女性視点ブランディング・・・女性視点で社会をハッピーに!

女性視点を活かして企業のブランディング&マーケティングコンサルタントと研修講師を行っている上野律子のブログです。
女性としての目線での考えや、学びの発信を通して、社会がハッピーになる活動ができれば嬉しいです。

魅力ブランドプロデューサー・上野律子のブログにご訪問いただきありがとうございます。


オープンセミナー・研修のお知らせ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● ブランド・マネージャー「ベーシックコース」 (2級資格取得講座)


ブランドの基礎的知識と実践で使える「型」を習得できる2日間の集中講座

広島: 第6回 2015年 6月6日(土)7日(日)10:00~18:00 ⇒ 受付中

     第7回 2015年 9月19日(土)20日(日)10:00~18:00 ⇒ 受付中
     http://www.brand-mgr.org/form_trainer/ueno/seminar.html

     ※企業研修や別日程ご希望の方は、別途ご相談ください(2名以上で開催)

※「キャリア形成促進助成金」の対象となる可能性が

ございますので、 詳しくは各都道府県労働局へ

お問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


● 問塾広島校 1日マスター講座


6月14日(日)10:00~18:00 (申込締切:6月4日)
http://ameblo.jp/brand-atelier/entry-12021254570.html



■講演・セミナー・研修・イベント主催者の皆様へ


魅力ぶらんどでは、「ブランディング」「ブランディングベーシックセミナー」
「マーケティング」
「質問力アップ」「ビジネスで使える心理学」等の

セミナーを受け付けています。※東京・大阪・四国等、県外も歓迎



お仕事実績


■上野律子プロフィール


■Facebook http://www.facebook.com/ritsuko.ueno


お手数ですが、uenoritsuko★gmail.com (★を@に変更)にて

署名とお問い合わせ内容をご連絡くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



テーマ:


問いで問いを学ぶ講座です


===================
【問塾広島校】1日マスター講座
ばりっちゃクラス(藤井&上野&小松)

2015年6月14日(日)
10:00~18:00
===================

第1講座 10:00~
     (昼食・休憩)
第2講座 13:00~
第3講座 14:30~
第4講座 16:15~
※状況により多少変更有

会場:広島市内
※お申込者にご連絡

講座料金

受講料:24,800円(税込)
再受講:1講座2000円(税込)1日・4講座の場合 8000円(税込)


お申し込み
新規受講の方フォーム
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=258864
再受講の方フォーム
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=258866


お申し込み締め切り期限
6月4日

====================

講座詳細


第1講座目 質問力を磨く


・いい質問とよくない質問
・魔法の質問とは
・質問力の活かし方
・質問力を身につける
・未来を創りだす質問
・質問を実践する
・質問体質になる


第2講座目 自分に質問をする


・問題が解決しない質問とは
・アイデアや行動を引き出す質問とは
・課題や問題を解決する
・答えたくて仕方がなくなる質問とは
・質問力を向上させるために
・質問力を実践するために大切なこと
・シャンパンタワーの法則


第3講座 相手に質問をする


・心にグッとくる質問
・視点を変える質問
・掘り下げる質問
・相手のための質問
・どんな質問をするかより大切なこと


第4講座 質問の種類を学ぶ


・質問クイズで質問の種類を学ぶ
・スピードクエスチョンとは
・アイデアクエスチョンとは
・セレクトクエスチョンとは
・各種質問のメリット・デメリット
・各種質問の活法方法

その他、ただ聴く講座ではなく体験して学ぶ講座です。

●問塾オンラインレッスン


マツダミヒロ氏によるオンラインレッスンです。
パソコンで受講する動画講座の他、
携帯電話でも受講できるメール講座もお選びいただけます。

いつでも、どこででも、
空いた時間に自分のペースでご受講いただけます。

講座で学びきれない
実践の部分を補うための講座です。


質問に答えたり、課題にチャレンジしたり、
シェアなどを通じて、質問力をより高められる内容となっています。


-「質問力を磨く」を深め、実践する
-「自分に質問する」を深め、実践する
-「相手に質問する」を深め、実践する
-「質問の種類を学ぶ」を深め、実践する


問塾は

「講師のよる対面の講座」と「オンラインレッスン」の2つで
1つの講座 
になっているので
オンラインレッスンの修了をもって、
問塾修了証を発行させていただきます。


オンラインレッスンは、じっくり学んでいただくため
生徒さん自身の進みぐあいによって違いますが、
30日~60日で修了することができます。


●問塾サイト
http://toyjuku.com/


AD

テーマ:


★現在募集中の講座★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● ブランド・マネージャー「ベーシックコース」 (2級資格取得講座)

マーケティングの基礎知識とブランド構築ステップの型を2日間で習得 
東京: 2014年  12月13日(土)・14日(日)10:00~18:00・・・受付中
http://www.brand-mgr.org/school/basic.html
 ※企業研修としてご希望の方は、別途ご相談ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●イノベーションカード
「デキル。ファシリテーター講座」


東京: 2014年 11月21日(金) 10:00~17:00 
     
11月16日締め切り
https://www.dekir.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=21


