Brain Gym-mam の Royal Life

セルフケアの新しい形「Brain Gym Life」をご紹介
美しく豊かな、心と身体づくりのご提案をいたします


テーマ:

  ブレインジムフォーラム2016開催
子どもたちの健やかなる成長のために-
 ~横浜情報文化センター 情文ホール~
http://www.geniuslove-event.com/


主催:教育財団法人優愛
協賛:有限会社ジニアスラブ 
Ensembleアンサンブル
後援:
日本キネシオロジー総合学院

日時:2016年7月2日(土) 13:15開場 13:30開演16:30終演
会場:横浜情報文化センター6階 情文ホール
入場料:2000円(医師・経営者による寄付で開催されます)
ブレインジムフォーラム専用サイトをご用意しています


日頃、ADHDやASDと診断を受けている子どもたちへ運動を提案していると
発達の過程で体験するはずであった動きを経験せずに成長していることが
多いことに気づきます。

厚生省では、発達障がいの原因を脳の機能障害と位置付けていますが
生活や学習に困難を感じる子どもの中には、運動不足や関節可動域に
制限のある場合も多く、特に足関節・仙腸関節・肩関節は柔軟性に欠けて
いることを感じています。

少子化も相まってか、大切に大切にご両親の愛情に育まれ、お家のなかで
穏やかに過ごされている様子を伺うことがありますが、特に足裏の過敏さの
場合には、靴下を家の中でも履いていたことや、土や芝の上を裸足で歩いた
経験が少ない幼少期を過ごした、という経験も聴かせていただきます。

バランスのよい食事や睡眠の質の向上に加えて、脳の機能向上に「運動」
という選択肢を取り入れることも、ぜひしていただきたいと思います。

ブレインジムには、一人で協調運動をおこなうことが難しい子どもたちに
マッサージやタッピングを用いて、受動的なブレインジムを行う療育支援が
あります。発達段階にそった動きで、心身ともに負担のすくないものです。

7月2日に、関内の情報文化センター6階にて開催する「ブレインジムフォーラム」
では、子どもたちの健やかなる成長のために、支援者や保護者がサポートとなる
運動を学ぶことが出来るよう、4名のインストラクターからリレー形式で臨床例を
紹介していきます。


理事で療育支援担当の竹村からは、ダウン症児の運動特性の
理解と支援と題して、臨床事例報告と運動提案をいたします。

衝動的に行動してしまう、忘れ物が多く集中力に欠けるなど、原始反射の
残存とみられるような身体症状を多くもつ子どもたちにブレインジムで脳の
リラックス&リフレッシュができることをお伝えしたく思っています。

水遊びやおはじき、切り絵やボール投げなど、日ごろの遊びのなかに
反射的な行動を意識的な行動に変化させる重要なヒントがあります。
それぞれの専門分野のリーダーから、遊びと原始反射の関係性に
ついて、ディスカッションを行いますので、お時間ゆるせば足をお運びください。


専用サイトをご用意しています。
http://www.geniuslove-event.com/

教育財団法人優愛

横浜市保土ヶ谷区境木本町67-2
連絡先 045-873-9778 


今道久惠 竹村文 勝目真理子

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

      ブレインジムフォーラム2016開催
   -子どもたちの健やかなる成長のために-
    ~横浜情報文化センター 情文ホール~
http://www.geniuslove-event.com/


今年度もブレインジムフォーラムを開催する運びとなりました。
第三回となる今回は、子どもたちの心身の健康と脳の活性化に焦点をあて
家庭や教育現場でスグに実践可能なシンプルな運動を臨床事例を交えて紹介します。


主催:教育財団法人優愛
協賛:有限会社ジニアスラブ 
Ensembleアンサンブル
後援:
日本キネシオロジー総合学院

日時:2016年7月2日(土) 13:15開場 13:30開演16:30終演
会場:横浜情報文化センター6階 情文ホール
入場料:2000円(医師・経営者による寄付で開催されます)
ブレインジムフォーラム専用サイトをご用意しています


