さだまさしの歌に、「風に立つライオン」という、国際医療ボランティアに青春を捧げた一青年医師の実話を元にした歌がある。


その医師は、当時長崎大学病院の医師。同じ長崎出身のさだまさしが、その医師から聞いた話と彼が書いた一通の手紙を元に作詞した歌。


その医師は、恋人を日本に残しアフリカのケニアで国際医療ボランティアとして従事する。現地で医療ボランティアとして働くうち、アフリカの大自然、患者さんの瞳の美しさに魅せられ、やがて3年もの月日が流れた。


そして彼女から、結婚を知らせる手紙が届いた。その手紙に対し、その青年医師がケニアの地で書いた返事の手紙である。


「風に立つライオン」 さだまさし作詞・作曲


突然の手紙には 驚いたけど 嬉しかった
何より君が 僕を怨んでいなかったということが


これから此処で過ごす 僕の毎日の大切な
よりどころになります ありがとう ありがとう

ナイロビで迎える 三度目の四月が来て 今さら
千鳥ヶ淵で 昔 君と見た 夜桜が恋しくて


故郷ではなく 東京の桜が 恋しいということが
自分でもおかしい位です おかしい位です

三年の間 あちらこちらを廻り
その感動を 君と分けたいと思ったことが 沢山ありました

ビクトリア湖の朝焼け 100万羽のフラミンゴが
一斉に翔び発つ時 暗くなる空や


キリマンジャロの白い雪 草原の象のシルエット
何より 僕の患者さんの 瞳の美しさ

この偉大な自然の中で 病と向かい合えば
神様について ヒトについて 考えるものですね


やはり僕たちの国は 残念だけれど 何か
大切なところで 道を間違えたようですね


去年のクリスマスは 国境近くの村で過ごしました
こんな処にも サンタクロースはやって来ます 去年は僕でした


闇の中ではじける 彼等の祈りと 激しいリズム
南十字星 満天の星 そして天の川

診療所に集まる人々は 病気だけれど
少なくとも心は 僕より健康なのですよ


僕はやはり 来てよかったと 思っています
辛くないと言えば 嘘になるけど しあわせです

あなたや日本を 捨てた訳ではなく
僕は「現在」を生きることに 思い上がりたくないのです

空を切り裂いて落下する 滝のように
僕はよどみない生命を 生きたい


キリマンジャロの白い雪 それを支える紺碧の空
僕は 風に向かって立つライオンで ありたい

くれぐれも皆さんによろしく伝えて下さい


最後になりましたが あなたの幸福を


心から 遠くから いつも祈っています

おめでとう さよなら



そして、エンディングに Amaging Grace  が流れる。


今日の写真、「執刀する代表と、麻酔をかける副代表」

手術する代表、麻酔する副代表


右のプロフィールの欄にあるパワープッシュをクリックして推薦頂けると嬉しいなっ!

よろしく、お願いいたしまするm(_ _)m

スクラップブックも見に来てね!http://scrapbook.ameba.jp/brain-int_book/


人気ブログランキング なにとぞご協力を!
読んで頂けたら、ここをクリック ↓お願いしますm(_ _)m

昨日は本日のランキングは?

人気ブログランキング

AD