テーマ:

こんばんは。

スモールステップコーチング

牧原 悠心です。

 

最近、自動車運転の“あおり”がよく聞かれます。

怖いですね。

あなたも一度は嫌な経験をしたことがあるのでは

ないでしょうか。

アオリでなくても、至近距離で後ろにピッタリ付いてこられるのも

気持ちのいいものではありません。

 

さて、あなたは、ご自分の言動が

感情的でイヤだ、

それも結構激しくて困る

なんていうことはありませんか?

 

車の運転中に限らず、不快な感覚が湧いた時、

人は誰でもカッ!としがちです。

 

そんな時、カッ!としたことに、

あ、いけない、

と思うでしょうか。

 

そう思って冷静になれるのであれば、自分を制御できている

証拠と言えるでしょう。

それで人を言葉や暴力で傷つけることがなかったのですから

とても良いことです。

 

でもですよ、1つ間違えないでいただきたいのは、

カッ!とすることそのものは、悪い事ではないということです。

じつは、何かの状況に出会った時の感情そのものは、

べつにどう感じようがいいんです。

それは、その人にとっての自然のことだからです。

 

よく、カッすることは良くない、怒りを感じるのは心が狭い

なんていうネガティブなイメージを持たれがちですが、

本当は、自然に、感じるままに感じていいんですよ。

 

極端なことをいうと、

あいつブン殴ってやりたい!、殺してやりたい!

と感情的に思うことも、否定されることでなないのです。

 

ただ、問題は、

その感情の後に出す言動です。

 

感情の後の言動をどう制御するかが

大切なんですよ。

 

もし、あなたが、ある感情を持った時に、

・自分を含めて人を傷つけてしまいそう

とか、

・自分を抑圧してしまいそう

などの危険を感じているなら、自分をコントロールする

習慣を身につけた方がよいでしょう。

 

感情・思考・言動

これらには密接な関係があるので、

理屈を知って実際にある部分の改善にチャレンジしていくことで

わりと安定した自分を手に入れることが可能になっていきます。

 

怒ること、イライラを感じること、その他には、例えば悲しさや

落ち込むことなど、これらが単純に悪いものと決めつけて

抑制しようとしたり、敵視したりしなくても大丈夫です。

その後に出る言動をコントロールすることに目を向けてみましょう。

(まあ、そういう感情自体がとてもひどくて困るという場合は、

感情の段階でコントロールすることも、もちろん可能ですけどね)

 

いずれにしても、こういうのを改善することで、自分も他人も

住みやすい環境になることに繋がっていくのです。

 

 

もっと詳しく知りたい、話を聞きたい、という方は、

お問い合わせください。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。

スモールステップコーチング

牧原 悠心です。

 

 

さて、あなたは、毎日会社で仕事をしていて、

なにかこう、いつもびくびくしてしまう。

そんなことはありませんか?

 

上司や同僚に対して、例えば仕事の経過を

報告するのに億劫になったり、躊躇したりというのは、

1つの原因として人間同士のコミュニケーションスキルが

現段階で低いというのがあります。

 

これはこれで考えていく必要があるんですが、

今回お話しするのは、どちらかというと

「仕事の質」のほうが原因となっている場合です。

 

まあ、仕事の質というか、その仕事の質を

落としてしまう「考え方」がそもそもの原因

なんですけどね。

 

どんなことだと思いますか?

ちょっとご自分の仕事処理を思い出してみてください。

 

例えばその報告、ヘンに脚色してしまうことはないですか?

 

じつは、「事実でやっていない」というのが

原因となっていることがあるんです。

 

これは、性格的には、

・なんでも自分の責任だと考えてしまう

・拡大解釈してしまう

 

このようなタイプの人に起こりやすくなります。

 

ほんとうは自分が責任を持つところではないのに

広く抱えてしまう。

そうすると、自分が抱えきれなかったところは

自分が悪いって思ってしまいますよね。

それで何が起きるかというと、

“取り繕い”

です。

 

また、拡大解釈の場合は、

ピンポイントで仕事を片付けられないから

“これでいいのか不安…”

という感情を抱いてしまいます。

 

いずれにしても、仕事が「事実」から離れて行って

しまうものです。

 

 

ピンポイントで仕事をするように心がけましょう。

それができるようになると、無駄なことをしなくて

すむようになりますから、仕事のテンポが向上して

自分はキレるって思えるようになります。

(キレるって、逆切れの意味ではないですよ)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スモールステップコーチング

牧原 悠心です。

 

* * *

 

あなたはある出来事があった時、たびたび苦しい思いがずっと尾を引いて困る。

そんなことはありませんか?