教育財団法人優愛では、ブレインジムを用いて発達や学習に困難を抱える子どもたち
への運動による支援を行っており、2016年度のフォーラムでは、これまでの臨床事例の
中から子どもたちの日常生活の困り感を解消する運動提案と教育・医療分野での臨床
事例をブレインジムインストラクター資格をもつ教育コンサルタントより、分かりやすく
紹介する予定です。講師4名による講演と、子どもたちの身体に残る原始反射について
ディスカッションを行います。


お子様との生活で、このような困りごとはありませんか?
ブレインジムを用いたサポートがお力になるかもしれません

◆ 上半身と下半身の協調性がうまくとれていないようだ
◆ 感情の波がはげしく、コミュニケーションに課題がある
◆ 興味の対象が多すぎて落ち着いて行動することができない
◆ 忘れ物が多く、注意力が散漫なようにみえる

◆ 補助なしの自転車になかなか乗ることができない
◆ 夜尿があり宿泊をともなうイベントへの参加をためらっている
◆ 食事の好き嫌いが激しく食べる量にムラがある
◆ 背中や足裏の感覚過敏が強く小さな音にも敏感に反応する


~ブレインジムとは~


アメリカの教育学者であるポール・デニッソン博士により考案された教育メソッドで、
新しい物事を学習する前に、エクササイズによって心と身体の学習準備を整え
脳の活性化をはかる運動療法です。

ADHDやASDの診断を受けている子どもたちにも活用可能な療育プログラムとして
教育現場や医療現場で活用され、その効果に注目が集まっています。

エデュケーション(edu-K)の語源ともなっている「個人の潜在能力を引き出す、導き出す」
ことに観点をおき、「動くことから学ぶ」という全脳型の学習スタイルを推奨します。

既に世界80カ国以上で導入され、その対象は子どもだけでなく、ビジネスマンやアスリート
にも愛用者が広がり、サッカー・セリエAで活躍する長友選手も体幹トレーニングとして
ブレインジムを活用しています。

「一生懸命に頑張る」ことから、「ベストを尽くす」ことへシフトすることができるため
リラックスのなかにあっても集中力が芽生え、日常生活における負の学習パターンを手放すことができます。

シンプルで楽しい動きによって、心身のバランスが整うため継続しやすいプログラムといえます。

子育てには喜びと不安がいっぱいあります。大人の笑顔と安心感が子どもの成長を育みます。
育児を楽しむ魔法の動き「ブレインジム」をぜひ体験しにいらしてください!


明日からは、講師のプロフィールとご講演内容をお1人ずつ紹介していきます。

米国教育ネシオロジー財団認定ブレインジムインストラクター
一般社団法人 教育財団優愛 理事長  今道 久惠

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年も横浜にて「ブレインジムフォーラム」を開催することとなりました。
2016年度のテーマは、「子どもたちの健やかなる成長のために」です。

発達や学習に困難を抱える子ども達の支援となる運動「ブレインジム」を
用いて保護者や指導者が療育活動や学習支援に楽しく取り組んでいただけ
るよう、4名のブレインジムインストラクターより提案する講演会です。

欧米では、発達障がいや学習障がいに対して、身体指向のアプローチを
積極的に採り入れていますが、日本ではまだまだ薬物による治療や心理
療法が多い現実があります。

脳の成長と心身のバランスを考えると、乳幼児期にこそ発達段階にそった
運動が必要で、楽しくシンプルな動きであることこそ、運動を継続できること
に繋がります。

今回は、誰にでもスグに取組みを始めることができるプログラムの紹介と
乳幼児への臨床事例を、ダウン症児の改善例、養護施設での取組みを
中心にご紹介します。


-ブレインジムフォーラム パネリスト紹介-


◆天田武志氏 ブレインジムの必要性について
横浜幼稚園協会での取組から

◆竹村文氏 ダウン症児の療育について
2歳女児のブレインジムによる変化

◆今道久惠 乳幼児への運動提案と事例報告
養護施設での取組みと運動紹介

◆山下貴士氏 スポーツとブレインジム
幼児期に育まれる動きの特性

申込用の専用サイトをご用意しています。
こちらより、どうぞ。http://www.geniuslove-event.com/

日程:2016年7月2日(土)
開場13:15~ 開演13:30~16:30
横浜情報文化センター6階情文ホール( 横浜市中区日本大通11)
入場料 2,000円

