知識を得たりもしているので、全く無駄だったとは言い切れません。 得るものもありました。

もし、仕事が潤沢に取れていてもそこに通っていたか、というと答えは 「NO」。

それなら、さっさと 「 正しい差別化 」をして、どんどん仕事が取れるようになる方がずっといい。


私の考える差別化ってこういうこと、と考えます。

◆ 仕事の内容がわかりやすいのか (What)

◆ 主な活動エリアはどこか (Where)

◆ 男性向け・女性向け・年齢層など、お客さまの属性 (Who)

◆ どんな悩みを抱えている人の役に立てるのか (How)

◆ あなたのサービスを受けるとどうなるのか (Before / After)

◆ ほかの同業者とどこが違うのか、自分のこだわりポイントはどこか? (Whitch)

など、を明確にすること。


私を例にすると


【間違った差別化をしていた頃

◆ イメージコンサルタントをしています。

  だから、パーソナルカラー診断や骨格診断もできます。

  フォーマルスペシャリストのゴールドライセンスも持っています。

  日本パーソナルッファッションカラーリスト協会の認定資格と、認定講師の資格も持っています。

  アチーバスという成功体質になれるカードゲームの認定も持っています。   
  経営コンサルタント養成講座も受講しています。

  以前は、パーソナルコーディネーターの認定もあり、認定インストラクターもしていました。
 
◆ 主に東京23区近辺で活動しています。
 
◆ 年齢・性別は問いません。



 

【現在の私】

◆ ブランディング戦略コンサルタントをしています。(メインはこれ)

◆ 主に東京23区近辺で活動しています。サービスによっては、Skypeでの対応もしています。  

◆ 男性または、男性脳を持つ女性

◆ 30代~40代で、会社員経験のある方。週末起業、または週末起業を経て独立したい個人。

◆ ブログやフェイスブックを使って、仕事を取りたいと頑張っているのに、なかなか成果が出ない人

◆ 目に見える商品を扱っているのではなく、商品が目に見えない、コーチ、コンサルタント、士業、講師、認定講師の方。

◆ 1年以内に起業予定で商品・サービスとターゲットが決まっている人
  起業はしているが、なかなか成果に結びつかない方。
  仕事が軌道に乗ってきて、値上げ、ターゲットをもっと絞り込みたい方(新しいターゲットにうまく伝えたい方)

◆ どうしたら、ターゲットに上手に伝えていけるかのコツがわかり、どこをどう修正したらいいかハッキリします。
  どうしてうまくいかないかがわかって方向性がはっきりします。


と、どちらがわかりやすいですか?


これ、どちらも私のことです。


数年前、「差別化」がわかっていなかった頃は、一生懸命自己紹介をしても、なかなか仕事が取れない。

仕事が取れないのは、今の資格だけでは物足りないと思われているんだ。と、勝手に勘違い・思い込みをしてしまう。

その結果、今思えば、「そんなに資格に固執せずとも何とかなるのに・・・」と思うような、「あったらいいな(つまり、なくてもいい)」という資格を取りに行っていました。(それでも厳選して、仕事に繋がるものを選んでいたつもりです。)



その後、自分の思っていた差別化が間違っていることに気づいて、徹底的にマーケティングやブランディングのことを学びました。

現在の、自己紹介をするようになって、新たな資格をさらに追加しているわけでもないのに、仕事が取れるようになりました。


もし、あなたが、「差別化しよう」と思っているなら、もう一度、「この差別化あってる?」と考えてみてくださいね!

※これは、どちらもフリクションボールペンの黒。
機能は全く同じですがミッフィーデザインのものは価格が通常版の約2倍です。







【サービスについてのお申込み・お問合せについて】
お問い合わせ・お申し込みはこちらから