 

例えば、仕事で指摘を受けた時、

「自分は能力がない」

とか、

「“うわっ、こいつダメじゃん”、て思われているに違いない」

など。

 

一度そんな自己否定の感情が湧き出てくると、うつむいたまま顔も上げられず、同僚の顔を見るのも辛くなりますね。

そんな日はせっかくのランチを食べるのも、気が重くなります。

まあ、落ち込み感情が強く出た時というのは、そんな状態になるものです。

 

単純な怒りの場合、その感情は数秒経つと消えていくといいます。

そういった一時的な感情としてやり過ごせるものならいいですが、しつこく頭にこびりついて、四六時中、落胆とか悲しみが続くようだとよくありません。

その気持ちにエネルギーが持っていかれますから、身動きが取れなくなります。

職場なら、仕事が進まない、意欲が出ない、再びミスを起こす、人に八つ当たりする、そんな原因にもなるでしょう。

 

いいことはありませんね。

 

さて、この問題になるのは「物事の捉え方」です。

これが苦しみの大きな原因になっていることが多いのです。

 

しかし、じつは物事の「捉え方」というのは必ず最低2つあって、さらに他にも自分で作ることができるものなんです。

それによって、最終的に出てくる自分の姿を選ぶことができます。

 

そんなふうに、結果として出てくる人の振る舞い(行動)とか感情というのは、「捉え方」によって変わってくるものです。

 

どこをどのように通って言動として表すか、ルートは複数あります。

捉え方によって表に出るものが枝分かれしていく…

そんなイメージでしょうか。

 

ただ、残念なことに、苦しい思いをする人の場合、何かの出来事があった時、最終的に「落ち込む」というルートを選んでしまっているわけです。

つまり、無意識に自分で自分を苦しめているということですね。

 

でも、でも、でも…、

ということはですよ、自分の捉え方をコントロールすることができれば、生き辛さを軽減することができるということです。

 

少し、希望が見えてきませんか?

 

これをスモールステップで改善していきましょう。

捉え方を考えて複数のルートを作ったり、選ぶ練習をしていくのです。

 

スモールステップコーチングで、方法とレベルと段階的に追いながら、向上を目指していきましょう。

 

 

さらに詳しい内容は、限定メルマガで紹介しています。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

スモールステップコーチング

牧原 悠心です。

 

暑くなりましたね。

 

さて、最近、奇妙なサイトが流行っているらしいです。

「旦那デスノート」とかいうもの…

 

 

人には不満、言いたい愚痴は誰にでもあるものです。

しかし、自分と同じ「人」をここまで貶す内容は、

とても残念に思います。

 

残念だと思うと同時に、こういったサイトに頼る人が

大勢いるんだなあと驚きました。

 

なぜ、驚いたかって…

 

●なぜもっと安泰な生き方を目指そうと思わないのか。

 

それは単純に離婚とかではなくて、

●なぜもっと気持ちが楽になる思考を手に入れようと

思わないのか。

 

●なぜ自分から苦しみを受け取りに行ってしまうのか。

 

ということ。

 

 

今の世の中には、心理の研究、コミュニケーションや

対人関係改善の研究などがどんどん進んでいて

役に立つ理論や知恵がたくさんあるのに、

こういう情報を利用して、自分を豊かな方向に

向けようとしない人、あるいは利用のしかたを

知らない人が多いんだなあということです。

 

さて、こういったサイトを利用する人は、おそらく

ある種の中毒になっていると思います。

 

自分と共感するコメントを見る

  ↓

認めてもらっていると感じる

  ↓

安心する

  ↓

自分も書き込んで相手も共感する

  ↓

快感を得る

 

そして、のめり込む。

 

「悪いスモールステップ」ですね。

 

理屈としては、「認められる」とか「快感」という

発達要素が、人間社会の人の営みとしては

ネガティブな方向に働いているということです。

 

人が感じる嬉しさというのは大きく分けると2種類あって、

①人を批判したり攻撃したりした時に感じる爽快な嬉しさ

②心が豊かな人が日常の生活の中で感じる嬉しさ

 

同じ嬉しさでも、質は全く違うんです。

 