主催 一般財団法人 教育財団優愛
協賛 有限会社Genius Love、Ensemble
後援 日本キネシオロジー総合学院

主催の教育財団法人優愛は、医師や経営者による援助のもと、発達の遅れや
学習に困難を感じる子ども達を対象として、運動による教育的支援を行う団体です。

財団の理事である竹村文(フォーラム演者)は、ダウン症児の運動特性と心理
特性を鑑みて、ブレインジムを用いた特別支援を行っており、「低緊張」「足裏の
感覚過敏」「上半身と下半身の協調性の欠如」などの日常生活での困り感を
解消する教育相談を提供しています。

心身のバランスに加えて、脳の神経回路をより深くつなぐためは、机上の
トレーンニングに加えて、身体を動かすことが重要で、ブレインジムはまさに
身体活動により認知・情緒・感覚を支援する教育プログラムであると言えます。

臨床では、集中力の向上や夜尿の改善がみられるなど、シンプルな動きで
あるにも関わらず心理的負担もないため、医療関係者・教育関係者からも
注目が集まっています。

横浜情報文化センターに於いて、乳幼児への症例報告を中心としてフォーラムを
開催いたしますので、ブレインジムに初めてふれるかたも、お友達やご家族と
ご一緒に足を運んでください。特別支援教育や運動による心身の発達に関心を
お持ちの専門職のみなさまにもお知らせいただけましたら嬉しく思います。

専用サイト(http://www.geniuslove-event.com/)をご用意しています。
申込みフォームに、「M-55」と記載いただき、参加人数と連絡先をお知らせ
ください。追って事務局よりご案内をさせていただきます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「自分の子どもを愛しく思う気持ちが広がって、日本中に笑顔いっぱいのママの輪をつくりたい」そう感じたのが、娘が4歳・息子が産まれたばかりの頃でした。娘が小学校に入学するまでの3年間は、脳と心身の相関関係性について、保健学・中医学・解剖学などの分野から、がむしゃらに学んでいたことを思い出します。家族の協力をもらって、週末にワークショップへ参加したり、早朝に読書をしていた(今でも似たような生活ですが)10年前を懐かしく想いだします。

関心を強くもった分野のひとつに、発達や発育と運動の関わりがありました。赤ちゃんの可愛らしいしぐさから、様々な動きを繰り返し学び動きを獲得していく成長過程に魅かれていきました。それまでは2人の子どもの育児や成長を通して、運動学的側面からの観察はしていましたが、認知神経科学的側面からの観察、特に原始反射の制御と歩行反射への移行については、目から鱗のことばかりでした。

子どもの発達と原始反射については、スウェーデンの精神科医で発達障がいや学習障がい児の脳の発達を専門的に診察している、ハラルド・ブロムベリ医学博士に出逢えたことで更に学びに勢いがつきました。ハラルド博士に師事し5年になりますが、それらの学びを通して、「姿勢観察から行う運動提案」という、現在の教育相談の基盤が出来上がっています。

計算や文字の学習スキルなど前頭前野を活性化させる脳トレを幼児教育だと勘違いしていた私にとって、乳幼児期の自然な動きにより身体づくりの基盤となる発達を促し、原始反射の制御を行い、赤ちゃんの動きから子どもの動きへと一つずつ協調運動を獲得し、固有受容覚が育まれていくというプロセスは響きました。

頸部の回旋と視覚との関わりは、注視や追視の始まる乳児期からすでに発達し、寝返りや空間認知とも関係の深い「非対称性緊張性頸反射(ATNR)」などの原始反射と結びつきます。寝返りができることで、寝たままであった2次元的世界に高さ(空間)が加わり、赤ちゃんにとっての3次元的空間が広がっていくのです。

このような神経学的な考察を日常生活に取り入れることができたことで、2児の子育てが一気に楽しくなりました。もともと身体を動かすことは好きでしたし、子どもも愛おしく思っていましたが、しぐさや指先足先の微細な動きの1つ1つにも意味があり、反射的に行っていたことが意識的に反応できるようになるその過程こそ成長に重要であることを確信しました。