**********************************************************


かねてよりお話をお聴きしたかった
旭酒造株式会社の代表取締役 桜井博志氏の
講演に参加しましたので、そのお話をご紹介します。


旭酒造というよりも筆文字のインパクトのある文字
純米大吟醸「獺祭(だっさい)」という
商品ブランドのほうが馴染みあるかもしれません。


テーマは
「ピンチはチャンス!~山口の山奥の小さな
酒蔵だからこそできたもの~」


日本酒業界がここ40年で三分の一の売上げとなる中、
旭酒造も例外ではなく全盛期の三分の1の売上げでした。

しかし、思い切った方針変更を行った後は
30年で金額が40倍になったそうです。


桜井氏が後をついだ時も先が見えない状態。
最初は、従来のやり方でコツコツまねて
少しずつは回復していたものの
これから10年続けるには限界を感じる日々・・・


よく考えてみたら


過去10年売れなかった商品を
売れなかった取引先を通して
売れなかったお客様に
一生懸命売る努力をしていたそうです。


その当時人気の地ビールレストランを開店
したところ、なんと3ヶ月で閉館。
その時期と売上げと同じ規模の負債が残ったそうです


これではダメだという思いつめた日々・・・。


ピンチの状態に追い討ちをかけるように
杜氏もいなくなってしまいました。


しかしこのピンチが

「違うやり方」を考えるきっかけとなり
杜氏制度を廃止し、社員による酒造りに変更
したのです。


●お酒を大量販売の論理ではなく「幸せ志向商品」

と位置づけし、徹底的に質にこだわりました。

技術を学びなおし、大手のハイテクに対して
ローテクの集合体として
「良い酒のできる酒造り」の仕組みをつくり
技術を習得し、年間通して供給できるようにしました。


●山口の田舎だけでは売れないため
県外に販路開拓し、試すうちに
マーケットの中心である東京へ、そして
世界へと変化させました。

いわば、これが生き残る選択肢だったのです。


●世界市場では、富裕層の上位5%に向けて
ワインと比べるのではなく「日本酒」を
「世界の中で日本の文化的ポジションを造る」
というテーマで展開されています。


今では、酒造メーカーの中で、
純米大吟醸「獺祭(だっさい)」というと
ブランド商品として注目されていますが
最初は、まさに「ピンチ」から
選択肢がない中から
今があるとおっしゃってました。


=====================


ブランディング&マーケティングとして
再度確認してみました。


①純米大吟醸「獺祭(だっさい)」に
【商品を絞り込んだ】


②地元中心から 【マーケットエリアを変えた】

  

  東京・世界市場
  ⇒大手メーカーと異なり
   大きなマーケットの中の小さなシェア


③これまでのお酒を「大量に飲むもの」ではなく
 いいものを少しという「幸せ志向商品」
 という ポジショニング】 を設定


④世界の中では、
「日本の文化的ポジションを造る」という
 競合のワインと【差別化】と【ポジショニング】
 を図った


⑤自社イベントやコラボイベントによって
 【お客様とのブランド体験】 を多く行っている
  
http://www.asahishuzo.ne.jp/


などが上げられます。


=========================


● ブランド・マネージャー「ベーシックコース」 (2級資格取得講座)

東京:       12月13日(土)・14日(日)10:00~18:00・・・受付中
http://www.brand-mgr.org/school/basic.html
 

AD

テーマ:

日本記念日協会によると、2014年の「ハロウィン」市場規模は
1100億円(昨年の9%増)と推計されました。


これは「バレンタイン」をぬいているのではといわれます。


ハロウィンがなぜ、こんなに拡がったか?
という分析では


1)全国的にハロウィンが定着した
  ※全国に展開するコンビニ・流通などが全国に展開している


2)首都圏を中心に仮装パーティイベントが多くあった
  ※メディアに露出され、グッズもつくられた


3)ハロウィン=パンプキン(カボチャ)という特定のシンボルがあった


があげられていました。


「ディズニーランド」や「ユニバーサルスタジオジャパン」
など影響力のある場所での非日常空間で盛んに

イベントがありメディアに取り上げられたことも刺激に

なったと思います。


ここで、ブランディングとして注目したいのは
「ハロウィン」=「パンプキン(カボチャ)」という
特定のシンボルがあり、デザインやカラーが統一されて
露出していたこと。


ブランド構築の中で「刺激の設計」する・・・という考えが
あります。


まさにこのカボチャのグッズや装飾を見るだけで
「ハロウィンの季節、仮装」と感じるのは
この数年かけて色々な場面で継続的に見ることによる
認知は大きかったのではないでしょうか?


===================
しつもんブランディング

あなたの商品やサービスを表現し
強く印象をつくるシンボルは?

===================


【ブランディングマネージャー育成 講座案内】


ブランドの基礎知識と実践で使える「型」習得できる
2日間集中講座・2級資格取得講座


「基礎・ベーシックコース」


●11月15日(土)16日(日)・・・広島開催
※2名以上で開催、お申込み締切:11月7日(金)
詳細とお申し込みはコチラ
http://www.brand-mgr.org/form_trainer/ueno/seminar.html


●12月13日(土)14日(日)・・・東京開催
詳細とお申し込みはコチラ
http://www.brand-mgr.org/school/basic.html



AD

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