①は、確かにスッキリするんですが、同時にイライラが

伴っています。

じつはイライラした状態って周りの人が引きますから

自分が優位になります。

何度か繰り返してこの感情に味をしめると、

病み付きになるわけです。

 

麻薬みたいですよ。

 

そして、今日も、

外出から帰れば、とにかくサイトをチェック

家にいれば、不満を掻き消したくてサイトをチェック

 

そして、また、今日もイライラを抑えたくて、

気持ちが落ち着かず、サイトをチェック…

その繰り返し。

 

なんだか、目の下に青いクマを作っていることも

気に止めず、パソコン画面に向かって旦那さんの

悪口を書いている、そんな妻の様子を想像して

しまいますね。

 

相手を叩くことが「活力」になって

いるから、

苦しいのをわかっていて、

自分から苦しい世界に入ってゆく。

 

自ら苦しさを求める、負のスパイラル

というものです。

 

でもですよ、本当に楽しいですか?

デスノートに書き込んで「してやったり!」って感じで

それなりにスッキリするけど、

虚しさと情けなさは残ったまま。

 

そうだとしたら、この先も、ずっとこれでいいんでしょうか?

 

こんな状態をずっと続けていると、

「うつ病」とか「ガン」とか、重大な病気にもなるわけです。

 

これって結局、損じゃないですか。

そして、デスノートに書き込むことがその人の

本当に望んでいることでしょうか?

 

わたしはコーチングをやっていて、つくづく思うんです。

自分の思考を変えて、この「活力」を②に向ければ

いいのにって。

 

②を身に着けると、いちいち不要なピリピリ感を感じません。

 

一度自分から入り込んでしまった苦しい世界から抜け出すには

少し時間がかかります。

しかし、自分を完全に潰してしまう前にそこから抜け出すには、

まずは、自分がどうなりたいのか、本当に望む自分の姿を

確認することから始めてみるといいでしょう。

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。

スモールステップコーチング

牧原 悠心です。

 

今日も、お仕事お疲れ様でした。

 

さて、今回は、会社での新人指導に関するお話です。

その中で「個人」に対する教育の大変さを見ていきましょう。

 

会社ではたいてい、ある程度経験を積むと、人の指導をする

機会が多くなります。

 

指導と言っても新人とか中堅の人とか、対象となる人も

いろいろですが、とかく、頭がまっさらな新入社員の教育

というのは独特な大変さを伴うものです。

あなたも、その新人指導で悩むことがあるのではないでしょうか?

 

新人指導(教育・指導)というのは、これまでと違う視点や

考え方でやらないといけませんから戸惑うことも多いでしょう。

 

人にものを教えるのが苦手という人も少なくないと思います。

 

あなたには仕事そのもののスキルは十分身についているのに、

“人に教える”というのがうまくいかないことで、自分の

仕事力まで否定してしまうこともあります。

 

そうなると、自分の足を引っ張ってしまうどころか、会社全体の

力も弱くなってしまいますね。

 

ところで、私は、コーチングの活動をするまで、ある組織で

新入社員育成指導の専門部署に長く在籍し、多くの新人育成に

携わりました。

そこで、つくづく思ったことがあります。

 

この仕事は「マニュアル化できない」

ということです。

 

どういうことかというと、最終的には個人の特性を見て

指導をしなければいけないということです。

 

もちろん、これは、過剰に手取り足取りするということ

ではありません。

必要以上に手を出すと、自己成長の妨げになってしまいますし、

個人が組織に合わせられなくなってしまいますからね。

 

しかしながら、

最初は一応の人間傾向で対処できるとしても

最終的には、

・個人の特性を見て

・その時の状況を考えて

・相手の反応を見て

「微調整する」ことが必要になってきます。

 

ここがマニュアル化できない所なんですね。

仕上げは、個人に対応することが必要なのです。

 

教育や人の発達というのは、その分野の研究で

導き出された貴重な理論があります。

しかし、これはあくまで一般論ですから、

ヒントとか補助として捉えることが必要ですね。

 

まあ、人の性格の傾向というのはおおよその見当を

つけることはできますが、実際には、これを個人に

当てはめようとしても通用しないことも多いものです。

 

以前はこれでうまくいったから、今回も同じようにやってみよう!

と意気込んでも、

 

あれ・・・?

 

同じやり方が通用しない!?

なんていうのはよくあることです。

 

これは、やはり「個」が違うからですね。

 

あなたなら、この「個」にどう対応していきますか?

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。