テーマ:

ちょっとずつ家具を解体していっています。

 

今回はドレッサー2台

 

 

 

 

鏡もガラスカッターでパリンパリンとカットできて

 

綺麗にカットできるから買ってよかったです^^

 

 

 

 

さて、前回は、構造用合板で

 

3枚目の壁を貼る準備まででした。

 

 

 

 

この日は東京は28度くらいまで気温が上がり

 

日差しがきつくなってきていました。

 

9㎜とはいえ、構造用合板を作業場から庭まで

 

段差や庭石の障害物もあるので

 

何回も往復は結構しんどい

 

汗が流れてきたので日陰で板をカットしたい~!

 

 

 

一度は、前回の位置に作業台を組み立てたものの

 

日陰に移動計画!

 

庭石をヨイショとどかして、土を踏んでレベル調整を!

 

 

 

 

 

裏の家の木陰の方へ作業台を移動しましたよ^^

 

今までと違って灯籠の反対側ですね。

 

 

 

 

前回は作業台に12㎜の構造用合板を使ってましたが

 

そうだ!

 

50㎜厚のスタイロをもらってきたんだったわ!と思って

 

作業台として使うことにしました。

 

これも現場の余り物で捨てるというので

 

職人さんがもらってきたものでした。

 

軽いし、いいですよ~!厚めのスタイロフォーム

 

その上に9㎜の構造用合板を乗せてカットします!

 

 

一応、水平を見ながらバールで合わせて

 

ビスで仮留めをしていきました。

 

 

 

 

 

図面の赤丸部分辺りです。

 

 

 

 

 

荷物が邪魔で端から端まで撮れないので

 

3600の壁の左側

 

 

 

 

右側です。

 

 

 

 

千鳥に貼っていきました!

 

 

 

ビスで最低限留めただけなので

 

次に、3月のフェスタで購入して

 

4月の初めに西村ジョイから送ってもらった

 

MAXの常圧のエアーくぎ打ち機

 

やっと開けることができました!

 

 

 

 

 

プラズマカッター用に

 

常圧のコンプレッサーしか持ってないので。。。

 

今や常圧のエアーくぎ打ち機も受注生産みたいね(;^_^A

 

高圧が主流ですもんね。

 

 

 

N50の釘も一緒に送ってもらいました。。。

 

 

 

 

 

コンプレッサーも梱包されたままだったので

 

 

 

 

職人さんが作ってくれた輸送箱にキャスターを付けて

 

エアーくぎ打ち機を装着してみました^^

 

 

 

 

コンプレッサーが、確か26kgほどあるので

 

この輸送箱にキャスターを付けたら取り回しが軽~い!

 

このまま使える設計をしてくれているのでホント便利です^^

 

 

バスン!

 

おっ!火花。。。

 

注油が足りなかったのかな?

 

 

 

最初釘が出てくるまでに穴だらけ~!

 

めり込みすぎ~!

 

写真はまだマシなやつですね。

 

 

 

 

慣れてきたら、連続で~!

 

でも、たまに釘が出てこなくなり

 

所定の位置にくぎをはめなおし(;^_^A

 

2個連続で出てきた時もありました。

 

 

 

 

一面のみ終了!

 

 

 

 

やっと、前に作ったミシン用の机と米軍払下げのチェスト

 

ここに移動できました^^

 

 

 

 

 

ここは、ミシンスペースにする予定なんです^^

 

 

 

 

コンセントもプレートを付けて

 

一面だけでもできたら何だかテンション上がります♪

 

 

 

この作業も荷物が邪魔で続けてはできないので

 

他のところをDIYしながら、荷物が片付いたところから

 

やっていこうと思います!

 

 

 

本日もご訪問ありがとうございました^^

 

 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

Instagram

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ブランチさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。