育児は育自といいますけれど、まさに「原始反射」というテーマを軸にして、私自身の成長と学びが木から森へと発展し、現在の日常を創り出していると思うと、愛らしい動きを見せてくれた子ども達に感謝するとともに、歩き出すまでに子どもが行うリズミカルな動きが重要性を多くの人に伝えていきたいという気持ちで溢れてきます。

人間の肉体的な発達段階は、太古の昔から何も変わっていません。もしかすると、変わってしまったのは乳幼児期の発達を促す運動の機会が少なくなったこと、なのではないかと考えています。適切な運動が不足することによって、脳幹や小脳への刺激が少なくなり、本来肉体の成長とともに育まれるはずの感情や知性にまでも蓋をして才能や個性が開花していないのではないかと思います。

この秋、ハラルド博士から、リズミック・ムーブメント・トレーニングのインストラクター資格を頂戴しました。日本でも、いよいよに触覚や感覚受容について、保護者の目線&体育教師の目線でお伝えすることができるようになります。

そのご紹介の機会として、ご家族で参加いただけるブレインジムの祭典「ブレインジム・フェスティバル2015」にて、「原始反射とリズミックムーブメント」と題して、美しい歩行を獲得するまでの成長と動きについて、お伝えします。

小さなお子さまにも参加いただける体験型のプログラムを用意していますので、12月26日は、ご家族みなさまで、横浜・情報文化ホールまで遊びにいらしてください。お申込み、お問合せは、専用サイトよりどうぞ。

ブレインジムフェスティバル http://www.geniuslove-event.com/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「しょうぎたいそう」
製作:公益社団法人日本女子プロ将棋協会(LPSA)

作詞:島井咲緒里 女流棋士二段
作曲:池田眞也  映画監督
歌 :嘉悦恵都  役者・歌手・タレント
振付:今道久惠  ブレインジムインストラクター

公益社団法人日本女子プロ将棋協会(LPSA)さまから、『将棋に親しむ子どもたちが自然に楽しく「駒の動き」や「将棋の戦法」を学ぶことができるように、ブレインジムのエクササイズを中心として振付けをしてほしい』とのご依頼を頂戴し、お引受けした将棋とブレインジムのコラボレーション体操です。

女流棋士の島井咲緒里さん作詞、映画監督の池田眞也さん作曲の「しょうぎたいそう」のデモテープを頂戴した時のワクワク感は、初めて将棋にふれる子どもたちのそれにも似ていると感じ、集中力や注意力、礼儀なども一緒に身につけてもらいたいという将棋協会さまのご要望を反映させ、一気に振付けが出来上がりました。

その後、オーディションにて歌のお姉さんとして、タレントで女優の嘉悦恵都さんをお迎えし、将棋前や対局中の緊張緩和や脳の活性化を目的として、ブレインジムをベースに、駒の動きを模倣した初心者にも簡単に取り組むことのできる、ゆったりとした動きに仕上げました。

身体に馴染む心地よいテンポと賑やかな合いの手の盛り込まれた編曲で、就学前の5~6歳の子どもたちが新しいことにチャレンジする、または学習をする際の心身と脳の準備として活用してもらえる汎用性のある運動だと感じています。勿論、真剣勝負の続くプロ棋士のみなさんにも活用していただき、対局の一助としていただければと思っています。

「しょうぎたいそう」の動画公開につづき、11/23(祝)開催の「アパガード杯・第3回将棋キッズ団体戦」の会場にて、歌手の嘉悦恵都(かえつ・けいと)さんがお披露目をしてくださいますので、ぜひ会場へご家族お揃いで足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

ジニアスラブでは、年末に開催する【ブレインジムフェスティバル2015】にて、振付を担当した今道久惠より、発育や発達の観点から将棋体操の動きの解説をさせていただきます。今後様々な乳幼児教育の現場で、ブレインジムとのコラボレーション企画が始まることを楽しみにしています。

イベントの取材及び振付けのご依頼は、有限会社ジニアスラブまで、お気軽にお問い合わせください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。